農家の嫁ブログ。 農家のヨメのレシピブログ~enjoy vegetable~

Raitaiは農家と出会える婚活サイトです。

農家の嫁ブログ

こんにちは! 30代脱サラ農家の りょーです。 今日も農業に関する情報を わかりやすくご紹介します。 さて今回のテーマはというと 農家の嫁不足 についてです。 この言葉に「米不足か!」と ツッコみそうになってしまいますがw 実は現在日本の農業は 農家の跡継ぎ問題以外に 農家の嫁不足が問題の1つに なっています。 簡単に言ってしまえば、 農家を継ぐ人、始める人はいても 農家の嫁になってくれる人が 少ないってことですね。 僕自身も農家の身としては 何だか絶滅危惧種な気分ですが、 なぜ農家に嫁が来ないのでしょうか? そこで今回は 現役農家の 僕が農家の嫁不足の問題について なぜ嫁に来ないのか原因から対策を 考えてみたいと思います。 農家の嫁不足を現役農家が考察 ただでさえ人口減少に 少子高齢化が加速する日本。 誰もがどこか心に不安を抱えながら 生きている昨今、農家に関しては 農業人口の減少 に加え最近では、 農家の嫁不足という問題が出てきました。 最近では少しずつではありますが、 社会の在り方に疑問を持ち、• 農業や漁業といった自然を 生業とした職種に興味を持つ方• 農業を1から始めた方• 農業を継いだ方 が増えてきてる事は とても良い事ですが 受け継ぐ人が いないとなると日本の農業の衰退に 歯止めがかからないと感じています。 なぜ農家の職業に関して 嫁不足という言葉が出てきたのか? その原因に迫ってみたいと思います。 なぜ農家に嫁が来ないのか原因は? ゆったりの自由気ままな田舎暮らし。 緑に囲まれ、時間も忘れ ストレスフリーな農家の暮らし。 田舎暮らしを除いては 一見、問題点がなさそうな農業ですが なぜ農家に嫁が来ないのか? その理由をお得意のネットで 徹底的に探ってみたところ、 僕なりに結論を申し上げると 農家の嫁のイメージが悪いから になります。 ネット上で なぜ農家に嫁が来ないのか? を調べてみると農家の嫁になると• 男尊女卑• 家事・育児と農業の両立• 収入の不安定さ• 義理の両親との同居 といったケースに陥ることや 実際の農家の嫁なった女性の リアルな体験談として綴られています。 ネットがあれば若い人は すぐに情報収集ができる今の時代。 こういったネットの情報を受け止めつつ、 女農家の嫁として覚悟をもつ事はかなり勇気が 必要なことではないかと思います。 テレビを見ると• 都会がメイン• 今時、女子がリア充する様 農家に嫁が来ないは• 時代錯誤• メディア、ネットによる洗脳及び拡散 が主な原因ですが、 ぶっちゃけますとこのイメージ、 あながち間違ってません。 地方で農業を営む農家の多くが 今も昭和時代の風習が続いてるところが 大半なので噂ではなく事実であります。 時代は令和なのに昭和の在り方。 農家の嫁不足解消には 農業と言う職種のイメージを もっと身近にもっとリアルに 発信していく必要があるのではないか? と感じています。 嫁不足を解消する対策を考えてみた ここからは現役農家の 僕が農家の嫁不足を解消する為に 考えた対策になります。 あくまで個人的な意見ですので さらーっと読んでもらえたら幸いです。 ステップ1.農家の在り方改革 まずはじめに。 僕が農家の嫁不足を解決する為に やるべきこととして考えたのが 農家の在り方 です。 他の業種に比べ 農家の在り方は、働き方は かなり遅れていると思います。 農家の大半が• 男尊女卑• 義理の両親との同居• 嫁と二人三脚 といったあり方が多いので このイメージを払拭する 必要があります。 