熊本 県 コロナ 給付 金。 看護学校生に支援漏れも 熊本県の給付金、正看、准看で線引き | 熊本日日新聞

【新型コロナ】個人事業主向け給付金の内容・対象条件・金額をまとめてわかりやすく

熊本 県 コロナ 給付 金

2020年1月から2020年12月のうち、2019年の同月比で売上が50%以上減少した ひと月50%以上落ちてしまった月の事を指します。 今年のうち前年比50%以下で、一番売り上ゲが落ちてしまった時の売上額を採用。 12か月で掛け算して、 前年の総売り上げと比較してどれだけ売り上げが落ち込んだのかを計算するのですね。 何となくイメージがつかめてきました。 例えば・・・。 3月の売り上げが50%以上落ち込んで、20万円しかなかったとします。 前年の売り上げと比較すると600万円-240万円=360万円の差があります。 対象額は360万円となりますが、個人事業主の上限額は100万円ですから、 100万円が支給される計算になるんですね。 その他の特徴を見てみましょう。 持続化給付金の申請先は「中小企業庁」 持続化給付金の申請先は中小企業庁です。 持続化給付員の申請に必要な書類は• 確定申告書類控え1枚• 詳しくはで確認できます。 2020年分の対象とする月(対象月)の売上台帳等 経理ソフト等から抽出したデータ、エクセルデータ、手書きの売上帳などでもOK• 通帳の写し 銀行名・支店番号・支店名・口座種別・口座番号・口座名義人が確認できるもの• 本人確認書類 本人確認書類とは運転免許証(両面)、個人番号カード(オモテ面のみ)、写真付きの住民基本台帳カード(オモテ面のみ)、在留カード、特別永住者証明書、外国人登録証明書(在留の資格が特別永住者のものに限る。 ) (両面)のいずれかで有効期限切れでないもの。 助成率は事業規模によって差があります。 支給額は日割り計算になります。 上限額が決まっていて、一人当たりは8,330円/日です。 支給限度日数1年100日分、3年150日となっていましたが、今回の新型コロナウイルスの影響の場合は加えて、緊急対応期間(2020年4月1日から6月30日まで)の日数も含めてもOKということになっています。 個人事業主で今まで雇用調整助成金を使っていなかった場合は4月1日から6月30日までが対象になりそうですね。 詳しい内容についてはにしてみてください。 資金繰り支援一覧(経済産業省) 経済産業省では資金繰り支援内容を一覧で配布しています。 フロチャートになっていてわかりやすいので確認をしてみてください。 自治体での協力金制度も刻々と内容が変化しますので、詳しくは各都道府県のホームぺージなどを参考にすると良いですね。 各自治体の協力金制度(2020年4月17日現在).

次の

【新型コロナ】個人事業主向け給付金の内容・対象条件・金額をまとめてわかりやすく

熊本 県 コロナ 給付 金

熊本県(補助金・助成金・融資情報) 新型コロナウィルス関連情報 熊本県(補助金・助成金・融資情報)• 熊本県の補助金・助成金・融資の情報をまとめています。 熊本県• 八代市• 菊池市• 宇土市• 天草市• 水上村• あさぎり町• 2020年4月30日•

次の

【新型コロナウイルス感染症関連】熊本市緊急家賃支援金(拡充)について / 新型コロナウイルス感染症対策TOP / 熊本市ホームページ

熊本 県 コロナ 給付 金

熊本県による新型コロナウイルス感染症の拡大の防止に向けた一定の施設の使用停止の協力要請などに関連して、2つの支援策が発表されています。 ここで紹介する県による支援策は以下のとおりです。 「熊本県休業要請協力金」 熊本県からの施設の使用停止の要請(休業要請)に応じた中小企業者等に、一律10万円が支給されます。 ナイトクラブやスナック、エステサロンなどは対象ですが、居酒屋、喫茶店などの食事提供施設は休業要請の対象とはなっていませんので、自主的にお店を締めていたとしても、この協力金の対象とはなりません。 用意する書類としては、申請書をはじめ、確定申告の写し、休業状況が確認できる書類、暴力団関係でないことの誓約書などが示されています。 休業状況が確認できるものとして、店先の掲示やホームページの写しなどが例として挙げられていますので、書類として認められるかどうか確認する必要がありますが店先の掲示状況などの写真を撮っておくとよいかもしれません。 申請方法は郵送のみで、6月30日(火)の消印有効なのでお早めに(予定)。 熊本県休業要請協力金のホームページはこちら 「熊本県事業継続支援金」 こちらの支援金は、現在、国において申請受付中であるの要件(「前年同月比で売上50%減」)に該当しない事業者の方が対象です。 具体的には、前年同月比の売上が「30%以上50%未満減少」している場合とし、法人には最大20万円、個人事業者には最大10万円が支給されます。 休業要請の対象かどうかを問わず、要件を満たせば支給できるとされています。 国の「持続化給付金」は令和2年1月以降に開業した事業者は対象外ですが、県の支援金は支給の対象であることも大きな違いです。 ) 注意することとして、この支援金は、国の「持続化給付金」との重複申請(受給)はできないとされている点です。 なので、すでに国の「持続化給付金」に申請(受給)している場合は申請できません。 また、国の「持続化給付金」の要件に満たないため県の支援金申請・受給した事業者が、その後に国の「持続化給付金」の要件に合致した(売上50%減以上の月が生じた)として、国の「持続化給付金」に重複して申請する場合には、県から受給した支援金は返還することになるので注意が必要です。 受付期間は令和3年1月15日(金)までです(予定)。 郵送のみの受付ですので、最終日までには確実に到着するように余裕を持って準備しましょう。 くわしくは以下のホームページから確認してください。 これら「協力金」と「支援金」の2つは、併せての受給が可能です。 課税対象の扱いを受けるか否かについては、要確認です。 なお、熊本県による休業要請対象施設への休業要請は、すべての施設において解除されていますが、徹底した感染防止対策が求められ、そのポイントをチェックリストで確認し、そのチェックリストをお店のしかるべきところに、しっかりと掲示しなければいけません。 業種ごとにチェックリストが異なりますので、確認してみてください。

次の