倉敷 市 マスク。 岡山で布やデニムマスクを販売しているお店まとめ※随時更新中

布マスク自動販売機、倉敷・児島にお目見え 冷えた状態で販売 「夏乗り切って」(山陽新聞デジタル)

倉敷 市 マスク

新型コロナウイルス等の感染予防に欠かせなくなっているのマスク。 マスクを常時着用することで皮膚から熱が逃げにくくなったり、気づかないうちに脱水になる等体温調整がしづらくなり、熱中症を引き起こすこと恐れがあります。 これから夏に向けて気温が高くなる中でのマスク着用は熱中症のリスクが高まってきますので、日頃より屋外で人と十分な距離が確保できる場合にはマスクをはずしたり、のどが渇いてなくてもこまめに水分補給をするなど日頃から対策することで熱中症にも気をつけていきましょう。 熱中症も心配ですが、マスクを常時着用することで肌荒れがきになったことはありませんか? マスクによる肌荒れには主に2つの理由があるそうです。 1つ目はマスク着脱を繰り返すことによる摩擦です。 マスクを着脱をを繰り返すことで肌に摩擦が生じ、角層がはがれやすくなってバリア機能が低下します。 すると肌のうるおいは蒸散し、ダメージを受けやすいデリケートな状態になってしまうとのこと。 もう1つの原因は、マスク着脱による温度や湿度変化の影響です。 マスクの内側は呼気によって湿度が高く、ニキビの原因にもなる雑菌が繁殖しやすい環境にあり、そのような湿度環境下では角層の水分量は皮膚にとっての最適な水分量よりも多い状態となるのです。 とくに、顔の角層は他の部位に比べて薄いため、過剰な湿度環境への変化によって皮膚が外界環境の影響を受けやすい状態になるとのこと。 さらにマスク着脱時には、マスク装着によって増えた水分が急激になくなることにより、皮膚のバリア機能にも影響を与えると考えられているようです。 感染対策とともに肌荒れ、ニキビ、乾燥肌等の肌トラブルに気をつけていきたいですね。 当院では肌のお手入れにご使用いただけるものとしてホームケア用品をご用意しています。 一人ひとりのお肌のお悩みによって医師が処方されますので、興味のある方はぜひお気軽にお問い合わせください。

次の

布マスク自動販売機、倉敷・児島にお目見え 冷えた状態で販売 「夏乗り切って」(山陽新聞デジタル)

倉敷 市 マスク

西日本豪雨で被災した倉敷市真備町地区の支援活動を行ってきた同市の夫婦が、障害者の就労継続支援B型事業所「ひかり工房」(同市新倉敷駅前)を立ち上げた。 先月から新型コロナウイルス感染拡大で品薄になっているマスクを作っており、取扱店ではすぐに売り切れるほどの人気となっている。 夫婦はJR新倉敷駅近くで居酒屋を営む松下光明さん(47)、かよさん(47)。 2018年7月の西日本豪雨後にボランティア活動に参加したり、店内で被災者が交流する機会を設けたりしてきた。 取り組みを通じて「障がいのある人たちの居場所もつくりたい」と思うようになり、昨年12月に工房を開設した。 市内外の20~50代の約10人が利用している。 当初はトートバッグやコースターといった手芸商品を製作していたが、新型コロナウイルスの感染拡大を受け「自分たちも力になりたい」と3月からマスクも作り始めた。 大人と子供用の2種類があり、県産のデニム生地などを使い、犬や猫の足跡やロゴマークをプリントしている。 工房のほか、ホテルセントイン倉敷(同市新倉敷駅前)や洋菓子店「パティスリー ラ・ビッシュ」(同所)、洋品店「ボンヌ・シャンス」(同)、パン店「アンブロシア」(総社市駅南)でも販売しており、納品日に完売するなどの盛況ぶりになっている。 地域の高齢者支援センターを通して、訪問介護職員らにも100枚を寄贈した。 1枚300円。 材料費などを除いて利用者の工賃になる。 かよさんは「誰かの役に立つというのが利用者のモチベーションになっている。 みんなで頑張って心を込めて作りたい」と話している。 県内の住民に優先的に販売する。 ツイッターでも4取扱店へのマスク納品日などを知らせている。

次の

マスクが日本を救う?倉敷発鞄小物ブランドamorph(アモルフ)がマスク管理ツール「真救(ますく)キーパー」を量産開始!|アモルフのプレスリリース

倉敷 市 マスク

【背景・目的】 新型コロナの影響で国内のマスク不足が問題となっている。 また、政府からマスクの配布が実施され始めている。 今、マスク問題に悩まされている人が多いことに着目し、マスクをより衛生的に管理することを支援するマスク入れを開発すれば、マスク不足に悩む方や不衛生に使用している方の手助けの一手段になると考えた。 そして、文房具メーカーとして起業してから4年間で培った知識と技術を結集した、不織布(平面になる)マスク用のマスク入れ、「真救 ますく キーパー」を開発した。 商品名には、「マスクの悩みを持つ方を救いたい」という想いを込めた。 4月8日発売後、地元有力紙の記事をきっかけに、地元岡山やネット上で話題になり、好評を博し、ユーザーからも前向きなコメントをもらっているのが現状である。 それを踏まえ、全国の方へ届けるべく本日4月21日から量産を開始する。 また、「真救(ますく)キーパー」関連グッズ(使い捨て紙等)を来週以降に順次発売し、ユーザーの声に応える。 【不織布マスク問題とは】 ・不織布マスクを外したときに置き場にとまどう ・ポケットに入れたらくしゃくしゃになった ・シワよったマスクをつけてしまい間が悪い思い etc... 【amorph アモルフ について】 代表佐藤が、前職の高校講師時代に、大切な手帳を守る「鍵穴付き手帳ケース」を開発したのが始まり。 2016年4月創業。 木とマグネットの閉じ口を特徴とする鞄小物を製造販売する。 主力商品は、ロールペンケースとブックカバー。 2020年2月には「文房具屋さん大賞2020」のペンケース部門で第6位入選。 異分野の職人とのコラボを得意とし、時代の半歩先いくブランドを目指す。 「amorph」はギリシャ語で「不定形の」「決まった形をもたない」などの形容詞。 マスクが注目される中、その管理ツールの必要性に気付き、マスク入れ「真救(ますく)キーパー」を開発する。 【一般の方のお問合せ窓口】電話:086-436-7022 Mail:info amorph. jp 担当:佐藤.

次の