モスノウ ダブル。 【店舗大会優勝デッキ】ホエルオーV/モスノウデッキレシピ 【ポケカ】

モスノウ育成論 : [ダブル]ねこだまし無効?新おいかぜ要員 りんぷんモスノウ|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

モスノウ ダブル

はじめに 皆様はじめまして。 シングルバトル、ダブルバトル共に氷タイプ統一やモスノウ軸のパーティを使用している とまくす と申します。 初投稿はまだ誰も投稿していない育成論を書こうと決めておりましたので、使用率が極めて少ないであろう 通常特性 「りんぷん」モスノウの型(ダブルバトル)をご紹介させて頂きます。 厳選時に特性外しとして逃がされたり、皆様のボックスに眠ったままのユキハミ、モスノウを救済出来ればと思います。 氷統一パ・霰パはもちろん、通常のパーティに入れてもサポート性能は抜群。 特に 現在 『おいかぜ』軸のパーティを使用されている方は是非ともご一読頂ければ幸いです。 初投稿です。 文言や装飾等、不備があるかもしれませんがご容赦頂ければ幸いです。 HP・こうげき・ぼうぎょ・とくこう・とくぼう・すばやさは「HABCDS」、努力値252振りは「ぶっぱ」など、略称を用います。 本文に記載する全てのポケモンは理想個体を前提として扱います。 不明な点ございましたらコメントにて指摘頂けると助かります。 モスノウについて モスノウ タイプ:こおり・むし 種族値:70-65-60-125-90-65/計475 剣盾で登場した新ポケモンであり、美しいデザインと「こおりのりんぷん」という唯一無二の特性で脚光を浴びました。 環境にいるはほぼ間違いなくこの夢特性でしょう。 この特性と、C・D・Sを同時上昇させる『ちょうのまい』とのシナジーで特殊ポケモンの受けと抜き性能を両立させ、猛威を振るうキョダイマックスのストッパーにもなるポケモンです。 しかし、現環境は物理が多いこと、タイプ不一致のサブ技に4倍弱点となる技や技の搭載が多いことから、使いこなすにはそれなりのテクニックが必要なポケモンとも言えます。 そんな中、今から紹介するのは皆様が気にも留めていない 通常特性の「りんぷん」。。。 りんぷん? 特性「りんぷん」について 「りんぷん」・・・技の追加効果を受けない。 あっさりとしすぎなこの説明文。 もともとこの特性を持つポケモンが少なすぎる(剣盾最終進化では他にのみです)ので皆さんご存知ないのですが、 実は(ダブルバトルでは特に)最強特性なのです。 簡単に説明すると、 特性「せいしんりょく」の完全上位互換です。 「せいりんりょく」・・・相手の技で状態にならない。 これに対し、「りんぷん」の適応範囲は 追加効果のあるもの 全てと非常に広いです。 具体的には下記の通り。 相手の技で状態にならない。 主な技: ねこだまし、アイアンヘッド、エアスラッシュ、いわなだれ、あくのはどう など 持ち物[おうじゃのしるし]の効果も無効化します。 相手の技の追加効果で能力が変化しない。 主な技:がんせきふうじ、こごえるかぜ、マジカルフレイム、バークアウト、ソウルクラッシュ など• 相手の技の追加効果で状態異常にならない。 主な技:ほっぺすりすり、ほうでん、ぼうふう、ねっとう、かえんほうしゃ、なげつける(かえんだま等) など• その他特殊な効果をもつ技 主な技:じこくづき、かげぬい、アンカーショット など• 追加効果の確率を2倍にする 「てんのめぐみ」も実質無効化します。 自身は『ふぶき』か、エースの火力を上げる『てだすけ』。 準速よりも速いエースをダイマックスさせ 『ダイアイス』で先にあられ状態(ふぶき必中)にするという手もあります。 持ち物 耐久がありませんので[きあいのタスキ]で確定。 性格 コンセプトはアタッカーにもなるサポート要員。 個体値・努力値・実数値• 個体値:A抜け5V(31-0-31-31-31-31)推奨。 努力値:C252 D4 S252• H:タスキ前提で無振り(奇数)。 ダブルバトルではの『ドラゴンアロー』も味方と1発ずつとなり無振りであっても確定耐えします。 どうしても気になる場合はようきの『ドラゴンアロー』を確定耐えするH108振りし、CかSをお好みで削って下さい。 D:余り4振り。 サポートメインで長期に居座る事を目的としていないため、BDどちらへ振っても構いません。 C:火力もあるサポート要員。 性格込みで『ふぶき』の威力を最大限に上げるためぶっぱ。 S:おいかぜ時(実質S234 、より多くの敵を抜くためぶっぱ。 おいかぜ時、最速、最速+1、最速+1、最速スカーフなどを抜けます。 技構成 タイプ一致で実質威力(ダブル)123. 75のメインウェポン。 本育成論では霰パを想定、且つダブルで有用な複数技である『ふぶき』を採用していますが、「ゆきふらし」要因と組み合わせない・命中安定を取りたいという場合は『れいとうビーム』との選択です。 よりサポート特化の同じく複数技『こごえるかぜ』もしくは虫複数技『むしのていこう』採用も有りですが、 サポートだけでなくC125(実数値194)から繰り出される強力な特殊攻撃が可能な点も強みですので、最大火力の『ふぶき』を推します。 