ハンカチ マスク 作り方 簡単。 【動画付】ハンカチマスクの作り方!簡単縫わないマスクカバー

簡単!ハンカチマスクの作り方

ハンカチ マスク 作り方 簡単

こんにちは! 好奇心も食欲も旺盛な50代主婦、ハルメク子です。 新型コロナウイルスの影響もあり、マスク不足が深刻ですね……。 どこのお店に行っても、使い捨てマスクや布マスクは売り切ればかり。 お裁縫が苦手な私も、ハンドメイドに挑戦しようと思ったけれど、手作りマスク材料のガーゼ生地やゴムひも自体が買えない状況。 一体どうすればいいのー!? そんなボヤキを友人に伝えたら「裁縫ができなくても、すごく簡単にマスクを作れる方法がある」と言われ、「ハンカチマスクの作り方」を教えてもらいました。 ハンカチマスク? 一体どんなものなのでしょうか? 10秒でOK!ハンカチとヘアゴムで簡単にマスクが作れる 「ハンカチマスク」とは文字通り、ハンカチで手軽に作れるマスクのこと。 縫わなくてもOKで、慣れれば10秒足らずで作れるというから驚き。 これなら裁縫が苦手な私にピッタリだわ! 早速、材料と作り方を紹介します! ハンカチマスクの材料 ・ハンカチ1枚(綿素材で、50cm四方程度の大きさのものがおすすめ) ・ヘアゴム2本(柔らかい大きめなゴムなど選ぶと、使用中に耳が痛くなりにくい) ハンカチマスクの作り方 1 ハンカチを広げ、半分に折る 2 1のハンカチを、さらに半分の大きさに折る 3 3等分の幅の位置を目安に、左右からゴムを通す (作りたいマスクの大きさを目安とし、ゴムの位置を調整するとよい) 4 両端をゴムの位置で折る 5 顔にフィットするように、マスクの縦横幅を調整すれば完成。 折りたたむサイズを調整すれば、老若男女かかわらずフィットします。 選ぶハンカチの色や柄で雰囲気が変わります。 折りたたむ際に、反対側の折り込みに部分にはさみ込めば、よりスッキリ収まります。 「ハンカチマスクの作り方」いかがでしたか? え……こんなに簡単にハンカチマスクって作れるの!? と思われたのではないでしょうか。 しかも見た目は結構ナチュラル。 白いハンカチで作れば通常のマスクのようなので違和感がないし、好みの柄のハンカチで作ってマスクファッションを楽しむのも、気持ちをポジティブにしてくれるのでおすすめです! また、ハンカチなら毎日簡単に洗濯機で洗えるので、清潔感をキープできる点もうれしいかぎり。 ハンカチマスクは簡易的な物で医療用ではありませんが、マスクの代用品として日常使いでは活躍しそうですね。 知ってるようで実は知らない? 参照:.

