神戸大 海事 研究室。 先輩が教える、神戸大学 海事科学部の評判とは?【口コミレポート公開中】

Human Interface Lab.

神戸大 海事 研究室

環境との共生、安全で豊かな生活空間の創出 建築学は人間生活の基盤である生活空間を創造する最も普遍的な学の一つです。 人と地球に関わる普遍的課題と先端的課題に応えるためには、「計画」・「構造」・「環境」という建築の基礎的学問領域を修めると同時に、これらを総合して課題に対応する「空間デザイン」の能力が求められます。 建築学専攻(大学院)は、変化する時代に的確に、また、総合的に対応できる人材の養成を目指して、専門性と総合性の結合した教育を行います。 建築学専攻の教育の特色 鋼構造骨組の実大載荷実験 建築学は、日常の生活から社会生活に至る様々な空間や領域を創造していくことを目指しています。 その目標は、環境としての快適さや利便性、安全な強度を確保するという従来必須の要件だけでなく、近年では環境に配慮した持続的発展を考慮した創造が求められています。 かつてのように造り続けていくことだけに重点を置くのではなく、人間とその社会が過去から現在に至るまで営々と築いてきた人間環境を継承しながら、より広く地球や自然環境との共生を図りながら新たに創造していくことが求められています。 建築学専攻は、そのような人類永遠の課題を踏まえつつ、建築単体だけではなく、地域空間から都市空間、さらに地球環境に直結するエコロジーをも展望することのできる人材の養成を目指すための教育研究を行います。 カリキュラムの特色 博士課程前期課程においては、「計画」・「構造」・「環境」という建築の基礎的学問領域のより高度な知識を習得し、これらを総合して現実的課題に対する具体的解答を導き出す「空間デザイン」の能力を備えた人材を養成するためのカリキュラムを編成しています。 博士課程後期課程においては、それぞれの専門分野に対応した理論の構築と深化を目指し、国際性を有する高度な専門知識を備えた人材の育成を目的とした教育研究システムが用意されています。 卒業後は、官公庁、建設会社、公益企業(電力、ガス、運輸)、設計事務所、コンサルタント、シンクタンク、設備業、各種製造業、情報産業、物流産業などに進み、さらに大学、研究機関など多方面でも活躍しています。 本学科の卒業生は、学部終了後所定の実務経験の上、国家試験に合格すると一級建築士、技術士の資格を取得できます。 建築学は歴史や文化、宗教、経済、政治など世界の流れと関わりがあるため、建築学を学ぶことは単に建物そのものだけでなく、もっと広い分野の知識も同時に学ぶことになります。 私は現在、ワシントン大学との交換留学のプログラムを通してシアトルで建築学を勉強していますが、専門分野を持って海外留学をすることは本当に楽しいことだと実感しています。 国や文化は違っても学問が同じで興味や苦労が共有できるので、話題もすぐに見つかます。 また建築を通しての空間体験は言葉の壁を越えて感じることができるという点でも建築は世界共通言語であり、建築学を学ぶ者たちという大きな輪の中にいることを実感させてくれます。 また建築学を勉強してから学んだ知識や背景とともに世界の都市や建築作品を見て回ることは今までの旅行とは違った視点でその土地と触れあうことができ、教科書などで学んだ憧れの建築作品を実際に訪れる楽しみは建築学生の醍醐味だと思います。 建築を通して、世界を旅してみませんか。 建築学は皆さんに様々な感動や喜びを与えてくれると信じています。 古い町並みや思い出の場所でほっとしたり、癒されたり、新しい都市空間や初めて訪れた場所で、うきうきしたり、感動したり。 暗かった気持ちがぱっと明るくなったり。 誰でも一つくらい自分のお気に入りの場所があるのではないでしょうか。 そんな建物や空間を創りだすのが建築学です。 一つの建築は本当に沢山の人が関って創られています。 建築主、設計者、施工者だけでなく、様々な名技術職人、メーカーの営業マン、行政の役人さん、竣工後使用する沢山の人達。 そんな一人一人が強い想いを込めて創られた建築だからこそ、まちを活気付け、美しくし、生活する人を笑顔にし、沢山の人を元気にすることが出来るのだと思います。 現在建築設計の仕事をしていますが、建築は想いがカタチに残る幸せな仕事です。 (子供が出来たらその時は自慢も出来ます。 ) でも一度できてしまうと簡単に直したり、壊したりすることが出来ません。 責任ある重大な仕事ですが、一生懸命込めた自分の想いとエネルギーが建築として生まれ、まちや人を元気にすることが出来る。 こんな人間味あふれる幸せな学問の面白さを是非大学で学び取ってほしいと思います。 このような背景をふまえ、 屋根・壁連続緑化建築による新たな都市景観形成、間伐材による木構造の空間デザイン、海面上昇による水没都市環境の居住可能性などの研究に取り組んでいます。 ヒートアイランド現象の緩和 都市構造物の表面被覆技術に関する実験施設 (神戸大学内に設置) ヒートアイランド現象の緩和効果を目的とした都市構造物の表面被覆技術には、屋上緑化や日射高反射率塗料の屋根への塗装(クールルーフ)、保水性舗装などがあります。 神戸大学のキャンパスにある8階建ての研究棟屋上には専用の実験施設があり、そこでは屋外測定に基づく熱と水分の解析によりヒートアイランド現象の緩和効果に関する研究が進められています。 日射量、温度、湿度、土壌含水率、伝導熱流などの測定が行われ、種々の気象条件における表面被覆技術の緩和効果が熱収支解析から明らかにされています。 神社建築の研究 出雲大社本殿復元模型 (古代出雲歴史博物館で常設展示) 日本建築史を専門とし、中でも神社建築の研究を深化させている研究スタッフがいます。 また2005年発見の奈良県御所市極楽寺ヒビキ遺跡では板状の柱をもつ5世紀の極めて特殊な建物の復元を行いました。 リアルタイム・ハイブリッド実験による振動制御の研究 地震や風に対して、建築構造に求められる安全性(人命の保護)、修復性(財産の保全)、使用性(機能性・居住性)を守るために、建築構造の振動を制御します。 その有効性を検証方法として振動実験だけでなく、コンピュータ解析とセミアクティブダンパーの実験を組み合わせたリアルタイム・ハイブリッド実験を行っています。 これによってダンパーや制御方法の開発、制御効果の評価方法の研究に取り組んでいます。 リアルタイム・ハイブリッド実験によるセミアクティブ制御の検証実験.

