ゼウス wifi。 【田舎で使える?】ZEUS

ZEUS WiFi(ゼウスWiFi)の評判は?契約前に知るべきメリット・デメリットまとめ

ゼウス wifi

料金プラン まず皆さんが一番気になるであろう料金プランは以下の通り。 通常 ZEUS WiFiデビューキャンペーン(終了日未定) 課金開始月~6ヵ月目 2,980円 2,980円 7~24ヵ月目 3,280円 3,280円 25ヵ月目~ 3,480円 基本使い放題で、かつ3,280円であれば、ここ最近のクラウドSIMの中ではかなり安い部類に入ります。 初期費用に関しても事務手数料3,000円なので、他社と同じ水準です。 以下、参考までにクラウドSIM系のモバイルWiFiルーターの料金比較表です。 月額料金 ゼウスWiFi 3,280円 THE WiFi THE WiFi:3,842円 THE WiFiライト:3,480円 どんなときもWiFi クレジットカード払い:3,480円 口座振替:3,980円 Mugen WiFi アドバンスプラン:3,880円 格安プラン:3,280円 限界突破WiFi 3,500円 かなり安い部類と申し上げましたが、ここ最近のメジャーなクラウドSIMの中では現状最安クラスですね。 じゃあゼウスWiFiはただ単純に料金が安いだけで、他は全て他社と同じなのかというとそうではありません。 冒頭でも少し触れた通り、ゼウスWiFiは他のクラウドSIMとは明確に異なる部分があります。 それが提供される端末です。 ゼウスWiFiの端末 uCloudlink D1 ここ最近のクラウドSIMでは「uCloudlink D1」という端末を採用しています。 しかしゼウスWiFiの場合、HWR0001Aと呼ばれる端末が提供されます。 以下の写真がゼウスWiFのオリジナル端末です。 ゼウスWiFi専用端末 端末名でググっても他社で提供されている様子は全くありません。 なるほど、じゃあ他のクラウドSIMよりもスペックを落とした端末を提供することで月額料金を下げることに成功したのか・・・と思いきや全くそんなこともないようです。 ただ一点だけ、ゼウスWiF専用端末がD1に比べて劣る点があります。 それが端末の稼働時間です。 D1が連続12時間なのに対してゼウスWiFi専用端末は10時間です。 クラウドSIMで一番人気の高いどんなときもWiFiは月額料金3,480円で、ゼウスWiFiは3,280円ですから、稼働時間2時間を取るか、月200円分の安さを取るか、という感じでしょうかね。 速度比較 筆者は現在、Broad WiMAX、どんなときもWiFiを契約しておりますので、それらとゼウスWiFiの回線速度を比較してみたいと思います。 測定条件は以下の通り。 端末:iPhoneX 住所:横浜駅 場所:11階の建物の8階屋内(窓際) 時間:14時~15時 どんなときもWiFi どんなときもWiFiは、まさに通信障害が出ている真っ最中(2020年3月)なので、そもそも不利な条件ではありますが、通信障害を出す方が悪いということで比較対象とさせていただきます。 ご覧の通り、ADSLも裸足で逃げ出すレベルの、目も当てられない悲惨な数値になっております。 いい加減にして欲しいですね。 Broad WiMAX 安定して高速が出やすいのがWiMAXで、3年ほどお世話になっております。 そんなWiMAXですが、上りがちょっと遅いですが、私は基本的には下りしか使わないので全く問題ありません。 動画のアップロードとかをする人だとちょっと厳しい数値です。 ゼウスWiFi ゼウスWiFiは今回計測した中では最も優秀な結果が出ました。 上りも下りも文句ない数値です。 特筆すべきはPING値で、3回線の中でも最も低いです。 一般的にPING値の良し悪しは「50ms」が一つのボーダーラインとされており、50以上であればタイムラグが大きく、50以下であればタイムラグが少ないとされております。 つまり上りと下りの時間差が少ないので、オンラインゲームやLIVE配信サービスでも問題なく楽しめるでしょう。 今後、加入者が急増したりしたらちょっと何とも言えませんが、現状であれば積極的に検討すべきモバイルWiFiルーターと言えるでしょう。 まとめ 結論として、ゼウスWiFiはアリなのかナシなのかというと、個人的にはアリです。 例えばスマホの端末を選ぶ際には端末代金、サイズ、カメラの画質、CPUなど、色々な要素を考慮する必要があります。 しかしながら、ネット回線を選ぶ基準というのは良くも悪くも.

