予備校 評判。 【レビュー】N予備校の評判は?費用は?メリット・デメリットは?

北九州予備校の口コミや評判

予備校 評判

評判のいい予備校をランキング! ここでは、評判の高い予備校をまとめ、それぞれの指導内容や授業外サポートなどを比較してランキングにまとめています。 大学受験のために予備校を探している方は、ぜひ参考にしてみてください。 英語以外の科目も受けましたが、全科目、すごく楽しく勉強ができます。 おかげで、夢だった早稲田大学に現役合格!授業から個別の学習計画まで、担任の先生が付きっきりでサポートしてくれたのが大きな要因だったと思います。 「合格した」って報告した時も号泣して喜んでくれて、最高の愛情を感じました。 」 「世の中には問題集があふれ、どれをやればよいか迷ってしまいますが、みすずは、どの科目でも浪人生の私に最適なものを選んで、どんどん課題をくれます。 しかも、毎回きちんと確認してくれるので、最後までやり遂げられ、大学受験にも成功することができました。 」 「学校と違い、誰1人置いていかない授業がいいと思います。 英語が苦手で、本当に基礎の基礎からのスタートでしたが、問題に答えられなくても見捨てたりせず、ちゃんとわかるまで楽しく教えてくれるんです。 問題が解けたときに褒めてもらえるのが本当に嬉しくて、勉強が大好きになりました。 」 保護者からの評判 「友人の子供(勉強苦手)がみすず学苑に入り、成績が急速に伸びたという話を聞いて、うちの子もお願いすることにしました。 こんなに面倒見のいい予備校は他にないと思います。 それこそ入試日当日まで、学力面だけでなく精神面でも子供を支えてくださり、本当に感謝しています。 」 「上の子供2人ともみすずに通い、第一志望に合格していたので、下の子供もみすずに入れました。 部活をやっていましたが、部活から帰ると勉強する習慣がつき、実力試験の順位もどんどん上がっていきました。 本人はみすずに通うことが楽しいようで、部活のない日は自ら自習室に行っていました。 」 「うちの子はやればできるのですが、中々その気になってくれず困っていました。 みすず学苑さんに入学させた後も、自宅用に用意してくれた宿題をやらなかったり、テストにも不真面目だったりと迷惑をかけたと思います。 しかしその度に熱心に指導してくれ、息子にも少しずつ変化が。 高校3年生になる頃には、偏差値が倍近くになっていて、親の私ですら驚いた程です。 ありがとうございました。 <指導内容> 大学受験の肝となる英語学習をきっかけに、量は多いながらも 自分から勉強することのコツや楽しさを覚えさせる指導法を主眼に置いている。 1クラス平均20名という徹底少数教育を掲げ、授業だけでなく 自宅学習までしっかりフォロー。 基礎の基礎から徹底的にやり直す、「 合格する受験術」を実践しており、偏差値40~50から難関大学に合格する生徒の割合は、7割を超えているとのこと。 <授業外サポート> 授業を担当する講師が、 週に1度マンツーマンで個別指導。 勉強以外に、学校や受験の悩みなどを聞き込み、親身なアドバイスをしてくれる。 その際に練ってくれる1週間分の学習プランは、得意・不得意だけでなく、体調や部活事情等も考えた、 生徒一人ひとりにとってのベストなもの。 万が一予備校をサボってしまった場合でも、電話でなぜ来られなかったのか、次はどうすべきなのかをしっかりと追いかけるなど、いい意味で怠け癖のつかない環境を整えている。 先生が忙しくなければ、質問にも丁寧に答えてくれました。 授業もわかりやすく楽しかったです。 また、チューターさんがいて、夏期講習のとり方など、いろいろ相談に乗ってくれるのが心強かったです。 」 「高3から始まる数学を早めに学習したいと思い、高2の終わりごろから通うようになりました。 授業は、初めてでもわかるように基礎から始まり、受験テクニックや例題を交えながら教えてくれます。 おかげで、学校のテストや模試でも良い成績がとれるようになりました。 」 「現役時代はなかなか学習する時間もとれず、効率的な学習ができませんでした。 河合塾に通うようになって、バランス良く学習することができて、苦手な教科も学力が上がり、得意な教科ではさらに発展的な学習ができました。 」 保護者からの評判 「子供が自分で選んで河合塾に通うようになりました。 