トヨタ ライズ 価格。 トヨタライズ 値引き相場と限界価格 | 新型車 中古車の最新情報館

トヨタ 新型コンパクトSUV「ライズ」を発売|ダイハツ製ミニRAV4が登場

トヨタ ライズ 価格

もくじ• ライズとロッキーのデザインの違いを比較 まずは、新型ライズと、新型ロッキーのデザインを比較してみましょう。 ライズとロッキーのデザインの違いは、主にフロントマスクにあります。 新型ライズ 出典 新型ロッキー 出典 ライズの方は、フロントバンパー下部まで大きく口を開けたような、迫力のあるデザインになっています。 ロッキーの方は、フロントグリルの大きさはライズよりも控えめです。 六角形のグリルが、アウディのシングルフレームグリルにも似ています。 インテリアは、どちらもほぼ共通です。 ライズとロッキーのカラーの違いを比較 次に、ライズとロッキーのカラーの違いを紹介します。 ボディカラーを比較 ライズ、ロッキーともに、ボディカラーはモノトーン8色、ツートンカラーが3色で、カラーの数は同じです。 それぞれのイメージカラーのみ専用色となっています。 ライズのイメージカラーは、ターコイズブルーマイカメタリックです。 今回の新型ロッキーは、DNGAをはじめて採用した乗用車ということで、コンパーノという名前をつけたということです。 それ以外のカラーは両車共通です。 ライズとロッキーの価格の違いを比較 新型ライズとロッキーは、どちらも4グレード構成なのですが、各グレードの価格が違います。 新型ライズと新型ロッキーの価格がいくら違うのか、比較してみましょう。 <新型ライズの価格> X(FF)・・・1,679,000円 X(4WD)・・・1,918,800円 XS(FF)・・・1,745,000円 XS(4WD)・・・1,984,800円 G(FF)・・・1,895,000円 G(4WD)・・・2,133,700円 Z(FF)・・・2,060,000円 Z(4WD)・・・2,282,200円 <新型ロッキーの価格> L(FF)・・・1,705,000円 L(4WD)・・・1,944,800円 X(FF)・・・1,848,000円 X(4WD)・・・2,086,700円 G(FF)・・・2,002,000円 G(4WD)・・・2,224,200円 Premium(FF)・・・2,200,000円 Premium(4WD)・・・2,422,200円 新型ライズよりも、新型ロッキーの方が、2万円~14万円ほど高くなっています。 ライズとロッキーの装備の違いを比較 さて、新型ライズと新型ロッキーの価格を比較すると、ロッキーの方が高いということがわかりました。 じゃあ、ライズを買ったほうがいいじゃん!というわけではなく、兄弟車で価格が違うということは、それなりに装備も違うということです。 ライズのXグレードとロッキーのLグレードを比較すると、ロッキーのLグレードの方が25,000円ほど高くなっています。 ライズのXグレードにはスマートアシストが搭載されていないのに対し、ロッキーのLグレードにはスマートアシストが搭載されています。 ライズのXSグレードとロッキーのXグレードを比較すると、ロッキーの方が10万円高くなっています。 ロッキーのXグレードの方は、アルミホイールが採用されていますが、ライズのXSグレードはスチールホイールにホイールキャップとなっています。 ライズのGグレードとロッキーのGグレードを比較すると、ロッキーの方が11万円高くなっています。 ライズのGグレードの方は、アダプティブクルーズコントロールとレーンキープコントロール、アダプティブハイビームが装備されていますが、ロッキーにはされていません。 ライズの最上級グレードのZと、ロッキーの最上級グレードのPremiumでは、ロッキーの方が14万円も高くなっています。 その分、 ロッキーのPremiumグレードには、本革シートが採用されており、文字通りプレミアムなグレードとなっています。 また、 ロッキーのPremiumグレードには、ブラインドスポットモニターやリヤクロストラフィックアラート、LEDフットイルミネーションランプが標準装備となっていますが、ライズでは標準装備ではありません。 今のところ、ロッキーの方が値引きが大きいようですが、リセールバリューはロッキーの方が高くなることでしょう。 装備の違いだけでなく、そういったことまで考えると、どちらにしようか迷ってしまいますね。 ライズとロッキーのカスタムモデルを比較 新型ライズ、新型ロッキーには、それぞれ専用のカスタムモデルが用意されています。 新型ライズのカスタムモデル 新型ライズには、「POWERFUL STYLE」「SPORTY STYLE」「PREMIUM STYLE」「MODELLISTA ADVANCE BLAST STYLE」「MODELLISTA ELEGANT ICE STYLE」「MODELLISTA SELECTION」「TRD Aggressive Style」と7種類ものカスタムモデルがラインナップされています。 新型ライズのカスタムモデルについて詳しくは、を確認して下さい。 新型ロッキーのカスタムモデル 新型ロッキーには、「エレガンススタイル」「パワフルスタイル」「スポーティースタイル」の3種類のカスタムモデルが用意されています。 新型ロッキーのカスタムモデルについて詳しくは、を確認して下さい。 まとめ 新型ロッキーと新型ライズの違いを比較してみました。 一番気になるのは、ライズとロッキーで、価格や装備に差がつけられているという点です。 どうしてライズとロッキーで装備、価格に違いがついているのでしょうか。 それは、トヨタとダイハツの販売戦略の違いにあります。 普通車の販売を中心とするトヨタは、普通車からのダウンサイジングを狙ってライズを販売しています。 軽自動車の販売を中心とするダイハツは、軽自動車からのアップグレードを狙ってロッキーを販売しています。 普通車からのダウンサイジングを主眼においているライズは、車をランクダウンさせるわけですから、装備を若干省略してでも、価格を安くする方向で。 軽自動車からのアップグレードを主眼においているロッキーは、軽自動車よりも装備や質感が劣っていてはいけないので、豪華で、価格も少し高めに設定されているということです。 関連記事.

