ホラー 映画 mama。 【MAMA】怖いと有名なホラー映画のネタバレあらすじと考察【最大の謎リリー】

映画『MAMA』ネタバレあらすじ結末|映画ウォッチ

ホラー 映画 mama

たまにアマプラで映画を見る。 ついさっきホラー映画「MAMA」を視聴した。 アマプラで無料視聴できる。 あとこのnoteは視聴済みorネタバレ気にしない人向けです。 一度ラストを見てしまうと冒頭と最後に出てくる子どもの手書き文字みたいな「MAMA」も涙腺に来る。 最後まで見るとあまりホラーって印象は抱かない。 抱かなくないですか? どうですか? 私は完全に MAMAの救いの物語と解釈してしまい、リリーの無条件で純真な愛とそれによってMAMAに与えられた無上の許しにアホほど泣いてしまったんですが……。 視聴後の印象としてはホラー邦画「仄暗い水の底から」に近いかな。 余韻が似てる。 仄暗い水の底からを視聴したときも、怖さではなく喪失感とかさびしさみたいなもので泣いたな。 こっちも親子ものだね。 MAMAは洋画だけど、なんとなく和風ホラーっぽい作りだった気がする。 緩急とか。 ラストは洋画感強くてワー! バーン! バタバタバター!! だったけど、そのぶん、変にモヤッとしないで物語としてキチンと完結してくれたのでスッキリ見終えられてよかった!🌸 スッキリというか そうですね……リリーはね………… 本当に…ママのことが好きだったんだよね…;;;; これはリリーだけじゃないよ!!!! ヴィクトリアも本当に心からママのこと好きだったと思うよ;;; でも心の開き方というか~~ヴィクトリアとリリーはさ……年齢だけじゃなくていろいろ違ったから……起こるすべての出来事の受け止め方もそりゃ違ったと思うし、それがあのラストにつながったんだと思うし……;;; リリーは全然、迷いもしなかったからなラスト……。 ヴィクトリアは途中でアナベルとMAMAの間で揺れてシクシク…泣いちゃうシーンとかあったけど、リリーはもう……ほとんどずっっとMAMA一択。 ラストもヴィクトリアが自分と来るかどうかだけで、自分が思いとどまる、MAMAよりもヴィクトリアやアナベルを選ぶなんて選択肢は存在しなかったんだろうな。 人を選ぶラストではあると思うけど、 MAMAのヤバい愛と執着に対して、子どものほうも無条件にMAMAを愛していて……それが救いになった、というのはMAMA視点でめちゃめちゃ幸せな結末だったと思う。 書いてて思ったけど、ラストはMAMA視点で見るのがいいんでしょうね。 作中でアナベルがMAMAの生前の鮮明な夢を見たり、事情を知って同情して泣いちゃったりしているのを見ると、監督にもそういう意図があったんじゃないかなと思えてくる。 MAMAを思え。 メメント・ママしろ。 根拠としては以下のシーンがあげられるようだ。 ・壁に描かれた絵でリリーが動物に襲われて血を流している ・博士が提出した暗視映像で不自然な動きをしている ・まともな睡眠、食事シーンがない。 蛾 MAMAの象徴 は食べている わかる!!! リリーがもう人間ではなかった説めっちゃわかるよ!!!! 私も壁の絵見たとき「え死んだ…?」と思った。 そのあと普通に二人セットで出てきたからアッ生きてたわってなったけど、視聴者に謎の動揺を与えるためだけにそんなカット入れるわけないので、何かしらは意味がある描写だと思う。 リリー死亡以外の意図では、下記3つの可能性があるかなと考える。 ・ 「リリーの命は本当ならここで失われていたものなので、最後にMAMAがリリーを連れていくのはトータルで見ればプラマイゼロですよ」という、ラストに違和感や不満を抱きそうな人向けの描写 ・リリーは獣に襲われた経験からより一層臆病になり、そのとき自分を助け守ってくれたMAMAに全幅の信頼を置くことになった、という、 「リリーがヴィクトリアよりも強くMAMAに懐いている理由の1つ」としての描写 ・リリーが襲われた絵の次に獣たちの死骸を見るリリーとヴィクトリアの絵が出てくるので、MAMAが 「獣を殺す力がある得体のしれない生き物だが、二人を守る存在」ということを視聴者にわかりやすく伝えるための描写 あとはもしかしたら、「MAMAが手を出してなければ二人とも獣にやられて死んでいたので、MAMAもまったくの悪者というわけではなく、二人の命を救っているんですよ」という描写かもしれないな……。 ただ上の3つだとリリー死亡説の他の根拠に説明がつかないので、やっぱり死んでいるのかな~~……。 まあ死亡説のほうが後味は若干すっきりするかもしれませんね。 あと1番目の最初に助けたから最後連れてくのはプラマイゼロ描写説だったら考え方サイコパスすぎるもんね。 そうなるとラストでリリーが「ヴィクトリア、来て!!;;;」って言ってたのも見え方が違ってくる。 MAMAとわたしとヴィクトリア、一緒にいようよ! って意味で聞こえていたものが、死者側と生者側のやりとりに聞こえてきてしまう。 あ~~~~~~!!!!!!;;;;;;;; そうだ…蛾……。 蛾を食べていた件なんですけど……。 テーブルについて人間と同じものを食べるヴィクトリアとの対比がキツイ。 それまでヤダ! ヤダーッ! てじたばたしてたリリーが、おててにあったかい息かけてもらったら「……!」って感じで静かになったり、自分のもう片手を口元に持っていって「……?」ってするの可愛かったね……。 完全に心開いたと思った。 わかりあえた、アナベルの愛が通じたんだ! と思った。 慢心だった……。 子どもの心はそう簡単じゃない。 そうだよね……。 自惚れだった……。 悲しくなってきた。 また元気が出たら追記しようかな。 もうとくに書きたいことないけど。 博士がかわいそうだったことくらいしか。

