一人暮らし エアコン。 一人暮らし必見!エアコン暖房の設定温度と電気代節約方法

エアコン暖房24時間つけっぱなし実験!暖房・クーラーはつけっぱなしのほうが電気代は安いのか?結果は?

一人暮らし エアコン

一人暮らしの人はどれくらいの頻度で掃除しているのでしょうか。 本記事では、 一人暮らしの女性を対象とした掃除の頻度のアンケート結果を元に、水回りや部屋、窓など場所ごとの目安、掃除を習慣付けるコツなどを解説していきます。 仕事が忙しい、休日はゴロゴロしていたい、掃除は苦手…などそんな独身の方にピッタリのサービスも最後に紹介していますので、どうぞ参考にしてくださいね。 部屋が汚いと体の不調の原因、精神的にも暗くなりがちなので、定期的に家を掃除しキレイな状態をキープしましょう! 一人暮らしの女性が掃除をする頻度はどれぐらい? 一人暮らしの人がどれぐらいの頻度で掃除をしているかって気になりますよね。 ここではを元に紹介していきます。 第1位は週に1回が最も多く、 次に毎日、 3位は週に2~3回 という結果が出ています。 週1回の理由は、平日は仕事でほとんど家にいないためあまり汚れない、部屋の掃除は休日になってしまう、というのが1番多かった回答でした。 毎日掃除をするという方は、フローリングでほこりが溜まるからフロアモップは毎日かけている、ルンバなど自動掃除機があるからという声が聞かれました。 2~3日に1回掃除するという方は、これくらいでほこりが目立つようになるから、こまめに掃除するのが苦手、という声が多く聞かれました。 毎日掃除するまではいかなくとも、ほこりが目立ってきたらこまめに掃除し、掃除機などは週に1度行うという掃除方法が一人暮らしにはちょうど良いのかもしれませんね。 実は、毎日掃除をしている人は意外にも少なかったのです。 つぎに場所ごとの掃除の頻度の目安を便利グッズとともに紹介していきますね。 一人暮らしにおすすめの掃除の頻度【場所別】 一人暮らしにおすすめの掃除の頻度を場所別にご紹介します。 リビング(部屋)• クローゼット• ベッドや布団• ベランダ• キッチン• お風呂• トイレ• 洗濯機• エアコン ざっと並べるだけでもこれだけ掃除する場所があります。 おすすめの掃除の頻度を参考にして、ムダを省いて家をキレイにしましょう! リビング(部屋)は週に1回でも良い 一人暮らしの場合、1Rや1K、または1LDKに住んでいるという方が多いのではないでしょうか。 一人暮らしのお部屋やは、お仕事で家にいる時間が少ないという場合は週に1度の掃除でもOKです。 広さ的に考えても掃除機は10分もあれば終わりますし、テレビなどのほこり取りもハンディモップを使えば5分ほどで掃除できます。 ほこりは毎日少しずつ溜まるので、できればを毎朝かけるのがベスト。 カーペットなどを敷いている場合、目につくゴミや髪の毛などはコロコロなどを使い、テレビを観ながらこまめに取るようにするのがおすすめです。 フローリング掃除について詳しく知りたい方は「」の記事を参考にしてくださいね。 窓の掃除は季節ごとに 一人暮らしで窓の掃除まで行っている方は少ないかもしれませんね。 しかし、窓は掃除しなければサッシに砂埃が入って開きづらくなったり、窓が曇ってると部屋が暗くなったりと意外にも生活に影響を与えている場所なのです。 窓の掃除は最低でも季節ごとに掃除するのがおすすめ。 新聞やポストに投函される広告などをとっておき、少し水で湿らせてから拭くとピカピカになりますよ。 最後は乾いた新聞紙で乾拭きして終わり。 雑巾のように洗って絞る必要がなく、汚れたら捨てるだけなので簡単です。 サッシの掃除は、便利な専用ブラシが100円ショップに売られているので、不要になったペットボトルに装着して水洗いしましょう。 水が垂れるので2階以上の方は、階下の方に迷惑がかからないように掃除してくださいね。 詳しくは「」のページを参考にしてください。 クローゼットや押し入れは衣替えのときに クローゼットや押し入れがある場合、衣替えのシーズンごとに掃除するのがおすすめです。 掃除や換気しないでいると、大事な服がカビたり虫食いができたりしてしまいます。 中に入っているものを全部取り出して、掃除機をかけたり衣類は新鮮な空気に触れさせるようにしましょう。 