この昔ながらのあり方が 悪い訳ではありませんし、 別に全否定する訳ではありませんが、 真剣に農家の嫁を増やしたいのであれば、 女性が嫁にいきやすい環境を作る べきではないか?と思います。 例えば• 男女平等• 完全に別居• 農家の手伝いNG とかですね。 どうでしょう? 農家のイメージが 大きく変わらないでしょうか? うちはこうだからではなく、 大切な人に嫁に来てほしいから譲歩する! 本気でお嫁さんが欲しいのであれば 女性が農家の嫁になりたい!と思う、 メリットを作る必要があると 僕は思います。 ステップ2.農家の働き方改革 続いて対策は 農家の働き方改革 です。 これはすでにメディアでも 報じられているのでご存知の方も 多いと思いますが機械及びAIや IOTの導入ですね。 苗育成、定植• 温度管理、栽培管理• 収穫、出荷 等、今までは農業は 農家の経験と勘が重要なスキルでしたが、 時代が便利になってきたおかげで今では 農業の至る場面で数値化が可能になり栽培の 効率化、仕組化ができるようになりました。 昔ながらの経験や勘も必要ですが、 できるところは機械やネットに頼る。 アナログからデジタルへ! もっと1人1人の農家が新しい取り組みに 興味を持ち行動すれば、休みがないと 思われがちな農業も休みがありまくる 農業に変化していくのではないか? と思います。 ステップ3.行動、発信する 農業の嫁不足を解消する為に 農家のあり方・働き方を改革について お話ししましたが最後のステップは 農家自らの行動・発信 です。 僕自身、農業を始めて思ったのですが 多くの農家が農業以外の行動と 発信をしている人が少ない と感じています。 一体どういうことなのか?というと 本人は彼女や嫁が欲しいと思っていても、 そのために 行動・発信が0ということです。 友達と遊んだり、 お酒を飲みに行ったりするのに なぜか女性に出会う行動はなしw しかも相手任せで紹介をねだる。 結果、相性が合わなかったら諦め、 「いつか自分にふさわしい人が…」 とまた待ちぼうけ。 僕自身、「女子かっ!」と ツッコみたくなりますが、 これではいつまで経っても彼女、 いや、嫁なんてできるはずもありません。 嫁が欲しいなら自らで行動・発信すべきです。 今の時代、出会いなんてどうとでもなります。 リアルでは街コン、合コン、相席。 ネットでは出会い、婚活アプリ。 と幅広い出会いの場があるからこそ、 嫁不足を解消したいのであれば、リアル、 ネット関係なく女性と出会える場へ 足を運ぶべきだと思います。 多くの農家に足りない 出会いに対する行動と発信! この行動と発信を もっとプラスに動かす為にも 農家のあり方と働き方改革を 積極的に行っていきましょう。 農家のあり方が変われば、 女性の受け止め方が変わります。 農家の働き方が変われば、 時間ができ家族との時間が増えます。 行動・発信をすれば全てが変わっていきます。 と僕は思います。 終わり。 まとめ 農家の嫁不足をについて まとめてみましたがいかがでしたか。 現役農家の僕が僕なりに 原因を探り対策を考えてみました。 農家はその他の業界に遅れ、 何もかもが遅れている気がしますが 時代は刻一刻と変化しています。 大事な点は残しつつも、 悪い点は消していく。 昔は良かった!を よく先輩農家さんから聞きますが、 今は僕らが時代の中心です。 じゃんじゃん変えていきましょう! イメージをぶっ壊す、これ大事。 今回の農家の嫁不足について 簡単にまとめると ・嫁が来ないのは農家のイメージが悪いから ・対策は農家の在り方、働き方の改革、行動と発信 になります。 農業に関する疑問やお悩み、 その他ご質問・コメント等が ありましたらお気軽に下記よりご連絡ください。 最後までお読み頂きありがとうございました。

