おこわ レシピ。 山菜おこわの簡単レシピ☆美味い調理のコツと炊飯器や圧力鍋での炊き方

山菜おこわの簡単レシピ☆美味い調理のコツと炊飯器や圧力鍋での炊き方

おこわ レシピ

カニおこわの作り方・レシピ 材料(2~3人分)• ずわいがに(鍋用)300g• もち米 2合• たけのこ100g• 焼き豚50g• 玉ねぎ50g• 青ねぎ1本• 中華スープ 250ml• しょうゆ大さじ1• オイスターソース大さじ1• 油適量 作り方 もち米はさっと洗って30分水につけ、ざるに上げる。 焼き豚、たけのこ、玉ねぎは1. 5cm角の薄切りにし、青ねぎは5mm幅に切る。 フライパンを強火で熱し、かにを入れ、油少量を加えて香りが出るまで焼いて取り出す。 (3)のフライパンに油を足し、たけのこ、焼き豚、玉ねぎの順に加えながら強火で炒め、中華スープ、しょうゆ、オイスターソースを加えて煮立てる。 炊飯器にもち米、(4)を入れ、焼いたカニをのせて炊く。 炊き上がったら、かにの身を取り出して粗くほぐし、炊飯器に戻し入れ、青ねぎを加えて混ぜ、器に盛る。 料理のポイント もち米は30分水につけておき、ザルに上げる。 かには殻ごと焼いて取り出す。 まとめ かにの旨みが口の中にまったりと広がるよう。 米ともち米はしっかりと水を吸わせてから、調味料を加えて混ぜ、昆布をのせる。 あとは普通に炊くだけでOK。 もち米と米は合わせて洗い、ざるにあけて水をきる。 炊飯器に入れ、水340mlを加え、30分以上浸水させる。 作り方 1. ご飯を炊く。 かにの身は粗くほぐし、三つ葉は2cm長さに切る。 ご飯が炊き上がったら、1のかにを加えて2~3分蒸らす。 昆布を取り出し、細く切って戻し、とろろ昆布 飾り用に少しとっておく も加えて全体をさっくりと混ぜる。 器に盛って、三つ葉ととろろ昆布を彩りよくのせる。 600Wなら0. 8倍、700Wなら0. 7倍の時間で加熱してください。 また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。 参照URL: レシピ名:余ったカニでおこわ 材料(米3合分) カニあるだけ 白出汁20cc お酒20cc しょうゆ20cc 水適量 白米1. 5合 もち米1. 5合 作り方 1. カニの身を取り出す 2. 白米ともち米を一緒にとぐ。 炊飯器にお米を入れて、お酒・しょうゆ・出汁を入れる。 おこわの3合メモリまで水を足す。 我が家では、メモリより少し多めに水を入れてます。 そのまま放置して、お米にお出汁を吸わせます。 今回は夜セットして、朝まで置きました。 Sponsored Link 6. 炊く前に、カニの身を投入し、おこわメニューでスイッチオン! 7. 炊き上がったら混ぜで、出来上がり! いろどりでアサツキや青しそ。 ちょっと贅沢にいくらを乗せても。 コツ・ポイント 炊飯器で味のあるもので放置すると、傷みが早くなると思いますので、暑い季節では気を付けてくださいね。 カニの量や塩分でお醤油や出汁は調節してください。 今回は、毛ガニ・タラバ合わせて0.8杯分位です。 かにかまは10本を小さめに、残り10本は大きめに割く。 米ともち米をとぎ、炊飯器に入れる。 「3」の目盛りまで水を入れ、そこから大さじ2取る。 炊飯器のスイッチを入れて炊く。 その間にアスパラをさっとゆでて、5mm長さに切っておく。 ごはんが炊き上がったらアスパラを加えて混ぜる。 参照URL: 料理の先生【石川智之】さんの紹介 生年月日:1974年 出身地:愛知県 点心全般が好きで、特に餃子が得意です。 第6回中国料理世界大会 海外麺点部門では特金賞 第1位)を受賞しました。 レシピを作るときのポリシーは、油を控え、ヘルシーに。 そしてまた食べたいなという料理です。 「今晩、何がいい?」「この前の作って!」そんな風に言ってもらえるようなレシピを目指しています。 少しでも多くの方に中国料理の素晴らしさを知ってもらい、ご家庭でも作ってもらえたらうれしいです。 上沼恵美子のおしゃべりクッキングの紹介 レギュラー放送:月曜~金曜 13時40分~13時55分 「上沼恵美子のおしゃべりクッキング」は1995年4月3日に始まりました。 今まで番組において紹介したレシピは4600を超えています。 和・洋・中・日本の料理のプロ養成学校、の熟練した先生方が、考えた究極のメニューを紹介しています。 料理を作りながらゲストとの和やかなトークで場を盛り上げるのが、司会の上沼恵美子さん。 おじゃべりしながら、楽しく料理を作り美味しくいただく、本当にあっという間の15分間です。 放送された毎日のレシピは、月刊テキスト本やパソコン、スマートフォン、携帯電話やデータ放送でも確認できます。 皆さんの食卓を楽しく有意義にする「上沼恵美子のおしゃべりクッキング」を応援よろしくお願いします。 詳細:.

