はいだしょうこ 絵描き 歌。 はいだしょうこ チャギントンテーマソング 歌詞&動画視聴

はいだしょうこ チャギントンテーマソング 歌詞&動画視聴

はいだしょうこ 絵描き 歌

(終了した番組・中継を含みます)は、での販売や公式な、またはが紹介するまで、 出典として用いないで下さい。 に基づき除去される場合があります。 はいだ しょうこ 本名 拝田 祥子 別名義 千琴 ひめか(旧芸名) 生年月日 1979-03-25 (41歳) 出身地 ・ 身長 158 血液型 職業 ・・・ ジャンル ・・ 活動期間 - 活動内容 - : - :『』第19代目 - :ソロ歌手、女優、タレントとして活動 配偶者 一般人男性( - ) 著名な家族 (父) 拝田由見子(母) 所属劇団 ( - ) 事務所 (3月 - 2013年7月) (8月 - ) 公式サイト 主な作品 テレビ 『』 はいだ しょうこ((昭和54年) - )はの、、、。 本名: 拝田 祥子(はいだ しょうこ)。 所属時の芸名は、 千琴 ひめか(ちこと ひめか)。 歌劇団在団時の愛称は、 ショーコ。 『』第19代目。 を経て所属。 来歴 生い立ち 父は前で、現ミュージカルアカデミー ドリーム学院長、国際ピアノデュオ協会会員、立川市地域文化振興財団評議委員の。 母は声楽家で、ミュージカルアカデミー ドリーム声楽コース講師。 姉は薬剤師。 はいだ曰く「歌う薬剤師」で、はいだのソロCDにコーラスで参加したり、コンサートにゲスト参加したこともあり、はいだのブログにもたびたび登場している。 小学校在籍時には「全国童謡コンクール」でグランプリ賞受賞。 9歳からに師事し 、・ポップスを学び、この頃から童謡歌手としてコンサート活動を行っていた。 声楽科に進学。 モデルクラブにも所属していたことがあり、には『』のCMに出演していたことがある。 宝塚歌劇団 中学2年生の時より本格的にを目指し 、高校2年生の時に2度目の受験でに合格し、国立音楽大学附属高等学校声楽科を中退し入学。 に音楽学校を卒業後、『 千琴ひめか』の芸名でに入団()。 同期には、、、らがいる。 公演『』で初舞台を踏み、組み回り出演を経てに配属。 主に娘役として活躍したが、いわゆる『トップ』(主役)の経験はない。 には星組公演『』で、通常最低でも6年目以上でないと務められないとされる を異例の入団3年目で務めた。 秋、を退団。 『おかあさんといっしょ』 うたのおねえさん その後、からまでの5年間、の未就園児向け番組『』の第19代目として活躍した。 宝塚歌劇団出身のうたのおねえさんは、第8代目の以来となる歴代2人目。 就任時に「たくさんの子供達に自分の名前を覚えてもらいたい」という理由で、芸名を本名のひらがな表記の『 はいだしょうこ』へ変更。 番組で共演したは第10代目の。 共演したたいそうのおにいさん、おねえさんは、最初の2年間はと(当時:タリキヨコ)、その後の3年間はと。 卒業後 うたのおねえさん卒業後はソロ歌手、女優、タレントとして活躍中であるが、「おかあさんといっしょ」のファミリーコンサート やぐ〜チョコランタンのファミリーコンサート・NHKの子供番組キャラが集合したコンサートやバラエティー番組等にも出演している。 、BS-i(現在の)で、スポーツキャスターに抜擢される。 10月より系『』の毎週にレギュラーとして出演。 また8月にはソロ歌手として初の大人向けのライブを行う。 ちなみに『いいとも! 』では、一部ネット局を除き『』終了とともに放送される15秒間の予告で、その日の内容を替え歌で歌っていた。 2010年10月よりスタートする子ども・アニメ専門チャンネル「」で放送される子供向け音楽番組の『うたばこ』で初めてのを務める。 