しまうときは、虫食い予防に防虫剤を入れたり、カビ防止アイテムを入れて大事な服などを守ってくださいね。 ベッドや布団は月に1度メンテナンスを ベッドや布団は、せめて月に1回は干したり立てかけたりしてカビを予防しましょう。 しかし、除湿するだけではダニ退治ができません。 布団やベッドカバー、掛けカバーや枕カバーなどもダニのエサとなる皮脂がつきやすいので、洗濯は3日に1回こまめに洗うのがおすすめです。 マットレスやベッドの掃除方法は「」の記事を参考にしてくださいね。 ベランダは週に1~2回 ベランダは、風の強い日などには枯れ葉などが飛んできたり、鳥のフンが付着したりする場所なので、週に1~2回は掃除したいところ。 特に汚れないのであれば月に1度チェックし、汚れていたら掃除しましょう。 ベランダは物置きになったりゴミを置いたりして汚れやすいので、なるべくベランダには物を置かないようにしてゴミは忘れずに出してキレイにしておきましょう。 詳しくは「」のページを参考にしてください。 キッチンは自炊の頻度にもよる キッチンは、• などがあります。 ご飯は自炊しているという場合は、料理して汚れる度に拭き掃除をすれば、こびりつきにくくなるので掃除が楽になりますよ。 油跳ねなどはコンロ周りや壁、換気扇にも付着するので、料理が終わったら「3分掃除する」など時間を決めて掃除するとキレイを保てますよ。 キッチンの油汚れには、100円ショップにも売られているアルカリ電解水がおすすめです。 シュッとスプレーして拭き上げるだけで、油汚れがキレイに落ちますよ。 シンクは洗い物をする度に洗ってしまいましょう。 排水溝は、排水溝ネットをつけてこまめに取り換え、掃除は週1回、最低でも2週間に1回は掃除するとイヤなニオイを防ぐことができます。 排水溝のヌメリを取る専用の洗剤を使えば、掃除が楽になるのでおすすめです。 キッチン掃除のやり方は下記記事にまとめました。 (関連記事:) お風呂は入浴する度に掃除しよう の頻度は、入浴する度に行いましょう。 湯船にお湯を溜めると、浴室全体が温まってカビが繁殖しやすい温度となります。 お風呂から出るときに栓を抜き、バスタブをサッと洗いましょう。 シャワーだけという方の場合は、週に1度のカビ取り掃除でも大丈夫。 ですが、お風呂から上がるとき浴室内に、カビの繁殖の原因となる泡などが残らないようシャワーでキレイに洗い流すようにしましょう。 毎日熱湯をかけてカビ予防をせずとも、週に1度カビを除去できる洗剤で洗えばカビを除去することが可能です。 煙でカビを予防するアイテムも定期的に利用して、カビが繁殖するのを防ぎましょう。 詳しくは「」のページをご覧ください。 また、排水溝は髪の毛などが詰まらないよう、こまめに取り除くことが大切です。 お風呂の排水溝ですが、ヌルヌルして気持ち悪いという方へ、できるだけ手を使わずに掃除できる方法は「」の記事でまとめていますので参考にしてください。 トイレは週に1回は掃除したいところ トイレは毎日排泄する場所なので、できれば毎日掃除したいところですが、せめて週に1度は殺菌効果のある次亜塩素酸ナトリウムのような洗剤を使用して掃除しましょう。 洗剤をかけてしばらく置き、あとは流すだけでキレイになることがほとんどなので、こまめに掃除する習慣をつけておきたいものです。 また、便座などは流すタイプの拭き取りシートを置いておけば、気になったときにいつでも拭いて掃除できるのでおすすめ。 放置すると黒ずみや尿石の原因となるほか、ニオイも発生しやすい場所なので、トイレは常に清潔にしておきましょう。 詳しくは「」のページを参考にしてください。 洗濯機は月1回洗濯槽を掃除しよう 忘れてはいけないのが洗濯機の掃除。 洗濯機は洗濯槽とゴミ取りネット、乾燥機付きの洗濯機の場合はほこりが溜まるボックスや排水の際に糸くずなどをキャッチするところなど、かなり汚れやすい家電のひとつなのです。 ほこりが溜まるボックスやゴミ取りネットに溜まったゴミは、溜まり過ぎると故障の原因にもなるので洗濯の度に取り除きましょう。 (関連記事:) 洗濯槽はカビが繁殖しやすいので、月に1度洗濯槽クリーナーを使ってカビを除去する掃除を行うのがベスト。 