次の

【公式】ZEUS/ゼウスWiFi

ゼウス wifi

このページの目次 CLOSE• ゼウスWiFiの料金プランと通信速度(実測値) 以下は、ゼウスWiFiの料金プランと通信速度です。 2020年4月時点では、料金プランは1種類しか用意されていません。 契約手数料 端末 月額 1〜6ヶ月目 7ヶ月目〜 契約期間 2年間合計 3,000円 レンタル 2,980円 3,280円 2年 79,920円 他のWi-Fiサービスと比較 ゼウスWiFi どんなときもWiFi ギガゴリWiFi 2年 79,220円 86,520円 86,040円 3年 118,580円 134,280円 127,560円 4年 157,940円 182,040円 169,080円 最大速度• ダウンロード最大:150Mbps• アップロード最大:50Mbps 実測値 私が実家(都内のマンション)で計測した速度は以下の通りです。 下り(ダウンロード)31. 4Mbpsは無制限Wi-Fiの中では速い方です。 同じUcloudlink社のどんなときもWiFiは10Mbps台、FS030Wも20Mbps前半だったと記憶しています。 ゼウスWiFi端末のスペック 以下は、ゼウスWiFi端末のスペックです。 4インチ WAN標準 IEEE802. ゼウスWiFiのキャンペーン 2020年4月現在、「ゼウスWiFiデビューキャンペーン」が実施されています。 キャンペーン期間中は、以下の料金が適用されます。 1〜6ヶ月目:月額2,980円• 7ヶ月目〜永年:月額3,280円 ただし、キャンペーン期間は終了日が未定です。 キャンペーン期間に申し込みしたユーザーは、契約を継続する限り月額3,280円で利用することができます。 ゼウスWiFiの良い評判 お手並み拝見。 クラウド型でしょ。 — オカルトパンチ佐藤 okarutopunch クラウドSIM端末のレンタルということもあり、モバイルWiFiユーザーからの期待値は高そうです。 ゼウスWiFiはまだ開始していないサービスなので、SNS上にあまり口コミはありませんでした。 上記以外では、CMに関する意見もありました。 ゼウスWiFiのCMで、舞香ちゃんWiFiのピアスしてるの 凄すぎる笑 衣装だよね?笑笑 ゼウスポーズ流行らせたいですね??? ネルソンズさんとすごい仲良さそうで、いっぱい笑ってて 楽しい現場だったんだというのが伝わってきた。 業界では比較的高い位置におり、商材のシナジーやアップセル、クロスセル、縦横の展開があるためまだまだ成長が見込めます。 またさまざまな角度からアプローチできるためtobtocどちらでも売り上げに繋がる勝負が可能です。 引用:カイシャの評判 共通していたのは、「会社の成長性」です。 すでに大きな規模の会社ですが、「これからも成長が見込める」と多くの若い社員たちが口をそろえて評価していることが印象に残りました。 ゼウスWiFiの悪い評判 どんなときもWiFi? 佐藤二郎 限界突破WiFi? 氷川きよし THE WiFi? 加藤浩次 ゼウスWiFi? ネルソンズ なんでなん弱ーっ??? youtube. 詐欺です。 完全に誤解を招くような説明しかしてきません。 あとあとになり説明を求めたがその時説明しました。 絶対に言ってるはずです。 の一点張り話になりません。 気を付けてください。 引用:Googleの口コミ 営業においては、かなり強引な売り込みを行っている可能性があります。 ただし、 昨今はグーグルの口コミを使ってネガティブキャンペーンが行われる事例が増えており、社会問題化しています。 Googleの口コミは話半分だと思いますが、不安な人は利用者の声が集まるのを待ってから検討するのも良いでしょう。 【他のポケットWiFiと比べた】ゼウスWiFiを利用するメリット• ゼウスWiFi専用の端末がレンタルされる• 長いお試し期間が用意されている• キャンペーン期間中の月額料金が安い• 初月の料金は日割り計算• 海外向けのプランが多い• 海外での利用料金が安い• 他社と比べて違約金が安め• 違約金0円で乗り換えることも可能• カスタマーサポートが充実している• 端末一式の返却期間が長い 下記から、詳細をみていきましょう。 