次の

栗原はるみさんの「レンジ中華おこわ」の作り方・レシピ! リピート必至の家族が喜ぶごはん

おこわ レシピ

お好きなところからどうぞ• 山菜おこわの簡単レシピ・美味い調理のコツは? 本来、おこわは蒸して作る料理なのですが、蒸し器を持っていなくても、炊飯器や圧力鍋で簡単に炊くことができるのです! 下にレシピをご紹介していますが、 炊飯器や圧力鍋で炊く場合にはレシピには書かれていない、ちょっとした調理にコツがあるので、しっかりと注意してください。 水の分量 まず、水加減についてですが、もち米だけを使う場合は、普通にご飯を炊く場合よりも 水の分量は少なめになります。 炊飯器に 『おこわモード』がある場合は、内釜に『おこわ』の目盛りがあると思いますので、そこに合わせれば問題ありません。 『おこわモード』がない炊飯器の場合は、通常のご飯を炊く場合の目盛りより、心持ち少な目の水加減で炊くと良いようです 材料を入れる順番 そして、 炊飯器に材料を入れる順番にも注意が必要です。 逆に、調味料を最後にしてしまうと、今度は調味料の分だけ水分が増え、べちゃべちゃな仕上がりに…。 おすすめの食材 また、具材を少し変えるだけで、いつもと違った山菜おこわが楽しめます。 小さく切った鶏肉を加えるとボリュームも出ますし、濃厚な味になりますよ。 干ししいたけを戻したものと、 その戻し汁を加えると、香り高いおこわに。 干し貝柱の戻したものと、その戻し汁であれば、中華風に変えることができるのです。 いろいろなアレンジを加えた場合でも、上記のコツさえ守れば、美味しい山菜おこわが炊けますよ! 炊飯器での美味しい炊き方! 炊飯器で手軽に炊く、美味しい山菜おこわのレシピです。 もち米:3合• 山菜ミックス:1袋 (市販の物をお好みで)• 油揚げ:2枚• 調味料A しょうゆ:大さじ3 酒:大さじ3 みりん:大さじ2 だし汁又は水(調味料Aを入れたあと):3合(おこわ)の目盛りまでです。 作り方• もち米はといで 3時間以上おきます。 山菜ミックスは、ザルにあけて軽く洗い、 水気を切っておきます。 油揚げは横半分に切ってから細切りに、にんじんは皮をむいて千切りにします。 ボウルに山菜ミックスと油揚げ、にんじんを入れて、 調味料Aと混ぜ合わせ30分ほどおきます。 調味料は捨てないでください!• もち米をザルにあけ水気を切り、炊飯器に入れます。 炊きあがったら、ざっくり混ぜて出来上がり。 炊飯器で炊く場合には、もち米をつけ置く時間が必要ですが、それさえ済ませてしまえば、後は簡単 我が家では、昼食に仕込みを済ませてしまって、夕食で美味しい『山菜おこわ』を食べるのを楽しみにしています。 圧力鍋での美味しい炊き方! [ad adsense2] 圧力鍋なら、お米を洗ってすぐに炊いても美味しい山菜おこわに! 我が家では普段のご飯も圧力鍋を使用しているのですが、山菜おこわの炊飯にも便利です。 