スプラ スケジュール。 【Splatoon2】ガチマッチのルールとウデマエゲージ・ヒビ・飛び級の仕様を解説!【ウデマエX】

【スプラトゥーン2】ファイナルフェスのギミック「センパイキャノン」が公開!スケジュールもアチアチな件

スプラ スケジュール

スプラトゥーン2 サーモンラン シフト表 スプラトゥーン2 サーモンラン シフト表• ステージ• 海上集落シャケト場• 支給ブキ• プロモデラーMG• デュアルスイーパー• ヒッセン• Rブラスターエリート• ステージ• トキシラズいぶし工房• 支給ブキ• パブロ• スクリュースロッシャー• ボールドマーカー• 14式竹筒銃・甲•

次の

【Splatoon2】ガチマッチのルールとウデマエゲージ・ヒビ・飛び級の仕様を解説!【ウデマエX】

スプラ スケジュール

不定期に行われるスプラトゥーン内のお祭りイベント• 「カミサマ」から与えられたお題をもとに2チームに別れ、「フェスマッチ」で対戦。 「投票率」「レギュラーの貢献度」「チャレンジの貢献度」の3本勝負で勝敗が決まる。 フェス期間のは、2時間ごと既存のマップから2種類と「ミステリーゾーン」の計3種類から選ばれる。 ミステリーゾーンは、毎回異なるマップが用意される。 動く床・回転する壁や、塗るとONになるスイッチなどでお馴染みのギミックが盛り込まれている。 この時しか遊ぶことができないと思われるので、ぜひフェスは参加しておきたい。 BGMは「フルスロットル・テンタクルズ」、「リップル・リフレイン」「レッド・ホット・エゴイスト」の3曲。 でも聴くことが出来るので、要チェックです。 フェスはいつまで? フェスは2019年の7月までの開催が発表されている。 スーパーサザエ• フェスに参加するともらうことができる• ランク30以降、1ランク上げるごとに1つずつもらえる• スパイキーにスーパーサザエを1つ渡すとギアにサブスロットを1つ開けてもらえる スロット アプデ前 Ver1. 3以降 1 4000 7500 2 8000 7500 3 12000 7500 合計 24000 22500 なお、Ver. 0以降は、サブギアパワーが満タンになっても、7500経験値ごとに1つ、ランダムなギアパワーのかけらがもらえる。 フェスが終わるとフェスTは返却となるのでフェスが終わる前に フェスTはクリーニングしておくと良い。 フェスの試合方式• レギュラー部門かチャレンジ部門の2種類から選ぶ Ver4. 0から変更• どちらの部門でも基本は試合をし、貢献度を稼いでいくこととなる。 レギュラー部門は1~4人で参加可能。 1人の場合は2~3人のチームに合流し、2~3人の場合は1人の人がチームに合流し、4人チームが作られる。 「つづける!」と「カスタマイズしてつづける!」を選んだ場合、同じく続けるを押した仲間と再度同じチームで戦うことが出来る。 マッチングはそのチームでの連勝数が近い相手とする。 レギュラー部門のみが存在し、それにちなんだ「二つ名」が与えられる。 チャレンジ部門は1人でのみ参加可能。 チャレンジ部門のみ、勝てば上がり負ければ下がるフェスパワー(フェス限定ウデマエ)が設定され、同じぐらいのフェスパワーの相手とマッチングする。 フェスパワーの各チーム上位100人はで名前が掲載される。 稀に「10倍マッチ」や「100倍マッチ」が発生し、その試合においてもらえる貢献度が10倍または100倍になる。 フェスはお祭り!なので、自由に楽しめば良いが、勝ちたい!という初心者の方は、を参考にするとちょっと勝率が上がるかも? フェスの貢献度 レギュラー部門の貢献度• レギュラーの貢献度は基本「その試合の塗りポイント」がプラスされる。 その他に試合に勝利すると「勝利ボーナス」としてプラス1000される。 4人のブキやギア、スタイルが条件を満たしていると「」が発生し、その試合のもらえる貢献度に掛け算される。 チャレンジ部門の貢献度• チャレンジ部門の貢献度は試合に勝利した場合、相手の推定フェスパワー分がプラスされる。 