授業は面白いようで、積極的に通っています。 同じ仲間から刺激を受けられるのも良かったようです。 家計的にもそれほど負担にならなかったのは助かりました。 」 「大手の塾で、全国規模の模試判定や、大学の情報もたくさんある点が決め手でした。 授業でわからなかったところは助手の大学生に聞くことができる点も良く、授業の進みは速いですが、大学生のフォローでついていけているようです。 」 「志望校別の講義なので、クラス内は大体同じぐらいのレベルの生徒で勉強にムラはないようでした。 英語の講義では、毎回復習テストがありました。 また、いろいろサポートしてくれる大学生がいるので、心強かったです。 」 「数学の授業はどれも、解答に至るまでのプロセスを教えてくれるので、とてもわかりやすく、成績も伸びました。 センター対策ゼミでは、センター試験に対応した的確な解法を学べ、本番でも良い成績が出せました。 」 「教科アドバイザーには、授業の受け方から勉強の仕方などを学び、進学プロデューサーには、真剣に相談に乗ってもらえました。 勉強方法と、受験の不安についても相談できる、とてもいい制度だと思いました。 」 保護者からの評判 「子供一人ひとりのスケジュールに合わせて指導してもらえ、休んだ時はサポートもありました。 毎回、確認テストがあったので、わからないままにならずに済んだようです。 現役合格保証制度があるのもよかったと思います。 」 「先生は誠実な感じで、個人的にサポートしてくれる若い先生とも話しやすいようでした。 自習室も快適なようで、自宅で勉強するより、自習室のほうがはかどると言っていました。 」 「志望校の出題パターン分析と、得意科目の試験予想を的確に出してもらえ、当初の息子の志望校より数段上の大学に合格することができました。 塾のテキストもわかりやすく、英語の参考書は、私個人もちょっと使わせてもらっています。 結果的に両立できて、志望校にも合格できました。 」 「東進模試を受けたのをきっかけに受講するようになりました。 数学の授業は集中しやすい内容で、復習問題もついていて、抜け目ない授業です。 毎週の面談は良い息抜きになりました。 」 「効率的に国語の成績を改善したくて東進を選びました。 自分の受けたいところだけ受けられるのがよかったです。 東進模試では自分の弱点を発見できたので、受験直前にそれを重点的に復習することで、本番でも結果が出せました。 」 保護者からの評判 「1人1台のパソコンを与えられ、映像を見て授業を行うため、本人のやる気に非常に左右されると思います。 本人が専用端末で打ち込むことで、登下校のお知らせメールがこちらに届くので、帰宅時間の目安ができて便利でした。 」 「有名で人気のある講師の授業がいつでも受けられるときいて、通わせることにしました。 やっぱりそういう先生はわかりやすい授業をしますから。 常勤の先生ともコミュニケーションが取れるし、ほかにも大学生講師がいろいろと相談に乗ってくれているようで、楽しそうでした。 」 「映像授業なので、わかるまで何度も繰り返し受講できるところが良かったようです。 それでもわからないところは、校舎にいる先生や助手の方に個別で聞けるようです。 定期的に子供の様子も連絡が来るので、安心して任せられました。 <指導内容> 1万種もの映像授業を、t-PODというツールで配信。 生徒がやる気になった時にすぐ始めたり、反復することができる体制を整えている。 定期的に面談を行い、 担任がその生徒に適した勉強方法を助言してくれる。 また、担任助手が学習状況の確認などを行い、今後の課題を明確にしてくれる。 <授業外サポート> 一定の条件が整ったパソコンがあれば、 自宅でも映像授業を受講する事が出来る。 授業でわからないことがあった場合、電話・FAX・ハガキで質問する事が出来るサービスが用意されている。 特に数学は楽しくて、もともと好きだったのですが、さらに好きな教科になりました。 サポート体制も良かったです。 」 「地方校ですが、年に2、3回は東京から各教科のトップ講師が来て講義をしてくれるので、とても刺激になりました。 時間割は学校と同じ感じで、無理なく通うことができました。 自習室もとても使いやすかったです。 」 「志望傾向別にクラス編成され、少人数だったので、先生にも相談しやすく集中もできました。 