類似したサービスを提供する他社の場合は、量産品をレンタルしていることがほとんどです。 ゼウスWiFi どんなときもWiFi ギガゴリWiFi レンタル端末 HWR0001A U2s FS030W 「HWR0001A」は、下の画像の通り液晶があり、一通りの操作は液晶画面でできるため便利です。 液晶で操作できる端末を利用したい• 新しい端末を使いたい 上記に該当するなら、専用端末を提供するレンタルWiFiをおすすめします。 他社とは違う端末をレンタルしていることは、ゼウスWiFiのメリットです。 クラウドSIMの特徴を簡単に解説 以下は、クラウドSIMの特徴です。 SIMカードが不要• データ通信量が使い放題• 直近の制限がない• クラウドSIMはクラウドサーバー上で管理しているので、本体に通信会社のSIMカードを挿す必要がありません。 詳細については、以下の記事を参考にしてください。 HWR001Aについて 長い期間をかけて開発された「ゼウスWiFiでしか取り扱われていない」オリジナル端末です。 開発・製造、サービス設計にいたるまで、ゼウスWiFiの10年間にわたる情報通信サービスのノウハウが詰め込まれています。 HWR001Aならではのメリット 以下は、HWR001Aならではのメリットです。 本体に大型ディスプレイが搭載されている• 10台の接続に対応している(推奨は5台)• 軽量だから持ち運びが楽 クラウドSIM搭載の端末はディスプレイのないU2sであることが多いので、 操作性を重視する人にはHWR001Aのディスプレイは大きなメリットといえます。 また、U2sと変わらない大きさでありながら20gほど軽量なので、持ち運びが楽です。 ドバドバ体験キャンペーンの期間中は、課金開始日から30日以内に解約しても違約金がかかりません。 引用:ゼウスWiFi公式サイト 他社WiFiサービスに同様のサービスはあるのか、キャンセル期間を比較しました。 ゼウスWiFi どんなときもWiFi ギガゴリWiFi キャンセル期間 30日間 8日間 8日間 30日間もの長いキャンセル期間があるのは、ゼウスWiFiだけであることがわかります。 ほかの2社は、「初期契約解除制度」の最低期間である8日間のみです。 詳細は、 端末の返却は必要で、返却遅れや紛失・故障があると18,000円の弁済金を請求されますので、レンタル期間中は、端末の取り扱いに注意してください。 レンタルWiFiの利用が初めて• 新しいWiFiサービスを一度試してみたい 上記に該当するなら、お試し期間の長いWiFiサービスをおすすめします。 長いお試し期間が用意されていることも、ゼウスWiFiならではのメリットです。 引用:ゼウスWiFi公式サイト 月額料金を、同様のWiFiサービスと比較してみましょう。 ただし、キャンペーンが終了すると月額料金は一律3,480円に戻ってしまうので、他社とほぼ同額まで下がってしまいます。 ゼウスWiFiを検討中なら、キャンペーン期間中がおすすめです。 毎月の通信費を安く抑えたい• 無制限WiFiを格安で利用したい 上記に該当するなら、月額料金の安いWiFiサービスを選びましょう。 キャンペーン期間中の月額料金が安いことも、ゼウスWiFiのメリットです。 4年間の総額を3社で比較 上記3社で最も安いのはどこなのか、特典や手数料なども含めた総額で比較しました。 ゼウスWiFi どんなときもWiFi ギガゴリWiFi 2年 79,220円 86,520円 86,040円 3年 118,580円 134,280円 127,560円 4年 157,940円 182,040円 169,080円 4年間の総額でみても、ゼウスWiFiは最安値であることがわかります。 2年が経過した時点では3社とも横ばいに近いのですが、4年が経過すると総額に差が出ています。 どんなときもWiFiの月額料金が3年目に上がるためで、ほかの2社は契約期間後に月額料金が上がることはありません。 