負けると貢献度はもらえない。 フェスの攻略、立ち回り• ルールは。 キルデス数ではなく、試合3分が終わったときに塗った面積が多いチームが勝ち。 ブキは塗りが強いものが勝ちやすい。 0系)で塗りと性能が高いと言われているのは、。 メイン、サブ、スペシャルいずれも非常に強く感じる。 マップはランダムなので、得意なマップの時に参加したり、その時間のステージに強い武器などを持つと良い。 ナワバリバトルなので、残り30秒でやられないようにすることがとにかく重要。 もちろん、スタート地点にいればよいというのではなくて、相手色を塗り替えすことが大事。 2018年6月9日(土)15:00~6月10日(日)15:00「どっちがかわいい? ハローキティ vs マイメロディ」 サンリオとのコラボ企画。 3回連続で行なわれるトーナメントフェスの決勝戦。 どっちがかわいい? 「マイメロディ vs ポムポムプリン」 サンリオとのコラボフェス。 3回連続で行なわれるトーナメントフェスの第2試合。 今回のミステリーゾーンは過去フェスのリバイバル。 一部のオブジェクトの配置が変更されている模様。 日時 2018年5月26日(土)15:00~5月27日(日)15:00 結果 2対1でマイメロディ派の勝利!! どっちがかわいい? 「ハローキティ vs シナモロール」 サンリオとのコラボフェス。 3回連続で行なわれるトーナメントフェスの第1試合。 今回のミステリーゾーンは第1回フェスのリバイバル。 一部のオブジェクトの配置が変更されている模様。 日時 2018年5月19日(土)15:00~5月20日(日)15:00 結果 2対1でハローキティ派の勝利!! ロマンを感じるのは? 「未知の生物 vs 先進の技術」 海洋研究開発機構 JAMSTEC とのコラボフェス。 日時 2018年4月21日(土)15:00~4月22日(日)15:00 結果 3対0で先進の技術派の勝利!! どっちが欲しい?「最新モデル vs 人気モデル」 NIKE ナイキ とのコラボフェス。 日程 2018年3月24日(土)15:00~2018年3月25日(日)15:00 結果 2対1で人気モデルの勝利! どっちを選ぶ? 「花 vs 団子」 春で花見シーズンということでこのお題でのフェス。 日程 2018年3月3日(土)15:00~3月4日(日)15:00 結果 2対1で花派の勝利!! 冬に欲しいのはどっち? 「あたたかいインナー vs あたたかいアウター」 ユニクロとのコラボフェスです。 日程 2017年12月9日(土)15:00〜2017年12月10日(日)15:00 結果 2対1であたたかいアウター派の勝利!! ミステリーゾーン• ヌリヌリバーが初登場。 中央に回転する大きなヌリヌリバーがあり、50%ずつ敵・味方の色で塗り分けられる仕掛けとなっていた。 また、各陣営近くにも、それぞれの色で塗られる部分が2ヶ所ずつあった。 日時 2017年9月9日(土) 15時〜2017年9月10日(日)15時 結果 2対1でチキンマックナゲット派の勝利!! ミステリーゾーン スポンジが2ヶ所、インクレールが2ヶ所 1回目フェスとくらべてコンパクトなマップだが、対戦をするにはなかなかおもしろいマップでした。 「どっちがお好き? マヨネーズ vs ケチャップ」 スプラトゥーン2最初のフェスです。 日時 2017年8月4日15:00 ~ 2017年8月5日15:00 結果 2対1でマヨネーズ派の勝利!! ミステリーゾーン 動く床のギミック。 ちょっとバグがあった模様。 かなり広く、敵となかなか遭遇しないこともときどきあった。 前夜祭「聞くならどっち?ポップ or ロック」 スプラトゥーン2の発売(7月21日)に先立って行われる「発売前」のフェスです。 New!! New!! 初心者ガイド• 最強武器ランキング• New!! Xランキング上位者使用武器• モード別攻略• スペシャルウェポン• 基本情報・旧情報• Wiki編集に困ったら• 外部リンク•