おいかぜ 分 類:変化 効 果:4ターンの間、自分と味方のが2倍になる。 本育成論のコンセプトとなる技です。 冒頭で述べたように 『ねこだまし』でひるまない。 この点において非常に優秀であり、良く『おいかぜ』要員として起用されるよりも確実に始動出来ます。 攻撃技• むしのていこう ・タイプ一致複数技。 相手のC1段階ダウン。 むしのさざめき ・タイプ一致選択技。 虫技最大火力。 とんぼがえり ・『おいかぜ』始動後HPが残っていて交代が得策と判断した場合。 エアスラッシュ ・上を取ってひるみを狙う場合。 ギガドレイン ・パーティに水・地面タイプへの有効打が無い場合。 変化技• きりばらい ・相手側の両壁、自分側の『ステルスロック』除去。 フェザーダンス ・相手のA2段階ダウン。 モスノウで物理を誘って機能停止させたい場合。 しんぴのまもり ・エースが[ラムの実]に頼らない場合。 オーロラベール ・パーティに「ゆきふらし」要因が他にいる場合。 モスノウ側を警戒しない。 同特性アブリボンとの差別化点 モスノウ 種族値:70-65-60-125-90-65/計475 アブリボン 種族値:60-55-60-95-70-124/計464 有用な技:ねばねばネット、マジカルシャイン、かふんだんご、アロマミスト、スピードスワップ 等• S操作技としては交代したポケモンのSを1段階下げる『ねばねばネット』を覚えますが、ひこうタイプや特性「ふゆう」のポケモンには効きません。 また、 発動ターンから即S2段階上昇が適応される 『おいかぜ』の方がダブルバトルでは有効と考えています。 5)を推します。 は『てだすけ』は覚えますが、『ワイドガード』は覚えません。 (自分も大好きです。 ) ダメージ計算 下記に想定敵への与ダメージ計算をまとめます。 ふぶき タイプ一致で実質威力(ダブル)123. H4 114. H252D4 95. H4 83. H252D4 111. D4 121. D4 106. H252 36. H252砂下 24. D4 56. H236D20 27. D4 54. ちなみに私は今まで何十戦とランクマッチへ潜って来て「ちょうはつ」を打たれた事は一度もありません。 皆さん物理で容易に突破可能と考えるのでしょうか。。。 ? 終わりに ダブルバトルにおいての「りんぷん」モスノウの有能性をまとめさせて頂きましたが、如何でしたでしょうか? 通常特性「りんぷん」モスノウを使うモノ好きもいると覚えて頂くとともに、この育成論を見て採用を検討頂ける方が少しでもいれば幸いでございます。 閲覧ありがとうございました。 お次はシングルバトル用の育成論でお会いしましょう。 本投稿されましたら評価いれさせていただきます。 偶然出た野生産の色ユキハミがいるのでこのモスノウを機にダブルについても勉強してみようと思います! 本投稿になった際には星5入れさせていただきます。 励みになります! レモンガラス様 コメントありがとうございます。 そうなんです。 皆さん気にもとめないので。。。 反応頂けて嬉しいです。 励みになります。 シングル向けに耐久調整されてる型も助かります。 モスノウ控えめ 襷 鱗粉 H108 C余りS252 追い風 冷凍ビーム とんぼがえり ミラーコート シングルで怯ませられない追い風始動兼、襷ミラコ搭載特殊アタッカーとして使ってみます。 鉢巻ウオノラゴンか、鉢巻達磨(タイプ被り)と。 ナットレイで止まりそうですけどヤレバできる!。 シングルでもおいかぜで後続に繋ぐ型として本当に有能です。 検討されてる技構成、素晴らしいと思います。 特にミラーコートはトゲキッスのエアスラでも怯まずに打てます。 面白いです。 追加効果で能力変化しないのもダブルではとても魅力的ですね。 ただ、『ドラゴンアロー』はダブルでも片方が『まもる』などでダメージを与えられない場合他方に2連撃する インチキ仕様なので、隣が『まもる』していると襷貫通して倒れます。 そのことは追記しておいたほうが良いかと思います。 ・ダメ計のカバは使用率も低いし不要だと思います。 また、並耐久の弱点ポケモンに乱1〜確1なのは大体わかるので、 追い風霰パなら、例えば天敵のバンギとかトリル始動要員をこれだけ削れます〜とか 誰々との連携で倒せます〜とかあった方が有用かと思います。 総じてシングルの記述があるせいで、中途半端になっている印象を受けます。 ドラゴンアローにそのような仕様があったとは知りませんでした。。 注意書きとして追記させて頂きます。 ご指摘の箇所について回答させて頂きます。 ・複数攻撃の威力表記ミスでございます。 誠に申し訳ございませんでした。 訂正させて頂きます。 文章を修整させて頂きます。 ・ダメ計に関しては一部のポケモンを追記させて頂こうと思います。 ご指摘の通り、総じてシングルバトルの想定を入れ込んでおりました。 ダブルバトルの育成論ですのでダブル専用論に修整させて頂くと共に、シングルについては別の育成論として投稿させて頂きたいと思います。