引用:ゼウスWiFi公式サイト 1ヶ月丸ごと請求される場合は、課金開始が月末で1日や2日しか使っていなくても1ヶ月分の料金が発生してしまうのです。 つまり、満額請求のWiFiサービスは月初めに課金開始をしないと損をしてしまいます。 多くは初月を日割り計算としていますが、中には満額請求にしているWiFiサービスもあります。 利用した分しか料金を支払いたくない• 好きなタイミングで申し込みたい 上記に該当するなら、初月の利用料金が日割り計算または無料のWiFiサービスをおすすめします。 初月の料金は日割り計算であることも、ゼウスWiFiのメリットです。 以下は、海外向けプランのある他社との比較です。 プ ランの種類が多いので、自分の使い方に応じたものを選ぶことが可能です。 海外へ渡航する機会がある• 1日1GBは余ったときに損をする 上記に当てはまるなら、海外向けプランが充実したWiFiサービスをおすすめします。 海外向けプランが多いことも、ゼウスWiFiならではのメリットです。 以下で、同じ渡航先で1GB利用する場合の料金を各社で比較してみましょう。 しかも、ほかの2社が1日単位であるのに対してゼウスWiFiは7日間もの利用期間があるのです。 渡航先で安くインターネットに接続したい• 海外WiFiをレンタルするのは手続きや受け取りが面倒 上記に当てはまるなら、海外での料金が安いWiFiサービスをおすすめします。 海外での利用料金が安いことも、ゼウスWiFiのメリットです。 ゼウスWiFiを海外で利用するときの注意 ゼウスWiFiは、他社と違って 事前に海外プランを購入しなければなりません。 海外プランは、ゼウスWiFiのマイページから購入することが可能です。 渡航の予定がある人は、忘れないよう前もって購入しておきましょう。 なお、料金についてはを参考にしてください。 地域や容量によって、利用料金は異なります。 以下で、他社の違約金と比較してみましょう。 ゼウスWiFiは、中途解約時にかかる負担が他社より少ないです。 ただし、ギガゴリWiFiの2年目以降に比べると割高感はあります。 中途解約する可能性がある• なるべく高額な違約金を支払いたくない 上記に該当するなら、違約金の安いWiFiサービスをおすすめします。 他社と比べて違約金が安いことも、ゼウスWiFiのメリットです。 ただし、ゼウスWiFiが紹介する他社への乗り換えが条件です。 同様のサービスがあるのか、他社と比較してみましょう。 ゼウスWiFi どんなときもWiFi ギガゴリWiFi FUJI WiFi 他社への乗り換えサポート あり あり なし なし 上記の4社では、ゼウスWiFiとどんなときもWiFiだけが乗り換えサポートを利用できます。 ただし、どんなときもWiFiは「モバレコAir」しか選ぶことはできません。 引用:ゼウスWiFi公式サイト 乗り換えサポートがあれば、契約期間中であっても負担を減らして他社へ乗り換えられます。 途中で他社へ乗り換える可能性がある• 違約金を支払わずに他社へ乗り換えたい 上記に該当するなら、乗り換えサポートのあるWiFiサービスをおすすめします。 違約金0円での乗り換えが可能なことも、ゼウスWiFiのメリットです。 特に電話はフリーダイヤルなので通話料がかからず、休日も少ないことが魅力です。 以下で、他社の電話サポートと比較してみましょう。 引用:ゼウスWiFi公式サイト メールのサポートについても、私が問い合わせたときは1時間ほどで返信があるなど、とにかく「返信が早い」という印象を受けました。 電話サポートがつながりにくいときは、メールを活用するといいでしょう。 メールでの問い合わせ先: ゼウスWiFiはサポート力が高いので、いざというときも安心です。 トラブルが起きたときは素早く対応したい• 初めてのレンタルWiFiだから利用が不安 上記に当てはまる人は、サポート力の高いWiFiサービスをおすすめします。 カスタマーサポートが充実していることも、ゼウスWiFiのメリットです。 以下で、他社の返却期限と比較しました。 