次の

【Splatoon2】ガチマッチのルールとウデマエゲージ・ヒビ・飛び級の仕様を解説!【ウデマエX】

スプラ スケジュール

ガチマッチとは ガチマッチとは、ナワバリバトルで経験を積み、ランク10以上になったプレイヤーだけが参加できるエクストリームバトル!• ステージ内の指定エリアを確保しあう「 ガチエリア」• ヤグラに乗って敵陣まで押しこむ「 ガチヤグラ」• ホコを奪って相手のゴールにタッチダウンする「 ガチホコ」• アサリを集めてゴールにシュートする「 ガチアサリ」の4つのルールがあります。 ウデマエの仕様 ガチマッチでのプレイヤーの実力を示す目印「ウデマエ」 プレイヤーの経験値を表す「ランク」とは違い、ウデマエは負けると下がっていきます。 今作では、 ウデマエがルールごとに分かれるようになりました。 エリア・ヤグラ・ホコ、アサリそれぞれのルールごとに求められる力も異なるので、自分の得意なルールや苦手なルールがわかりやすくなっています。 ウデマエゲージ 上のウデマエに上がるためには、ウデマエゲージをいっぱいにしないといけません。 ウデマエゲージは、ガチマッチのバトルで勝つとたまっていきます。 増える量はバラバラですが、これには 「ガチパワー」が関係しているようです。 ガチパワーとは、プレイヤー個人の強さを独自の計算式で求めたものです。 自分では確認することはできませんが、バトル開始時の左下に8人のガチパワーの推定が表示されます。 ガチパワーの高い相手に勝つとウデマエゲージは大きく増えますし、逆にガチパワーの低い相手に負けてしまったらマイナス評価が貯まってしまいます。 マイナス評価がたまるとゲージにヒビがはいっていきます。 ヒビが4つ入ってしまうとアウトなのですが、 OKラインというものがあります。 このOKラインを越えているなら、ヒビが4つで割れてしまってもゲージが減るだけ!ウデマエは下がりません。 ガチマッチをプレイしていると、敵や味方のイカが蒸発するように消えてしまう「回線落ち」に遭遇します。 味方がひとりでも回線落ちしてしまうとそのバトルはほぼ確実に負けてしまいます。 その場合は、味方が落ちてしばらく時間が経過していたら、ウデマエゲージは変化しません。 しかし、落ちてすぐにバトルが終了してしまうとウデマエゲージは減ってしまいます。 理不尽ですが。 敵や味方が回線落ちするのは祈るしかありませんが、自分の回線落ちは対策できます。 回線落ちはネット回線が不安定だと起きてしまうので、ネット回線を安定させることが大切です。 MEMOネット回線を安定させるにはSwitchを有線接続にしましょう。 有線接続にしても回線が安定しないときはネット回線のプロバイダを変えるしかありません。 有名な光回線であるや、ゲーマーに人気の速くて安定したがおすすめです。 ちなみにガチマッチのリザルトの順番は、 ブキルール別での直近32戦の勝率順説が濃厚のようです。 バトル開始時にブキがピカリと光るのは、ブキルール別で勝利数が多いプレイヤーです。 飛び級について その名の通り、ウデマエを飛ばして上がっていける仕組みのことです。 この飛び級にも、ガチパワーが関係しています。 要は 強い人相手に勝てたら飛び級できるってことです。 いくらキルしたり活躍したりしても飛び級には全く関係ありません。 飛び級の最大は 4 段階。 前作の経験者で強いひとがすぐに上にあがれるように、また各ルールごとにウデマエがあり時間がかかることから導入されたようです。 この値は自分しか確認できませんが、実力を示す指標になります。 ウデマエXについて ウデマエXとは、エクストリームなプレイヤーを集めた、より挑戦的なウデマエとなります。 ウデマエXになるとウデマエメーターはなくなり、かわりに「 Xパワー」という、リーグパワーやフェスパワーのようなスコアが表示されるようになります。 