たった ひとり の 私 の 味方 ダヤ。 韓国ドラマ「たった一人の私の味方」辛口 感想

ユイ出演「たった一人の私の味方」放送終了。視聴率は惜しくも50%届かず...

たった ひとり の 私 の 味方 ダヤ

概要 犯罪者で服役した過去のある主人公と娘との愛、絆を描いたドラマ。 養父が亡くなり養母に追い出されても明るく元気に苦難に立ち向かう主人公ドランを演じるのは、「婿殿オ・ジャクトゥ」のユイで数々のヒット作で主演を演じてきた彼女に注目。 そして彼女と恋仲になるデリュク役には、イ・ジャンウが抜擢され「」以降3年振りの復帰作となり2018年KBS演技大賞を受賞しました。 祖母が認知症の症状が出ると嫁のウニョンを愛人でダヤがその娘の憎い相手だと掴みかかるシーンは、笑えます! ドランが娘だとわかり苦悩する中で、いつしか陰ながら応援する姿は切ないが、デリュクとの結婚式のシーンは、感動です! とうとう、親子の名乗りをあげた後の避けては通れない親子の苦しみは、壮絶です。 スポンサードリンク 【相関図】 【あらすじ】 妻の手術費を借りに行ったスイルは、人の命を奪い刑務所に服役するが、スイルの娘ドランを弟分のドンチョルが父親として育てる。 ドンチョルが亡くなり、初めて両親が育ての親だとわかったドランだったが、養母は、家から追い出す。 認知症の会長の母親のは、偶然道で親切にされたドランを自分の妹だと思い込んでしまった事て、会長宅に通うことになる。 そんなドランを見てる内に長男で本部長のデリュクは、いつしか好きになってしまう。 実は、出所してから会長宅で運転手として、住み込みで働いていたスイルだったが、ドンチョルにもらった写真からドランが娘だとわかる。 すぐに離れようとしたスイルだったが、慕ってくれるドランを運転手として見守る事に決め、ドランを見つめるデリュクにもすぐに気づき二人を応援するが...。 【メインキャスト】.

次の

たった一人の私の味方

たった ひとり の 私 の 味方 ダヤ

病気の妻の治療費をめぐるトラブルで誤って人を殺害してしまったヨンフン(演:チェ・スジョン)。 無期懲役の判決が下り、ヨンフンは幼い娘ドランを、ともに施設で育ち自分を兄のように慕うドンチョルに預けることにする。 27年後、ヨンフンは模範囚として出所するが、ドランとは関わらずに生きようと名前を変えて大手食品会社「ボム&フード」経営者一族の家で運転手として働き始める。 一方、明るくまじめに育ったドラン(演:ユイ)は、検事になるためロースクール入学を目指していた。 しかし、唯一ドランをかわいがっていたドンチョルが交通事故で亡くなり、さらに養母ソ・ヤンジャから実の子どもではないと家を追い出されてしまう。 苦しい生活の中、思わぬ出会いから「ボム&フード」で働くことになったドランは、会長の長男デリュク(演:イ・ジャンウ)と急接近。 そして運転手として働いていたヨンフンとばったり出会ってしまい・・・。 その結果、殺人・強盗の罪で27年間もの刑務所生活に! その後ドランは、ヨンフンが弟分として可愛がっていたドンチョルに引き取られ大事に育てられます。 しかし、そんな幸せな日々もずっとは続かず突然ドンチョルが事故で亡くなるのです。 それからドランは、ドンチョルが亡くなったことがきっかけでドンチョルの妻・ヤンジャからぞんざいな扱いを受け最終的に家から追い出されることに! 追い出されたドランは、大手食品会社に就職し立派に社会人として働き始めます。 そこで、運命の出会いが!! その相手とはなんと、働く会社の御曹司・デリュクでした。 互いに惹かれ合うのですが、身分違いということでなかなかことが運ばず・・・。 そんな時にさらに驚くべきことが!! それはなんと、改名した実のドランの父親スイルと27年ぶりの再会。 しかし、スイルは「 ドランはもう心を整理した」と言いながら断固として拒否するのです。 結局、デリュクは海外に行き暮らすことを決心。 デリュクが出国する当日。 ウニョンは再びドランのもとを訪れて、「 なんとかデリュクを引き止めて欲しい」とお願いするのです。 ドランはスイルとこのような会話をします。 ドラン:「お父さん、ごめんなさい。 私、デリュクさんのもとに行きます」 スイル:「思うようにしなさい」 と娘の選択を尊重しました。 その後ドランはデリュクが出国する空港へ駆けつけ、再会。 そしてドランは再びデリュクの家に入り、長男の嫁としてデリュクの家族からも愛されることに! 2年後。 ドランは法学大学院で勉強を続けていました。 その間、スイルは保育園を開院。 それだけではなく、再審請求をしてなんと無罪に! そして最後にスイルの保育園に集まってみんなで楽しい時間を過ごす姿描かれ幕を閉じました。 まとめ いかがでしたでしょうか? 約6年ぶりに韓国地上波ドラマの記録を更新した話題作 『 たった一人の私の味方 原題:MY ONLY ONE 』。

