競馬 流し。 【レースマップ】3連単馬券(流し)の正しい買い方から払い戻しまでの流れ|レースノート

競馬初心者は流し買いをマスターせよ!回収率を上げる3つのコツを紹介

競馬 流し

競馬の流しの買い方の方法は? 競馬の流しの買い方は どうやって行うのでしょうか。 まず流し馬券を買うとき、 青のカードを使います。 (競馬場やウインズで購入するとき。 ネット投票は流しを選択) その青いカードで 二連系の場合、 1着の欄に 本命の馬を記入して、 そこから絡めて2着の欄に 相手の馬を 1頭から複数頭記入します。 三連系の場合、 1着の欄に 本命の馬、 2着の欄に 相手の馬、さらに 3着の欄にも 相手の馬を記入します。 この、本命と相手の数は決まっていなく 何頭でも選ぶことができます。 競馬の流しの馬単の買い方は? 流し馬券で馬単を買いたい時を 紹介します。 まず馬単とは、 1着と2着の馬を 順番通りに当てる馬券です。 その馬単の流しでの買い方は 主に 2種類あります。 馬単1着流しと2着流しです。 まず馬単1着流しとは、 1着軸となる馬番を1つ決め、 相手となる馬番をいくつか選択して その組み合わせで的中を狙う買い方になる。 そして馬単2着流しとは、 2着軸となる馬番を1つ決めて、 相手となる馬番をいくつか選択して その組み合わせで 的中を狙う買い方 になる。 競馬の流しの馬連の買い方は? 次は 馬連流しでの買い方について 説明します。 まず馬連とは、 1,2着馬を順不同で 選ぶ買い方です。 買い方は軸となる 馬番を1つ決めて 相手となる馬番をいくつか選択して その組み合わせで的中を狙う買い方です。 もちろんですが、 馬単よりも買い目が少なくなります。 競馬の流しの計算方法は? 次に 流しの計算方法です。 流しの計算方法はとても簡単です。 相手馬の数を数えればそれで完了です。 馬連も同じように計算します。 競馬の流しの金額はいくらになる? 流しの金額はいくらになるのでしょうか? 競馬では1点あたり100円単位で 計算します。 しかし 流しは複数になります。 なので100円と金額欄に記入しても 必要なお金は400円になります。 したがって この点は注意が必要です。 競馬の流しのコツは? ではどういう時に 流しの馬券を買えばいいのか コツはあるのか 説明していきたいと思います。 流しの馬券を買うときは どうしても1個ずつ買うよりも 点数が多くなってしまいます。 なので 軸は本命、相手は人気薄 といった組み合わせが重要になります。 ここで 人気馬から人気馬に流しても なかなか 回収率が伸びず、 結果が伴ってきません。 したがって 人気馬から人気薄への 流しが大事 になっていきます。 競馬の流しとボックスの違いは では流しは ボックス box と こが違うのか 具体的に見ていきたいと思います。 ボックスはいわゆる 本命などを決めません。 選んだ馬の中でどれでもいいから くればあたりなのです。 それに対して流しは 本命をしっかりと決めて、 その馬が来て相手が来てようやくあたり です。 したがって流しとボックスは まったくもって異なる馬券になります。 ボックスのメリットは やはり 広範囲で馬券を買える ということです。 したがって本命馬を決めることができない 混戦レースでは好んで使われます。 しかし一方でかなり点数が多くなり お金が余分に必要になります。 競馬の流しでマルチにすると買い目が違う 流し馬券を買おうと思ったとき、 マルチという文字をよく目にすると思います。 この マルチとはいったいどういうこと なのでしょうか。 マルチとは・・ 軸と相手の着順を 入れ替えた組み合わせを 同時に購入する投票方法となります。 しかしその分 点数が倍、 もしくは三連系の場合 もっと増えることになる必要があるので 気を付ける必要があります。 競馬の流しとフォーメーションの違いは? 三連系でよく使われれる フォーメーション。 この フォーメーションと 流しの違い はどこなのでしょうか。 しかし、 フォーメーションの場合は これを細分化して決めることができます。 こうなると最も違うところは点数です。 圧倒的にフォーメーションのほうが 流し系の馬券よりも 点数を抑えることができます。 競馬の流し3連単を買うといくらになる? では実際に 3連単で流し馬券を購入すると 点数はどれくらいになるのでしょうか。 流し馬券はとても便利で 慣れればかなり使う頻度が上がり それに伴い 馬券のうまさというものも 上がっていくと思います。 上手く使えば 点数を抑えることもできるし また 穴も狙うことが容易な買い方 にもなっています。 したがってしっかりこの 流しという馬券を使い慣れてくると 競馬もうまくなっていくでしょう。 ぜひ流しやマルチを うまく使ってみてください!.