次の

マスクをハンカチで手作りする方法、縫わない簡単な作り方

ハンカチ マスク 作り方 簡単

しっかり手洗いをして、作業台もアルコール消毒をしてから材料を準備しましょう。 【2】ハンカチの準備 使用するハンカチの大きさは 40㎝ぐらいのものがオススメです。 厚い布だと作りにくく、見ためが悪くなります。。 30センチぐらいの小さめハンカチの使い方は下で紹介しています。 現在作成中です まず、 ハンカチ 手ぬぐい をマスクの縦の大きさに合わせて折ります。 縦33㎝の手ぬぐいの場合、3つ折りに折るとちょうど良い大きさになりました。 【3】マスクにハンカチをセットする 先ほど折った ハンカチ 手ぬぐい をマスクの上に置きます。 ハンカチの真ん中に マスクが来るようにします。 ハンカチの大きさがマスクよりも大きいと、うまくハンカチがマスクに巻くことができないため、マスクの大きさとぴったりぐらいに調節してください。 ハンカチの柄に向きがある場合、マスクと向きを合わせて置きましょう。 左右のハンカチ 手ぬぐい の先端を、 ゴムひもの中を通るように入れます。 ハンカチとマスクを一緒に裏返し、 ハンカチをマスクの端のところで内側に折り曲げます。 折り曲げた布はヒラヒラしているので、 片方のハンカチの中に入れて整えます。 【4】完成!! あっという間に完成です。 顔に装着して 鼻部分のワイヤーをキュッと押さえて顔にフィットさせましょう。 付け心地は布の分少し重みはありますが、大きめのガーゼマスクをしているような感じがします。 中に不織布マスクがあるので、花粉やウイルスからしっかりガードしてくれます。 使用後は、ハンカチの大きな面には花粉やウイルスが付着している可能性があるので、 端を持ってハンカチ 手ぬぐい を外して洗濯しましょう。 マスクのゴムひもが壊れるまで 繰り返しマスクを使用することができます。 外出する時は、 ビニール袋に新しいハンカチを入れて途中を交換するとより衛生的になります。 使用したハンカチはビニール袋に入れて、しっかり口を縛りましょう 使い捨て不織布マスクが手に入りにくい状況時に、とても便利で楽に節約マスクを作ることができます。 次は、30㎝ぐらいの小さめのハンカチマスクの作り方の紹介です。 小さいハンカチ版マスクカバーの作り方 30㎝ぐらいのハンカチ版 小さいハンカチを使った再利用可能のマスクカバーの作り方です。 30㎝ぐらいのハンカチの場合、不織布マスクの大きさに対して少し小さいので、作り方が少し違います。 40㎝ぐらいのハンカチがない時は、こちらの使い方を参考にしてください。 材料 ・平たい使い捨てマスク 立体マスク不可 ・ハンカチ 大きさ40センチ未満 小さいハンカチ不織布マスクカバーの作り方動画! 【1】作業前の消毒 最初に手と作業台の消毒をします。 しっかり手洗いをして、作業台もアルコール消毒をしてから材料を準備しましょう。 ハンカチがしわだらけの場合はアイロンをかけておくと見ためがきれいです。 【2】ハンカチの準備 ハンカチを 斜めに置きます。 横幅を長くとりたいので、斜めに使います。 ハンカチの下の方を、 マスクの縦の大きさに合わせて折ります。 だいたい下から三分の一ぐらいの所です。 マスクの大きさにより、折る位置が違います。 上の部分は残しておきます。 【3】マスクにハンカチをセットする ハンカチの下の部分とマスクの下の部分を合わせて、ハンカチの上にマスクを置きます。 ハンカチの上の部分を折ります。 上の部分でマスクを挟むことで、ハンカチをずれにくくします。 ハンカチの左右の端を折り曲げます。 マスクのゴムひもの中を通るように折り曲げましょう。 ハンカチの長さに余裕があれば、ヒラヒラしないように片方のハンカチの中に入れましょう。 短くて入れることが難しい場合は、マスクを顔に着ける時に手で押さえます。 【4】完成!! 形を整えて、ハンカチマスクの完成です! ハンカチの長さが短いため、端がヒラヒラしてしまいます。 顔に着ける時はハンカチを押さえながらつけましょう。 顔とマスクの 隙間を無くすために、鼻の部分を押してフィットさせます。 綿100%のハンカチを使うと、肌触りが良いので気持ち良いです。 ハンカチのマスクカバーの部分を洗濯すれば、使い捨てマスク部分は捨てることなく使用可能です。 マスクからハンカチマスクカバーを取り外す時は、花粉やウイルスが手につかないように、ハンカチの端をつまみましょう。 外出時は ビニール袋に新しいハンカチを入れておけば、定期的に交換でき、衛生的にマスクを使用できます。 使用したハンカチはビニール袋に入れ、口をしばって持ち運びましょう マスク不足の状況で、使い捨てマスクを捨てる時に気が引ける!という時は、このハンカチマスクを使うと気兼ねなくマスクを使用できます。 アマゾン Amazon や楽天の通販サイトでもマスクが買えた!在庫ありの店や予約販売 また、アマゾン Amazon や楽天などでも時々販売されています!法律で規制され、マスクの転売が減ったため、だいぶ値段もお手ごろになっています。

次の

簡単!ハンカチマスクの作り方|マスクが買えない! 縫い物も苦手な人へ… (1/2)