次の

トヨタ新型ライズでおすすめのグレードはZ!XSとの違いを徹底比較|くるまぱぱ

トヨタ ライズ 価格

普段使いからレジャーまで、使える、楽しめる、5ナンバーSUV 「SUVに乗りたい、荷物をたくさん積みたい、でも運転しやすいコンパクトなサイズがいい」といったユーザーのニーズに応えるべく開発された、全長4m以下の5ナンバーサイズコンパクトSUV。 ダイハツが、トヨタ・ダイハツ両ブランドの商品展開を見据え、新世代に向けた車作り「DNGA」をコンパクトカーに取り入れた初のモデルとなる。 プラットフォームや、パワートレインユニットなど、すべてにおいて新たに開発。 走りや上質感、安心、安全など、あらゆる面で高いレベルが目指された。 また、コンパクトSUVクラストップレベルの大容量ラゲージが与えられている。 エンジンは、1. 5Lクラス相当のトルクを発揮する1Lターボ。 低速域での力強い加速と高速域での低燃費を実現する「D-CVT」が、トヨタ車として初採用された。 (2019. 11) ライズについての最新記事.

次の

トヨタ 新型コンパクトSUV「ライズ」を発売|ダイハツ製ミニRAV4が登場

トヨタ ライズ 価格

オプション名 価格 税込 備考 ベーシックセット 【タイプA】 52,800円 【タイプB】 44,000円 【タイプA】 ・フロアマット(デラックスタイプ) ・ラゲージソフトトレイ ・サイドバイザー(RVワイドタイプ)のセット 【タイプB】 ・フロアマット(ベーシックタイプ) ・ラゲージソフトトレイ ・サイドバイザー(RVワイドタイプ)のセット。 ただし、によっては 付けられないオプションもあるので注意しましょう。 次の項目では各オプションについて、詳しく解説していきます。 だから運転席や助手席に座る方の日差しは防げても、後部座席に座る方は 【日焼け】や【暑さ】が気になるところ・・・。 そこでリアガラス用 UV&IRカットフィルムセットのオプションを付けることで、後部座席に座る方の日差しを防ぐことができます。 フィルムの色は「ダークスモーク」と「クリア」の2種類から選べ、どちらも価格は同じです。 リアガラスに「UV&IRカットフィルム」が付いていない 真夏の車内環境は最悪なので、ぜひオプションで付けておきましょう。 ナビレディパッケージ 価格 税込 適用 66,000円 Z・G BSM(ブラインドスポットモニター)とは、ドアミラーでは確認しにくい後側方エリアに存在する車両に加えて、隣接する車線の死角領域に急接近してくる車両も検知してくれる機能。 RCTA(リヤクロストラフィックアラート)とは、駐車場から後退する際に、左右後方から接近してくる車両を検知し、ドアミラー内のLEDインジケーター点滅とブザーによりドライバーに注意を喚起してくれる機能。 ぶっちゃけ無くても困らないオプションだけど、あれば便利なので付けておいた方が良いでしょう。 カメラ一体型ドライブレコーダー• 高度なHDR技術と調整機能で、光量差の白とびや黒つぶれを低減。 CMOSセンサー搭載の高感度カメラで夜間も見やすい映像を提供。 映像ノイズや、広角レンズによる画面の歪みを補正。 エンジン始動で、手間なく自動録画。 ACC ONからOFFまでの映像を録画します• 録画用microSDカードの録画容量が一杯になると古い映像を消して上書きします。 手動(スイッチ操作)で前後20秒間(前12秒、後8秒)の映像を保護。 純正のドライブレコーダーは割高感がありますが、取付作業などの手間を考えると、RAIZE ライズ を購入する際にオプションで付けた方が楽です。 少しでもRAIZE ライズ を安く買いたいなら、社外品のドライブレコーダーにしても良いでしょう。 ここまでRAIZE ライズ おすすめオプションを5つ紹介してきました。 次の項目では、RAIZE ライズ おすすめのナビについて解説していきます。 トヨタRAIZE ライズ のナビは「T-Connectナビ」がおすすめ! T-Connectナビ インチ 9インチ 7インチ 価格 税込 244,640円 ¥155,100円 備考 ステアリングスイッチ付き ナビにこだわらないなら、RAIZE ライズ は純正品の 「T-Connectナビ 9インチ 」がおすすめです。 T-Connectナビは 24時間365日、オペレーターと直接対話ができ、細かな対応を受けることができます。 目的地の名称が曖昧でも、オペレーターが探し出してくれるし、あおり運転などの危険な行為を受けた時の対処法も相談できます。 T-Connectナビにすれば、RAIZE ライズ 専属のコンサルジュを雇えるようなものなので、 選んで損はないですね。

次の