次の

【馬券】種類と買い方|流し・ボックス・フォーメーションの使い分け

競馬 流し

競馬初心者さんの馬連の買い方は? 私 ブエナ の経験則で書けば、 「初心者さんが馬連を買う時は、まずレース選びとして、頭数12~14頭くらいの特別戦が良いかなと思う(第9~11レースあたり)」 「軸は1~2番人気。 相手は3~7番人気くらいを基礎として、そこからさらに絞り込んでいく練習をすると、上達が早いように思う」 「尚、ハンデ戦・ローカル競馬場・牝馬限定戦などは、予期せぬ荒れ方をするので初心者さんは避けた方が良い気がする」 ではこの件について、私なりに考察してみたいと思います。 馬連でよく馬券を買うのですが、なかなか当たりません」 というご質問をいただいたので、本日は、馬連の基本について書いてみたいと思います。 なぜなら、馬連が一番、競馬の本質に近いと思うからです。 「競馬予想」というのは、基本的には「馬連」の的中を想定して組み立てると、上達が早い気がする。 馬連が当てられれば、それ以外の馬券にも応用が利く場合が多いからです。 そうでなければならない、というわけでは無いのですが、この組み合わせが一番コンスタントに利益を出しやすい組み合わせかなと、私は思うわけ。 (マツリダ予想より引用) ですから、初心者さんが馬連の買い方で迷ったら、「 軸馬は人気馬。 そして相手は人気薄」という意識で馬券を構成すると良いかと、私ブエナは思います。 相手は、3~7番人気くらいから選ぶ。 この形を基本とすれば、ある程度の的中率と回収率を維持できると思います。 でも、その悔しさの中で、何がダメだったのか?と考えていくことが重要だと思う。 これは実践の中で覚えていくしかない。 悔しいですね。 なぜ間違えたのか? 外枠の馬を選んでしまったから?追い込み馬を選んでしまったから? 等々、後悔の中で学べる事は数多くあります。 馬連の話に戻りましょう。 馬連で勝負する場合、最初のうちは、頭数が12~14頭くらいのレースを選ぶと、的中率と回収率が安定しやすいように思います。 特に、ヒモ抜けリスクが高くなるので、的中率が下がってしまいます。 なので、私ブエナが初心者さんにアドバイスするときは、頭数が手頃なレースを選ぶ事を推奨しています。 馬連のボックス馬券は、どうしても余計な馬券が混在してしまうので、回収率が下がりやすくなってしまうからです。 ながし馬券の場合は、軸馬とヒモを自分の裁量で選べるのに対し、ボックスだと軸馬がないので、 「 本来であれば買いたくない期待値の低い馬券」 まで、購入することになってしまうと思うわけ。 この点を勘案して、私ブエナは、馬連の場合はボックスより流しを多用しています。 こんな馬を見ると、「お!信頼できそうだ!ここから流そう」と、思ってしまいがちです。 馬券というのは、他の人と違う考え方をしなければ勝てない。 他人と同じ馬券を買えば、単発では儲かっても、長期回収率はなかなかプラスにならない。 そう考えると、グリグリ印がついている馬から馬連流しにすると、長期回収率はなかなかプラスにならないと、私ブエナは思うわけです。 ぶっちゃけ、馬券知識が十分にある人の場合は、「 単勝・三連複・三連単」の方が、儲けやすいです。 ただ、初心者さんの場合は、最初は馬連(もしくはワイド)で、馬券の基本をしっかりと身につけて、そこからさらに長期回収率を上げたいと思ったときに、「単勝・三連複・三連単」に、移行していくと良いかと思います。 初心者さんが、いきなり三連系に手を出すと、高確率で負けますので要注意です。 ご参考まで。 ただし、これはあくまでも、馬券知識が豊富な人の場合です。 三連系は、オッズに歪みが出やすいから、上手い人は利益を出しやすいと思うわけ。 それは言い換えれば、「 初心者さんは、三連系の馬券に手を出すと、大きく負けやすい」とも言える。 言葉は悪いですが、初心者さんが三連系の馬券に手を出すということは、「 カモにされやすい」わけです。 ご存知の通り、馬連というのは、1着2着を順不同で当てる馬券です。 競馬では、1着と2着を「連対」と言います。 