次の

【遠回しに殺しに来てる高カロリー?】農家の嫁が作った朝ご飯

農家の嫁ブログ

先日の(昨日の日記の)雨を機に雪解けが一気にすすみました。 雪があれよあれよと解けだしてあたりは雪解け水であふれています。 その雪解け水は沢に集まり、川に集まり、その水は濁ってゴーゴーと流れます。 そんな雪解けの沢や川を見ていたら、ふと、どうしているのかな、と思いました。 道端で立ち話をしたTさんとも、こんなに川の流れがすごかったら、あっちからこっちには渡れないよね、このところ時々渡ってきていたのに、そんな話しもしたりしました。 山にはいろいろな生き物がいて、彼らは毎日ちゃんと水を飲まなくちゃいけないみたい。 でもきっといい方法があるに違いない、とも思いました。 あるかわからないとっておきの場所に、ちょっと胸が躍りました。 先日はあたたかいお帰りなさいのコメントをたくさんありがとうございました。 お恥ずかしいやら、恐縮やら。 その話やいろいろな人はだんだんに見えてくるかもしれませんが、いずれそんな三年間で知り合った人のところへ先日は朝からお邪魔。 お豆腐とりへえんやこら。 お豆腐は、以前は食べるだけたったものが(親に食べさせてもらうもの)、買うもの(自分でお店にいって)になり、もらうもの(近所のお豆腐とりの人からのおすそ分け)となり、そして今はとるのを手伝いにいくものになりました。 わーい! もちろん大した手伝いはちっともできていないのですが、幸せだなぁ、と思います。 美味しいお豆腐と、大好きな豆腐とり名人と。 タプン、タプン。 三年間のお休みを満喫しました。 三年ぶりの絵日記は町の小さな食堂から。 また絵日記載せようかと思っています。 三年間で変わったのは、目がうんと歳をとり、絵を描くペンの先が太くないとツライなーと思うようになったこと、パソコンの作業も目が痛くなるなーと思うようになったこと。 でも時々こうして絵を描くのは、きっと私の人生を楽しくする、ハズ。 昨日までまた絵日記を描くかどうするか迷っていたけれど、昨日急にそう思って三年ぶりにまた絵を一枚描きました。 というわけで、北国の山の中からまたどうぞ4649。 ときどき、どうぞご贔屓に。 ちなみに私の向かいに座っている方は、横にある身長計に載ろうか載らないか迷っているところ。 (結局載らず)。 昭和の学校を模した施設、食堂なのです。 とはいえ、ハウスの中はワサビの花芽がぐんぐんと伸びだし緑一杯、一足早い春のよう。 そこで最近はワサビの収穫や今夏用のワサビの種まき、また、牛のお産の準備などをしています。 さて、先日からここを終わりにすることにして、お知らせしていました。 その中で、今後の居場所について保留にしていたように思います。 リアルな世界ではもちろんこれからも変わらず釜津田にいますが、一方で、情報発信の場としては次の二か所を考えています。 ひとつは、「立ち読み処ちゃこ」関連。 もうひとつは、これまでの写真などを整理するための個人サイト。 どちらも今までとは異なる性質の場所ですが、何かの時にはそちらで連絡がとれると思っています。 アドレスは以下です。 ラジオ(そうそう、今日久しぶりにお邪魔します)や、ときどき書かせていただいている文章などのお知らせは二番目の個人サイトの方ですることにしていきたいと思っています。 先日も沢山のメッセージをいただき、とてもうれしく、ありがたく思っていました。 今後は私自身少しインターネット離れをしようと思っているので、通常のメールとアナログなお手紙を大事にしたいなと思っています(このご時世に!)。 「ちゃこ」では本を通じた交流ができたらな、とも思っていて、そこでは「お手紙(はがきかも)」での定期的な季節のおたよりができたらいいなと考えています(決まったら、それは「ちゃこ」のページで)。 あとはツイッターでそれらの更新情報が流れますが、実は私はあまりツイッターを使いこなせなくて、情報が流れるだけでおわりです。 無事軌道にのったならば、三年後の三月三日にまたここに戻ります。 