プルームテックプラス 充電できない。 プルームテックの50パフカウントの秘密、カプセル余りの原因もハッキリわかりましたよヽ(´ー`)ノ

【プルームS レビュー】iQOS、gloにも負けないJT発の加熱式タバコ!

プルームテックプラス 充電できない

プルーム・テック・プラスとは 低温加熱型の電子タバコです。 タバコの葉を燃やさず、高温で加熱することもしません。 IQOSが300度で加熱するのに対して、プルーム・テック・プラスは40度で加熱します。 基本的に高温加熱式の方が美味しいらしいですが、低温加熱式の方が匂いや有害物質が少ないというメリットがあります。 プルーム・テック・プラスにした理由 電子タバコを吸うのは初めてです。 なのにIQOSではなくプルーム・テック・プラスにした理由は、掃除する必要がないのと匂いがほとんどないからです。 高温加熱型のタバコは内部に黒いカスみたいなのが溜まって定期的に掃除をする必要があります。 Vapeを吸っていた時に掃除が非常にめんどくさいと思っていたので、電子タバコは掃除のないプルーム・テック・プラスにしました。 プルーム・テック・プラスを使ってみる プルーム・テック・プラス本体は2980円。 フレーバーはメビウスマイルドで500円しました。 中身はこんな感じ。 説明書、充電器、本体が入っています。 最初に充電しないと使えないとの事だったので、早速充電します。 充電を始めたときは紫色のランプでしたが、途中から青色にかわりました。 残量によってランプの色がちゃんと変わるらしいです。 充電が終わるとランプが自動で消えます。 1時間くらいで充電が終わりました。 たばこカプセルはこんな感じになってます。 1カプセルで50回吸えるらしいです。 画像下に写ってる緑色のやつはリキッドです。 これを加熱してその蒸気がカプセルの中を通る事でニコチンを摂取できます。 リキッドはたまに漏れてることがあるらしいです。 ちなみに僕のやつは漏れてました。 でも品質には問題ないそうです。 説明書にそう書いてありました。 いや問題だろって思いましたが、まあ置いておきましょう。 いよいよ吸います。 こんな感じでセットします。 セットしたらこういう風になります。 吸った感じ やっぱり最初は喉が少しイガイガします。 でも吸っていればすぐに慣れます。 煙の量は結構あります。 紙巻きたばこと比べても変わらないくらいです。 ただ、重さは全くありません。 かなり軽いです。 普通のタバコを吸っていた人からすると物足りなさを感じると思います。 プルーム・テック・プラスはプルーム・テックよりも吸いごたえがあると聞いていたのでちょっとがっかりです。 それと、タバコ臭さはまったくありませんでした。 これなら家の中で吸っても気にならないレベルです。 終わりに 吸った感じが軽いのと味が少し気になりますが、とりあえずこれからはプルーム・テック・プラスに切り替えて吸っていこうと思います。 たぶんですが、吸っていればそのうち味とか重みを感じられるようになると思うんですよね。 紙巻きたばこで慣れてしまっているので物足りないだけで、プルーム・テック・プラスに慣れてしまえば美味しくなるんじゃないかと思います。 しばらく吸ってまた何か気がついたことがあったら追記しようと思います。 それでは。 mizukinoko.

次の

【レビュー】プルーム・テック・プラスを使ってみた感想。プルーム・テックとの違いなど

プルームテックプラス 充電できない

プルームテックが充電できない時は故障の可能性大! 加熱式タバコのアイコスやグローに肩を並べる『プルームテック』ですが、やや販売網の遅れを感じる今日この頃です…(笑) 余談はさておき、つい先日の出来事です。 私の使用しているプルームテックを充電していた際に、2時間待っても、3時間待っても充電が完了しませんでした。 『ついに故障か?????』と思い色々ググって見たところ、やはり プルームテックが充電できない時はほとんどが故障しているようです。 そして、プルームテックのカスタマーサポートに電話をして確認したところ『故障』と認定されましたので、後日代替品が送られてきました。 プルームテックはアイコスとは違い、ホルダーとポケットチャージャーとで分かれているわけではありませんので、故障の特定がしやすいんですよね。 もし私のようにプルームテックが充電できない場合には、下記に記載していることを確認してみてください。 充電があるにも関わらずプルームテックが吸えない(LED点滅、点灯なし) プルームテックは自動電源システムですので、吸引すると同時に電源が入り吸引をやめると電源が切れます。 しかし、充電が完了しているにも関わらず、 プルームテック吸引時に先端のLEDが青に点灯しない場合には故障の可能性があります。 プルームテックのバッテリーを充電する際に、先端のLEDが赤点滅しない プルームテックを充電する際には専用のUSBチャージャーを使用しますが、その際に バッテリー先端のLEDが3回赤点滅しない場合には、故障の可能性があります。 USBチャージャーのLEDロゴが赤点灯のまま プルームテックを充電する際に、USBチャージャーのLEDロゴが赤点灯から白点灯に変わらなければ、充電が完了したことにはなりません。 よって、 LEDロゴが赤点灯のままの状態が続く場合には故障の可能性があります。 プルームテックが故障した時の対処法 プルームテックのバッテリー(本体)が充電できない時は故障している可能性が高いということはご理解頂けたと思いますので、ここからは プルームテックが故障した際の対処法について掲載していきます。 プルームテックが故障した際の対処法としては、以下2つの方法を使って交換申請をします。 電話番号:0120-108-513 受付時間:平日9:00〜17:40 定休日:土・日・祝日・創立記念日 記事前半でもご説明しましたが、プルームテックは故障の特定がしやすいので、カスタマーサービスの担当者の方も、スムーズに誘導してくれると思います。 おそらくプルームテックが故障した際は皆同じかと思いますが、以下3点が新たに送られてきます。 バッテリー• USBチャージャー• ACアダプター 既に所有している3点を同梱されている返却BOXに入れて返却します。 (送料は無料) ただし、プルームテックには 1年間の保証期間がありますので、保証期間を過ぎている場合には交換等の保証を受けることは出来ません。 またオンラインショップ以外で購入した場合には、 購入場所、購入日時、保証書の確認作業が入りますので、事前に準備しておくとスムーズに話を進めることが出来ます。 まとめ まとめになりますが、プルームテックの故障の原因は、充電が出来ないトラブルが大半です。 もし故障かなと感じた場合には、分解等は一切行わず、まずはカスタマーサービスに連絡するようにしましょう。

次の

プルームテックが充電できない時の原因と対処法は?保証を受けるには?