また、秋の火災予防運動ポスターモデルに協力したことから、より消防総監感謝状が贈られた。 「おかあさんといっしょ」を卒業した当初は個人事務所を作って芸能活動をしていたが、2011年3月1日に所属事務所をへ移籍。 3月7日には、初フォトエッセイの「しょうこの虹色メロディー」を出版。 同年3月29日、『笑っていいとも』を卒業。 2013年8月に所属事務所をへ移籍。 2016年にはNHK『』にの次女・役で出演し、大河ドラマ初出演を果たす。 私生活 2歳年上の一般人の男性と2012年3月25日(自身33歳の誕生日)に入籍し結婚。 結婚式はハワイで行った。 人物 特技はバレエ、ジャズダンス。 趣味はミュージカル観劇、ドライブ(助手席専門) 、温泉巡り。 宝塚歌劇団出身の芸能人では数少ない「退団後に宝塚在籍時の芸名を使用していない芸能人」である。 宝塚の所属期間が4年間と比較的短く、主役である「トップ」の経験がないこと、宝塚退団後に芸名を(全てひらがな表記ではあるが)本名に戻していること、「おかあさんといっしょ」への出演経験等から、『 元・宝塚(タカラジェンヌ)』よりも『 元・うたのおねえさん』や『 しょうこおねえさん』と呼ばれることの方が圧倒的に多い。 エピソード 「うたのおねえさん」のオーディションは、宝塚歌劇団を退団した直後に童謡歌手時代に共演した女性歌手から、『うたのおねえさんのオーディションが今行われている』と言う話を聞いて受験した。 最終選考ではいだを含めて6人残った受験者が控室で次の選考に向けて準備をしている際、ある受験者が課題の歌の歌い方を他の受験者に聞いて回っていた (この時の事に関して「おかあさんといっしょ」卒業後にはいだは民放のTV番組で「 審査員の人が最終選考の控室の中にいたらしい」と言う発言をしており、この受験者が実際には審査員で受験者のダミーとして紛れていた可能性を示唆している) [ ]。 当然ながら他の受験者は自分の練習を優先させていたが、はいだだけが自分の練習を止めてその受験者の練習を手伝った。 その事がうたのおねえさんとして選ばれる決め手になった。 イラスト には「」の番組内のコーナー「やぎさんゆうびんリクエスト」において、同番組の当時マスコットキャラクターだった『』の絵を絵描き歌で描くことになり歌いながらスプーの絵を描いたが、はいだが描いたスプーは本来のスプーのデザインとはかけ離れたイラストだった。 はいだの旧公式ブログのバナーには、この時に描かれた「スプー」のシルエットが用いられていた。 これをきっかけにはいだの絵に注目が集まり、イラスト関連の仕事もこなすようになった。 2008年には、会社のが、自社の「ココロ」をはいだにさせ、そのを内のとして配布するを行った。 ジークレスト側は「はいださんは層の人気が高く、新しいの獲得にも寄与できるのでは」としており、はいだのイラストをデザインしたのプレゼントなども実施した。 また、はいだは、ゲーム内ののなども手がけている。 2017年にはのスペシャルムービーでも、18キャラクターの作画を担当するほか、歌と声も担当している。 出演 舞台 宝塚歌劇団所属時代• 1998年4月14日、宝塚大劇場 新人公演『エクスカリバー』• 1998年7月14日、宝塚大劇場 新人公演『皇帝』• 1998年10月27日、東京宝塚劇場 新人公演『皇帝』• 2月、宝塚大劇場『』(ジェット団の娘)• 1999年3月9日、宝塚大劇場 新人公演『WEST SIDE STORY』(カゲソロ)• 1999年5月、東京宝塚劇場『WEST SIDE STORY』(ジェット団の娘)• 1999年5月25日、宝塚大劇場 新人公演『WEST SIDE STORY』(カゲソロ)• 1999年8月、宝塚バウホール『夢・シェイクスピア』(スー)初台詞• 1999年10月19日、宝塚大劇場 