フォークリフト 事故 事例。 作業中フォークリフトにぶつけられ900万円以上の賠償金を得た事例

フォークリフト作業時の注意点とは? 安全に作業するためのポイント

フォークリフト 事故 事例

牛乳配達、空箱回収業務を営むC社の配送センターで、夜間に下請作業をしていた会社のフォークリフト運転者Aが、トラック誘導をしていた別会社の作業者B(55歳)の足に乗り上げて大怪我を負わせました。 この構内事故の民事訴訟で、裁判所は、フォークリフト運転者の企業に90%の責任があると認めました。 (平成25年5月21日大阪地裁判決) 判決理由によると、「現場は騒音が多く混乱していて、運転者・作業者双方とも、安全確保のために高度な注意義務を負っていた」 「しかし、フォークリフトの後方に視界を妨げる飲料の空箱等はなく、ある程度後方を確認すればBを簡単に発見できたにもかかわらず、漫然とフォークリフトをバックさせたAの過失が相対的に非常に大きい」として、フォークリフト運転者側の過失を90%、作業者(被害者)の過失を10%と認定しています。 判決文によると、当事者の過失以外に以下のような現場の問題点が明らかになっています。 配送センターでは様々な業者が入り乱れて、それぞれ独自に作業を行っており、 現場を統括する形での安全管理・指導が行われていなかった。 元請運送会社は下請企業のA社に具体的な作業方法や安全指導に関して指示をしていない(作業する現場が他社の配送センターであり、元請の支配権が及ばないというのがその理由)。 このため、他の業者との 作業の調整は、現場の運転者等に任せられていた。 フォークリフトは後退音を発するものの、付近で後退するトラックの後退音や現場近くを走行する新幹線などの騒音もあり、 音によるフォークリフトの接近を確認するのは難しい状況だった。 元請会社の運転者や作業者が現場にいてもフォークリフトの 安全誘導をすることはなかった。 フォークリフトの貸出しはC社から委託を受けた別のビル管理会社が行い、運転者が 運転資格証を提示するだけで自由に使用できる環境だった。 以上のような事情から、この訴訟では「 元請会社が直接に作業を指揮・管理している実態がないので、使用者責任はない(元請の損害賠償責任はない)」という結果になっていますが、元請会社や荷主(配送センター)の安全管理も不徹底で、不安全状態が放置されていたことが災害発生の要因となっているのは間違いありません。 このような現場で元請会社や荷主がフォークリフトや作業場所を提供していて、ます。 現場の安全管理について三者が責任を自覚することが大切です。