ゼウスWiFi どんなときもWiFi FUJI WiFi 返却期限 解約月の翌月14日まで 解約月の翌月10日まで 解約月の翌月3日まで 上記の3社の中で、解約後の返却期限が長いのはゼウスWiFiです。 FUJI WiFiのように返却期限が短いと、急いで端末を返却しなければなりません。 しかも、端末の返却期限を過ぎると高額の弁済金が発生してしまいます。 返却期限が長いと、焦らずに返却物を用意できるうえ弁済金発生のリスクも低減されます。 急いでレンタル品を返却したくない• 弁済金のリスクが高くなるのは避けたい 上記に当てはまるなら、早めに返却するか返却期限の長いWiFiサービスを利用しましょう。 端末一式の返却期間が長いことも、ゼウスWiFiのメリットです。 【他のポケットWiFiと比べた】ゼウスWiFiを利用するデメリット• 更新月以外の解約は違約金が発生• 端末の選択肢が少ない• 対応国の数は少なめ• 端末の発送がやや遅い• 支払方法はクレジットカードのみ 下記から順に、詳しく説明していきます。 実際に、他社の契約形態と比較してみましょう。 ゼウスWiFi FUJI WiFi THE WiFi 自動更新 あり なし なし 契約期間 2年 なし 2年 FUJI WiFiはそもそも契約期間そのものが存在しません。 THE WiFiには2年の契約期間があるものの自動更新がないので、2年を過ぎると違約金がかからないのです。 ゼウスWiFiは契約期間も自動更新もあるので、更新月以外に解約すると違約金が発生します。 1ヶ月の更新月は短い• 2年を過ぎても違約金を支払いたくない 上記に該当するなら、契約期間や自動更新のないWiFiサービスをおすすめします。 更新月以外の解約に違約金が発生することは、ゼウスWiFiのデメリットです。 以下で、端末の種類を他社と比較しました。 ゼウスWiFi FUJI WiFi ギガゴリWiFi ネクストモバイル 端末 HWR0001A GlocalMe G3 FS030W FS030W FS030W U2s HT110N HT100N 上記4社の中で端末の数が最も少ないのは、ゼウスWiFiであることがわかります。 ネクストモバイルのように端末の種類が多いと、用途によって機種を選べます。 たとえば、自宅での利用が中心で固定回線の代わりとして使いたいならホームタイプのHT110NやHT100Nを選ぶことが可能です。 ホームルーターは自宅での利用に特化しているうえ、インテリアにも馴染みます。 一方のゼウスWiFiは、ユーザーの希望で端末を選べません。 たくさんの端末から自分に合ったものを選びたい• ホームルーターも気になっている 上記に該当するなら、端末の種類が多いWiFiサービスを利用しましょう。 端末の選択肢が少ないことも、ゼウスWiFiのデメリットです。 引用:ゼウスWiFi 以下は、海外で利用できる他社WiFiサービス対応国の数との比較です。 対応国の数が少ないと、観光需要の少ない国へ渡航したときに利用できない可能性があります。 観光需要の少ない国へ渡航することがある• 対応国数の多いWiFiサービスを利用したい 上記に当てはまるなら、多くの国で利用できるWiFiサービスや海外WiFiをおすすめします。 対応国の数が少ないことも、ゼウスWiFiのデメリットです。 引用:ゼウスWiFi公式サイト 以下で、他社の対応と比較してみましょう。 ゼウスWiFi どんなときもWiFi ネクストモバイル 端末の発送 最短翌日 最短即日 最短即日 上記3社の中でゼウスWiFiの発送は、最も時間がかかります。 発送までに時間がかかると、事情があってネット環境がないユーザーにとっては大きな負担です。 少しでも早く新しいサービスを試したい• ネット環境がなく不便な思いをしている 上記に当てはまるなら、発送の早いWiFiサービスをおすすめします。 端末の発送が他社より少し遅いことも、ゼウスWiFiのデメリットです。 以下で、他社と支払方法の種類を比較しました。 