次の

たった一人の私の味方

たった ひとり の 私 の 味方 ダヤ

病気の妻の治療費をめぐるトラブルで誤って人を殺害してしまったヨンフン(演:チェ・スジョン)。 無期懲役の判決が下り、ヨンフンは幼い娘ドランを、ともに施設で育ち自分を兄のように慕うドンチョルに預けることにする。 27年後、ヨンフンは模範囚として出所するが、ドランとは関わらずに生きようと名前を変えて大手食品会社「ボム&フード」経営者一族の家で運転手として働き始める。 一方、明るくまじめに育ったドラン(演:ユイ)は、検事になるためロースクール入学を目指していた。 しかし、唯一ドランをかわいがっていたドンチョルが交通事故で亡くなり、さらに養母ソ・ヤンジャから実の子どもではないと家を追い出されてしまう。 苦しい生活の中、思わぬ出会いから「ボム&フード」で働くことになったドランは、会長の長男デリュク(演:イ・ジャンウ)と急接近。 そして運転手として働いていたヨンフンとばったり出会ってしまい・・・。 その結果、殺人・強盗の罪で27年間もの刑務所生活に! その後ドランは、ヨンフンが弟分として可愛がっていたドンチョルに引き取られ大事に育てられます。 しかし、そんな幸せな日々もずっとは続かず突然ドンチョルが事故で亡くなるのです。 それからドランは、ドンチョルが亡くなったことがきっかけでドンチョルの妻・ヤンジャからぞんざいな扱いを受け最終的に家から追い出されることに! 追い出されたドランは、大手食品会社に就職し立派に社会人として働き始めます。 そこで、運命の出会いが!! その相手とはなんと、働く会社の御曹司・デリュクでした。 互いに惹かれ合うのですが、身分違いということでなかなかことが運ばず・・・。 そんな時にさらに驚くべきことが!! それはなんと、改名した実のドランの父親スイルと27年ぶりの再会。 しかし、スイルは「 ドランはもう心を整理した」と言いながら断固として拒否するのです。 結局、デリュクは海外に行き暮らすことを決心。 デリュクが出国する当日。 ウニョンは再びドランのもとを訪れて、「 なんとかデリュクを引き止めて欲しい」とお願いするのです。 ドランはスイルとこのような会話をします。 ドラン:「お父さん、ごめんなさい。 私、デリュクさんのもとに行きます」 スイル:「思うようにしなさい」 と娘の選択を尊重しました。 その後ドランはデリュクが出国する空港へ駆けつけ、再会。 そしてドランは再びデリュクの家に入り、長男の嫁としてデリュクの家族からも愛されることに! 2年後。 ドランは法学大学院で勉強を続けていました。 その間、スイルは保育園を開院。 それだけではなく、再審請求をしてなんと無罪に! そして最後にスイルの保育園に集まってみんなで楽しい時間を過ごす姿描かれ幕を閉じました。 まとめ いかがでしたでしょうか? 約6年ぶりに韓国地上波ドラマの記録を更新した話題作 『 たった一人の私の味方 原題:MY ONLY ONE 』。

次の