相鉄 線 埼京 線。 相鉄・JR直通線

「相鉄・JR直通線」開業で11月ダイヤ改正 埼京線は快速停車駅を追加 JR東日本

相鉄 線 埼京 線

相模鉄道の西谷~羽沢横浜国大間が11月30日に開業し、JR東日本の埼京線と相互直通運転を開始した。 始発列車は早朝にもかかわらず報道陣と鉄道ファンが集まり、にぎやかだったようだ。 筆者はその日に別件があり、行けなかった。 その代わり、平日の運行開始日である12月2日、海老名駅から新宿駅まで、通勤時間帯の電車に乗ってみた。 相鉄・JR直通線が11月30日に開業。 海老名発新宿行の始発列車に合わせ、海老名駅で出発式が行われた 筆者が乗った車両の範囲では、羽沢横浜国大駅を経由して相模鉄道とJR東日本の境界を越えた乗客は約50名。 座席が埋まり、ドア横に2~3人が立つ程度だった。 新宿方面の通勤電車としてはかなり空いているほうといえる。 ただし、次の武蔵小杉駅からたくさん乗ってきた。 タワーマンションが林立するため、武蔵小杉駅の混雑はよく知られている。 そこに空いた電車が来るわけで、混雑緩和に貢献していると言えるだろう。 帰りは新宿駅から海老名駅まで乗り通した。 新宿駅始発で21時35分発、筆者が乗った車両では、座席がすべて埋まり、数人が立つ程度。 小田急線や京王線、渋谷駅からの東急線に比べるとかなり空いている。 ただし、渋谷駅、恵比寿駅と停車するにしたがって乗客は増え、武蔵小杉駅に着く頃には吊り手がすべて使われる程度の混み具合になった。 そして武蔵小杉駅でごっそり降りていく。 横須賀線や湘南新宿ラインに乗り換える人々だろう。 帰りの電車で武蔵小杉~羽沢横浜国大~西谷間を乗り通した人は、座席がすべて埋まる程度だったと思う。 思ったより少ないけれど、今後、便利さが伝われば乗客は増えるだろう。 定期券の更新をきっかけに、横浜経由から羽沢横浜国大経由へ切り替える人もいるかもしれない。 この路線が受け入れられたか、その評価は定期券利用者が完全に移行する6カ月後を待ちたい。 西谷~羽沢横浜国大間の正式な路線名は相鉄新横浜線のはずだけど、いまのところ新横浜には到達していないから誤解を招く。 そこで、2022年に新横浜 仮称 駅に到達するまで、便宜的に「JR直通線」としているようだ。 正式名称は相鉄新横浜線、愛称は「JR直通線」である。 ちなみに、JR東日本の公式サイトで羽沢横浜国大駅の構内図を見ると、1番線は「相鉄新横浜線」と正式名称を表示していた。 ただし、2番線は「相鉄線直通 新宿方面 」となっている。 ここは「埼京線」でも良かったと思う。 正式な路線名ではなく、旅客案内上の愛称であれば、「埼京線」の延伸としてもよかったはず。 もしかしたら、将来的に横須賀線品川方面と直通する可能性を考慮し、「埼京線」を避けたかもしれない。 路線名と路線愛称の関係。 黒文字が路線名、赤文字が路線愛称 JR東日本の路線愛称はもっと込み入っている。 JR東日本の路線図では、「埼京線・川越線・りんかい線・相鉄線直通」と表記されている。 いままで「埼京線・川越線・りんかい線直通」だったから、そこに「相鉄線直通」をくっつけた。 大崎~羽沢横浜国大間の愛称があいまいになっているけれど、これは埼京線の延伸と考えたほうが素直だろう。 鶴見駅から湘南新宿ラインと横須賀線をなぞっているけれども、新川崎駅を通らないから同一視できない。 通称として、羽沢横浜国大~鶴見~大崎間を「東海道貨物支線」と呼ぶ人もいるし、大崎~大宮間は埼京線の名が定着している。 湘南新宿ラインは埼京線と少し違うルートになる。 大崎~池袋間は埼京線と同じ山手貨物線を走るけれども、池袋~赤羽間は赤羽線ではなく、山手貨物線を走って田端駅へ。 ここから東北本線に並行する貨物線を走る。 鶴見~品川間を「品鶴線」と呼ぶ人もいる。 「品鶴線」は沿線の人々にも定着していた。 筆者が幼少の頃、大田区に住んでいた親戚から「品鶴線」と教わった。 貨物専用だった「品鶴線」は、1980年に横須賀線が乗り入れると「新横須賀線」と呼ばれた。 いまは湘南新宿ラインとしても知名度を上げている。 何が言いたいかというと、相鉄・JR東日本の双方で「JR直通線」「相鉄直通線」「相鉄・JR直通線」などと呼び分けることはやめて、相鉄もJR東日本も路線愛称を「埼京・相鉄ライン」で統一してはどうか、と提案したい。 約3年後、相鉄が東急電鉄との相互直通運転を開始したら、「東急・相鉄ライン」と呼べば統一感がある上に、「埼京・相鉄ライン」との乗り間違いを防げる可能性もある。 ただし、東急電鉄にとっても相鉄にとっても、東海道新幹線の新横浜駅に直結するという意味は重要だ。 こちらはあえて愛称を設けず、「相鉄新横浜線」「東急新横浜線」の名を押し立てたほうがいいかもしれない。 路線愛称は鉄道事業者が決めるだけでなく、ユーザー間で納得のいく愛称が広まって定着する場合もある。 今後、利用者がこの路線をどう呼ぶか、気になるところだ。