新人公演『我が愛は山の彼方に』• 1999年12月1日 - 12月8日、日本青年館『夢・シェイクスピア』(スー)• 2000年1月11日、東京宝塚劇場 新人公演『我が愛は山の彼方に』• 2000年3月4日 - 3月19日、宝塚バウホール公演『聖者の横顔』(カゲソロ)• 2000年3月25日 - 3月31日、日本青年館『聖者の横顔』(カゲソロ)• 2000年5月、宝塚大劇場『』(神子S、カゲソロ)、『』(美猫、カゲソロ)• 2000年6月6日、宝塚大劇場 新人公演『黄金のファラオ』• 2000年8月、東京宝塚劇場『黄金のファラオ』(カゲソロ)、『美麗猫』• 2000年9月12日、東京宝塚劇場 新人公演『黄金のファラオ』• 2000年10月12日 - 10月27日、宝塚バウホール公演『』(白影、カゲソロ)• 2000年11月2日 - 11月7日、日本青年館『花吹雪 恋吹雪』白影、カゲソロ)• 1月、宝塚大劇場『』(女官、歌い手)、『』(女神、カゲソロ)• 2001年1月23日、宝塚大劇場 新人公演『花の業平』(伊勢斎宮恬子(文徳帝内親王))• 2001年3月、東京宝塚劇場『ベルサイユのばら2001』(クレサンテーム、エトワール)• 2001年4月10日、東京宝塚劇場 新人公演『ベルサイユのばら』(ジジ)• 2001年6月9日 - 7月1日、全国ツアー『』(ファニー、エトワール)• 2001年7月17日、ディナーショー『終楽章 -薔薇の五線譜-』• 2001年8月、宝塚大劇場『ベルサイユのばら2001』(クレサンテーム、エトワール)• 2001年9月4日、宝塚大劇場 新人公演『ベルサイユのばら』(ジジ)• 2001年10月6日 - 10月8日、宝塚バウホール• 2001年11月、東京宝塚劇場『花の業平』(女官、歌い手)、『』(マリポサ、シンガー)• 2001年12月4日、東京宝塚劇場 新人公演『花の業平』(伊勢斎宮恬子(文徳帝内親王))• 、2月25日、2月26日、2月28日、3月1日、ディナーショー『Feel』• 2002年4月、宝塚大劇場『』(シルビア)、『』(カゲソロ)• 2002年5月7日、宝塚大劇場 新人公演『プラハの春』(レポーター)• 2002年6月、東京宝塚劇場『プラハの春』(シルビア)、『LUCKY STAR! 』(カゲソロ)• 2002年7月9日、東京宝塚劇場 新人公演『プラハの春』(レポーター)• 2002年9月7日 - 9月16日、宝塚バウホール『ヴィンターガルテン』(エイミー、トーマ・ナスティヤツェフ)• 2002年9月21日 - 9月27日、日本青年館『ヴィンターガルテン』(エイミースチュワート、トーマ・ナスティヤツェフ) 宝塚歌劇団退団後• 、ブロードウェイミュージカル『』(天王洲銀河劇場) - キャリー 役• 2012年7月 - 8月、ハロー・ミュージカル! プロジェクト ミュージカル『』 - タプチム役(全国ツアー)• 2015年11月 - 12月、60周年記念ミュージカル『』(、) - ヘル夫人 役 コンサート ファミリーコンサート 公演 タイトル 出演者(一部を除く) 2003年 、 はいだしょうこ、、、 、、、、 、 、 はいだしょうこ、、、 、、、、 、、、、、、 、、、、 、 、 はいだしょうこ、、、 、、、 2004年 、 はいだしょうこ、、、 、、、 、 はいだしょうこ、、、 、、、 2005年 、、 はいだしょうこ、、 、、、、 、、、 、、 、 、 はいだしょうこ、、 、、、 、 はいだしょうこ、、 、、、、、 、 2006年 、 、 はいだしょうこ、、 、、、 、 はいだしょうこ、、 、、、、 、、 、 はいだしょうこ、、 、、、 、、 2007年 、 はいだしょうこ、、 、、、 、、 、 はいだしょうこ、、 、、、 、 はいだしょうこ、、 、、、 2008年 、 はいだしょうこ、、 、、、 、、 、、、 、、、、 、 はいだしょうこ 2009年 、、、 、、 、、 、、、 、 、、、 、、 はいだしょうこ 、 、、 ワンワンといっしょ! 