プルームテックプラス 充電できない

もくじ• プルームSの詳細や使い方 こちらの 「プルームS」はiQOSやgloと同じように 葉っぱを加熱して吸うタイプの機種です。 高温加熱型ってタイプで 葉っぱを200度で加熱する感じ。 iQOSやgloが300度くらいで加熱してるのでそれよりは低い温度です。 葉っぱを使っているのでニオイは若干出ちゃいますが、 吸い応えなどは以前のプルームテックより格段にアップしてます。 本体の形や使い方 蓋をスライドするだけで電源がONになります。 そこにスティックを差し込んで、 電源ボタンを長押しで加熱開始。 ここの メーターが全部点灯して本体が震えたら吸える合図ですね。 吸い終わったら吸殻を捨てて 本体の蓋をスライドするだけで電源がOFFになります。 途中で吸うのをやめるときも吸殻を抜いて、蓋をスライドするだけでOK! スティックはアイコスなどと似た感じ 以前の「プルームテック」や「プルームテックプラス」はカプセルとカートリッジを購入する形でしたが、 「プルームS」は普通の紙巻みたいなスティックを購入します。 いわゆるiQOSのヒートスティックと同じと思ってもらえればOKです。 これを本体に差し込んで加熱します。 味があまり落ちないので最後まで美味しい gloとの比較になりますが、gloって最初はスゴイ吸った感あるんですけど段々と味が落ちていくんですよね。 吸い応えでいうと 「大 中 小」って感じ。 ただ 「プルームS」は「小 中 大」って感じで 時間が経つごとに味が少しずつ濃くなってきます。 ヴェポライザーも同じような感じで、 時間経過で美味しくなるんですね。 これが結構満足度高くてかなり良いです。 スカスカ感がないってのは嬉しい。 煙の量は少なめなので、吸っている感じは控えめかも 「プルームS」は「プルームテックプラス」よりも 煙の量は少ないです。 「プルームS」は200度くらいと上でも書きましたが、 葉っぱを熱するだけだと200度じゃ若干温度が低いんですよね。 僕が最近使っているヴェポライザーよりは煙は出ますが、gloよりは出ないって感じです。 煙を吐き出すことで吸った感を得られるって人もいるので、若干そこがネックかも。 ニオイは他機種よりも圧倒的に無い 比較対象となる iQOS、gloよりもニオイは圧倒的に少ないです。 もちろん「プルームテックプラス」よりはニオイは感じられるんですが、それでも全然許容範囲だと思います。 葉っぱの加熱最中に加熱式独特のニオイが若干しますが、それも嫌なニオイじゃないんですよね。 もちろん吸い終わった吸殻も同様です。 これはマジですごいと思います。 ヴェポライザーとかも吸殻は結構臭いんで、 やっぱニオイがないってのは素晴らしいです。 吸殻に関してもう一つ言うと、 これ、どっちが吸った後の吸殻かわかりますか? 見て分かるとおり 全然焦げてないんですよね。 これもニオイが少ない理由だと思います。 あ、一応 上の画像なら右、 下の画像なら下のヤツが吸い終わった吸殻です。 1本で2回くらい吸える 上の画像のように1回吸っても全然焦げてないので、 1本で2回くらい吸えます。 味やキック感はさすがに薄れるものの、 iQOSやgloに比べたら2回目なのに圧倒的に吸い応えはありますね。 JT的には痛いかもしれませんが、 代金の節約にはなると思います。 喫煙時間が短い(新型で改善された) iQOSが5分の喫煙時間で プルームSは3分30秒くらいです。 ちょっと喫煙時間短い気がするのが残念ですね。 気付いたらもう終わってるみたいなことがちょいちょいあるので、 個人的にはもうちょい吸えてもいいかな~と思いますね。 ただ、 新たに発売されたプルームS 2. 0ではこの喫煙時間が大幅に改善されたました。 喫煙時間が4分30秒まで伸びたので、十分な喫煙時間を確保できています。 今購入するなら圧倒的にプルームS 2. 0がオススメです。 まとめ:プルームS、かなり良い 「プルームS」のライバルとなるのはiQOSやgloがメインだと思うんですが、個人的には全然負けて無いと思いました。 iQOSは最近使ってないのでアレですけど、 gloにおいては勝ってる点もあるんじゃないですかね。 全然吸い応えもある上にニオイも少ない、本体もオシャレって観点で個人的にはかなり気に入りました。 紙巻から移行するのに「プルームS」は結構いい感じの選択肢だと思います。 不満点を挙げるとすれば、 喫煙時間とバッテリー容量だったのですが、こちらは新型のプルームS 2. 0で改善されました。 これによってマジで非の打ち所がなくなったので、非常に使いやすい加熱式デバイスになったと思います。 今から購入するなら 圧倒的にプルームS 2. 0が最強なのでぜひ。 新型のレビュー記事はコチラをご覧ください。 そんな感じでした! そりでは。

次の