次の

相鉄・JR埼京線直通は2019年11月30日開始。毎時2~4本を運転

相鉄 線 埼京 線

相鉄・JR直通線 相鉄・JR直通線 (2020. 11更新内容)を追加。 相鉄・JR直通線は神奈川県横浜市保土ケ谷区の西谷駅から羽沢横浜国大駅を経由して、新横浜駅(仮称)へ至る予定の の鉄道路線のうち、羽沢横浜国大駅からJR線へ乗り入れ、東海道貨物線および山手貨物線経由(湘南新宿ラインなど)で新宿駅へ至る相鉄における新規鉄道路線である。 2019年11月30日に開業予定であり、開業区間の西谷駅から羽沢横浜国大駅までの区間は、相鉄新横浜線の第一期区間として供用される。 よって第一期線の開業段階においては、路線名本来の新横浜駅には達していないため、ここでは「 相鉄・JR直通線」として記載する。 営業予定路線 相鉄・JR直通線は2019年11月30日開業し、以下の内容で運転されている。 ほとんどの列車が新宿駅まで運転されるが、朝のラッシュ時の6往復はへ乗り入れ、大宮駅を経由して川越駅まで乗り入れる。 相鉄・JR直通線• 海老名駅〜西谷駅〜羽沢横浜国大駅〜( 東海道貨物線経由)〜武蔵小杉駅〜新宿駅 運行予定内容 相鉄・JR線直通は、前述の通り2019年11月30日に開業し、JR線直通に関しての内容を以下に記載する。 なおJR線については「 埼京線」での扱いとなっていることから、以下埼京線として記載する。 運行区間• 相鉄線 海老名〜 埼京線 新宿 朝通勤時間帯の一部列車は経由で川越まで直通• 運転本数• 終日運行本数…46往復 92本• 平日朝時間帯に関しては1時間に4本運行され、上り(海老名駅発)はすべて特急となり、直通による速達性を確保している。 日中は1時間に2本の運行となり、概ね相鉄線内特急と各駅停車が交互に運行される。 夜間は終電を除き、相鉄線内は特急として運行する。 平日の日中ならびに土休日は利用客の取り込みのために各駅停車を多く運行する。 一方の埼京線側では新宿〜羽沢横浜国大間は各駅に停車するが、朝時間帯における新宿駅から先のへ直通する列車(川越線の川越駅まで直通)に関しては、一部の列車が埼京線内を快速および通勤快速として運行するものがある。 運用車両 相鉄12000系 JR東日本埼京線E233系7000番台 埼京線直通予定の車両は相鉄からは12000系、JR東日本からは埼京線のE233系7000番台の車両にて相互に乗り入れが行われる予定。 主な区間は海老名駅から西谷駅および羽沢横浜国大駅を経由して、新宿駅まで結ばれるが、朝の時間帯の一部(6往復)は大宮・川越方面へ直通する。 大崎駅〜西大井駅間は大崎支線を経由するが、大崎支線は正規的な営業路線ではないために、運賃計算上は品川駅を経由したものとして取り扱うことになる。 また、品川駅〜鶴見駅間は経路特定区間に指定されていることから、運賃計算上では距離が短い川崎駅経由で計算する(旅客営業規則第69条)。 これらの扱いにより、大崎駅〜鶴見駅〜羽沢横浜国大駅間の運賃計算は品川駅・川崎駅を経由した距離で計算されることになる。 また、羽沢横浜国大駅発着においても旅客営業規則等によって、以下の特例が設けられている。 横浜市内発着の乗車券に対する特例• 横浜市内発着の乗車券は、鶴見駅〜武蔵小杉駅間で途中下車しない限り、同駅間の乗車が可能となっている。 (例)京都駅(京都市内)〜横浜駅〜(横須賀線又は湘南新宿ライン)〜武蔵小杉駅〜(相鉄・JR直通線)〜羽沢横浜国大駅(横浜市内)• 特定の分岐区間に対する区間外乗車の特例 また同時に、以下の特例が新たに設定され、カッコ内に指定された区間の区間外乗車が可能となる。 横浜駅以遠(保土ケ谷駅または桜木町駅方面)の各駅と羽沢横浜国大駅との各駅相互間(鶴見駅〜武蔵小杉駅間) (例)関内駅〜横浜駅〜(横須賀線又は湘南新宿ライン)〜武蔵小杉駅〜(相鉄・JR直通線)〜羽沢横浜国大駅• 新川崎駅と羽沢横浜国大駅間との各駅相互間(新川崎駅〜武蔵小杉駅間)• 鶴見駅や新子安駅、東神奈川駅または川崎駅以遠(蒲田駅または尻手駅方面)、国道駅以遠(鶴見小野駅方面)もしくは大口駅以遠(菊名駅方面)の各駅と羽沢横浜国大駅との各駅相互間(鶴見駅〜横浜駅間、新子安駅〜横浜駅間、東神奈川駅〜横浜駅間、および鶴見駅〜武蔵小杉駅間) (例)大口駅〜横浜駅〜(横須賀線又は湘南新宿ライン)〜武蔵小杉駅〜(相鉄・JR直通線)〜羽沢横浜国大駅 なお、一般の乗車券(近距離きっぷや大都市近郊区間内の普通乗車券および回数券)に限っては、羽沢横浜国大駅〜鶴見駅間などにおいて乗車する場合、「羽沢横浜国大駅〜武蔵小杉駅〜川崎駅〜鶴見駅」の区間(即ち南武線経由)を途中下車しない限り、乗車することも基本的に可能となっている。 ) 羽沢横浜国大駅(共同使用駅:相鉄にて管理) 2019年11月30日開業の相鉄線の新駅。 当駅にてJR線と相互乗り入れを行う共同使用駅であり、相鉄にて全般の管理を請け負うかたちとなっている。 JR線内の相鉄12000系車両 JR線へ乗り入れを果たした相鉄12000系車両。 武蔵小杉駅 (写真左上)と新宿駅 (写真左下)にて撮影。 新宿駅への乗り入れは相鉄沿線はもちろん、相鉄線の歴史上において、かねてから長年の悲願であった都心乗り入れを達成した出来事である。 (朝の一部列車直通)• 新宿駅〜大崎駅間は 、新宿駅〜武蔵小杉駅間は 、西大井駅〜武蔵小杉駅間は との共用区間。• 羽沢横浜国大駅は 相鉄(相模鉄道)にて管理。

