ドラパルト のろい。 【ポケモン剣盾】筆者が育成したドラパルトの型を全て紹介する【育成論】

【SwSh】シーズン3使用構築 鬼火+カビゴンコントロール【最終17位】

ドラパルト のろい

特性 名前 効果 「能力」を下げる技や特性の効果を受けない 技「オーロラベール」「しろいきり」「しろいきり」「しんぴのまもり」「ひかりのかべ」「リフレクター」の効果を受けずに技を出せる。 50で「ドラメシヤ」から進化 ドラパルト Lv. 60で「ドロンチ」から進化 わざマシン No. 覚える技 タイプ 威力 命中 PP 6 90 95 15 8 150 90 5 9 150 90 5 11 120 100 10 14 - 90 20 17 - - 30 18 - - 20 21 - - 10 23 60 100 25 24 50 100 15 25 - - 10 30 70 90 25 31 - 100 15 37 - 100 10 38 - 85 15 39 70 100 20 40 60 - 20 41 - - 20 45 80 100 10 55 65 100 10 56 70 100 20 58 60 100 10 76 60 100 15 77 65 100 10 78 55 100 15 86 90 100 10 99 60 100 15• 鎧の孤島攻略ガイド 注目記事• データベース• お役立ち• 人気記事• ポケモン図鑑 分類別• 世代別ポケモン一覧• ワイルドエリア 攻略情報• ストーリー攻略 攻略チャート• トレーナーバトル• お役立ち• 育成論• 新着育成論• 人気の育成論• パーティ レンタルパーティ• パーティの対策• 掲示板• お役立ち 初心者におすすめ• やり方・方法まとめ• 新要素 鎧の孤島からの新要素• 剣盾からの新要素• English Walkthrough Wiki 英語版)•