夢のキャラクター大集合 公演 タイトル 出演者(一部を除く) 2014年 、、、 、、、 、、、、、 、、、 はいだしょうこ 2015年 、、、 、、、 、、 、 はいだしょうこ その他のコンサート• 〜こどもたちの未来のために〜「NHKこども朗読コンサート」()• 「はいだしょうこファミリーコンサート」• 2008年、北海道 札幌市・道新ホール• 2008年、大阪府・枚方市 野外ステージ• 2008年、愛知県・名古屋市 名古屋市公会堂 大ホール• 2008年、大阪府・高石市 アプラたかいし 大ホール• 2009年、(NEW YEAR ファミリーコンサート)滋賀県・米原市 近江公民館ときめきホール• 2009年、(ファミリーライブ)Club IKSPIARI(舞浜)• 2009年、石川県・津幡町 津幡町文化会館シグナス• 2009年、大阪府・富田林市• 2009年、大阪府・枚方市 ひらかたパーク(野外ステージ)• 2009年、兵庫県・朝来市 朝来市文化会館 和田山ジュピターホール• 2009年、兵庫県・たつの市 たつの市総合文化会館 アクアホール• 2009年、高知県・安芸市 安芸市民会館• 2009年、山梨県・韮崎市 東京エレクトロン韮崎文化ホール• 2009年、栃木県・大田原市 那須野が原ハーモニーホール• 2009年、東京都・稲城市 よみうりランド(オープンシアターEAST)• 2009年、鳥取県・鳥取市 鳥取市民会館• 2009年、京都府・城陽市 文化パルク城陽プラムホール• 2009年、奈良県・大和高田市 さざんかホール• 2009年、三重県・多気町 多気町民文化会館• 2009年、兵庫県・丹波市 丹波市春日文化ホール• 2009年、熊本県・八代市 八代市千丁文化センター• 2009年、愛知県・名古屋市 中京大学文化市民会館 オーロラホール• 2009年、北海道・札幌市 北海道厚生年金会館• 「おかあさんといっしょ ぐ〜チョコランタンファミリーステージ」• 2008年、、、、)• 2009年、福島県・福島市 福島県文化センター大ホール• おかやま国際音楽祭「ドリームコンサート for KIDS はいだしょうこコンサート」(2008年、岡山)• Sparkling Stage 夢の瞬間 とき 〜(2008年)• 「2008 LIVE FOR LIF『音楽彩』〜本田美奈子. メモリアル〜」(2008年)• 1st ALBUM 「しょうこのMy Favorite Songs」発売記念イベント• (2008年、 中央広場)• (2008年、 1Fパークウォークコート) イベント• 東京ゲームショウ2008/KDDIブース「リズミカル リスモ!ステージ」出演(2008年10月12日)• 「鉄道の日」記念イベント『駅祭ティング2008 in 阪急梅田』(2008年)• 八千代台 ユアエルム「はいだしょうこ・ファミリーイベント」(2008年)• 「第23回全国童謡歌唱コンクール グランプリ大会」ゲスト(2008年) インストアライブ• はいだしょうこ• (2008年、イオンモール日の出店/専門店街3階キッズサークル内)• (2008年、イオンモール太田店/専門店街1階セントラルコート)• 「今井ゆうぞう はいだしょうこ クリスマス スペシャルライブ」(2008年11月1日) テレビ レギュラー• (4月 - 3月、)• (2009年10月6日 - 2011年3月29日、フジテレビ) - 