次の

相鉄・JRが直通に 「もしも埼京線ユーザーが『海老名行』で寝過ごしたら」をプチ体験

相鉄 線 埼京 線

相鉄・JR直通線は、相鉄本線の西谷駅(横浜市保土ケ谷区)と羽沢横浜国大駅(同・神奈川区)を結ぶ長さ2. 1km(営業キロ)の新線です。 線路は羽沢横浜国大駅からさらに東へ数百m延びて、JRの東海道貨物線(羽沢線)に接続します。 ダイヤ改正日の11月30日(土)に開業予定です。 列車は、相鉄本線の海老名駅(神奈川県海老名市)とJR埼京線の新宿駅(朝の一部列車は大宮・川越方面)のあいだで相互直通運転を開始します。 1日の本数は92本(46往復)。 朝ピーク時間帯は1時間あたり4本程度、その他の時間帯は2~3本程度です。 列車種別は、相鉄線内で特急と各駅停車を設定。 特急は、海老名、大和、二俣川、西谷、羽沢横浜国大と、JR線の各駅に停車します。 最速達列車は、二俣川~新宿間44分(IC運賃769円)、大和~渋谷間45分(822円)、海老名~武蔵小杉間36分(621円)です。 車両はJR東日本のE233系電車(10両編成)と相鉄の12000系電車(10両編成)が使われます。 平日の大崎7時20分着~9時30分着の上り列車は、海老名~大崎間の10号車(最後部)が女性専用車両に設定されます。 直通列車の弱冷房車は9号車に設定。 埼京・川越線も直通運転開始に向けて、10月以降、弱冷房車が4号車から9号車に順次変更されます。

次の