ソフトバンク光 オプション解約。 ソフトバンク光のオプションの恐ろしさと不要なモノの解除方法

おかしい?ソフトバンク光の料金が高い! 不要なオプションを解約

ソフトバンク光 オプション解約

解約しない方がいいオプション(6個)• 解約しても問題ないオプション(25個) まず31個ある「」のオプション。 どれでも解約していいわけじゃないんです。 うっかり解約してしまうと、スマホ割が適用外になったりしてしまいます…。 この3点セットは「おうち割 光セット」の条件にもなっているので、解約しないようにしましょう! ソフトバンクのスマホ割「おうち割 光セット」は、ソフトバンクスマホの月額が1,000円も安くなるお得な制度です。 家族全員分適用できるので、相当な割引額になります。 また、「光BBユニット」もソフトバンク光を使う上では必須です。 電話系サービスのいずれか1つ+光BBユニット+Wi-Fiマルチパックは、3点セットで月額500円になります。 単品で契約するとどれも500円以上するので、3点セットで契約しておきましょう。 請求は「オプションパック」という名目になります。 「6.ホームゲートウェイ N 」ですが、これはフレッツ光から転用でソフトバンク光へ乗り換えた際に発生する料金です。 NTT東西や住居タイプによって料金が変動、0円のケースが多いですが、最大450円必要になる事もあります。 は ソフトバンク光で通信する上で必須の機器なので、解約は出来ません…。 ソフトバンク光を新規申し込みした場合は発生しない費用なので安心してください。 BBフォン おうち割光セット適用に必要なもの 3. Wi-Fiマルチパック 4. 光BBユニットレンタル ついでに、現役ソフトバンク光ユーザーである私のケースもお話ししておきますね! 私が加入しているオプションは 「おうち割 光セット」適用に必要な3つ「BBフォン」+「Wi-Fiマルチパック」+「光BBユニットレンタル」です。 それと、フレッツ光から転用申し込みしたため、ホームゲートウェイは継続利用しています。 特に 光BBユニットはIPv6対応なので、通信速度も速くて助かってます…!光BBユニットでWi-Fiが使えるようになる「Wi-Fiマルチパック」も、セット料金で実質無料みたいなものなので助かりますね。 ソフトバンク光のオプション解約方法を解説! 3つの方法• 不要なオプションの解約方法を解説していきます。 おすすめは「MySoftBank」でネット上での手続きです。 上記画像を参考に、解約手続きを進めてみてください。 ネット上で手続きできるので楽ですね!24時間いつでもOKなので、空いた時間に解約しておきましょう。 2.電話で解約する 電話番号 186+0800-111-2009(無料) 受付時間 10:00~19:00 伝えること 1. 契約者名 2. 契約時の電話番号または、連絡先として登録している電話番号 3. 生年月日 ソフトバンクのサポートセンターへの電話でも、オプション解約が可能です。 平日祝日問わず10時~19時まで営業しています。 通話料も無料です。 MySoftBankへログインするためのID・パスワードが分からない方は電話で確認してみてください。 