火曜日レギュラー• (2010年5月4日、2010年6月1日、2010年6月8日、2010年6月15日-2011年3月1日、TBS)• うたばこ(2010年10月3日 - 、)- MC• 「はじめようスマホ」(2017年11月 - 12月(全8回)、NHK Eテレ) 声の出演• (2009年7月4日 - 、) - ヴィー 役• (2015年10月12日 - 15日、) - おくとぱすみれ 役 テレビドラマ• 第3話(2016年7月27日、) - 夏木桜 役• (2016年、) - 役 ラジオ• 「」 2019年6月13日、、パートナー 映画 声の出演• 『』 - 青い星の妖精リリアンディル 役 (2011年)(宝塚OGの大地真央と共演) CM・広報• 2010年秋の火災予防運動ポスター モデル• 「展 東京展」(2016年)• のイメージキャラクター(2019年~) 作品 CD アルバム• エンカレッジコンサート 星組(CD)(2002年1月21日) ソロ曲「命をあげよう」、「かわいい坊や」の2曲担当。 NHKおかあさんといっしょ 最新ベスト「このゆびとまれ」(2003年10月16日)• NHKおかあさんといっしょ 最新ベスト かぜのおはなし (2004年10月20日)• NHKおかあさんといっしょ 夢のビッグパレード BVーチョコランタンとゆかいな仲間たち(2005年5月1日)• NHKおかあさんといっしょ 最新ベスト おしりフリフリ (2005年10月19日)• NHKおかあさんといっしょ スペシャル ぐ〜チョコランタンとゆかいな仲間たち みんなであそぼ! 不思議な不思議なワンダーランド (2006年06月7日)• NHKおかあさんといっしょ 最新ベスト ぼよよん行進曲(2006年10月18日)• NHKおかあさんといっしょ ファミリーコンサート おいでよ! びっくりパーティーへ (2007年2月7日)• NHK おかあさんといっしょスペシャルステージ「ぐ〜チョコランタンとゆかいな仲間たち ふしぎな森へようこそ!!」(2007年6月6日)• NHKおかあさんといっしょ 最新ベスト きみのこえ (2007年10月17日)• NHKおかあさんといっしょ ファミリーコンサート さがそう! 3つのプレゼント(2008年2月6日)• おかあさんといっしょ ソングコレクション ゆめのかけら(2008年4月16日)• おかあさんといっしょ スペシャルステージ ぐ〜チョコランタンとゆかいな仲間たち みんなおいでよ!うたのパレード(2008年6月4日)• しょうこの My Favorite Songs(2008年7月16日)ファースト・ソロ・アルバム• みんなの童謡・唱歌 めだかの学校〜夕焼け小焼け(2009年7月15日)• みんなの童謡・唱歌 おもちゃのチャチャチャ〜故郷(2009年10月21日)• みんなでうたう童謡・唱歌 いぬのおまわりさん〜おやすみなさい(2010年1月21日)• みんなでうたう童謡・唱歌 ふしぎなポケット〜ヤンチャリカ(2010年4月21日)• くまモンとあそぼ! 〜えかきうた と あそびうた〜(2014年3月12日) ソロ曲「くまモンタッチ」を担当。 シングル• 「チャギントン」テーマ・ソング(2009年9月16日)• チャギントン テーマソング(通常盤)(2009年11月18日) 2作品共にアニメ『』テーマソング• たまともフォーエバー(2009年11月18日) テレビ東京系アニメ『』エンディングテーマ DVD• おかあさんといっしょ スペシャルステージ ぐ〜チョコランタンとゆかいな仲間たち みんなおいでよ!