次の

【S3最終159位】りゅうのまいドラパルト軸最終日思い付き構築【ポケモン剣盾】

ドラパルト のろい

ドラパルトが強い理由を箇条書きにすると次の通りです。 非GX、非Vポケモンである• 少ないエネルギーで安定した中打点を出せる• 超タイプである• 逃げエネ0である 現環境の特徴• ベンチ入れ替え手段が限られている• 持ち物を剥がす手段が限られている ベンチ入れ替え手段が限られているため、ドラパルトを倒さざるを得ない状況を作りやすいです。 そして持ち物を剥がす手段が限られているためのろいのお札が非常に強いです。 現環境デッキ 色々と強いテーマがありますが、大きく4つにわかれます。 3神 3神ザシアン• 非GX、非V 小ズガドーンなど• LO チラチーノLO、マグカルゴLO ドラパルトは3神に少し不利なものの、それ以外に対して有利をとることができます。 そのため強いデッキテーマと言えるでしょう。 3神 3神ザシアン 一番難しい相手です。 少し不利ではあるものの、すりぬけのおかげで常に勝ち筋があります。 3神側はオルタージェネシスGXを打って攻撃してくるのが最短で3ターン目になります。 序盤の盤面作りが間に合わないということはないでしょう。 しかしドラパルト1体きぜつさせられるだけでサイドを2枚取られるため、運が悪いというだけで負けてしまうことがありえます。 当然ですが、カスタムキャッチャーなど少ないチャンスでベンチと入れ替えられたときにサイド2枚をとられるのが辛いです。 はかいおんオンバットなどでグッズをトラッシュして対策するのはありかもしれません。 ドラパルトとしては連打できないブレイブキャリバーより、連打できるアルティメットレイの方が驚異です。 のろいのおふだも有効です。 ザシアン に対してはピッピ人形でブレイブキャリバーを受けるのが強いです。 ただし鋼鉄のフライパンがつくとゴーストダイブが90しか通らず、確定数が多くなります。 ザシアンがバトル場にでるまでに180まで削っておきたいです。 ドラパルトを攻撃せざるを得ない状況を作りましょう。 タッグボルトGXやベノムシュートなどのベンチ攻撃に対してはベンチバリアミュウで対処できます。 一方でドラパルトのゴーストダイブはベンチバリアを貫通するのでズルです。 コケコドールにも強くでれます。 ピッピ人形を追加効果のダメカン3つできぜつできます。 フィオネでベンチのポケモンをひきずりだして120を与えながらベンチに下がったピッピ人形をきぜつさせましょう。 ピッピ人形を複数場に出すなら素直に攻撃して複数きぜつを狙いましょう。 相手のピッピ人形はすぐ枯れるでしょう。 クロスディビジョンGXについてはすりぬけもベンチバリアも貫通しますが、使用してくるミュウミュウはゴーストダイブのダメカンを乗せてシャドーボックスで封じることができます。 また、ドラパルトは弱点をつけるのでミュウミュウ、エフィデオはそもそも出てこないでしょう。 オーロットヨノワールのナイトウォッチャーは当然辛いです。 進化が遅れると致命傷になりかねないので急いでドラパルトをたてたいましょう。 逃げ0なのでペイルムーンGXは全く怖くないです。 非GX、非V 小ズガドーンなど 今強いのは小ズガドーンあたりでしょうか。 シンプルに攻撃してくるデッキです。 すりぬけが1度でも成功すれば大きく有利を取れます。 LO チラチーノLO、マグカルゴLO ダメカンをのせる効果をもつため有利です。 システムの要となるチラチーノ、マグカルゴはHP90なのでゴーストダイブ効果3回分です。 リソースマネジメントのヤレユータンはHP120なのでちゃんとゴーストダイブ1回で倒せます。 ゴーストダイブはとても優秀な打点をしていますね。 プレイングはピッピ人形を1度に複数きぜつさせるか、ゴーストダイブでサイドを取りながらベンチのピッピ人形をきぜつさせるように意識しましょう。 フィオネが非常に有効です。 ダメカンはベンチバリアを貫通するのでミュウへの心配は無用です。 フリーザーGXなどでエネ破壊されることもありますが、ドラパルトは逃げ0なので裏に用意したドラパルトにすぐ入れ替われます。 そしてカラマネロがたっていればエネトラッシュは大した問題になりません。 ドラパルトの欠点• 2進化で起動が遅れる• VMAXポケモンを倒すには3回攻撃が必要• マオ&スイレンでバトル場の回復が間に合う という点です。 進化される前に倒すこと、VMAXポケモンですりぬけ突破試行回数を増やすこと、マオ&スイレンで確定数をずらすことを意識しましょう。