お使いの洗濯機のタイプによっては使えない洗濯槽クリーナーもあるので、以下のページを参考にして洗濯槽クリーナーを選んでみてくださいね! (関連記事:) エアコン掃除は年に1回の掃除がおすすめ エアコンも掃除しなければ故障やニオイの原因となるので、年に1度はエアコンクリーニングを行いましょう。 プロによるの方が断然おすすめなのですが、予算や時間の都合が合わないという方は自分で掃除してメンテナンスしましょう。 自分で掃除を行う場合は、年に2回、本格的にエアコンを使用する前の5月や10月など気候の良い時期がおすすめです。 エアコン掃除をするなら室外機も一緒に掃除しましょう。 合わせて掃除することで、電気代の節約にもなるんですよ! 自分でエアコン掃除をする方法は下記記事にまとめました。 (関連記事:) 一人暮らしの方必見!掃除を習慣付けするコツ 小さな掃除を習慣にすれば、いつもの掃除がグンと楽になりますよ。 週間スケジュールを作って月曜はココというようにローテーションを組んだり、何かをしながら掃除したりすると一人暮らしの場合は特にキレイな部屋をキープすることができますよ。 掃除が習慣になる3つのポイントをお届けします。 週間スケジュールを作成しよう 掃除するとなると面倒な気持ちになってしまいますが、平日に掃除するのは5~10分程度でOKなのです。 掃除が面倒だな、と感じてしまうのは、汚れが溜まって時間と手間がかかってしまうから。 こまめに掃除しておけば汚れが溜まらないので掃除するのが楽になるというわけなのです。 そこでおすすめなのが、週間スケジュールを作って曜日ごとに掃除する場所を決める方法。 例えば、• 月曜日……リビング• 火曜日……キッチン• 水曜日……洗面所• 木曜日……お風呂• 金曜日……トイレ• 土曜日……リビング• 日曜日……何もしない というように、曜日ごとに決めて掃除してみましょう。 1番大変そうなお風呂場やキッチンの掃除もやってみると10分もかからないので、お風呂や料理のついでに、洗濯機を回している間などにサクっと終わらせることができますよ。 (関連記事:) 「ながら掃除」でこまめに掃除 こまめに掃除するコツは、「ながら掃除」「ついで掃除」がおすすめです。 テレビを観ながらカーペットのゴミをコロコロで取り除いたり、食器を洗うついでにシンクも掃除したりと、何かをしながらついでに掃除することで、気が付くとキレイになっているという掃除方法。 ながら掃除やついで掃除を続けることで、いつもの掃除時間を短縮することができ、結果的に掃除が楽になるというわけなのです。 掃除グッズは使いやすように設置しておく こまめに掃除するためには、掃除アイテムを近くに置いておくなど使いやすいようセットしておきましょう。 例えば、• パックをしている間に水垢掃除ができるようメラミンスポンジを浴室や洗面所に置いておく• トイレには流せるお掃除シートを置いておく• すぐに掃除できるようコロコロ、掃除機やフロアモップを置いておく というように、すぐに掃除できるようセットしておくと、ながら掃除やついで掃除ができるようになります。 いつでも掃除機がかけられるよう、床には何も置かない工夫をしておくと、部屋が散らかりにくくなり掃除もしやすくなりますよ。 掃除が苦手、忙しい時間がない…そんな方にはこれ! 特に掃除や自炊が苦手な男性におすすめなのが家事代行サービス。 掃除が苦手、忙しくてという方は、家事代行サービスを利用してみるのも部屋をキレイに保つひとつの方法です。 独身の方向けの家事代行サービスについては「」のページにまとめていますのでどうぞ参考にしてください。 部屋の掃除だけお願いしたい!という場合には「」のページをご覧ください。 まとめ 一人暮らしにおすすめの掃除の頻度は、だいたいの場所でも週に1回です。 こまめにながら掃除やついで掃除を行っていれば、いつもの掃除がグンと楽になります。 一人暮らしで誰にも見られないとはいえ、掃除を怠れば自身の健康にも影響が出てきます。 掃除の頻度がおすすめする頻度よりも少ないという方は、掃除の習慣を見直してこまめに掃除するようにしましょう。 部屋がキレイだと心にも良い影響を与えて運気もアップするといわれています。 ぜひ、本記事を参考にして掃除を習慣にし、キレイな部屋をキープしてみてくださいね!.