次の

Motoi Laboratory

神戸大 海事 研究室

ものづくりイノベーションへの挑戦 産業革命以降、約250年にわたって近代的な機械工業が発展してきましたが、それを支える基礎学問として機械工学は進化を遂げてきました。 しかし、大量生産と大量消費を前提とした機械工業の発展は、地球規模の環境問題を引き起こしています。 また、エネルギー開発や資源探査では宇宙や深海、大深度地下といった未知の領域が対象となり、高齢化対策では知能ロボットやアシストデバイスを用いた製造現場における作業支援や一般社会における生活支援がもとめられるなど、機械工学の守備範囲は多様化しています。 機械工学科は、これまでの機械工学の範疇にとどまらず、バイオ、医療、福祉、健康、電気、電子、情報、通信といった幅広い分野と連携しながら、ものづくりイノベーションに挑戦していきます。 学びの特徴 機械工学とは、数学・科学・技術を駆使して、情報、エネルギー、運動などを正確に高確率でかつ円滑に伝達あるいは変換することにより、人間生活に有益で環境に優しい高性能・高品質の製品を効率良く生産をするを追及する学問分野です。 機械工学科では、自然環境との調和のもとで人類の持続的な発展を実現するために必要なものづくりに要請される数学・物理・各種力学、材料学などの幅広い分野の基礎に重点をおいた教育を通じて、機械工学を考える上で基本となる現象を物理的に理解する能力を養います。 それと同時に、計算機工学、制御工学、情報工学、システム工学、設計学、生産工学等の応用科目を修得させることにより、学際的な問題に対応する能力を開発し、新しい発想に基づき柔軟で総合的に問題を解決できる能力を有し、機械工学に関する実践的な研究・開発・設計および生産に携わるエンジニアを養成することを理念としています。 機械工学科の基本教育方針は、幅広い基礎知識の上に、独創性、応用力、柔軟性を合わせもつ技術者、研究者を養成することにあります。 このため充実した専門基礎科目と専門科目、さらに効果的な実験・演習科目を配分したカリキュラムを作成しています。 また、「ものづくり」という実践的教育も早くから取り入れており、工学論理の教育と相乗させてバランスのとれた人材を作るよう心がけてきました。 以上のような理念と実践的取り組みのもと、創造性及び国際性豊かな研究者・技術者を輩出しています。 材料力学はその「入り口」にあたる講義科目です.部材に引張・圧縮、ねじり、曲げといった負荷が与えられたとき、部材の破壊に対する強度、部材の変形を解析する方法を学びます。 この演習は35名程度の少人数クラスで実施され、さらに6名程度のグループ単位で前半は模造紙による検討作業を行い、後半で装置の試作と検証、最後にプレゼンテーションを行います。 本演習は、『目的達成に向けて,論理的にアイデアを具現化する』という設計の本質を体得して「設計って面白い」と感じてもらうことを目的としています。 受講生の感想も「自分たちが一から設計するという始めての体験ができ、やりがいがあった」、「グループワークを通じて、自分とは違う意見を聞いて自分が見落としていたものを再認識でき、それらを組み合わせてより良い案を練り上げていくことは楽しかった」、「ついに成功率が100%に近い装置が完成した。 そのときの達成感は今でも鮮明に思えている」などと大変好評です。 現在、アメリカ、アジア、ヨーロッパ、アフリカなどを代表する大学、国立研究機関等において教授・准教授等として、あるいは共同研究、集中講義、大学院生の交換・指導、博士論文審査、国際会議共同開催、国際共同研究の企画、学術書・学術論文共著等多様な形式の研究交流を行っています。 