すいえんさー クレープ。 木星パワーで焼き入れてやるよっ

春巻きの皮で超カンタン【クレープ】!

すいえんさー クレープ

Official Program Data Mark(公式番組情報マーク)• このマークは「Official Program Data Mark」といい、テレビ番組の公式情報である• 「SI Service Information 情報」を利用したサービスにのみ表記が許されているマークです。 「Yahoo! テレビ. Gガイド」はYahoo! JAPANのサービスであり、ヤフー株式会社が株式会社GYAOと協力して運営しています。 - - - - -• Copyright C 2020 IPG Inc. All Rights Reserved. Copyright C 2020 GYAO Corporation. All Rights Reserved. Copyright C 2020 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

次の

すイエんサー [NHK Eテレ]の感想・番組情報・過去番組表

すいえんさー クレープ

春巻きの皮クレープの作り方・手順 大まかな作業の流れは以下に示す通りです。 クリームや具材を用意する• ボウルに卵、牛乳、砂糖を入れてホイッパーで混ぜて卵液をつくる• 春巻きの皮を卵液に浸す• 春巻きの皮をフライパンで弱火で焼く• クレープ生地を皿に移して冷ます• クレープ生地にクリームや具材を盛り付ける クレープのクリーム・具材について クリームは少し硬めにする クレープは手で持って食べることもあるので、少し硬めのクリームを用意しておきましょう。 生クリームを使う場合は、なるべくしっかりと立てて、角ができるくらいの硬さであれば問題ないと思います。 カスタードクリームの場合も、少し火が通りすぎたかな?というくらいにまとまっていてもOKです。 具材はお好みで スタンダードなのは、バナナ、イチゴなどのフルーツ。 チョコレート類は、液状のチョコレート、チョコレートスプレーなどがおすすめです。 スーパーや100円ショップ等でも購入可能です。 クレープ生地を実際に作ってみよう! 卵液をつくる ボウルに卵、牛乳、砂糖を入れてホイッパーで混ぜて卵液をつくります。 卵の卵黄と卵白が混ざり切り、砂糖が完全に溶けた状態になればよいです。 春巻きの皮を卵液に浸す 春巻きの皮1枚を卵液に浸します。 全体が浸った状態で5秒~10秒くらい置いてください。 春巻きの皮が卵液を吸い込んで弾力のある生地になります。 今回はボウルで直接やりましたが、春巻きの皮の皺同士がくっついて大変なのでなるべくバットを使うことをお勧めします。 ここでいくつかポイントがあります。 春巻きの皮は1枚ずつ浸すようにしてください。 そうしないと皮同士がくっついたままはがれなくなります。 また、皮は卵液に浸されたことで皮が柔らかくなっており、破けやすくなります。 皮全体が卵液にしっかり浸っている状態にしてください。 そうしないと皮が卵液を吸い込まず焼いたときにパリパリになってします。 皮に浸すときは長時間つけないようにしてください。 長く浸しすぎると皮がぐでぐでになってしまい、フライパンに移す際に皮が破ける可能性があります。 このあたりはちょっと加減が難しいので、何回かお試しで焼いてみるといいでしょう。 春巻きの皮を弱火で焼く 春巻きの皮を卵液をよくきって温めたフライパンで弱火で焼いていきます。 大体1分~2分くらいで焼きあがります。 ここでもいくつかポイントがあります。 強火では焼かないでください。 強火で一気に焼くとパリパリになってしまうので注意してください。 生地の表面が弾力を保っているか確認しながら焼いてください。 焼いているとどんどん水分が奪われていくので生地の表面を指で触って確認してください。 パリパリになってしまった生地は、再度卵液の入っているバットに入れて卵液を吸わせてみてください。 火の通りが甘ければ、卵液を吸って柔らかくなるので、もう一度チャレンジできる可能性があります。 クレープの生地を皿に移して冷ます 焼いたクレープ生地を大きめの皿に移して冷まします。 クレープ生地はどんどん重ねていっても大丈夫です。 ここでしっかり冷ましておかないと、クリームを載せたときに溶けてしまいますので注意しましょう。 クレープを盛り付ける 盛り付けもいくつかポイントがありますので工程を確認しながら盛り付けていきましょう。 まず、まな板などの作業台にクレープ生地をひし形になるように置いてください。 そして上半分にクリームや具材を置きます。 この状態で半分に折りたたむと以下のような形になります。 半分に折りたたんだら、右側の余分な皮を内側に折りたたみます。 同様に左側も内側に折りたたみます。 持ち手の部分はクレープ用の紙でくるんであげると雰囲気がでますが、クッキングペーパーなどでくるんであげると食べやすくなりますね! お皿に載せた状態がこちら。 やっぱり生クリームとチョコレート、バナナの相性は最高です! 他にもミカンやイチゴなどの酸味のあるフルーツがあるとアクセントになっていいかもしれませんね。 甘いのが苦手な方はサラダ系の具材を用意してもよいかと思います。 あまった卵液でフレンチトースト 余った卵液をパンに浸してフレンチトーストにするのもおいしいですよ! 今回は食パンではなくこちらの「白い食卓ロール」を使ってみました。 pasconet. 夜寝る前に仕込んでおいて翌日の朝に焼いたり、午前中に仕込んでおいて3時のおやつに焼くとスムーズです。 卵液がパンにしっかり浸みこんでいることを確認したら、フライパンでバターを溶かして焼いていきます。 そして、できあがりがこちら。 トッピングに余った生クリームも添えました。 このまま食べてもよいですし、この上にメイプルシロップやはちみつをかけてもいいですね。 今回使用した「白い食卓ロール」は普通のパンに比べると厚みがあるので、卵液を吸うとモチモチした独特の触感になります。 おいしい!.

次の

木星パワーで焼き入れてやるよっ

すいえんさー クレープ

お店みたいな クレープ! おうちの フライパンと 春巻きの皮があれば 失敗知らず のうえに、たった 5分で完成! *すイエんサー流クレープの材料* (この分量で10枚の皮が作れます) 〈皮の材料〉• 春巻きの皮(クレープ1個につき1枚使います)• 牛乳 250ml• 卵 2コ• そして 売られている春巻きの皮は一度すでに焼いてあるので、生地に 細かい穴がたくさん空いている。 ( だいたいの春巻きの皮は「なま」と書かれていますが、事前に焼かれています)「牛乳、卵、砂糖」の液にひたすと、穴からしっかりしみこんで、焼いてもやわらか~くあま~くなるんだ。 !注意!ぎょうざやワンタン、シューマイの皮は、事前に焼かれていません。 皮に液がしみこまず、うまくいかないので注意。 *すイエんサー流クレープの作り方*• ボウルに春巻きの皮以外の材料(牛乳・卵・砂糖)を全て入れ、ムラにならないようよく混ぜる。 春巻きの皮を 1枚ずつはがして作った液に サッとひたす。 油をひき、あたためたフライパンにのせる。 焼き上がりの目安は弱火で1〜2分。 フライパンからあげたら、皮の完成!• 最後まで味を楽しめるよ。

次の