次の

【MAMA】怖いと有名なホラー映画のネタバレあらすじと考察【最大の謎リリー】

ホラー 映画 mama

確かに、あれは納得いきませんでした。 心中するなら、なんで姉妹を何年も養ってたんだ。 まあ、MAMAは存在自体が「狂った母親の未練の結晶」であって、合理的な行動がとれなかったと思うべきでしょう。 というか、他に解釈のしようがありません。 実の子供の遺体を受け取って、一度は成仏しかけるシーンもありましたしね…。 ヒロインたちカップルの努力で成仏できた所を、MAMAと相思相愛になってしまっていた幼い妹の情念に引き留められて、連れて行ったという事でしょう。 おおざっぱに言って、冷淡に見えて頼りになるロッカーなヒロインと、狂ったMAMAが姉妹の母親の座を争って、痛み分け(一人ずつ取り合う)になる映画だと思っています。 MAMAが、子供の危難を見過ごせない性格なのを利用して、ヒロインの彼氏がわざと姉妹を危機にさらして彼女を正気に返らせるのかと思ったのに…(ヒロインの彼氏と彼氏の兄貴は、同じ俳優が演じています)。 気が狂ったまま昇天とか、ホントどうなのさ。 映画そのものは意外な佳作で気に入っているんですけど。 ちなみに、博士はどう考えても殺されています。 続編については、企画はあるけど監督は「もーやることはやった」と言っているそうだとか。 もし続編があったら、10年ぐらいして「妹は生きていた」「博士も実は生きていた」なんて、1作目が台無しな展開もありうると思います(笑)。