マレーシア、韓国からは協定によって一定数の学部学生が毎年入学し、ヨーロッパからは、学部の特定の講義を受講する学生が毎年複数人入学しています。 受入数に比して数は少ないですが、アメリカ、ヨーロッパ等の本学との連携校に留学する大学院生の数は増加傾向にあります。 本専攻の学生の国際会議への参加講演数は急増しています。 本専攻を修了した留学生の活動範囲は極めて広範であり、インドネシア、カナダ、韓国、シリア、中国、タイ、チュニジア、マレーシア他では母国の大学の副総長、教授、准教授等、国立研究所他で上級研究員として、あるいは企業において、研究の推進と後進の育成、技術革新に指導的役割を果たしています。 また、日本国内の大学、研究所あるいは企業に在籍し、活躍している卒業生も多数おられます。 卒業後の進路 重工業、電機、自動車関連企業はもちろんのこと、情報・通信、電力、素材、建設、食品などあらゆる産業分野において、研究、開発、設計、生産、維持、管理のための有能な機械技術者が求められており、機械工学科および機械工学専攻には毎年数多くの企業から求人の依頼があります。 このような企業に就職した卒業生、修了生は、時代の牽引していく中心的な人材として活躍しています。 学部卒業者の多くは、より高度な研究・教育を希望して大学院工学研究科に進学しています。 大学院工学研究科博士課程前期課程には卒業生の7割超が進学しており、全国的にも高い進学率を示しています。 同博士課程前期課程修了者の1割程度は、工学研究科・博士課程後期課程に進学し、さらに高度な教育を受けるとともに、独創的な研究を行っています。 博士課程後期課程修了者は、大学、研究機関、民間企業等で教育、研究、開発、生産など多岐にわたる分野で活躍しています。 海外からは多くの留学生を受け入れており、彼らの多くは、学部・大学院で得た基礎および専門知識をもとに母国の産業発展に大きく貢献しています。 主な就職先(2016年3月学部卒業生,大学院修了生) 川崎重工業㈱、㈱神戸製鋼所、ダイキン工業㈱、三菱電機㈱、JFEスチール㈱、パナソニック㈱、ブラザー工業㈱、ローム㈱、㈱クボタ、㈱村田製作所、㈱日立製作所、㈱豊田自動織機、関西電力㈱、三菱自動車工業㈱、住友電気工業㈱、西日本旅客鉄道㈱、日産自動車㈱、AVCテクノロジー㈱、Bandung Institute of Technology. Indonesia、DMG森精機㈱、TIS㈱、アイペット損害保険㈱、オムロンアミューズメント㈱、オリンパス㈱、キャタピラージャパン㈱、キャノン㈱、グローリー㈱、㈱コマツ、トヨタ自動車㈱、一般社団法人 日本海事協会、㈱IDAJ、㈱シマノ、㈱デンソー、㈱デンソーウェーブ、㈱リコー、㈱三鈴産業、㈱小糸製作所、㈱小松製作所、㈱大真空、㈱島津製作所、古野電気㈱、三菱重工業㈱、三菱日立パワーシステムズ㈱、鹿島建設㈱、住友金属鉱山㈱、住友商事㈱、住友精密工業㈱、新日鐵住金㈱、新明和工業㈱、積水化学工業㈱、帝人㈱、東レ㈱、日本製紙㈱、日本板硝子㈱、日立オートモティブシステムズ㈱、富士ゼロックス㈱ 在学生・卒業生からのメッセージ 木下 裕貴子 (2007年博士課程前期課程修了) こんにちは。 私は2007年3月に博士課程前期課程を修了し、現在は日産自動車株式会社に勤めています。 会社ではEVエネルギー開発本部に所属し、電気自動車の動力源であるリチウムイオンバッテリーの開発、設計を行っています。 