次の

ポケモン 剣 盾 モスノウ 育成 論

モスノウ ダブル

5倍 0. 25倍 なし 無効 なし 解説 自分の特攻・特防・素早さを一度に上昇させる「ちょうのまい」を使用でき、夢特性の「こおりのりんぷん」によって特殊攻撃を無条件で半減できるので、特殊アタッカー相手には素で積む事も可能な積みアタッカーです。 攻撃も技も威力命中共に安定したものが揃っていますが、鋼タイプで止まりやすい技範囲であるという特徴もあるため、パーティの構築によって扱いやすさがや爆発力が大きく左右されるポケモンです。 特殊防御に特化し、特殊受けとして使用する事もできます。 素の特攻が高い事もあり攻撃性能が大きく上昇する他、特性の「こおりのりんぷん」の特殊技半減と併せて特殊アタッカーには無類の強さを誇ります。 ほとんどの場合確定となる技です。 「ちょうのまい」を使用した後であれば大きなダメージを見込めます。 素の特攻が高いので、積まずに使用してもダメージに期待が出来ます。 天気が「あられ」だと必ず命中する。 天候があられ状態の場合は必中となるので、先にダイアイスとして使用し、あられを降らせてから使用すると非常に強力な技として扱えます。 相手がわざ「みがわり」を使っていても攻撃が当たる 解説 同じくタイプ一致の命中威力安定したメイウエポン候補です。 範囲は「れいとうビーム」と大きく変わらないので選択となりそうです。 「ふぶき」を採用する場合は、命中安定のメインウエポンとしての採用が見込めます。 くさ 特殊 威力 75 命中 100 PP 10 効果 相手に与えたダメージの半分の量だけ回復する 解説 「ちょうのまい」を使用した後であれば回復ソースとしても使用出来るサブウエポン候補です。 氷技、虫技と併せても範囲が大きく広がるわけではないのでどのように使用したいかで採用の可否が決まる技です。 威力も高くなく命中不安ですが追加効果が優秀で、ワンチャンスを握り続ける事が出来ます。 特攻、素早さに努力値を大きく割けるようになるのでアタッカーとしての性能も上がります。 効果 持たせると「こうかばつぐん」になる、ほのおタイプ技のダメージを半減する 解説 炎技を抜群で受けた際に半減できる木の実です。 耐久に努力値を割くと4倍の特殊炎技も安定して耐えられるようになります。 効果 持たせると攻撃するたびにHPが減るが、技の威力が1. 3倍になる 解説 積んだ後の突破力を更に増加させます。 場合によっては不利タイプも強引に突破できる程の火力になるので、他のポケモンでサポートをするのであれば有用な持ち物候補です。 ご指摘ありがとうございました。 メインメニュー•