おかげで、現役時代は不合格だった大学にすべて合格できました。 」 保護者からの評判 「最初は志望校に行けるような偏差値ではなかったのですが、授業のおかげで勉強のコツをつかんだようで、偏差値もアップして、無事志望校に合格できました。 」 「先生が若くてちょっと心配でしたが、責任感の強い先生で、知識に基づいた進路指導や自分の経験を踏まえた対応など、本当にプロだと感じました。 」 「1教科だけ受講させました。 受験前には何度も励ましの電話をくれるなど、サポートも良く、授業も丁寧でわかりやすかったようです。 自習室は、出入り自由と集中型の2種類があったので、使い分けが便利だということでした。 <指導内容> 目標とする大学や学部に応じて、学年ごとの科目に合わせた3~4つのレベルが設定されており、消化不良を起こす事なく、 着実にステップアップしていくことができる。 集中力が続く時間を考え、 学習効果を最大限高めるために50分授業を採用している。 <授業外サポート> 定期的に三者面談を行い、進路アドバイザーによる 的確なアドバイスを提供している。 年4回の保護者会を実施し、現役生が抱えている悩みなど、保護者に知っておきたい情報を共有している。 誤った情報があるかもしれませんので、最新・正確な情報は各公式HPでご確認ください。 その理由を以下に説明します。 そのせいか、みすず学苑は頭のいい生徒が通う予備校であるという噂も一部ではあるようですが、実際には、入学後に成績が伸びたという生徒がほとんど。 予備校に通った場合、偏差値は10~20程度上がるのが平均と言われていますが、みすず学苑では、 20~30程度偏差値が上がるということが、多々あるようです。 その秘密は、生徒が楽しく学習する環境づくりを徹底していること。 一人ひとりに合わせた的確な学習計画を立てることにより、やることが明確になり、自発的に学習量が増えていきます。 また、講師は、授業時間外であっても、 生徒が理解するまでとことん付き合ってサポートする体制がとれているため、わからないまま終わるということがありません。 こうした生徒最優先の指導方針から、毎年置き去りになる生徒はなく、 ほとんどの生徒が志望校に合格できるという、しっかりとした実績が生まれているようです。 生徒一人ひとりをとことん重視する徹底した姿勢 一人ひとりに合わせた指導、という言葉はよく見ますが、みすず学苑のそれは、明らかに他とは一線を画しています。 まず、入学前に生徒一人ひとりと個別に面談し、学力レベルや成績推移はもちろん、抱えている不安などもしっかりと聞き込みを行うそう。 そして過去から現在、そして今後まで、生徒の性格や人生を追いながら、 自分から勉強を習慣化できるような提案をしてくれるとのこと。 入学後は、1週間ごとに学校行事・部活状況まで確認し、生徒と相談しながら、その週の学習プランを提案。 事前に話し合い、納得した内容と量を決定するので、生徒としても、押しつけられた感はなく、 確実にこなしていけるようです。 もちろん、出した課題はきちんと結果を確認し、今後のスケジュールにも常に反映。 課題を出しっぱなしにして後は生徒に任せる、ということは絶対にせず、 担任と二人三脚で学習に取り組める環境を整えているとのことです。 授業に関しては、ゲーム感覚の暗記や、小テストにちょっとした景品を用意するなど、 生徒が楽しみながら自発的に学習する工夫が随所に。 わからないところがあれば、たとえ授業時間外であっても、理解するまで講師がとことん付き合ってくれるところも、生徒のやる気を引き出すようです。 実際大学に合格後も、就職や結婚などの人生の節目に、生徒さんがあいさつに来ることも少なくないとのこと。 生徒と講師の間には、強い信頼関係が築かれているようです。 このように、みすず学苑では、大学受験に特化することで十分なノウハウを持っていることはもちろん、 生徒一人ひとりの人生まで見据えた骨太な教育方針を持ち、それを具体的に実行しています。 生徒や親からの評判が非常に高いのも、うなずけますね。 また、入学前に行っている無料の個別説明会は、説明会というより受験カウンセリングのようだと評判。 大学受験に関してまだ今後の見通しが立っていない場合は、ぜひ一度みすず学苑に訪れてみてはいかがでしょうか。