3.ソフトバンク光とオプション公式サイトで解約する 解約申込先 オプション提供サイトで 解約申請が必要なケース 上記の4つのオプションは、MySoftBankで解約申請後、 オプション提供側のサイトでも解約申請する必要があります。 「スカパー!」や「ひかりTV」、「」などは、ソフトバンク光が直接運営しているサービスではありません。 なので、オプション提供側でも解約申請する必要があります。 ソフトバンク光などのフレッツ系回線を使用した光回線は、利用者がとても多く、夜18時~24時ぐらいの混雑時間の速度低下が著しいです…。 光BBユニットをレンタルしておけば無料なので、光BBユニット+IPv6は是非利用してください! 2.BBフォン BBフォン 月額料金 電話サービス+光BBユニット+Wi-Fiマルチパックの3点セットで500円 概要 電話サービス おうち割 光セットの条件の一つ 必要?不要? 電話が必要なくてもセットで500円なので加入しておこう BBフォンはソフトバンク光の電話サービスです。 もし電話が必要なくても、「おうち割 光セット」の条件になっているので加入しておきましょう。 3.オプションパック オプションパック 月額料金 500円 概要 電話サービス+光BBユニット+Wi-Fiマルチパックの3点セットの請求名称 必要?不要? 必須! オプションパックとは、 「電話サービス+光BBユニット+Wi-Fiマルチパック」の3点セットの割引名称です。 請求項目に謎のオプションパック500円がある…と思った方も多いかと思いますが、必要なオプションなのでそのままにしておきましょう。 ホームゲートウェイがないとネットに接続出来なくなるので必須です。 解約しないようにしましょう。 光BBユニットでWi-Fiが使えるため、このオプションは不要です。 6.Wi-Fiマルチパック Wi-Fiマルチパック 月額料金 電話サービス+光BBユニット+Wi-Fiマルチパックの3点セットで500円 概要 光BBユニットでWi-Fiが使えるようになるオプション 必要?不要? 必須! 光BBユニットでWi-Fiが使えるようになるオプションです。 「おうち割 光セット」の条件にもなっているので必要です。 3点セットで月額500円なので、加入しておきましょう。 まとめ ソフトバンク光のオプションまとめ• 電話系サービス+光BBユニット+Wi-Fiマルチパックの3点セットはほぼ必須オプション• ホームゲートウェイ N はフレッツ光から転用した場合に必要なオプション• その他オプションは全て解約してOK! この記事では、ソフトバンク光のオプションについて解説しました。 ソフトバンクスマホ割「おうち割光セット」の条件でもある 「電話系サービス+光BBユニット+Wi-Fiマルチパック」の3点セットは、ソフトバンク光を利用する上でほぼ必須のオプションだと考えておいてください! 特に「光BBユニット」はIPv6通信するために必要で、これがないと夜間の通信速度が大幅に遅くなってしまいます…。 もし不本意に加入してしまっていたら、MySoftBankから解約手続きをしてみてくださいね。 を知りたい方はこちらもクリックして確認してみてください。