マッチングはXパワーが近いプレイヤーで行われる• バトル終了時にXパワーと順位の変動が表示される• 4つのガチルールそれぞれでXパワーが高いプレイヤー上位500人は、毎月一回「イカリング2」上で発表される• 特定のブキにおいて、Xパワーが一番高いプレイヤーも同時に発表される• 月1回の発表と同時に、Xパワーは「計測中」の状態にリセットされる• リセットは毎月1日の午前9時• 月の頭に複数のブキを一度に追加• ステージ追加はリセットのタイミングで• ルールごとに出現するステージを8種類程度に制限• 1か月ごとのリセットのタイミングで出現するステージを変更 Xパワーの仕様は少し複雑ですが、 勝てば上がる負けたら下がる月1リセットくらいの認識でも大丈夫です。 飛び級はガチパワー依存で最大10段階• 連勝しても飛び級するとは限らない• ウデマエゲージが割れても一度に最大5段階までしか降格しない• ちまたで噂の「ブキを持ち変えると飛び級しやすくなる」は デマ• ウデマエ10以降はウデマエXに• Xパワーはフェスパワーと似た仕様• 引き続き、エリアやヤグラなどの各ルールごとのポイントを解説していきます。 1ヶ月ごとにそれぞれのルールで出現するステージが8種類選ばれます。 今月のステージを把握しておくと有利です。 ガチエリア 「ガチエリア」ルールは、ステージ内に配置された「ガチエリア」を奪い合い、確保し続けたチームが勝利するルールだ。 ガチエリアは、自分のチームのインクで染め上げることで奪うことができるぞ。 今回は、ガチエリア内の塗り状況が中央のインジケーターに表示される。 参考にしよう。 ステージの中央付近にある「ガチエリア」を自分のインクで塗って確保しつづけるバトル。 エリアを確保すると、画面の上にあるカウントを100から減っていきます。 カウントが0になるか(ノックアウト)、相手よりも少ない状態で5分経過すると勝利です。 いったんカウントを減らしても、相手にエリア確保されてしまうと、 ペナルティがつきます。 このペナルティをなくさないとカウントは減りません。 相手に確保されてペナルティを与えられないように、エリアを守り抜くことが大切です。 逆に、相手のカウントがリードしているときは、いったんエリアを確保してペナルティをつけることが非常に大切になります。 スペシャルゲージの増える条件• エリアを取られている時は、カウントの状態に関わらず 40秒でゲージが満タンになる早さで増加する。 エリアが中立かつ カウント劣勢時は 120秒でゲージが満タンになる早さで増加する。 慌てて突っ込まずにスペシャルを味方と合わせて打開しましょう。 ガチヤグラ 「ガチヤグラ」ルールは、レールに沿って動く「ガチヤグラ」を奪い合い、相手の陣地のゴールまで運んだチームが勝利するルールだ。 今回は、レールの途中の重要地点に「カンモン」が設置されている。 「カンモン」上ではヤグラが一時停止するので、イカに仲間と連携して突破するかがカギになるぞ。 ステージに設置されたヤグラの上に乗ると、ヤグラが敵陣地へ進みます。 進んでいくと上のカウントも減っていきます。 カウントを0にするか、ゲージをより減らしたほうが勝利です。 ヤグラの進行ルートには 「カンモン」があり、そこで一時停止するようになっています。 ステージごとに3か所、各カンモンにカウントが定められていてそのカウントの間は静止するようです。 いちど通過したカンモンはもう止まることはありません。 前作とは異なり、 ヤグラが動いているときは何人で乗っても速度は変わりません。 カンモンで止まっているときだけは、複数人で乗るとカウントの減りがはやくなるようです。 スペシャルゲージの増える条件• ヤグラに乗っている時は、カウントの状態にかかわらず 40秒でゲージが満タンになる早さで増加する。 ヤグラが 中立時かつ カウント劣勢時は 80秒でゲージが満タンになる早さで増加する。 カウントで勝っていても乗らないと相手のスペシャルがたまっていくので、最後まで攻める気持ちを持ち続けること。 