次の

多摩センター・大学受験 多磨高等予備校(前・多摩高等予備校

予備校 評判

『多磨高等予備校』(通称:多磨ヨビ)は、多摩センターにある小さな大学受験予備校です。 しかし、小さいからこそ、あなたの顔が分かります。 あなたの名前を覚えます。 あなたの学力もきちんと分かるのです。 私はかつて、北は東北から、南は九州まで、全国の複数の有名な予備校で教えていました。 大人数教室でのマイク授業でした。 授業中、150人教室の後ろのほうで一生懸命私の授業を聞いている生徒。 「今の説明が理解できなくて困っているな」私にはそれがわかります。 でも、マイク越しで20メートル以上離れていては、何もできません。 生徒が講師に質問したい場合は、所定の用紙に質問事項を記入してから初めて講師と話すことができるシステムで、その質問も「立って行う」のが原則でした。 「質問時間が長くなりすぎるといけない」というわけです。 そして、講師が質問に答えるのは、次の出勤日すなわち一週間後です。 私は時間に追われて、質問に充分答えきれないまま、空港や新幹線の駅に向かわざるを得ませんでした。 こんなこともありました。 移動の途中、駅や宿泊先のホテル前の道端で生徒があいさつをしてくれます。 でも、それが私にはとてもつらかったのです。 なぜなら、あいさつしてくれた生徒の、名前も顔もわからないのですから。 三つとも、悲しい思い出です。 「もうこんな思いは嫌だ」「生徒の息づかいをずっと感じられる予備校を作ろう」 平成10年、『多磨高等予備校』は、こうして出発しました。 科目別のプロ講師陣 少人数の予備校にこだわったので、「プロ講師には来てもらえないかもしれない。 もし、そうなら、潔く予備校をたたもう」そう覚悟を決めました。 しかし結果は「わかった。 小村さん、やろうじゃないか」。 驚いたことに、駿台の講師が、代ゼミの講師が、河合塾の講師が・・・皆、本当に安い給料で力を貸してくれたのです。 彼らもまた、生徒との心の交流に飢えていたのです。 二年目から驚異の成果、難関大の合格者が続出 初年度は生徒も少なく、成果も出ませんでした。 「みんな、あんなに頑張ったのに。 無名予備校の限界か…」体全体の力がガクッと抜けていきました。 しかし、二年目の成果には目を見張りました。 四人しかいなかった理系の浪人生は、それぞれ名古屋大、旧都立大、昭和薬科大、東洋大に合格。 浪人文系、現役も合わせれば、早慶、旧都立大、MARCHと続々と難関大合格を達成しました。 それ以降も、同様です。 生徒と講師が互いに心を通わせられる授業の威力に、私自身もアッと驚きました。 あなたの疑問に即対応、教える私もフルパワー ビデオなしマイクなし、クラス定員10名台 真剣勝負の少人数ライブ授業 今、私たちの毎日は充実しています。 私たちの授業を、目の前の生徒がどんどん理解しどんどん吸収するのがわかるのです。 もちろん理解できなくて困っている生徒の様子もすぐわかります。 私たちは、そんな生徒やその疑問点に、授業内外を通じて心を込めて向き合うことができます。 個別面談も、じっくりと行うことができます。 そして、この面談の成果を授業の中に生かしていくこともできるのです。 そういう雰囲気の中、生徒の学力は、本人もビックリするほど伸びていきます。 「365日使える駅前自習室」 大手予備校講師の時、もう一つ納得のできないことがありました。 生徒にとって「ここぞ」という大切な時に自習室が使えなかったのです。 電気代節約のためか、日祝はもちろん、平日の夕方でさえ閉館されたこともあったのです。 そんな経験から、私たちは約束します。 本校は、自習室を365日、朝9時から夜10時まで開放します。 あなたへの約束は100%守ります。 本校は、本館並びの「2号館自習室」と、多摩センター駅東口1分の「駅前自習室」という、二種類の自習室を用意しています。 「あなたのもう一つの勉強部屋」として、朝9時から夜10時まで、存分に利用して下さい。 施設の豪華さ・生徒数では、大手予備校には、勝てません。