次の

【2020】ホラー映画のおすすめ25選|日本&洋画の人気作品まとめ

ホラー 映画 mama

との共同制作。 監督が2008年に発表した短編映画を原作に、映画監督のが製作総指揮を務め、ハリウッドで化した作品。 監督は引き続きが務めた。 日本では当初劇場公開はされない予定だったが、ソフト発売を記念して一週間のみ限定公開された。 「」「ヘルプ 心がつなぐストーリー」のが主演した。 幼い娘二人を連れて森の奥の小屋へと辿りついた彼は、そこで二人を殺害しようとするも、小屋に潜む何者かに襲われて姿を消した。 それから5年後、ジェフリーの弟であるルーカスは、あの小屋で姉妹を発見する。 奇跡的に生還していた彼女たちの精神状態に強い興味を持ったドレイファス博士の協力のもと、彼は恋人のと姉妹とで博士が用意した家で共同生活を営むことにする。 だが、共同生活を始めたある日、の周りで不可解な現象が起こり始める。 【私的感想】(ネタバレ含みません) ぼちぼち面白かったです。 結構前の視聴です。 MAMAと子供達の「動き」が怖かったです。 ストーリーの起承転結がはっきりしており、登場人物も少ないので分かりやすいです。 何も難しい事はありません。 上映時間も100分ですので、テンポよくストーリーが進みます。 個人的に「映画」としての全体評価は…普通でした。 好きな方、申し訳ございません。 が製作でしたので、少し期待し過ぎたというのもあります。 監督の映画『 (2017年2019年)』もピエロが怖くなくて観るのを断念しました。 やはり元祖のピエロです。 本作もオバケの「造形自体」はそんなに私の恐怖のツボを押さえていないのです。 オバケの「動き」は怖かったです。 いい感じです。 本作のgif動画も有名ですよね。 ビックリする場面も多々あります。 でもよくあるパターンです。 また、「母と子の物語」ですので切ない気持ちになります。 黒髪ショートのロックな感じの彼女が拝めます。 彼女は演技はもちろん、セクシーかつ、キュートです。 独特の雰囲気(ファンタ要素強め)もあり、お化け屋敷感覚でも楽しめる映画だと思います。 今ならアマプラで視聴可能です。 しかし「MAMA」の母性は「身勝手な母性」だと私は思います。 おそらく、本作の「伝えたい事は」そこではないと思いますので、この事はどうでもいいのですが。 (個人的見解です) 姉妹の親に対しての、 「成長につれての心理変化」を視聴者に伝えたっかのでは?(個人的見解です) MAMAに出逢う前は姉妹は 3歳と1歳です。 そこ(廃屋)でMAMAと二人きりで、確か5年間ほど暮らします。 保護されて、達と「一般的な世界」で暮らし始めたのは 8歳と6歳です。 この「年齢設定」が重要だと思います。 伏線です。 また、姉の「眼鏡」です。 伏線です。 おそらく、人間の一般的な3歳(姉)は「父親」という存在も理解して、母親同様に大切な存在だと私は思います。 姉の方はオバケ(非化学的)でない、科学的な母と父がいる環境が良いと思うでしょう。 自然です。 また、MAMAと暮らしていた5年間は「眼鏡」をしていませんでした。 おそらく、MAMAの姿もぼんやりとしか見えていなかったと思います。 保護されてから眼鏡を掛けますが、MAMAと会う際は眼鏡を外します。 映画の終盤で姉の眼鏡をMAMAが奪うシーンがあります。 お互いに見たくない、見られたくないのです。 そして、MAMAと出逢った当初は3歳ですので精神崩壊する前の「優しかった父親」も憶えているはずです。 一方に妹はMAMAと出逢ったのは1歳です。 「MAMAがママ」なのです。 おそらく、一般的な1歳はまだ「父親」という存在価値も理解していないと思います。 妹は目が悪くありません。 「真の姿」のMAMAも愛しております。 MAMAを象徴している「蛾」もボリボリ食べていました。 この伏線があのラストに繋がるのだと思います。 ただ私は何回も言いますけど「MAMAの身勝手な母性」にはあまり共感出来なかったです。 もっとMAMAの過去や、あの姉妹にあんなにも執着する理由やエピソードも、もっとあってもよかったとも思います。 nmeemeekun.

次の