次の

【ポケモン剣盾】筆者が育成したドラパルトの型を全て紹介する【育成論】

ドラパルト のろい

わざ1 わざ2 わざ3 わざ4 起点作りに重点をおいた技構成 ドラパルトは技の選択肢が非常に豊富。 この型では、起点作りのための状態異常技と状態異常で火力が出せるようになるたたりめを採用している。 育成論と使い方 速さを活かして起点を作る ドラパルトの圧倒的な速さによって先制でやけどやまひを撒く起点としての役割を持っている。 様々な型があるドラパルトの中で 現在使用率を伸ばしている型となっている。 たたりめで火力も出せる 状態異常相手のたたりめは威力が130もありタイプ一致技でもあるため火力が高い。 また、 ゴースト半減のポケモンが環境に少ない点も優秀。 Cに努力値を振ればドラパルトの最大火力になる。 特性はすりぬけがおすすめ 特性の選択肢はクリアボディ以外の2つ。 すりぬけならみがわりを貫通してでんじはやおにびが当たる。 基本的にはすりぬけがおすすめだ。 のろわれボディであれば相手の行動を縛れる。 型や対策したいポケモンに合わせて自由に技を入れ替えよう。 育成論と使い方 AとSに252がおすすめ 最速にしない理由はほぼないのでS252。 火力もなるべく出したいのでAにも252振ろう。 余りをHに振ってしまうと偶数になり、定数ダメージを余分にうけてしまうので、BかDに回すといい。 特性はクリアボディかすりぬけ 特性はいかく対策のクリアボディか、壁対策のすりぬけがおすすめ。 環境に多い戦法を両方無効化できるのも、ドラパルトの強みの1つ。 ミミッキュはダイスチルで対処 物理運用だとはがねのつばさが使えるので、苦手な ミミッキュもダイスチルでばつぐんを狙える。 防御も上がり受けられる技の範囲も増える。 大文字や呪いもおすすめ 物理技ではないが、だいもんじやのろいを採用するのもおすすめだ。 だいもんじでアーマーガアやナットレイ、のろいでカバルドンやドヒドイデなどに対抗できる。 だいもんじを採用する場合は性格を無邪気にすると良い。 持ち物の選択肢が多い 耐久を補助するタスキ、スカーフ持ちポケモンに勝てるスカーフ、火力を高めるいのちのたま、ダイマックスと相性のいいじゃくてんほけんなど、 持ち物の選択肢は多め。 他に使うポケモンに合わせて技を選ぼう。 育成論と使い方 CとSに252がおすすめ 物理型と同様の理由で、CとSに252振り、余りはBかDに回そう。 調整次第では耐えられる攻撃は多いが、アタッカーで運用する場合は、なるべくCとSに振っておきたいところ。 特性は好みで すりぬけなら 身代わりやひかりのかべを無視して攻撃できる。 クリアボディならダイマックスわざなどの能力ダウンを防げる。 ミミッキュが辛い… ミミッキュとはタイプ相性が悪いうえに、ばけのかわがあるせいでタイマンだと絶望的。 対面してしまったときは、とんぼがえりでばけのかわを剥がしつつ交代させよう。 持ち物の選択肢は多い やはり持ち物の選択肢が多い。 行動保証になるタスキ、ダイマックスと相性のいいじゃくてんほけんのほか、スカーフ持ち対策のスカーフ、純粋な火力上げにメガネなどが挙げられる。 ほとんどの相手から先手を取れるため、壁貼り役としても優秀だ。 耐久力は高いとは言えないものの、早期退場できると考えればメリットにも捉えられる。 高い攻撃力で自衛もできる ドラパルトで壁を貼る利点は、 自身の攻撃性能も高い点。 有利対面では自ら倒しに行く動きができるため、相手としては厄介この上ない。 耐久調整も有効 壁さえ貼れれば良いと割り切るなら、素早さを削って耐久調整するのもおすすめだ。 スカーフサザンドラのあくのはどう、ドラパルトのドラゴンアロー、珠ミミッキュの剣の舞後のかげうちなどは調整すれば耐えられる。 選出段階と戦闘中に相手のドラパルトの型をある程度推測できれば、立ち回りがしやすくなる。 ダイマックス状態では慎重に行動 ドラパルトは最速100族抜きにSを調整して耐久に振っている型も多い。 HP満タンでダイマックスになると大抵の弱点攻撃は耐えてしまうため、弱点保険を発動+ダイジェットで手がつけられなくなる。 持ち物が全く分からない場合は、確定で倒せる保証が無い限り弱点を突くのはオススメしない。 ブラッキーが後出しで勝ちやすい ドラパルトの型次第になってしまうが、特殊・物理のどちらでも、後出しから持ち直すことが可能。 HB特化で特殊・物理を受け切ることができ、返しのイカサマで物理の場合は確1・特殊は高乱数で倒すことができる。 ブラッキーで対策なら弱保・命の珠は警戒 弱点保険を発動させなければ、ダイマ状態でも後出しで受けてあくびで流せる。 特殊型の珠ダイドラグーン りゅうせいぐん であっても、余裕は無いが後出しからあくびを入れることは可能。 オーロンゲもおすすめ オーロンゲはフェアリーなのでドラゴン技は完封できる。 さらに特性いたずらごころにより でんじはを先に撃つことができ、とんぼがえり前にまひにできる。 先制技のふいうちを覚える点も優秀で、ふいうち圏内に入れられれば相手を縛りやすい。 スカーフ持ちで上から攻撃する こだわりスカーフ持ちのポケモンで上から一撃で倒すのもおすすめの対策方法。 ただし、スカーフ持ちに上を取られないためのスカーフドラパルトも存在するので、過信は禁物だ。 相手のパーティから誰がスカーフを持っているかを予想しつつ動かそう。 ポケモン剣盾の攻略関連記事 DLCの攻略情報.

次の