うたのパレード(2008年6月4日) 書籍• NHKおかあさんといっしょ 新・うたのえほん はじめて はじめまして(、2008年4月25日)• しょーこの虹色メロディー (、2011年3月7日) 雑誌• 朝日新聞 別刷『be on Sunday』インタビュー記事(2008年6月9日)• 『』(2008年7月号 2008年6月13日 角川マガジンズ)巻頭インタビュー• 中日新聞(夕刊) インタビュー記事掲載(2008年11月18日)• 情報誌「ショッパー」(2008年11月20日)• 日本出版社「ネコまる 2009冬号」(2008年11月21日) 脚注 [] 注釈• 「」ミュージカルアカデミー ドリーム。 「」ミュージカルアカデミー ドリーム。 2009年12月11日放送「中居正広の金曜日のスマたちへ」より。 Techinsight メディアプロダクツジャパン. 2014年9月10日. 2014年9月15日閲覧。 系「」2010年3月7日放送より。 DIGITAL: p. 2015年10月12日. 2017年9月4日閲覧。 (東京消防庁発表資料、2010年10月18日)• 、(2013年8月2日)• MANTANWEB. 2016年10月8日. 2017年9月3日閲覧。 2012年4月4日. 2017年9月3日閲覧。 「」、。 com. 2017年1月11日. 2017年1月12日閲覧。 2016年10月8日 NHK• 金曜ロードSHOW!. 2016年7月16日閲覧。 お笑いナタリー. 2016年8月25日. 2016年8月25日閲覧。 関連項目• 外部リンク• - - はいだしょうこ公式ブログ(新ブログ。 2010年4月1日〜)。 - - pixiv• 先代: 第19代:4月7日-3月28日 次代:• (1961年4月3日 - 1962年9月22日)• (1961年4月10日 - 1964年10月3日)• (1962年10月1日 - 1964年4月4日)• (1964年4月13日 - 1967年3月25日)• (1964年10月12日 - 1967年7月31日)• (1967年4月3日 - 1970年3月11日)• (1967年8月1日 - 1970年4月4日)• (1970年4月6日 - 1972年3月31日)• (1970年4月7日 - 1971年10月30日)• (1972年4月3日 - 1974年3月29日)• (1974年4月1日 - 1979年3月16日)• (1974年4月1日 - 1979年3月16日)• (1979年4月2日 - 1981年4月3日)• (1981年4月6日 - 1983年4月2日)• (1983年4月4日 - 1987年4月4日)• (1987年4月6日 - 1993年4月5日)• (1993年4月5日 - 1999年4月3日)• (1999年4月5日 - 2003年4月5日)• (2003年4月7日 - 2008年3月28日)• (2008年3月31日 - 2016年4月2日)• (2016年4月4日 - ).

次の

絵描き歌の絵で子供が泣き出した理由は? はいだしょうこ

はいだしょうこ 絵描き 歌

By - 公開: 2018-03-26 更新: 2018-03-26 3月23日放送「垣花正 あなたとハッピー」に、元・歌のお姉さんのはいだしょうこが出演し、教育番組で「絵描き歌」を披露した際に起きたエピソードを紹介した。 現在は、バラエティ番組や歌手、舞台など幅広く活躍しているはいだしょうこ。 歌のお姉さん時代に教育番組で「独特な絵」を披露して伝説を残したと言われている。 「良い方で有名になれば良かったんですけど…。 」と苦笑いしながら当時のエピソードを語った。 番組内で「絵描き歌」のコーナーがあり、当時の番組キャラクターを描いたという。 最初に歌のお兄さんが絵を披露すると「わー上手ー。 」と喜ぶ子供たち。 続けて、はいだが絵を披露した瞬間、その絵があまりにも恐ろしくて子供が大泣きしてしまったのだ。 