ゼウスWiFi どんなときもWiFi FUJI WiFi 支払方法 クレジットカード クレジットカード クレジットカード 口座振替 コンビニ払い 他社は口座振替やコンビニ払いに対応していますが、ゼウスWiFiはクレジットカード決済のみです。 ゼウスWiFiはクレジットカードを持っていないと申し込みできないうえ、新規で作成するには2週間前後もの期間を要してしまいます。 ただし、口座振替を選ぶと月額料金が割高になったり、高額な登録費用の支払いが必要になったりします。 事情があってクレジットカードを作成できない• 2週間前後の作成期間は長すぎる 上記に該当する人は、現金で支払えるWiFiサービスを選びましょう。 支払方法がクレジットカードだけであることも、ゼウスWiFiのデメリットです。 ゼウスWiFiの解約方法と端末を紛失した際の弁済金 解約方法• ゼウスWiFiのマイページを開く• メールアドレスとパスワードを入力してログインする• 解約の手続きを進める• 端末一式を用意する• 端末一式を指定された住所まで返送する 端末一式(4点)• WiFiルーター本体• 個装箱• 付属のUSBケーブル• 取扱説明書 端末の弁済金• 18,000円(利用規約) 9. ゼウスWiFiの運営会社 ゼウスWiFiの運営会社は、「株式会社Human Investment」です。 設立から業績は右肩上がりで、いまでは年間95億円(2018年12月実績)の売上高まで成長しています。 グループ会社には、「株式HUMAN LIFE」や「株式会社S. H」があります。 株式会社S. H(Milky Way)は、幼保一体型バイリンガル保育園を運営しています。 まとめ ゼウスWiFiの評価 私の個人的な感想ですが、ゼウスWiFiはお得なWiFiサービスであるといえます。 専用の端末が用意されているうえに、月額料金や海外での利用料金が安く設定されているからです。 ゼウスWiFiを特におすすめしたいのは、以下のような人です。 操作性の高い端末を使いたい• お試しで新しいWiFiサービスを使ってみたい• 格安でクラウドSIMを利用したい• 海外へ長期滞在することがある• 契約期間中に解約・乗り換えの可能性がある• WiFiサービスの利用が初めて 上記に該当するなら、前向きに検討してみてください。 ただし、キャンペーン期間中でないと月額料金は安くならない点には注意しておきましょう。 海外利用料金表 以下は、ゼウスWiFiを海外で利用するときの料金です。

次の

ZEUS WiFi(ゼウスワイファイ)を徹底レビュー。通信速度は速い?遅い?端末の使い勝手はどんな感じ?

ゼウス wifi

もくじ• どうも、ど田舎はいたついん(夫)です。 我が家では昨年春から「どんなときもWiFi」を使用してきました。 時々繋がりが悪くなったり、謎のエラーが生じたり、とちょこちょこトラブルはありましたが、通信自体は支障ない程度に使えていたので、多少我慢しながらも「しばらくはこれでいいか」と思っていました。 しかし2020年の2月末から通信障害が発生、ほぼ繋がらない状態が続きながらも「4月1日には完全復旧目指します」と言っていたので、「大目に見てやるかー」という感じで気長に待ちました。 が、4月3日に「 もう無制限で提供するのは無理になったので、これからは 月25GB制限になります」との連絡が。 こりゃーもうないな、、、 ということで「どんなときもWiFi」を解約。 次なるWiFiを探しました。 ちなみに、「どんなときもWiFi」の端末がこちら。 見たことある方も多いのではないでしょうか。 クラウドSIMとは、簡単に言うと「ドコモ」「au」「softbank」のトリプルキャリアの中から、その場所で最適な電波を受信してくれる、というもの。 (この信ぴょう性もかなり怪しいですが・・・) 中国に本社を置くuCloudlink社の技術らしい(?)です。 今現在、通信量無制限をうたっているほとんどのメーカーはこの端末を使っています。 今回の「どんなときも」の通信障害とこの機器は直接関係ないのでしょうが、この端末に対しての印象は良くありません。 元々、画面がないのも気になっていましたし。 