ハンカチ マスク 作り方 簡単

しっかり手洗いをして、作業台もアルコール消毒をしてから材料を準備しましょう。 【2】ハンカチの準備 使用するハンカチの大きさは 40㎝ぐらいのものがオススメです。 厚い布だと作りにくく、見ためが悪くなります。。 30センチぐらいの小さめハンカチの使い方は下で紹介しています。 現在作成中です まず、 ハンカチ 手ぬぐい をマスクの縦の大きさに合わせて折ります。 縦33㎝の手ぬぐいの場合、3つ折りに折るとちょうど良い大きさになりました。 【3】マスクにハンカチをセットする 先ほど折った ハンカチ 手ぬぐい をマスクの上に置きます。 ハンカチの真ん中に マスクが来るようにします。 ハンカチの大きさがマスクよりも大きいと、うまくハンカチがマスクに巻くことができないため、マスクの大きさとぴったりぐらいに調節してください。 ハンカチの柄に向きがある場合、マスクと向きを合わせて置きましょう。 左右のハンカチ 手ぬぐい の先端を、 ゴムひもの中を通るように入れます。 ハンカチとマスクを一緒に裏返し、 ハンカチをマスクの端のところで内側に折り曲げます。 折り曲げた布はヒラヒラしているので、 片方のハンカチの中に入れて整えます。 【4】完成!! あっという間に完成です。 顔に装着して 鼻部分のワイヤーをキュッと押さえて顔にフィットさせましょう。 付け心地は布の分少し重みはありますが、大きめのガーゼマスクをしているような感じがします。 中に不織布マスクがあるので、花粉やウイルスからしっかりガードしてくれます。 使用後は、ハンカチの大きな面には花粉やウイルスが付着している可能性があるので、 端を持ってハンカチ 手ぬぐい を外して洗濯しましょう。 マスクのゴムひもが壊れるまで 繰り返しマスクを使用することができます。 外出する時は、 ビニール袋に新しいハンカチを入れて途中を交換するとより衛生的になります。 使用したハンカチはビニール袋に入れて、しっかり口を縛りましょう 使い捨て不織布マスクが手に入りにくい状況時に、とても便利で楽に節約マスクを作ることができます。 次は、30㎝ぐらいの小さめのハンカチマスクの作り方の紹介です。 小さいハンカチ版マスクカバーの作り方 30㎝ぐらいのハンカチ版 小さいハンカチを使った再利用可能のマスクカバーの作り方です。 30㎝ぐらいのハンカチの場合、不織布マスクの大きさに対して少し小さいので、作り方が少し違います。 40㎝ぐらいのハンカチがない時は、こちらの使い方を参考にしてください。 材料 ・平たい使い捨てマスク 立体マスク不可 ・ハンカチ 大きさ40センチ未満 小さいハンカチ不織布マスクカバーの作り方動画! 【1】作業前の消毒 最初に手と作業台の消毒をします。 しっかり手洗いをして、作業台もアルコール消毒をしてから材料を準備しましょう。 ハンカチがしわだらけの場合はアイロンをかけておくと見ためがきれいです。 【2】ハンカチの準備 ハンカチを 斜めに置きます。 横幅を長くとりたいので、斜めに使います。 ハンカチの下の方を、 マスクの縦の大きさに合わせて折ります。 だいたい下から三分の一ぐらいの所です。 マスクの大きさにより、折る位置が違います。 上の部分は残しておきます。 【3】マスクにハンカチをセットする ハンカチの下の部分とマスクの下の部分を合わせて、ハンカチの上にマスクを置きます。 ハンカチの上の部分を折ります。 上の部分でマスクを挟むことで、ハンカチをずれにくくします。 ハンカチの左右の端を折り曲げます。 マスクのゴムひもの中を通るように折り曲げましょう。 ハンカチの長さに余裕があれば、ヒラヒラしないように片方のハンカチの中に入れましょう。 短くて入れることが難しい場合は、マスクを顔に着ける時に手で押さえます。 【4】完成!! 形を整えて、ハンカチマスクの完成です! ハンカチの長さが短いため、端がヒラヒラしてしまいます。 顔に着ける時はハンカチを押さえながらつけましょう。 顔とマスクの 隙間を無くすために、鼻の部分を押してフィットさせます。 綿100%のハンカチを使うと、肌触りが良いので気持ち良いです。 ハンカチのマスクカバーの部分を洗濯すれば、使い捨てマスク部分は捨てることなく使用可能です。 マスクからハンカチマスクカバーを取り外す時は、花粉やウイルスが手につかないように、ハンカチの端をつまみましょう。 外出時は ビニール袋に新しいハンカチを入れておけば、定期的に交換でき、衛生的にマスクを使用できます。 使用したハンカチはビニール袋に入れ、口をしばって持ち運びましょう マスク不足の状況で、使い捨てマスクを捨てる時に気が引ける!という時は、このハンカチマスクを使うと気兼ねなくマスクを使用できます。 裁縫不要なので、とても簡単に作ることができました! お店には、マスクや手作りマスク用の材料は品薄ですが、ハンカチや手ぬぐいはまだ在庫があるのでぜひ活用してください! アマゾン Amazon や楽天の通販サイトでもマスクが買えた!在庫ありの店や予約販売 また、アマゾン Amazon や楽天などでも時々販売されています!法律で規制され、マスクの転売が減ったため、だいぶ値段もお手ごろになっています。

次の