のらなくても、一度必ず戻ります、ね。 (このサイトはそれまでここに残しておきます。 ) では!LOVE! そして初収穫。 この日の収穫は実はこれでおしまい。 出荷用の単位には遠くおよばず、まずは自家用にしょうゆ漬けにし、あっという間になくなってしまいました(笑)。 植え付け時期(11月)にも書いたかもしれませんが、今年は苗の準備があまりよくなく成長もいまいちバラバラで、まとまった収穫にはまだ少し時間がかかりそうです。 ただ、出はじめた花芽はやっぱりかわいい。 毎日ハウスをのぞくのもぐんと楽しみ度が増してきています。 一方、最近はこんなことの練習もしています。 指に絆創膏・・・はおいておいて、こうして、 こうして、それからあぁしてこっちをこうして・・・完成写真がないのですが、牛のオモヅラ=頭絡(とうらく)づくりです(鼻にかけて頭の後ろでとめ、牛の繋留に使うものです)。 おばさんながら牛飼いの「女子会」に入れてもらっているのですが、そこでいまこの頭絡づくりが大ブーム中なのです。 みんなは勉強会をしたのですが、私は行けなかったので義父に教わり、練習中。 調子に乗って犬の頭絡とかぬいぐるみの頭絡をつくったりとても面白いのですが、あちこちにロープがころがり家はなんだか怪しい様相です。 そして外は天気よく(風が出ると寒いです)、 わが家にはキリンが現れました。 ニョキッ。 アップ! あぁ、キリンに会いにいきたいなぁ。 できれば野性の子に、な気持ち。 ちなみにこの子には当面「ちゃこ」の看板キリンになってもらおうと思っています。 どこからどうみても完全に手狭なスペースなのに、いったいどこにいてもらうのか(笑)。 さて、おしまいに。 長いこと真剣に考えてきたことなのですが、ブログの定期更新をそろそろおしまいにしようかな、と思っています。 ブログをはじめたころ(もう十年以上も前ですね)は、インターネットはまだめずらしく(こちらの回線は早くてもISDNでした)地方からの情報発信もまだ少ない時代でした。 その中で私はいい機会にいくつか恵まれ、また、いい読者の方にたくさん恵まれ、充実した時をここで過ごさせてもらったように思います。 ブログとともにある毎日は楽しく私を大きく支えてきてくれました。 ただ、この頃はそうした情報発信はごくあたりまえのものとなり、地域からの声もインターネット上にはたくさんあふれるようになりました。 時代はかわったな、と思います。 また、そんな流れのなかでふと、そういえばもう長くゆっくりと自分のためにものを見たり考えたりすることをしなくなっていたなぁと思うようになりました(年~?!(笑))。 ここは少しゆっくりと。 そんな時期だと決めました。 ここで知り合い、ここでしか連絡を取り合えない方もいます。 そうした方とは別の連絡方法をみつけていけたらと思っています。 これまで放置状態だったHPのリニューアルを考えているので、そちらのお知らせなどもどこかでできればと思っています。 あと、今月のでお会いできる方は、楽しみにしています。 最後に、ここを長く楽しみにしてくれ、そして一番の動機の源だった実家へは電話をもう少しまめに入れたいと思います。 そもそもそうであるべきでしたよね(笑)。 今日から二月。 北国の山の中では、まずは確定申告、それからワサビの収穫・出荷。 それから月末には牛のお産の季節です。 楽しかった一月の思い出を胸に、また沢山ガンバルゾ!と思っています。 ちょっとずつ成長しています。 いろいろと本当に感謝しています。 また、沢山のコメントもありがとうございました。 どれも拝読させていただき、あたたかな気持になりうれしかったり、と同時に恐縮したりしています。 みなさんからの応援の分も、これからもまた頑張っていけたらなとあらためて思っています。 このサイトは今月いっぱいはこのままにしておきますが、その後、時期をみて非公開にするつもりです。 次の行き先などはその時にご連絡できたらいいな、と思っています。 