次の

一人暮らしのエアコンからゴキブリが出てくる?原因と対策は?

一人暮らし エアコン

寒い冬が過ぎ去り、暖かくなる春から新生活のシーズンが始まります。 実家を離れ初めて一人暮らしをするなんて人も多いのではないでしょうか。 新居の物件が決まってホッとひと息ついたら、引っ越しの準備を整えつつ、新しい家具や家電を揃えておかないと引っ越し先で「アレがない! どうしよう……」と困ったことになってしまいます。 一人暮らしを始めるあなたに必要な家電を厳選! そんな人たちに、家電のプロが集まる価格. comマガジンが、一人暮らしを始めるのに必要な家電を紹介します! 「とりあえずこれさえ揃えれば安心」という家電を厳選したので、これから新生活を始める人は、ぜひチェックしてくださいね。 《目次》 一人暮らしの家電を揃えるのに注意しておきたいこと 初めての新生活ということで、気分が高揚してアレやコレもと買ってしまいがちですが、まずは必要なものだけ揃えて、足りないものは後から購入すれば問題ありません。 まずは、何が必要なのかを把握するのが大切です。 一人暮らしの家電を揃えるのにもうひとつ注意したいこととして、それほど大きな家電は必要ない、ということがあります。 多くの人が、1ルームや1K、もしくは1DKといったお部屋を検討されていると思われますが、そういったお部屋の多くは洋室が6〜10畳くらい。 キッチンが廊下に設置されている物件も多くあります。 そのため、家電を選ぶ際には、サイズに気をつけましょう。 大きい家電だと設置できなかったり、収納できなかったりするので、事前に部屋やキッチン、収納の幅や奥行、高さを採寸してから、それに合った家電を選ぶようにしましょう。 火を使わないので安全 ・炊飯器:自炊派にはマストの家電 ・オーブントースター:パン派の人にはマストアイテム ・アイロン:社会人なら1台は持っておきたい ・ドライヤー:女性には必須のアイテム ・シェーバー:ヒゲ剃りを毎日行う男性の社会人は持っておきたい ・ノートパソコン:スマホよりも断然便利。 配信サービスなども楽しめる これだけの家電があれば、新生活のスタートを問題なく切れるはずです。 もちろん、新生活のスタート時には、家賃や家具にもお金がかかるので、そのあたりは自分の予算と相談しながら、揃える家電を決めましょう。 予算をオーバーするなら、「あったら便利」の家電は後回しにしたり、価格が下がる買い時の時期まで待つのもアリでしょう。 一人暮らし向けおすすめ家電をチェック 揃える家電が決まったら、次は製品選び。 先にも述べましたが、一人暮らしにさほど大きな家電は必要ないため、省スペースの小型家電を中心に選びましょう。 comマガジンでは、一人暮らし向け家電の選び方や、おすすめ小型家電をピックアップした記事を多数掲載しているので、買い物の参考にしてください。 冷蔵庫 一人暮らしの場合は小容量タイプの冷蔵庫で十分です。 ただし、自炊する人と、自炊しない人では、必要な容量が変わってきます。 自分の用途に合わせた冷蔵庫を選びましょう。 一人暮らし向け冷蔵庫の選び方とおすすめ製品はコチラから! 洗濯機 洗濯機にはさまざまなタイプがありますが、一人暮らしの場合は洗濯容量の小さい低価格モデルが人気です。 設置されている洗濯機パンだけでなく、水栓の高さも採寸するなど、チェックするポイントがたくさんあるので、以下の記事を参考にしてみてください。 