次の

【ガラル☆ルーキーズ】弱保マホイップモスノウ【最終1741】

モスノウ ダブル

ポケモン対戦考察まとめWiki 本サイトはポケモンの第八世代のバトルを考察するWikiです。 当Wikiはある程度自由奔放なWikiを目指しており、自由な編集を推奨しています。 原則的に新規ページ立ち上げ、編集など自由にしてもらって構いません。 また、シングルにかぎらずダブルバトルの考察も可能とします。 なお、本サイトは話し合いの結果、最新世代のみの考察に限定しており、ネタ型は作成禁止です。 対戦考察にふさわしくないような ネタ考察や マイナー考察および 対戦の考察をするほどでもない考察についてはに投稿をお願いします。 レッツゴーピカチュウ・レッツゴーイーブイの情報はこのWikiにまとめず、にお願いします。 ご利用は計画的に。 鵜呑みにすんなよ!自分で考えて勝ってこそのポケモン対戦だぞ! このWikiのコンテンツは永遠に未完成です。 皆さんの参加をお待ちしています。 重要なおしらせ ここには重要なおしらせを書くので、読んでおきましょう。 この対戦Wikiの目標は「対戦で勝つ」ことと「全てのポケモンの考察を載せる」ことです。 各ポケモンのページを参照する人は「実際に対戦で使っている人」と「実際に対戦で使おうとしている人」がメインです。 当Wikiで作成された型を削除する際、ネタポケWikiへ降格しないでください。 これはネタポケWiki管理人に降格NGを出されたことによります。 今後、実用性は低く削除相当ではあるが一考の余地はある型(つまり今までネタポケWikiに降格して削除してたような型)については、以下の様な取り扱いでお願いします。 () なんらかの要因や議論の末、やはり有用だということになったら正式ページに戻してください。 その型が使えるか使えないかはwikiを見る各個人が判断することです。 勝手に削除はしないようにお願いします。 型の実用性に疑問を感じたときはまず該当ページで議論を提起してください。 「問題が提起されている」という事実だけでも閲覧者にとっては有益な情報となります。 議論の中で新しいアイデアや修正案が生まれるかもしれません。 議論が長くなりそうな場合は運営版に誘導してください。 議論を提起してから十分な意見が集まらないままに統合・削除を実行しないでください。 十分な議論を経て統合・削除することが決まった場合、統合・削除された旨とその理由を必ずページに残すようにお願いします。 ダブル用の型について。 ダブルの型を作成する際は型名の頭に【(ルール名)】とつけてください 例:【ダブル】サポート型など• わかりにくい略称の多用は控えて下さい。 また読み手を不快にさせない言葉遣いは最低限のマナーです。 解禁されていない隠れ特性(夢特性)についての記載は禁止。 議論内でのダメージ計算式には常に理想個体値を用いて計算すること。 厳選難易度については議論中に一切言及しないようにして下さい。 パーティ鑑定、技採用、調整を尋ねるといった、個人的な質問は禁止。 Wikiは質問の場ではありません。 型の作成 煩雑な内容の型の分割は除く や削除、統合をする時は予めの提案や事前承諾が必須です。 誤字・脱字や記述されている内容の間違いを見つけた場合、指摘をするのではなく適宜修正してください。 現在の問題点を明確にするために、議論は定期的にまとめましょう。 他の編集人の編集方法やwiki全体の編集方針に対して意見があるときは、運営スレッドに移動して議論してください。 おねがい• わかりやすい文章で考察をしましょう• 解禁されていないポケモンは考察しないようにしましょう• 公式ルールに沿って考察しましょう• 未確認情報は記載しないようにしましょう.

次の