すっとん、とご報告が遅れましたが、先日旅に出てきました。 恒例の(?)冬の小さな旅企画です。 例年は近場ですませることが多いのですが、今年は思い立って思い切って身銭切って(当然ですが)本州をえいと縦断、西日本方面へ行ってきました。 行ったのは岡山、京都。 実はそこに縁のある牛がそれぞれいるのです。 ひとつは数年前にわが家からお嫁にいった短角牛(生体)。 もうひとつは数年前にわが家からお嫁にいった短角牛・・・の木彫。 地域や農家の周辺には今もいろいろな交流があるのですが、数年前もそんな交流が盛んだった時期。 いろいろなめぐりあわせの中、牛を介したつながりがちょこっとずつでもあったのです。 そうして行った今回の先々では、おかげさまでとてもいい再会ができました。 それぞれの牛に加え、岡山で短角牛に目をつけてくれたTさんと再会(あわせて牛の世話をしてくれているKさんと初対面)。 京都では肉をあらゆる意味で大切にしてくれている焼き肉屋さんのK社長と再会。 各夜や朝や途中には、観光要素もしっかり、ちゃっかり。 再会にしても牛にしても道中観光にしても、それぞれに「へ~!」や「すごい!」、「なんのこっちゃ~!」な物や話を実際に見たり直接に聞いたり、本当にとてもいい旅でした。 ちなみに、つながりのはじめは「数年前」と書きましたが、それぞれ話をしているうちに「数年前」というよりは「十年前」に近いことが判明。 月日が経つのは早いけれど、月日が経ってまためぐりあう楽しみもあるんだなぁ、となんだかおかしく、そしてこれからのこともまたおもしろくなりました。 絵はいつもより少し大きめにアップしています。 クリックすると大きく見れると思います。 他人の旅路は時に「???」なものですが、目下大盤振る舞いで楽しかった思い出の押し売りしているところです。 色を添えるは案内してもらったT田さん。 石垣と牛がよく似合うことがとても新鮮。 いろいろなことを考えました。 さすが南国(稲作適地)。 贅沢~。 特別に短角牛肉も含めた食べ比べができる盛り合わせにしていただきました。 ここがまた素敵でした。 食育だけでなく肉の職人を育成するプログラムが独特です(二つ上の厨房の画像は職人さんのデモンストレーションと仕事の場)。 下の大きい方はとてもレアものなんですよー。 お店の前に大事に飾っていただいて、こちらも元気にしていました。 岡山・高梁市の短角牛の放牧については「山地畜産」で、南山さんや南山さんのミートカレッジについては店名および「ミートカレッジ・ギューテロワール」で検索すると詳しくて正しい情報が集まると思います。 気になる方がいましたら。 また、南山さんのギューテロワールは一般公開もしているそうなので、近くにおいでの方はぜひ。 興奮しますわ!(私だけ?) 久々更新。 ただし寒さは確かにうんとやってきて、牛舎の水が凍ったり、ガラス戸が凍り付いて開かなくなったり。 久しぶりの「冬の寒さ」を感じる週末になりました(ちなみに気温は氷点下9度(朝)くらい。 思ったよりは低くないなぁという感じなのですが)。 さて、そんな中、今年も凍み大根の仕込みをしました。 まずは畑に埋めておいた大根を雪をかきわけて掘り出し、一本一本四つ割りに。 例年20本前後の大根を使いますが、いつも少し足りないなと思うことがあるので今年は五本増やして25本を使いました。 親せきや知り合いにわけてもいいし、多めに作れるのは幸せなこと。 そして、割った大根を一度ゆでてからとりだし、ひもに通します。 作業時間的にはこのゆで時間によって、気分が大分違います。 薪ストーブに大なべをかけてゆでますが、火がよくてすぐに茹で上がれば効率よくすすみ、一方火が弱いと時間ばかりかかってはかどらず・・・ということで、今年はケチらず(?)にいい薪をきちんと使いてきぱきと。 ムズカシイ(笑))。 できあがりはこんな感じ。 そして流水へ。 流水に浸けるのは、あく抜きとか、色を白くするとか、いろいろ言われます。 