次の

労災ゼロへ!フォークリフト事故からその対策を学ぼう

フォークリフト 事故 事例

フォークリフトに関するヒヤリハット事例集(イラストあり) 日本財団図書館 ヒヤリハット事例集 造船の現場でもフォークリフトは使われています。 フオーク運転 15. 床面の凹部に車輪が フオーク運転 16. 勝手な運転方法 一般社団法人 仮設工業会 イラストによる機材センターの災害事例集 ヒヤリハット事例と災害事例がヒヤリハットストーリーに沿って記載されています。 問題と解答が書いてあるようなもので使いやすいです。 一部がフォークリフトに関するものとなっています。 公益社団法人 建設荷役車両安全技術協会 (建荷協) イラスト災害事例(お試し版) 土木工事の現場を中心に多数の事例が公開されています。 事例2-56 フォークリフト 転倒 なお、 「イラスト災害事例(会員版)」 では約60件のフォークリフトの事例が掲載されています。 関東製紙原料直納商工組合 安全防災委員会 災害事例・ヒヤリハット体験集 組合開催の安全衛生教育セミナー参加者が提供した災害事例・ヒヤリハット体験の中から選出しまとめたものです。 フォークリフト以外の事例も多くまとめられています。 厚生労働省 職場のあんぜんサイト 「職場の安全サイト ヒヤリ・ハット事例」の各場面からフォークリフトに関するものを抜き出しました。 【墜落、転落】 フォークリフトで工場内中2階にダンボール箱を荷上げする作業の際に落ちそうになった パレット上で作業中、バランスを崩して地面に墜落しそうになった フォークリフトのパレットに荷物を積み下ろし作業中、作業場から転落しそうになった 【激突】 フォークリフトと通行者が衝突しそうになる 後退走行をしている2台のフォークリフトが激突した 【崩壊・倒壊】 破損パレットにフォークが当たり倒壊しそうになった パレットで荷を積み込み作業中、荷崩れを起こした 棚から落ちた荷が身体に当たりそうになった 【激突され】 作業場を歩いていたところ、フォークリフトが方向転換のためバックしてきて激突しそうになった フォークリフトの爪をパレットに差し込む時、パレットが前方に動いて、そばで清掃していた作業員が足をはさまれそうになった 【はさまれ・巻き込まれ】 フォークリフトのフォーク(爪)の幅を変更している時、フォークが急に下降し、地面との間に手をはさみそうになった 検品終了後、フォークリフトが右旋回で発進したため、フォークリフトと壁の間に挟まれそうになった 【感電・火災】 フォークリフトがボンベに衝突し、アセチレンが漏洩した 【動作の反動・無理な動作】 フォークリフト作業中、マストと窓枠間で首を挟まれそうになった フォークリフトに関するヒヤリハット事例集(イラストなし) 以下のものにはイラストはありませんが、台車に関するヒヤリハット事例があります。 株式会社篠崎運送倉庫 倉庫業の事例集 実際の現場で多く報告されている倉庫業のヒヤリハット事例集です。 一般社団法人 和歌山県産業資源循環協会 安全衛生だより ヒヤリハット体験集 会員各社の従業員が経験したヒヤリハット事例集です。 イラスト等はありませんが、実体験の事例が多数まとめられています。 フォークリフトのヒヤリハットに関する無料資料 損保ジャパン日本興亜 倉庫内でよくある接触事故~フォークリフト事故防止動画 第二弾~.