次の

【レビュー】N予備校の評判は?費用は?メリット・デメリットは?

予備校 評判

SKK弘前予備校のアルバイトの評判と口コミ 私は以前、SKK弘前予備校で講師として働いていました。 普通の予備校とは違った特徴も多いので、これからアルバイトをされる方にはぜひ知っていただきたいです。 SKK弘前予備校の仕事について、詳しく解説していきましょう。 SKK弘前予備校って?? 弘前予備校は、青森県弘前市にある予備校です。 母体となる法人は専門学校も経営しています。 弘前予備校は、大学受験専門です。 浪人生や退学された方など、学校に通っていない方を専門に指導している、とても珍しい予備校です。 他の予備校と違うところは講師と生徒の距離が近かったこと。 年齢的にも近いのもありましたが、生徒が気軽に講師室に入ってきて質問できる環境だったので、その辺は独特な環境だったと思います。 SKK弘前予備校の1日の流れ 常勤講師は朝の9:00くらいから、非常勤講師はそれぞれの授業開始の10分くらい前には予備校に出勤。 どちらになるかは、面接などで決定します。 授業が始まると教室に出向き、1コマ60分で授業を行います。 授業終了後は講師室に待機して、質問を受けることも。 常勤講師の方以外は、退校時間に特に制限はありません。 基本的に担当している授業を通年で行います。 科目によっては添削・質問対応なども。 教室の清掃等は専門の業者の方がやってくださります。 SKK弘前予備校の大変なところ 大学受験の指導なので、教える内容も難しいですし、自分なりに予習をしておかないと苦労すると思います。 授業内で分からない生徒もたくさんいますので、質問の対応も大変でした。 またテキストを自前で作成しなければならなかったので、その作成も骨の折れる作業でした。 特に各大学の試験対策を担当するとなると、実際に自分が過去問を解いて、傾向を深く学ばなければいけません。 このあたりは時間外労働なので、時給が発生しないのも辛いところです。 SKK弘前予備校の時給 弘前予備校では1コマ=1時間でした。 1コマ2000円なので、他のアルバイトと比べるとかなり良いでしょう。 少し時間外労働があるといっても、コストパフォーマンスは優れています。 SKK弘前予備校の採用テスト・面接 採用試験は面接と模擬授業でした。 自分の授業を評価されるというのは、とても緊張することです。 教務責任者との面談が終了し、後日、理事長との面接が行われ、待遇などが決定しました。 SKK弘前予備校の服装や髪型 男性は原則スーツ。 女性はスーツ等、いわゆる学習塾で良しとされている服装でした。 チョークの粉が飛ぶためか、白衣で授業する講師もいました。 髪型は男女ともに、一般的な社会人に求められる程度の清潔感が必要です。 SKK弘前予備校の評判と口コミまとめ 時給が高いのはもちろん嬉しいですが、それ以上のポイントは 「やりがい」。 高卒生の予備校なので、基本的には受験に失敗ている、学校を退学しているなど、何かしらの挫折を経験している生徒を指導します。 こういった生徒のモチベーションを高め、一緒に合格までの過程を歩むことで、生徒の人生に大きな貢献ができるでしょう。 単なるアルバイトを超えて、人の人生をサポートしているとも言えます。 長い時間かけて指導した生徒が、合格通知を手にした時には、言いようがないほど嬉しい気分になりますよ。

次の