この「連対できる馬」というのは、ある程度予想がしやすいわけです。 言い換えると、 「3着馬」は、予想が難しい。 展開次第で力のない馬でも、「3着」までは来ることができるからです。 「3着」は、展開やジョッキーの腕によって変わりますが、1着と2着は、馬に能力がないと難しいわけです。 もちろん例外もありますが、基本的には「連対馬」と「3着馬」では、馬の格が違うように、私ブエナは感じるわけです。 これは、過去に大きなレースで連対した馬は、それなりの能力があるという裏付けです。 逆に「3着内実績」という言葉は、あまり聞きません。 ここからも、連対馬と3着馬は、違うことがわかります。 初心者さんが、いきなり三連単で100万馬券なんかを狙うと、フォームがめちゃくちゃなので、なかなか馬券の技術が上達しないことになりかねません。 野球でも、基本は素振りから。 素振りもしないで、いきなりホームランを狙っても、フォームがめちゃくちゃになってしまいますね。 これはなぜか? それは、馬連の軸馬は人気馬にした方が、的中率と回収率が安定しやすいと思うからです。 しかしながら、軸馬を人気薄にしてしまうと、とにかく的中率が下がる。 これは実際に試してみれば、すぐにわかると思います。 「1番人気ながし」と「人気薄から流し」 同じ買い目点数であったとしても、的中率は天と地ほど違います。 的中率を最大にするためには、1番人気を活用するしかない。 ただ、いつも1番人気から買っていては回収率が上がらないので、「期待値が高い1番人気」を探して、そこでだけ1番人気ながしを仕掛ける。 こうすることで、的中率を最大限に引き上げることが可能になるかと。 しかし、どんなに魅力的な穴馬であっても、所詮は人気薄に過ぎない。 人気がない馬の連対率は非常に低く、9番人気でも平均連対率は7%しかないわけです。 93%は外れる。 しかもこれは最大的中率の話なので、総流し、ということになります。 実戦で総流しを仕掛ける事はあまりないので、実質的中率は5%以下になるでしょう。 この馬券の期待値が仮に高かったとして、長期回収率が100%を超えたとしても、おそらく初心者さんには耐えられないと思う。 馬券というのは、回収率が100%を超えれば勝ち組なんですが、ほとんど当たらない状態で、勝ち組を実感できる人は少ないわけです。 でも、100レース購入して、99回外れる。 これに耐えられますか? 私は無理でした。 でも、年間のほとんどを外れ馬券に囲まれて過ごす日々は、精神的にかなり苦痛なんですね。 ここが馬券の難しいところ。 的中率と回収率のバランスをとらないと、メンタルが崩壊して、その馬券戦略は成立しないということになってしまうわけです。 【 重賞レース。 過去5年間の重賞レースで、1番人気馬からの流し馬券を購入した場合の成績は、上記の通りになります。 これくらいの的中率があれば、そこそこストレスなく競馬を楽しめると思います。 上述した通り、1番人気から流すと、30%程度の的中率をキープできるので、大きく資金を減らすことがないからです。 手元の資金がどんどん減っていくと、かなり精神的にプレッシャーがかかります。 そして、馬券を購入するのが怖くなってしまう。 それを避けるために、「 軸は人気馬」にするわけですね。 【 重賞レース。 先程は、1番人気から3~7番人気へ馬連流しでしたが、今回は9番人気からの流しです。 内訳は、739レース購入して、的中が22レースです。 平均配当は、万馬券である10254円。 最高配当は、23390円ですね。 5点買いなので、500円玉が1万円札に化けるわけです。 お金がない人ほど、このような大穴のロマンに憧れてしまいます。 回収率61%です。 つまり的中したときに、500円玉が1万円札になったとしても、それはたった3%の幸運であり、全体で見ると61%しか回収できていないわけです。 全然違いますね。 このように、競馬初心者さんが「人気薄から馬連流し」を仕掛けてしまうと、全然当たらないし、回収率も低くなってしまうわけです。 だから私が、競馬初心者さんにお勧めするのは、「人気馬から流しの馬連」なんですね。