ということでこれ 以外のタイプの端末にするのは絶対条件。 そこにもう少し条件を加えます。 動画が問題なく見れる程度の通信速度• 持ち運べるモバイルタイプのルーター(端末には画面が欲しい)• 料金は税込4,000円以下 「こんな条件に合うWiFiはあるのだろうか?」「もう回線引くしかないのか」と諦めかけていましたが、納得のいくWiFiに出会えました。 2020年3月30日スタート『ZEUS WiFi(ゼウス WiFi)』 出典: それがこちらの【ZEUS WiFi(ゼウス ワイファイ)】。 今年の3月30日にリリースされたばかりの新鋭WiFiです。 名前はちょっと胡散臭さを感じますが、なんだか目を引く広告なのでもう少し掘り下げてみました。 【ゼウスWiFi】の機能について ゼウスWFiには大きく分けて6つの特徴があります。 容量無制限 毎月の容量制限やWiMAXのような3日間制限はありません。 今なら半年間月額2,980円 デビューキャンペーンで、今ならベーシックプランが6ヶ月目まで 月額2,980円(税込3,278円)。 7ヶ月目以降は月額3,280円(税込3,608円)。 2020年春現在のWiFi相場からみて、最も安いと言えます。 工事不要 モバイルWiFiなので回線を引く必要がなく、短期滞在や工事費を節約したい場合にもおすすめです。 端末は無料レンタル ゼウスWiFiのベーシックプランに申し込んだ方は、端末のレンタル料も無料となります。 ちなみに今のところベーシックプラン(月額2,980円のプラン)しかありません。 【ゼウスWiFi】の端末について 出典: ゼウスWiFiの端末は「H01」という1機種のみで、どうやらゼウスWiFiの独自端末のようです。 (GlocalMeじゃないのも嬉しい) そして、私が望んでいた ディスプレイが付いている!!! 簡単に「H01」のスペックを載せます。 同時接続台数・・・最大10台(推奨5台)• 下り最大150. 0Mbbs• 上り最大50. 0Mbbs• バッテリー・・・最大10時間稼働• 重量・・・130g 公式のスペックに関しては、どんなときもWiFiなどの端末「U2」と大きな差はないようです。 運営会社を調べてみました。 出典: 運営元は株式会社Human Investment で、茨城県つくば市に本社を置く「情報通信サービス」の会社のようです。 WiFiなどのモバイルデータ通信事業は、今回のゼウスWiFiが初の試みとのこと。 実績がまだないので「信頼をおけるか?」と言われるとなんとも言えないのですが、大手会社だからといって安心できる世の中ではないので、ここは信じるしかないでしょう。 ただ、社長のメッセージは何を言いたいのかよくわかりませんでした(汗 ということで、ゼウスWiFiは、私がWiFiに求めていた要素をすべてをカバーしてくれています。 これが本当かどうかは実際に使ってみないとわからないので、まずは申し込んでみました。 申し込みについて 申し込みは公式サイトにて可能。 2020年4月現在では、月額2,980円(税抜)+初期費用3,000円(税抜)の5,980円が初回の支払金額になります。 そこにプラス月額400円で「端末あんしんオプション」に加入可能。 水濡れや故障の際に無償サポートしてくれます。 私は入りませんでしたが、心配な方は入って良いと思います。 欠品、故障の場合は損害賠償金として18,000円(税抜)が請求されるとのこと。 充電ケーブルは100均でも手に入るので、本体以外は全て使わずに閉まっておいた方が良さそうです。 本体をチェックしてみた 大きさはiPhoneSEなどと同じくらいでしょうか。 裏はシンプル。 白い部分はシールになっていて、IMEIナンバーや型番が記されています。 上部には電源ボタンとSIMスロットがあります。 電源コネクトは正面から見て左側にあります。 端子はUSB-Cタイプ。 画面をチェックしてみた タッチパネルの画面からは以下のコンテンツがあります。 写真の「4」は4台接続しているということ• ソフトウェアアップデート・・・バージョンの確認とソフトウェアのアップーデートが可能 ごちゃごちゃしていなくて、シンプルでわかりやすいユーザーインターフェースだと感じます。 