イオン銀行 口コミ。 イオン銀行住宅ローンの口コミ評判や金利や審査基準の厳しさ比較

イオン銀行は評判・口コミ通りなのか?悪い側面まで赤裸々に公開!メリット・デメリットを徹底解説

イオン銀行 口コミ

銀行預金 2019. 23 2020. 10 管理人 イオン銀行の評判は最悪?口座開設には年会費無料のイオンカードセレクト発行が必要 筆者も口座を保有しているイオン銀行の口コミです。 イオン銀行は、年会費無料のイオンカードセレクトを発行することで口座開設ができます。 なお、筆者は銀行口座は幅広く保有するタイプで、メガバンクやネット銀行など、さまざまな銀行に口座を保有しています。 理由は簡単で、銀行が破綻した場合、預金保護法という法律で元本1000万円とその利息までしか保証されないので、資産を分散して保有しておきたいからです。 イオン銀行に関していえば、ステージをあげると普通預金金利が0. イオン銀行の良い口コミや評判 いつの間にかイオン銀行の普通預金金利が1番良くなってる 定期より良いってどーゆーことよ プラチナステージだと年利0. 上記を踏まえて、改めて筆者が感じるイオン銀行のメリットとデメリットをまとめてみました。 イオン銀行のメリット イオン銀行には色々とメリットがありますが、まとめると以下の通りです。 イオン銀行のメリット• 普通預金の金利が高い(最大年0. イオンやミニストップ、ダイエーなどにATMあり• 365日24時間ATM手数料無料(全国6000台以上)• 他行ATM入出金が最大5回無料• 他行宛振込手数料が最大5回無料• WealthNavi for イオン銀行がある• iDecoがある• イオンモールの銀行店舗は夜9時まで営業• WAONを貯めたい人にはおすすめ イオン銀行の普通預金金利は楽天銀行よりも高い イオン銀行の最大の特徴は、この普通預金金利の高さにあると言えるでしょう。 一定の条件をクリアしてステージが「プラチナステージ」になれば、普通預金金利が0. 15%になります。 プラチナステージになるには、インターネットバンキングの登録であったり、イオンカードセレクト の利用金額であったり、電子マネーWAONの利用金額であったり色々な条件が必要です。 一方で、GMOあおぞらネット銀行はGMOクリック証券と連携するだけで普通預金金利が0. 普通預金金利重視ならGMOあおぞらネット銀行 GMOあおぞらネット銀行は、GMOあおぞらネット銀行単体で利用してもそこまでのメリットは得られませんが、GMOクリック証券と同時に口座開設をすることで、証券コネクト口座を利用できます。 も口座開設は無料で口座維持手数料はかかりませんので、特に使わなくても手数料はかかりませんし、投資信託や株、外貨預金なども将来的に検討したい方などには良いでしょう。 楽天スーパーポイントを貯めるなら楽天銀行 他にも、楽天銀行は楽天証券とマネーブリッジで連携するだけで普通預金金利が0. 楽天スーパーポイントも貯まりやすくなりますので、例えば楽天ポイントを貯めている方や楽天市場を利用されている方、すでに楽天証券を保有している方にはもおすすめです。 ロボアドバイザーのWealthNavi for イオン銀行とは また、イオン銀行はロボアドバイザーのWealthNavi for イオン銀行を提供しています。 ロボアドバイザーは、お金を入金して資産運用プランを選択するだけで、あとは完全にお任せの資産運用を行なってくれるサービスです。 もともと筆者はWealthNaviの本家の方で口座開設をして資産運用を行なっていました。 資金を入金するだけで、米国株・日欧株・新興国株・米国債券・金・不動産・現金に国際分散投資をしてくれて、資産ポートフィリオなども勝手にリバランスしてくれます。 イオン銀行に口座開設しておけば、別途ウェルスナビの公式サイトから口座開設をせずともロボアドバイザーの利用が可能です。 ただし、WealthNavi for イオン銀行の場合は、公式サイトからのウェルスナビとは異なり、長期的な手数料割引がなかったりします。 そのため、ロボアドバイザー単体を利用することを検討するのであれば、ウェルスナビの公式サイトから申し込むのがおすすめではあります。 イオン銀行の口座開設方法(無料) イオン銀行の口座開設方法はとても簡単です。 まずはこちらからに移動します。 その後、「イオン銀行に口座を開設する(無料)」ボタンをクリックします。 そうするとお申し込みカードの選択画面に移りますので、好きなカードを選択します。 イオンカードセレクトを選択すると、イオンカードセレクトの保有状況などの確認画面に移ります。 こちらでクリックしていって画面の通りに進んでいくと、イオンカードセレクトの申し込み画面に移ります。 お申し込みにあたっては運転免許証が必要になりますので、お手元に用意して申し込みを進めると、申し込み情報を元に審査が行われます。 無事審査に通過すると、後日イオンカードセレクトが自宅に届きます。 イオン銀行の口座開設はネットだけで完結しますのでとても簡単です。 高い普通預金金利を得たいと考えている方は、イオン銀行の口座開設(イオンカードセレクトの発行)を検討されてみても良いのではないでしょうか。