一人暮らし向け洗濯機の選び方とおすすめ製品はコチラから! 掃除機 一人暮らしで人気の掃除機は、ズバリ、コードレススティック掃除機です。 キャニスター型とは違いコードがじゃまにならない上に、コンパクトサイズで収納にも困りません。 コードレスのためキャニスター型よりも駆動時間が短いですが、一人暮らしのお部屋なら十分。 1万円台で購入できるコスパモデルから、高機能モデルまでを厳選しました。 コードレススティック掃除機の選び方とおすすめ製品はコチラから! 電子レンジ 温めるだけでなく調理までお任せできる多機能なハイエンド電子レンジが多数登場していますが、一人暮らしの場合は温めるだけの「単機能タイプ」か、オーブン機能の付いた「オーブンレンジ」で十分な場合が多いです。 特にハイエンドのものは設置面積が大きいので気をつけましょう。 一人暮らし向け電子レンジの選び方とおすすめ製品はコチラから! テレビ コンパクトな部屋に住む一人暮らしの人には、20〜32インチ前後のサイズのテレビが主流です。 昨今は、ジェネリック家電と呼ばれるコスパ優秀な小型テレビが多数登場しています。 地上波放送以外にも映画や動画、ゲームなども映せるので、汎用性は高めです。 テレビは1度購入するとなかなか買い換えないため、以下の記事から選び方をしっかり理解するのがベターです。 一人暮らし向け小型テレビの選び方とおすすめ製品はコチラから! 炊飯器 食事は外食か総菜で済ませるという人には必要ありませんが、自炊はなら欠かせないのが炊飯器。 一人暮らしの場合は、少量炊きできる小型モデルがおすすめです。 ただし、おいしく炊ける「IH式」や、低価格の「マイコン式」など炊飯方式による違いがあるので、自分の希望を満たす炊飯器を選びましょう。 一人暮らし向け炊飯器の選び方とおすすめ製品はコチラから! オーブントースター トーストを焼くなら、時間がかかりがちなオーブンレンジよりオーブントースターが便利です。 一人暮らしであれば2枚焼きモデルがちょうどいいサイズでしょう。 省スペースで設置できるモデルや、スチームと温度制御で究極のトーストが焼けるモデルまで、幅広い製品をピックアップしました。 オーブントースターの選び方とおすすめ製品はコチラから! ドライヤー 女性にとってドライヤーはマストなアイテムです。 髪の毛の長さや量によって製品を選ぶ際の目安が違うので確認しましょう。 最近では、髪や頭皮へのダメージが少ない高級モデルもあります。 ドライヤーの選び方とおすすめ製品はコチラから! ノートパソコン スマートフォンの普及により、パソコンを持たない人も増えているようですが、やっぱりノートパソコンが1台あると便利です。 大学生にしろ、社会人にしろ、レポート作成や仕事はパソコンで行ったほうが断然便利。 これら以外にも調べ物をしたり、動画を見たりなど、ノートパソコンがあれば家でできることの幅が広がります。 以下の記事ではコスパが高いモデルを厳選したので、ぜひチェックしてみてください。 ノートパソコンの選び方とおすすめ製品はコチラから! 大学や会社など新しい環境への対応や、たくさんの人たちとの出会いなど、新生活の始まりは何かと忙しくなりがちです。 そういったときに、住んでいる場所で問題が起こるとストレスが倍増してしまいます。 新生活を気持ちよくスタートできるように、事前準備はしっかり行ってくださいね。