次の

ソフトバンク解約前に知らないと100%余計なお金が発生!確認マストな3つのこと!

ソフトバンク光 オプション解約

目次 この記事でわかること• 【2017年3月に終了】ソフトバンク光と東芝タブレットのセット「バリューパック」 ソフトバンク光では、東芝製のタブレットがセットになった「バリューパック」と呼ばれるサービスを提供していましたが、 2017年3月31日をもって終了しています。 バリューパックはどのようなサービスだったのか振り返っていきましょう。 バリューパックのサービス内容 バリューパックは東芝製のタブレットといくつかのオプションがセットになっているソフトバンク光またはSoftBank Airのオプションサービスです。 < タブレット >• A205SB < オプション >• 光BBユニットレンタル• Wi-Fiマルチパック• とく放題 B• 地デジチューナー(R)• BBセキュリティ• ソフトバンクWi-Fiスポット 光BBユニットレンタル LANルーターのレンタルサービスです。 複数のデバイスの接続ができたり、ひかり電話・BBフォンなど固定電話を利用する際に必要です。 単体で申し込むと月額467円の料金がかかります。 Wi-Fiマルチパックを利用することで無線LAN Wi-Fi 機能を使えます。 Wi-Fiマルチパック 光BBユニットの無線LAN機能を開放するオプションサービスです。 またBBモバイルポイントでWi-Fiに接続できる公衆無線LANが1ID無料で利用できます。 とく放題 B 食料品・日用品・旅行などが割安で利用できるサービスです。 単体で申し込むと月額500円の料金がかかります。 BBセキュリティ パソコン、スマートフォン、タブレットのデバイスをウイルスやフィッシングサイト・スパイウェアから守るセキュリティソフトです。 単体で申し込むと1ライセンス300円~570円のサービスです。 ソフトバンクWi-Fiスポット ソフトバンクの白い犬のマークがある外出先でWi-Fiが利用できます。 単体で申し込むと467円の月額料金です。 地デジチューナー(R) タブレットやパソコンで地デジが視聴できるオプションサービスです。 Wi-Fiさえあれば家の中や外出先に関わらず地デジの視聴・録画ができます。 単体で申し込むと934円の月額料金がかかります。 タブレットで地デジを視聴できる地デジチューナー(R) 地デジチューナー(R)を利用すると、地デジをテレビとタブレットから視聴できます。 このオプションサービスでは、 地デジチューナー(R)と光BBユニットを接続すれば視聴できる状態ですが、デバイス側で別途設定が必要となっています。 デバイスの別途設定の手順は、以下のとおりです。 地デジViewer(R)という専用アプリのインストール• アプリを起動して使用許諾に同意すると、端末と機器が接続される• バリューパックで提供されるタブレットの詳細 バリューパックでセットになっているタブレットはTOSHIBA製のAndroid「A205SB」です。 現在、SoftBankからこのタブレットA205SBを単体で契約すると32,400円 900円の36回払い 、Amazonでは約20,000円ほどで販売されています。 バリューパックのタブレットが故障した場合1年以内なら無料で修理できる ソフトバンク光のバリューパックが受付を終了しても、バリューパックを通じてタブレットを入手した方は多いです。 しかし、ソフトバンク光がバリューパックの提供を終了しても、 万が一バリューパックを通じて入手したタブレットが故障した場合、バリューパックに加入して1年以内であれば無料で修理対応してくれます。 ただし、 液晶が割れた、水没させたなど利用者都合の破損・故障の場合、修理費用は自己負担となっています。 バリューパックの解約方法と発生する違約金 ここからはバリューパックの解約方法と解約に伴い発生する違約金を解説していきます。 バリューパックの解約方法 バリューパックの解約は他のオプションサービスと同様、サポートセンターへ電話するかWeb上の手続きで行うことができます。 バリューパック解約時の契約解除料は? バリューパックには2年間の契約期間が定められています。 2年毎におとずれる 契約満了月以外に解約した場合は5,000円の解除料が発生します。 例えば、2016年1月に契約した場合は、2017年12月が契約満了月です。 解約しない限りまた2年間ごとに定期契約がスタートするので注意しましょうね。 またバリューパックでは、パック割引としてタブレット代から毎月1,300円の割引が36ヶ月に渡って行われます。 パック割引のおかげでタブレット金額は実質0円となっていますが、 解約時にタブレット代金の残債が残っている場合は残債の支払いが求められます。 例えばバリューパックの契約期間中である18ヶ月目でバリューパックを解約する場合、以下の料金が発生します。 しかし、タブレット代の残債は別途請求されるため気をつけてくださいね。 バリューパックの解約時にタブレットの返却は不要 バリューパック、もしくはソフトバンク光の解約を検討している場合、 タブレットは利用者の所有物扱いとなっているため、返却は不要です。 また、契約店舗・ソフトバンクショップでの返却受付は行っていません。 不要になったタブレットは中古として売ってしまっても廃棄しても自由です。 まとめ ソフトバンク光のバリューパックはタブレットの本体代金が実質負担なしで利用できるオプションサービスです。 バリューパックの新規受付は2017年3月に終了しました。 タブレットが実質無料となっていますが、3年間本体代分の料金が割引されるシステムであることがわかります。 解約時には2年契約の契約解除料と本体代の分割代金の残債が請求されます。 これから解約する方は解約の際の料金に気をつけて解約してくださいね。