次の

イオン銀行の口コミ・評判 | みん評

イオン銀行 口コミ

NISA口座で投資した商品の利益が全額非課税になる• 非課税になるのは年間120万円で合計600万円まで• NISA口座は1人1口座• 好きな金融機関を選べる NISAとは 少額投資非課税制度のことで、年間120万円までは投資分から発生した利益が非課税になり、一切税金がかからない制度です。 投資金額は限られますが、全額非課税になるメリットは大きくぜひ活用したい制度です。 NISA口座は 1人1口座となっていて、好きな金融機関でNISA口座を開設することができます。 毎年非課税投資枠を120万円ずつ使うことができ、5年間非課税期間があるため、最大で600万円まで投資した金額の利益が非課税になる制度です。 たくさん投資をしている人ならともかく、一般的な家庭であれば投資額のほとんどを非課税にすることができ、非常にお得な制度です。 普通に投資をした場合、利益が出た分だけ税金がかかることを考えると 利用しないと損な制度です。 イオン銀行のNISA口座で投資できる商品• イオン銀行のNISAでは投資信託が取引可能• 取扱銘柄は240銘柄超• 1万円から投資可能• 1,000円からできる積立投資も可能 イオン銀行のNISAでは投資信託が取引可能 NISAの口座は銀行や証券会社で開設することができ、それぞれの金融機関で投資できる商品が決まっています。 イオン銀行では 投資信託を取引することができます。 取扱銘柄は240銘柄超 イオン銀行の投資信託の取り扱い銘柄は 240銘柄超となっており、主だった投資対象には投資ができる状況になっています。 240銘柄以上の投資信託が取引できるのは、銀行では トップ水準の品揃えになっています ただし、株には投資できませんので、株に投資したい場合には証券会社の口座が必要になります。 最新のイオン銀行の取扱銘柄の一覧はこちらで確認することができます。 個人的な意見ではありますが、最初は 日経平均や TOPIXなど、代表的な指標と連動するインデックスファンドが、わかりやすく、信託報酬など保有中のコストも安く利益が出やすいのでおすすめです。 1万円から投資が可能 イオン銀行の投資信託は 1万円から投資することができます。 1万円以上1円単位で投資可能になっていて、毎月口座から引き落としで投資信託を購入する「 積立投資」の設定をすると1,000円以上1,000円単位で取引することができます。 証券会社でも投信の積立投資は可能ですが、銀行口座からの引き落としになる分、 イオン銀行で投信積立をした方が便利といえます。 小口で投資することが可能になっていますし、貯金感覚で投資信託が取引できる積立投資にも対応しているので、毎月 コツコツと投資することもできて便利です。 イオン銀行のNISA口座のメリット• 買付手数料がポイントバックされ実質手数料無料• 投資信託売却時には手数料からないため、 実質手数料無料で取引することができます。 上述した通りにNISA口座なら発生した利益は非課税となり、全額自分の手に入りますので、 値上がりした分はすべて自分の利益にすることができます。 店舗は夜も営業していて便利 またイオン銀行の店舗は 365日営業しており、どの店舗も 夜の9時ぐらいまで営業しています。 そのため生活圏内にイオンがあれば買い物のついでなどに気軽にイオン銀行の店舗で相談することができます。 予約をする必要もないので気が向いた時に行ける便利さがあります。 完全なネット銀行やネット証券だと店舗で相談するということができないので、初めて投資商品を取引する場合やいろいろと対面で相談や説明を受けたい人にはイオン銀行は最適です。 イオン銀行のNISA関連キャンペーン イオン銀行でNISA口座を開設すると、ポイントがもらえるなどのお得な特典がある キャンペーンを随時実施しています。 以前はNISA口座を申し込みした人すべてに 1,000WAONポイントをプレゼントしたり、 住民票の取得代行をしてくれるキャンペーンを実施していました。 キャンペーンは随時実施されていますので、お得なキャンペーンがあるときを狙ってNISA口座を開設すると良いですね。 なお、イオン銀行でNISA口座を開設するにはイオン銀行の口座を作る必要があります。 まずは投資信託の取引をしたい人• 店舗で相談したい人• イオンが近くにある人• 初めてNISAで取引をする人 このようにイオン銀行のNISA口座では 豊富な投資信託を実質 手数料無料で取引ができ、イオン銀行の 店舗で相談することもできます。 ネット証券などでは株が取引できて、投資信託もより多くの銘柄に投資することが可能ですが、 株は怖いので投資信託を取引したい人や 店舗で相談したい人はイオン銀行が向いているといえます。 そういう意味で イオンが近くにある人もイオン銀行でNISA口座を開設すると、色々と相談できるので便利です。 初めてNISAで取引をする人や、まずは株式取引ではなく投資信託のみで運用してみたい人はイオン銀行のNISAがおすすめです。 イオン銀行のNISA口座を開設する方法.