日産リーフは走行中にCO2を排出しない---100%電気自動車です。 この電気自動車の開発に携わる中で、電気や化学の様々な知識も必要でしたが、モノづくりの基礎となる力学や工学を、大学で学べた事は大変有意義だったと思っています。 働きながら勉強する事もまだまだたくさんありますが、基本の考え方を身に着けておくことが重要だと感じています。 開発時、悩むことも多くありましたがリーフを発売でき、充実した気持ちです。 今は、街中で走るリーフを見かける事を楽しみにしています。 皆さん自分の成りたい将来像を描いてみて下さい! 岩野 優樹 (2005年博士課程後期課程修了) 私は、平成17年3月に博士課程後期課程を修了し、現在は明石高専で講師をしています。 学生時代は、機械工学科の研究室で毎日朝から晩までレスキューロボットの研究開発を行っていました。 ロボットの製作には、材料を切ったり穴を開けたりする機械加工が必要不可欠ですが、機械工学科は実習工場の設備も充実していて技官の方達には親切丁寧に教えて頂きました。 学科のカリキュラムの中でも様々な機械実習があり、特に鍛造実習は他の大学ではめったに体験できないものだと思います。 また、教員の専門性もバラエティに富んでいて学科の中でも様々な分野の勉強ができます。 ここ数年校舎の改装も行われたので、新しく充実した設備の中で講義を受け研究に集中できるはずです。 興味のあることには積極的に挑戦し、少しでも早く自分のやりたいことを見つけて、それに没頭し、未来のエンジニア目指して頑張って下さい。 トピックス 熱流体エネルギー講座 静止流体中を沈降する球形液滴内外の流れを可視化した例です。 右図は当講座で開発した高精度速度計測法(時空間フィルタ流速計:SFV)により測定した速度ベクトル、左図は流れの中の微粒子の軌跡(左 半分)と速度ベク トルから算出した流線(右半分)を示します。 また、上段から下段の順に、清浄な状態から石鹸などの界面活性剤がより多く含まれる流れにお ける結果を示します。 界面活性剤濃度が増えるにしたがって、液滴内部の流れが弱くなり、液滴後端(上部)の速度の遅いよどみ領域が拡大していきます。 界面 近傍の精密な速度 分布計測により、今まで困難であった界面活性剤の界面への吸着現象の実験的評価が可能になりました。 このような気液界面、液液界面を含む流れには未解明な事項が多く、その精密な分析とモデル化は様々な機器・プロ セスに現れる流れのコンピュータシミュレーションの精度・信頼性向上に役立ちます。 材料物理講座 血管や胆管などの管状器官を閉鎖するために用いるクリップ(上)、拡張するために用いるステント(下)の試作デバイスです。 カラー表示した図は、各デバイスの内部でどの程度の変形が生じているかを示す計算結果です。 これらデバイスは生体必須元素であるマグネシウムを主体として構成されていますが、体内で分解される性質とデバイスに必要とされる機械的性能を両立できるように材料を設計しています。 設計生産講座 各種機械製品の高機能化を実現する技術として、センサ・アクチュエータの重要性が高まってきています。 圧電材料は電気機械変換材料として各種機能性デバイスに利用されている一方、新しい応用に向けた研究開発も進められています。 写真は薄膜化した圧電材料を用いた振動発電素子で、環境中に存在する微弱な振動を電気エネルギーに変換技術(エネルギーハーベスト)として研究を進めています。 センサノードの電源としての利用が試みられており、IoTおよびウェアラブル技術のキーテクノロジーとして注目されています。