次の

競馬初心者の馬連の買い方~馬連流しで勝つ方法。馬連ボックス馬券とどっちが勝てる?

競馬 流し

馬連とは? JRAの馬券である、正式名『勝馬投票券』は複数のレースにまたがるWIN5も含め、全9種類発売されています。 この中では3連単と言われる馬券がもっとも発売金額が多いのですが、その次に多いのが 馬連です。 馬連とは、正式名『普通馬番号二連勝複式勝馬投票法』といい、レースの 1・2着馬を当てる馬券のことです。 通常、競馬をやり始めた初心者の人は最初は単勝 1着馬を当てる馬券 か複勝 1~3着までに入着する馬を当てる 馬券からはじめて、次に馬連…と言う場合が多いようです。 そこで『 流し馬券』と『 ボックス馬券』と言う買い方が通常行われています。 馬連流し馬券の例、メリット・デメリット 『流し馬券』とは、 軸馬 1着又は2着に必ず来そうな馬 を決めて、軸馬以外に1、2着に来る可能性のある馬との組み合わせの馬券のことです。 実力が飛び抜けて強い馬がいる場合や、自分が大好きな馬が出ている場合によく使われる馬券の購入方法です。 流し馬券の利点は 軸馬が1、2着に来た場合は的中する確率が高く、相手をたくさん選んでも、取りガミ 掛け金よりも配当が少ないこと になることが少なくて済むことです。 しかし、 軸馬が落馬したり、まったく上位争いに加われなかった場合は早い段階でレースへの興味がなくなってしまいます。 馬連ボックス馬券の例、メリット・デメリット もうひとつの『ボックス馬券』と言うのは、 軸馬を決めずに勝ちそうな有力馬、好きな馬などの組み合わせを全て買う馬券のことです。 『ボックス馬券』の利点は、『流し馬券』と違い、注目すべき馬が1頭ではないため 自分が購入した馬が最後まで上位争いをする可能性が高いことや、 人気馬が馬券圏内に来なくても的中が望めることがあります。 逆に選ぶ馬が多いと、 買う点数が増えて取りガミになる可能性があること、 人気馬と人気薄の馬の組み合わせが買い難いことがあげられます。 3連単やWIN5で高額配当を狙うのも醍醐味ですが、競馬場に行って1レースから最終レースまで馬連を少額ずつ買って1日楽しむ、これが本当の競馬通って言うんでしょうね。

次の