次の

ソフトバンク光のオプションを解約する時は?不要か要か確認する方法

ソフトバンク光 オプション解約

料金明細にある謎のオプション「無線LAN N 」 先日、フレッツ光からソフトバンク光に乗り換え(光コラボ)をしました。 ソフトバンク光にも色々オプションがあるので、しっかりと調べてから申し込んだつもりでした。 しかし、料金明細を見てみると「無線LAN N 」という、違和感のあるオプションが目に止まりました。 「もしかして無線LANを利用するのに必要な隠れたオプションだったのかな?」 「公衆無線LANを利用するためのオプションでも付けられたのかな?」 最初はとにかく必要なオプションだと思っていましたが、無線LAN N の「 N 」という他のオプションとは異なる記号も気になりはじめました。 そこで、ソフトバンク光のサポートセンターに問い合わせてみたのですが・・・。 無線LAN N とは一体どんなオプションなのか確認してみる 無線LAN N について、ソフトバンク光のサポートセンターに直接聞いてみました。 すると意外な回答が帰ってきました。 フレッツ光、つまりNTT側のオプションです。 ソフトバンク光のオプションではないんですよ。 フレッツを利用している時に無線LANの機能を追加されませんでしたか? 確かに、フレッツ光のルーターには無線LAN機能が無かった気もします。 それでオプションとして追加されていたということでしょうか。 さっそくフレッツのルーターを確認してみると、小型の無線LANカードが刺さっていました。 どうやら、この無線LANカードのレンタル料金として「無線LAN N 」の料金が発生していたようです。 無線LAN N は、ソフトバンク光に乗り換えで本当に不要となるのか 無線LAN N はフレッツ側の無線LANカードのことだと分かっても、急に無線LANが使えなくなるのも怖いですよね。 確認してみますと、ソフトバンク光のルーター(光BBユニット)には無線LANの機能がついています。 厳密には、無線LAN機能を利用するためには、「Wi-Fiマルチパック」というサービスの追加が必要です。 サポートセンターの方に、この「光BBユニット」「Wi-Fiマルチパック」がある場合は、「無線LAN N 」は不要なのか聞いてみました。 すると「オプションを解約しても問題ない」との回答を頂きました。 これで安心して無線LAN N を解約できると思った訳ですが・・・。 これから2年間は最低でも使うわけで(2年縛り)、それを考えると工事費を払ってでも解約した方が得だと思いました。 無線LAN N のカードの返却(郵便局に持っていく)も必要に 解約手続き、解約のための工事費に続いて、(レンタルなので当たり前ですが)無線LANカードの返却も必要とのことでした。 クロネコヤマトなどであれば、最寄りのコンビニで手続きもしやすいのですが、残念ながら郵パックのみとなっています。 土日やっていない郵便局か、ローソンに行かなければならなそうです。 無線LAN N の解約手順 ここからは無線LAN N の解約手順についてご紹介していきたいと思います。 解約の手続き自体はかんたんですが、その後の返送などの手続きもあるので忘れないように注意してください。 ソフトバンク光のお問い合わせ窓口へ電話する 0800-111-2009 すでにフレッツ光からソフトバンク光に乗り換え(光コラボ)されている場合は、SoftBank光のサポートセンターへ電話をします。 通話料は携帯電話からかけた場合でも無料ですが、受付時間が限られています。 また、混雑していることが多く、土日祝日の翌営業日=月曜日などは相当待たされるかもしれません。 また、営業時間ギリギリに電話をした場合は、受付終了となってしまう場合があるかもしれませんのでご注意ください。 オペレーターに「無線LAN N を解約したい旨」を伝える オペレーターにつながったら、契約状況の確認や、本人確認などが入ります。 それを経て、無線LAN N を解約したい旨を伝えてください。 すぐに解約手続を済ませてくれます。 自宅に無線LANカードの返送用のキットが届く 数日後に無線LANカードを返送するためのキットが自宅に届きます。 紙袋と郵パックの送付伝票がセットになっています。 無線LANカードは破損しないように、ダンボールなどで補強してくださいとのことです。 適当なダンボールで補強して紙袋に入れます。 そして郵パックの伝票を貼り付けて、郵便局かローソンで発送します。 無線LAN N の解約まとめ 解約の手続きよりも、注意点の方が重要です。 納得できたら、不要なオプションであればすぐに解約をするべきですね。

次の