説明書を見なくてもすぐに使いこなせるでしょう。 ZEUS WiFiの実力は如何に!田舎で通信速度を測ってみた 最後に気になる通信速度のチェック。 【どんなときもWiFiの計測】使用アプリ:SPEEDCHECK 日常使いでは全く問題ないスピードですね。 電波はソフトバンクを掴んでいます。 続いてゼウスWiFiをみてみましょう。 キャリアはこちらもソフトバンクを受信。 日常使用や動画視聴は全く支障のないスピードです。 一般的に10Mbpsあれば「 サクサク動く」と言われています。 【どんなときもWiFiの計測】使用アプリ:SPEEDCHECK あら、市街地の方がど田舎にある我が家よりも感度が良く様子・・・。 それはさておき、ここでもソフトバンクの電波を掴んでいます。 続いてゼウスWiFiの出番です。 といっても、ど田舎よりも低い数値。 どうやら、ど田舎は市街地よりもソフトバンクの電波感度が良い様子。 【どんなときもWiFiの計測】使用アプリ:SPEEDCHECK ひとまずスピード等は置いておいて、ここでもソフトバンク電波を受信しています。 続いてゼウスWiFi。 おそらくソフトバンクの電波が優先 どんなときもWiFiが「ソフトバンクの電波を優先的に掴む」「ドコモの電波なんて掴んだことがない」という情報は以前から知っていましたが、どうやら ゼウスWiFiも同様にソフトバンクの電波が超最優先のようです。 上記の検証以外にも10箇所ぐらいいろんな場所で計測してみましたが、全てソフトバンク回線。 こればっかりはちょっと残念でした。 本当の意味でのクラウドWiFiはいつ登場するのでしょうか。 運営会社の主要取引先に「ソフトバンク」が入っていました。 まあ、、、「大人の事情」というやつですね。 まあ、色々思うところもありますが、ひとまず問題なく使えているので良しとしましょう。 私はWiFiにストラップをつけて持ち歩くことが多かったので、これはちょっと残念でした。 スタンドがない・・・ ルーターの専用スタンドがないので、別で何らかの置き場が必要となります。 私はとりあえずスマホ用の簡易スタンドを使っていますが、100均に売っているスマホリングなどでも良いかも知れません。 もちろん、ゼウスWiFi側も対応策を考えていて ネットワーク品質の維持および公正な電波利用の観点から、違法ダウンロード等の不正利用または著しくネットワークを占有するレベルの大容量通信をされた場合、通信時間の制限や通信速度の制限をすることがあります。 出典:ZEUS WiFi つまり、「 とんでもなくデータを使いまくる人には制限かけますよ」と公言しています。 また、それ以上データを使うような方は、ネット回線を引いた方が良いと思います。 どうやら世の中には1日100GB使うようなジャンキーもいるようなので、メーカーにもそういった輩は速やかに排除してもらう努力をしてほしいです。 【ゼウスWiFi】けっこう気に入ってます!! 「ゼウスWiFi、いい感じだな」というのが使ってみての率直な感想です。 まだ使い始めて2日目なので、機能に関して未知な部分があったりしますが スピード・端末のデザイン・料金に申し分なしで、 今のところ バリバリ快調です! もうWiFiで悩みたくないので、是非ともこの調子で頑張ってほしい・・・• 映画、動画をけっこう見る人• WiFiの乗り換えで悩んでいる人• 料金を安く抑えたい人 田舎で検討している方は事前に電波のチェックを! ゼウスWiFiがソフトバンクの電波を掴みやすいことから、田舎で使おうか迷っている方は、ソ フトバンクの電波があるかをチェックしておく必要がありそうです。 もし、実際に使ってみて「ここの田舎じゃ使えない!!!」って場合も安心です。 現在実施されている「ドバドバ体験キャンペーン」により、解約解除料 9,500円税抜 が30日間0円で試すこともできるようです。 どうしても初期手数料や月額料はかかってしまうようですが・・・ ソフトバンクの通信エリアの確認はこちらから.

次の