次の

一人暮らし必見!エアコン暖房の設定温度と電気代節約方法

一人暮らし エアコン

業者に頼もうと思ったきっかけ• エアコン掃除当日の流れとか• 私が頼んだ業者(安いし良いよ!!) をご紹介してます。 ぜひ参考にしてください! エアコンが気になる…くさい!! ずっとエアコンに違和感があって、気になってはいたんですよ。 なんていうか…もわ~んとした感じ?(笑) エアコンから出てくる風のにおいも正直くさかった。 当時エアコンの下にヨギボーっていうソファー(人をダメにするクッション)を置いていて、よくその上でくつろいでいたのですが…… ふと上を見上げたらエアコンに黒い点が!!! これは カビに間違いないと思いました。 においの原因 エアコンのにおいの主な原因って、この3つみたいです。 動画がわかりやすかったので貼っておきます。 動画の内容を簡単に説明すると、ビニールで覆って、高圧洗浄機を使って掃除してます。 まずエアコンに届かないといけないから脚立も必要だし…… ってなると めんどくさすぎる!!! 「掃除のやり方わかった!」「汚れてるものに抵抗なし!」って人は自分で掃除頑張ってください。 でも私は掃除は苦手(むしろ嫌い)ですし、キッチンの油汚れやお風呂の水垢はヒィヒィ言いながら掃除しています。 こんなレベルなのに、エアコンのどす黒い汚れなんて……。 触るのも嫌だし見るのも怖い。 その前に高圧洗浄機なんて持ってないし。 私と同じようなタイプの方は、業者に頼んでしまった方が楽です。 さっそくエアコン掃除を業者に頼んでみた やってもらいました!エアコン掃除! お昼に家に来ていただいて、最初にエアコンの動作確認。 業者さん「におい気になりますか?」 私「はい……」 業者さん「カビのにおいですか?」 即ばれました。 そうそう、このことを記事にしようって思ったのが終わりかけだったので、写真が全くないのです……! 1枚だけ撮っていた写真がこれですが、これだけでもなんとなくイメージがつくはず。 エアコン掃除を業者に頼んで…気になるお値段は? 料金は 11,000円でした。 高いと感じますか? 当時の大学生の私にしては、正直結構高くて迷いました。 大学生の1万円って大きいですもん。 でも絶対に自分じゃ掃除しないし、かといって汚い空気を吸うのも嫌だし……それならお金だしてキレイにしてもらっちゃおう!ってなったので頼みました。 ちなみに 2〜3年に1回、こうやってキレイにすれば大丈夫って言われました。 7…円 こう考えると安いもんですね。 ちなみに 壁掛けタイプの相場は9,000円〜10,000円みたいです。 私は口コミを重視して選んだので、相場よりも若干高めでした。 私はここでエアコン掃除業者を頼んだ!! 最後に私が頼んだサイトをご紹介。 という比較サイトで予約しました!• 地域で絞り込める• 料金順に並べ替えて比較できる• 口コミが豊富 このような特徴があります。 何と言っても決め手は「口コミ」があることです。 有名なお掃除業者のサイトって、名前は知ってるけど評判がどうなのかわからないですよね>< くらしのマーケットは楽天やアマゾンみたいなイメージで、 業者ごとに5段階の星評価と口コミが載ってるんです。 相場よりも安い5,000〜8,000円でやってくれる業者さんもいるので、ぜひ探してみてください! エアコン掃除をしたことがない方、上を見てみて 最後に。 エアコン掃除をしたことがない一人暮らしの方!! エアコンはくさくありませんか?部屋がもわ~んとしていませんか? 掃除したあとのエアコンの風は本当に気持ちいいです。 当時は大学4年生で、半年後には結局引っ越しをしました。 もうすぐ引っ越そうとしていたときにわざわざエアコン掃除を頼んだんです。 それくらいもわ〜んとした空気に耐えられませんでした😢だって4年間も掃除してなかったから。 それでもエアコンがキレイになってすごく満足してます。 半年はもしかしたら我慢できるかもしれないけど……まだ1年以上住むなら、是非エアコンの掃除をしてみてください! みなさんの暮らしが1ランク上がりますように。 ぱるでした!.

次の