漬ける時間は家それぞれで、わが家では一日か二日で上げてしましますが、数日くらいかける人も。 それぞれの「いつものやり方」が好まれるのかな、という感じです。 そしてその横で、福さんは独自の世界。 ナニサガシテルノ? 一方人も、しばし凍み大根を忘れ楽しい食卓。 左から早採りワカメのしゃぶしゃぶ、凍み豆腐のお味噌汁、ワサビの粕漬け。 それぞれこちらの季節らしい食材で目がぱっとさめる幸せ感。 そうこうしているうちに寒波が続き、仕込みからも二日たち、水から取り出そうと大根を見に行くと・・・ これは寒波のせいというよりは、水の流れが少し弱くなっていたところを寒波が見逃さなかった、という感じなのですが、氷の下の大根を取り出すのは簡単そうで実はなかなか大変でした。 思いがけない落とし穴。 それでもなんとかひとつひとつを分解(?)し、いつもの物干しへ。 これで二、三週間ほどで凍み大根ができてくるかな、と思います。 寒波の中、こちらは一時雪がちらつきはするものの、快晴の時間の方が多いです。 でも、お日さまの下でも雪が解けることはなく、むしろ雪を氷の粉にし、キラキラと輝かせています。 凍み大根もキラキラ。 話は変わりますが、来月東京へ行くとことになりました。 もし興味がある方がいましたら。 こうした明るいところへ顔を出すのは一生に一度と決めておりますが、行くからには頑張らねば、と思っています。 それから、今週は少し出かける予定です。 ちょっと楽しみなプチ旅行です。 ソノハナシハマタ。 今朝の気温は氷点下6度くらい。 日中ーつまり現在の気温は氷点下5度。 実に安定低温、凍み大根や凍み豆腐を作る時期としてはいい感じです(笑)。 さて、そんな中、裏の小屋では連日チェンソーの音が続いています。 山の仕事の合間を使って、小屋の片づけ&チェンソー遊び(?)シーズン到来? なにやらちょっと可愛い感じ。 毎年、新年にあわせて作る干支ものみたい。 年末に知り合い用にひとつ作ったのですが、やっと家用もできました。 末広がりな足の立ち方が密かなポイント(か?)。 じゃじゃん!と丸太の本だなです。 ふふー。 積み重ねたり、並べたりして楽しく使えたらなぁ、と思っています。 目下玄関で乾燥中。 すっかり乾くまで時間がかかりますが、使える日をとても楽しみにしています。 ちなみに「ちゃこ」の情報をFBページに残しています()。 基本的には地域の人対象なのですが、気にかけてくれる方がいらっしゃるのでその方たち用に。 時にはアドバイスなどもいただけたらうれしいです。 TAAさんはその他、頼まれてもなかなか作れずにいたものをコツコツと作り始っているみたいですがどこまでできるか。 ただ、丸太も知り合いが好意で持ってきてくれたものも沢山あるので、なんとかものにしたいと俄然やる気になっているよう。 TAAさんは今年年男。 なにやらいつものやる気加減が違うみたいです・・・よ! 私は福といっしょにたまにのぞきに行っては冷やかして、のんびりと過ごしています。 ワサビはまだもう少し。 その前に凍み大根を作らなくちゃなと思っています。

次の

【遠回しに殺しに来てる高カロリー?】農家の嫁が作った朝ご飯

農家の嫁ブログ

今日は気温はあまり上がらず、過ごしやすい一日でした。 「ふじ」の袋かけをやっていますが、ようやく終盤を迎えました。 今年は昨年よりも着果状態が良く、9割以上中心果が残りました。 中果枝が多く、全体的に良い状態です。 支柱入れや下がった枝を紐で吊り上げたりしながらやっていました。 また、剪定が下手で、枝が高くなっているところは、紐で引っ張って下げて、重なっている枝も紐で吊り上げてお日様が当たる様に、作業しやすいように調整しています。 切ってしまえばそれまでで、それを空いている空間に引っ張る。 これで作業がしやすく、日が当たらない枝を日当たり良くして、葉っぱの光合成が良くなる。 午後6時半、ようやく終了。 「ふじ」にかかった... ようやく袋かけ終了袋かけ終了 「花・園芸ブログ」 カテゴリー一覧 参加人数順•

次の