次の

vol.1|フォークリフトから飛び降りて死亡|フォークリフトの安全|安全活動のすすめ方

フォークリフト 事故 事例

Contents• 事故多発!フォークリフトには危険が付き物 フォークリフトは、低速で走行する荷役自動車のため、安全に思えるかもしれません。 しかし、実際には事故が多発している危険な乗り物なのです。 フォークリフトによる事故が多発するのには理由があります。 フォークリフトは倉庫を中心に主に屋内で使用されます。 そのため、人の近くを走行することが多いからです。 そして 倉庫には荷物が多く置かれているため、荷物によってフォークリフトや人が死角にになりやすいことも事故が起きやすい理由になっています。 また、フォークリフトの運転者以外の作業者は、フォークリフトが低速移動のため、危険性を理解していない場合が多いです。 そのため、安全対策を怠りやすくなることも事故の要因と考えられます。 フォークリフトの安全対策 フォークリフトを安全に使用するためには、 事前の安全対策が非常に大切になります。 事前の安全対策をしっかり施すことで事故を事前に防ぎましょう。 免許を持つ人だけが運転する フォークリフトの運転には、フォークリフトの免許を持っている人だけです。 なのでフォークリフトの免許であるフォークリフト運転技能講習修了証を取得した人以外は運転してはいけないのです。 そして、 無免許でのフォークリフト運転には、労働安全衛生法による厳しい罰則もあるので絶対に無免許運転は止めましょう。 人の通路とフォークリフトの通路を分ける フォークリフトの事故で多いのが通行中の人との接触事故です。 低速走行のフォークリフトでも人と接触すると大けがの危険性が高いので特に注意が必要です。 この人とフォークリフトの接触事故は人の通路とフォークリフトの通路を分けることが大きな効果を発揮します。 テープを張るだけの簡単な対策でも大きな効果が得られますので、必ずフォークリフトと人の通路は分けるようにしましょう。 定期的にフォークリフトを点検に出す フォークリフトを安全に使用するためには定期的な点検が必要になります。 毎日の作業開始前の点検に加えて、定期的に専門家による検査も施しましょう。 フォークリフトには1年に1度の特定自主検査が義務付けられています。 この特定自主検査は、特定自主検査の資格を持った者しか施せないので、専門の業者に依頼して点検してもらいましょう。 また、特定自主検査を実施していない場合には、罰金の対象になりますので注意してください。 運転手は定期的に講習を受ける フォークリフトを安全に運転するには、運転手の安全への高い意識が求められます。 そのため、定期的に講習を受講させ事故事例や取り扱いなどを講習によって学びことが大切になります。 フォークリフトの操作性や安全対策は日々変化し続けています。 なのでフォークリフトの運転に慣れているベテランの運転手も定期的に講習を受けることが必要になります。 警告灯を使用する 工場や倉庫などの屋内では荷物が死角になりやすいため、フォークリフトに気が付かずに接触事故を起こす危険性が高いです。 このような接触事故を予防するには、フォークリフトに警告灯を付けるのが効果的です。 警告灯が光っていると荷物の死角からもフォークリフトの場所を把握することができます。 フォークリフトがどこを走っているのかを把握できていると接触事故を事前に防げます。 積載量を守る フォークリフトは、持てる最大積載量が決まっています。 この許容荷重を超える重要の荷物を乗せて走行すると事故の危険性が高まります。 フォークリフトの積載量は、フォークリフトに取り付けられている銘板に表示されています。 表示されている最大荷重範囲に抑えておけば、安全に運転できます。 フォークリフトの安全対策を怠ったときの事故例 フォークリフトの運転は安全対策を怠ると様々な事故の原因になります。 ここでは実際にあったフォークリフトの事故例を紹介していきます。 荷崩れが原因の事故 荷崩れが原因の事故は、フォークリフトに積み上げた荷物が落下し人にぶつかる事故です。 このような荷崩れが原因の事故が起こるのは、フォークリフトに荷物を乗せすぎたことが大きな原因になっています。 なので、フォークリフトの積載量を守ることで予防できます。 また、 フォークリフトのスピードの出しすぎも荷崩れにつながります。 荷崩れが原因の事故を予防するためには、フォークリフトのスピードの出しすぎにも注意してください。 転倒事故 フォークリフトは、転倒してしまうと運転手がフォークリフトの下敷きになってしまう可能性が高いため大変危険です。 フォークリフトが転倒する原因は、タイヤがすり減りすぎて溝が無くなっていたことがあげられます。 すり減って溝の無くなったタイヤでは、カーブを安全に曲がり切るのが難しくなるからです。 タイヤのすり減りは、定期的なフォークリフトの点検を施していれば、確実に防ぐことができます。 人との接触事故 フォークリフトと人との接触事故はよく見られる事故です。 フォークリフトは3キロ程度の低速で走行していても大怪我の事故になるので要注意です。 人との接触事故が起こる原因には、フォークリフトと人の通路が分かれていなかったこと、フォークリフトが死角によって見えなかったことがあげられます。 これらを予防するには、フォークリフトと人の通路を分けること、フォークリフトに警告灯を付けることが効果的です。 パレットからの落下事故 フォークリフトのパレットに人を乗せて作業をおこなう際には落下事故の危険性があります。 本来フォークリフトは人を乗せて作業する用途の作業車ではないので、パレットに乗っての作業は大変危険です。 なのでフォークリフトのパレット上での作業の場合は、事前に十分な安全教育が必要になります。 まとめ フォークリフトの安全対策と実際に起きた事故について紹介しました。 安全対策は、どれも運転前に施せるものばかりです。 そして紹介した事故例は、事前に安全対策を施していれば防げていた可能性が高いです。 フォークリフトを安全に運転するには事前の安全対策が重要なのです。 年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報) 「今より年収をUPさせたい。。 」 「夜勤が辛い。。 」 などを感じている方は、 転職すべきタイミングです。 なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、 今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです! しかし、中には間違って 年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、 後悔している人もいます。 その理由は、 転職前に情報収集を行っていないからです。 もっとより良い会社があるにも関わらず、 面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。 そこで私はドライバーのお仕事の 検索サイトの利用をオススメしています。 ドライバー専門の無料求人検索サイト 物流企業が多い地域を中心に、全国でかなり豊富な求人情報を扱っている検索サイトです。 10代~60代以上の全ての年齢に対応していおり、様々な条件で検索することが可能ですので、 とりあえず検索して見ることをおすすめします!.

次の