次の

先輩が教える、神戸大学 海事科学部の評判とは?【口コミレポート公開中】

神戸大 海事 研究室

Human Interface Lab. Human Interface Lab. - ヒューマンインタフェース研究室 - Graduate School of Maritime Sciences, Kobe Univ. 03] CHI2019 Late-Breaking Work 採択されました。 "Implicit User Calibration for Model-based Gaze-tracking System using Face Detection around Optical Axis of Eye"[2019. 25] 廣江 葵君が、「優秀修論発表賞」 を受賞しました。 [2018. 26] ETRA2018で発表しました。 詳細は [2018. 12] 特許出願しました。 (特願2018-112372 自動キャリブレーションを行う視線計測装置、視線計測方法および視線計測プログラム) [2018. 26] 特許取得しました。 (特許6265348 視線計測装置、視線計測方法および視線計測プログラム) [2017. 10] ヒューマンインタフェース学会コミュニケーション支援専門研究委員会のコミュニケーション支援研究賞受賞 松尾良磨 酒井大貴 福森聡 山本倫也 長松隆: 笑いの表情に対応した視線計測のためのgaze cone の計測, ヒューマンインタフェース学会研究報告集, Vol. 18 No. 2, p179-182 2016. 5 [2017. 06] 特許出願しました。 (特願2017- 19978 視線計測装置、視線計測方法および視線計測プログラム [2016. 27] 9月26日日本経済新聞の朝刊に、車用視線計測装置の研究の記事が掲載されました。 詳細は [2015. 27] 特許取得しました。 (特許第5818233 視線計測装置および方法) [2015. 20] 長松准教授は3月末に帰国しました。 Research 視線計測、マルチメディア、テーブルトップ、異常検出 etc. Lecture 学部 全学共通授業科目 1年1Q 2004,2005,2010,2011,2015,2016,2017,2020 海事科学部 グローバル輸送科学科 学科共通科目 2年1Q,2Q 2017- 基礎ゼミ1 海事科学部 学部共通科目 2年前期 2015-2019 プロジェクト演習 海事科学部 グローバル輸送科学科 ロジスティクスコース専門科目 演習 3年前期 2015-2018 基礎ゼミ2 海事科学部 学部共通科目 2年後期 2015- (海事科学部 グローバル輸送科学科 ロジスティクスコース専門科目 経営数理分野 3年4Q) 2018 海事科学部 グローバル輸送科学科 ロジスティクスコース専門科目 経営数理分野 3年3Q 2015- (海事科学部 グローバル輸送科学科 ロジスティクスコース専門科目 輸送計画分野 3年) 2019 総合ゼミ 海事科学部 学部共通科目 3年後期 2015- 大学院 海事科学研究科 グローバル輸送科学コース 3Q,4Q 2017- About the lab.

次の