そしてその模様がオンエアされた時、お茶の間でも沢山の子供がその絵を目撃し、沢山の子供がテレビの前で泣いてしまったそうだ! その後、テレビ局に「あのお姉さんに絵を描かせないで!」「絵が怖い!」という苦情の電話が殺到し、一躍「絵のお姉さん」として有名人になってしまった。 そんな、はいだに垣花アナが「僕の似顔絵を描いてくれませんか…?」とお願いしたところ快く了承!出来上がった絵を見て「僕の絵を描いてもらったんですけど、2cmです(笑)」と大笑いする垣花アナだった。 はいだしょうこは、昨年、アルバム「中田喜直の世界 ほしとたんぽぽ」をリリース。 「めだかの学校」「ちいさい秋みつけた」などを作曲された20世紀を代表する作曲家「中田喜直」と、はいだしょうこは中田先生と生前、交流があったそうで、小学生の頃「全国童謡歌唱コンクール」に出場した際に、審査員を務めていたのが中田先生。 それがきっかけで子供の童謡歌手として、中田先生と全国を廻るようになったそうだ。 そして、はいだが中学生の頃、中田先生は病気で倒れてしまった。 お見舞いに行ったはいだは病床で「大人になったらこの童謡歌曲集のほしのたんぽぽを歌ってくれ」と中田先生と約束。 それが先生とはいだが最後に交わした言葉だったそうだ。 「先生にも言われていたんですが、この作品を歌う時は素直な気持ちで歌うように心がけています。 」とこのアルバムにかけた想いを語った。 FM93AM1242 ニッポン放送 月~金 8:00~11:30.

次の

はいだしょうこ“画伯”、YouTubeで紙芝居を公開 「お子さんが泣いてしまわないか…」 / 2020年5月22日

はいだしょうこ 絵描き 歌

Eテレの子ども向け番組史上で最恐のイラストについて、元うたのおねえさんが激白! 6月20日に放送された「DX」にて、宝塚歌劇団出身のが、伝説的と噂されるイラストの腕前を披露し、ネットをにぎわせている。 ここで司会のダウンタウンからうたのおねえさんだった過去について問われると、はいだは「その子どもたちを泣かせてしまったことがあって…」と切り出した。 はいだは「番組で歌いながら絵描き歌をしてて、それで絵を描いたんですよ。 そしたら描き終わった後にそこにいた子どもが絵を見て《怖い!》って泣いちゃって。 それがオンエアになって全国に流れた時に、各ご家庭のお子さんにも泣かれちゃって…」と説明した。 その伝説的なシーンを当時子育て中だった女性誌ライターが振り返る。 着ぐるみ人形劇に登場するスプーは犬やカバに似た動物風のキャラで、耳には白い羽、頭にはグリーンの帽子が特徴。 ところがはいだのイラストは出だしからスプーとは似ても似つかず、完成したのは悪魔カボチャから極細ツインテールが生えているような、とにかくまがまがしい代物だったのです。 たしかに2〜3歳の幼児があれを見たら泣いてしまうのは確実でしょう」 今回のダウンタウンDXでは残念ながらスプーの絵は紹介できなかったものの、その代わりにはいだの描いたネコ、イノシシ、そしてサンタクロースを披露。 頭と体のバランスが悪いネコはともかく、イノシシはまるで吸血動物さながら。 サンタに至っては生き物(人)かどうかすら判別できない有様で、スタジオを騒然とさせていた。 「ところが世の中不思議なもので、スプーの絵がきっかけで、はいだには絵の仕事が舞い込むようになったのです。 それもバラエティ番組での披露に留まらず、ゲーム内キャラやNTT西日本の電報CM向けなど、ガチなイラスト仕事すらこなすように。 現在ではLINEスタンプも販売されています」(前出・女性誌ライター) そのLINEスタンプには象らしきキャラも登場するが、それが比率を間違えた青いブルドッグにしか見えないのはご愛敬。 はいだ画伯はこれからも、その画力でファンを楽しませてくれそうだ。 (白根麻子).

次の