2019年12月

記憶の鍵となる受容体を働かせる仕組みを解明

記憶の鍵となる受容体を働かせる仕組みを解明

OIST、京都大学、岐阜大学の研究者らが、4つのパーツを0.1秒毎に組み立て直して働かせるメカニズムを解明しました。

Read More

OIST財団:科学の飛躍的な発展の促進や沖縄の持続的発展、日米関係強化をアメリカからサポート

沖縄科学技術大学院大学財団の設立記念式典が開催されました。

Read More

あなたの目の前にライオンの大きさのアリが出現

生物多様性研究の情報をARで見られる世界初のアプリを開発しました。

Read More

次世代太陽電池の改良に向けて

シリコンに代わる材料として期待されるペロブスカイトの欠陥特性を解明

Read More

単細胞生物海ぶどうの葡萄の房は植物の葉と同じ?

海ぶどうの体における遺伝子の使い分けを網羅的に明らかに

Read More