次の

イオン銀行のiDeCoはおすすめ?メリットや口コミ・手数料を解説

イオン銀行 口コミ

イオン銀行とメガバンクを比較すると、100万円ずつ毎年預けたとすると、10年で5万円弱、20年で 19万円以上、貯金額に差が出ることになりますので、少しでも金利は高いところに早く預けるのが良いです。 普通預金の金利はあらかじめ決まっているので、使ってみて全然違ったなんてこともなく、みなさん満足して使われています。 (当サイトにもたまにお礼のメッセージを頂いたりします。 ) 本当の効果がわかるのは10年後、20年後かもしれませんが、一番金利の高い普通預金に預けているというのはやはり気分が良く、「 損してるんじゃないか?」という気持ちになることもなく良いものです。 イオン銀行といえばやはり普通預金金利です。 これについては悪くいう人はおらず、良い評判ばかりが入ってきます。 優遇金利を受けるにはイオンカードセレクトが必須 1点、イオン銀行で優遇金利を受けるには、 イオンカードセレクトを持っている必要があります。 イオンカードセレクトはイオンカードと電子マネーのWAON、イオン銀行キャッシュカードが一つになったカードです。 イオン銀行のカードとして見ると、クレジット機能付きのキャッシュカードといえます。 イオン銀行の利用者は必ず持っておきたいカードです。 なお、イオン銀行の普通預金金利は優遇金利が適用されると、定期預金金利よりも普通預金金利が高いというありえない状況になっています。 なので、イオン銀行に口座開設したら、定期預金は何か特別なキャンペーンが行われていない限り組んではいけません。 イオン銀行で唯一普通預金金利よりも高い預金は、 積立式定期預金という商品があります。 イオン銀行の悪い評判 使えるATMが少ない? 一方でイオン銀行は良い点ばかりではなく、 悪い評判もあります。 まずは使える ATMの種類が少なく、お金を下ろす時などに苦労するという点です。 ただし、これはネット上などで言われているほど今は苦労することがありません。 イオン銀行は銀行としては最後発のため、開行当時はイオン銀行ATMくらいしか入出金ができなかったので、たしかに入出金できる場所は少なかったです。 それでも、今ではゆうちょ銀行ATM、三菱UFJ銀行ATM、みずほ銀行ATM、三井住友銀行ATM、コンビニATMのイーネットATM、ローソンATM、JRのビューアルッテATMなどで利用できるので、街中の多くの場所で入出金ができます。 ゆうちょ銀行ATM、三菱UFJ銀行ATM、みずほ銀行ATMでは 手数料無料で入出金することもできます。 イオン銀行は普通預金金利最強の銀行• 低金利で特典が多い住宅ローンの評判も良い• 振込手数料の無料利用回数がない イオン銀行で評判が良いのは何と言っても 普通預金金利の高さです。 いつでも出し入れできる普通預金の金利が高いのは、使い勝手も良く最高です。 以前は入出金できるATMが少ないとか、振込手数料が高いなどの悪い評判もありましたが、利用できるATMは多いですし、振込手数料も実質的に無料にする方法があります。 サービスはどんどん改善しているので、多少不満があっても「 良くなっていく銀行を利用する」という観点でもイオン銀行は良いと思います。 ネット銀行を比較している当サイトとしても、イオン銀行はおすすめの銀行ですので、 預金金利が高い銀行を使いたい人はぜひイオン銀行を利用してみてくださいね。 なお、何度か触れましたがイオン銀行で金利の優遇を受けるためには、クレジット機能付きキャッシュカードとなる イオンカードセレクトを持っている必要があります。 イオン銀行の口座と 同時申し込みすることもできますので、これからイオン銀行の口座開設をする人はイオンカードセレクトとの同時申し込みがおすすめです。 本記事以外にも当サイトではネット銀行選びに役立つ情報や活用方法を紹介していますので、ぜひから気になるページをご覧ください。 当サイトのおすすめネット銀行.

次の