今回のガチホコから発射できるガチホコショットは、最大までチャージすると着弾した地点に爆発を起こす。 「守り」よりも「攻め」が得意になっているぞ。 ガチホコを持ったプレイヤーが進むとカウントが減ります。 カウントを0にするか、より減らした方の勝ちです。 ホコには バリアがあり、インクをぶつけることでバリアをふくらませ割ることができます。 割れるときに爆発するので、ふくらんでいたら近づかないように。 ホコを持ったプレイヤーはチャージして放つ ガチホコショットしかうてなくなります。 また、移動速度も遅くなります。 ホコは割られたまま放置されていると一定時間で中央に戻るようになりました。 それでも割ったまま放置は、一気に持っていかれる危険があるのでしないように。 ステージごとに、どこまで進むとカウントがどのくらい減るのか、攻めやすいルート、守りやすい場所などがあります。 スペシャルゲージの増える条件• ホコショは強いが、前に進まないとカウントは進まないし、敵のスペシャルで全滅することになりかねません。 ガチアサリ 「ガチアサリ」ルールはステージに散らばるアサリを集め、ガチアサリを作り敵のゴールに投げ入れてカウントを減らしたチームが勝利するルールだ。 互いをフォローしあうチームワークで押し上げるか、一瞬の隙をつく個人技で突破するか、様々な方法でゴールを目指せ! ステージに散らばる「アサリ」を集めて敵のゴールにシュートします。 アサリをいれるとカウントが減り、よりカウントを減らしたチームが勝利します。 敵陣のゴールにはバリアがあり、通常はアサリが弾かれてしまいます。 アサリは10個集めて作る「 ガチアサリ」をぶつけることでバリアを壊して、アサリを投げ入れることができます。 バリアは一定時間で回復してしまうので、 チャンスタイムの間にたくさんアサリを入れてカウントを稼ぎましょう。 チャンスタイムが終わりバリアが回復すると、反撃用のガチアサリがゴール下に出現します。 ガチアサリを持っているプレイヤーは、ホコの時のように居場所がバレてしまいます。 狙われたときはA or Lボタンで投げ捨てることもできます。 ガチアサリは20カウント、アサリは3カウントが入ります。 ペナルティカウントもあるので、ガチアサリ単体をゴールにいれるだけではカウントはなかなか減りません。 カモンを使って味方と連携し、アサリをパスしてガチアサリを作って、スペシャルを合わせて協力することが、勝利の秘訣です。 ガチマッチのルールについての解説は以上になります。 意外と知らないことが多かったのではないでしょうか?バトルに勝つにはまずはルールを知っておくことが重要です。 しっかりルールを把握して、ガチマッチをより楽しんでください。 最後までありがとうございました。 ななし S+飛び級の一般的パターン 4勝1敗くらいのペースで2個くらいゲージを埋めて昇格する。 それによりガチパワーが上がる(2100台のマッチばかりになる) ガチパワーの高い状態でまた8勝1敗とか2敗で昇格すると飛ぶ。 飛んだ後にまた1敗か2敗でゲージを埋めるとさらに10飛んだりする。 7勝や6勝でゲージを埋められる時 格上に勝つと20%伸びるため は ガチパワーが上がりまくるオイシイ勝ち試合が多いと言うこと。 数字的には2160~2210に数回召還されるようになると飛び級する。 イカウィジェットで18か20くらいが目安に飛ぶことが多い。 32戦で25勝7敗、もしくは26勝6敗。 ガチパワーは恐らくフェスパワーと同じ感じで上下する。 自分のフェスパワーが2400以上になったことがある人には上がり難さがわかるはず。 5、負けたら-70されることもある鬼畜仕様。 これと同じようにガチパワーが上下するため「ガチパワーを下げないため」に連勝する必要がある。 1敗しかしていなくてもその1敗が極端な格下相手だったらガチパワーが大きく下がってしまうので飛び級はできない。 逆に3ヒビでの昇格事例もあるが、それは負け試合の敵が全て格上でガチパワーが下がらなかったから。

次の