特に時短したい方には、おすすめですよ! 材料• もち米:3合• 山菜ミックス:1袋• 油揚げ:2枚• 昆布(あれば):10cm• 調味料B 昆布の戻し汁または水:400cc しょうゆ:大さじ3 酒:大さじ3 みりん :大さじ2 作り方• もち米はといで、ザルにあげておきます。 昆布を水につけて戻しておきます。 (戻し汁は炊飯に使います)• 山菜ミックスは、ザルにあけて軽く洗い、水気を切っておきます。 油揚げは横半分に切ってから細切りに、にんじんは皮をむいて千切りにします。 圧力鍋にもち米、昆布、山菜、人参、油揚げ、調味料Bの材料を入れ、軽く混ぜ平らにならします。 3分加圧し、 自然放置します。 圧が下がったのを確認したら蓋を開けて、昆布をのぞいて、ざっくり混ぜて出来上がり。 *もち米は、といで すぐ炊いても大丈夫です。 *昆布がない場合は、水でも大丈夫です。 *圧力鍋によって仕様が違います。 加圧時間などは、お使いの圧力鍋の説明書でご確認ください。 我が家では最近、圧力鍋を購入してお米を炊くのは、白米も圧力鍋になりました。 お米のつけ置き時間が必要なく、炊飯時間も短いので、美味しい炊きたてのご飯を食べることができます。 山菜おこわを炊飯する際には、調味料が入る分少し焦げやすくなります。 途中で蓋をあけることができないので、 くれぐれも火加減には注意してください! ポイントは吹きこぼれの匂いで焦げの様子を判断できますので、火加減に慣れるまでは、圧力鍋の近くで様子を見守りましょう。 普通の米:3合• 切り餅:2個• 山菜ミックス:1袋 (市販の物をお好みで)• 油揚げ:2枚• 調味料C しょうゆ:大さじ3 酒:大さじ3 みりん:大さじ2 だし汁 作り方• 米はといでおきます。 山菜ミックスは、ザルにあけて軽く洗い、水気を切っておきます。 切り餅は、8等分くらいに切っておきます。 油揚げは横半分に切ってから細切りに、にんじんは皮をむいて千切りにします。 米を炊飯器に入れ、調味料を加えだし汁で水加減をし、ざっと混ぜます。 (普通のご飯を炊くときの水加減)• (普通の炊飯モード)• 炊きあがったら、 溶けた切り餅とご飯をよく混ぜて出来上がり。 おこわ風に炊けましたか? 試してみてくださいね! さいごに 自宅で簡単手軽に炊飯器や圧力鍋で炊ける美味しい山菜おこわのレシピをご紹介しました。 水加減や、材料の入れ方といった、 ちょっとした調理のコツを守るだけで簡単に美味しい山菜おこわを作ることができます。 ぜひ、参考にしていただけたらと思います。 今回は、手軽に使える市販の『山菜ミックス』を使用したレシピをご紹介していますが、もちろん全ての炊き方で 新鮮な山菜でもOKです。

次の

カニおこわの作り方・レシピ【上沼恵美子のおしゃべりクッキング】(1月10日)

おこわ レシピ

リピート必至! 家族が喜ぶごはん。 食べ盛りの子どもがいるとチャーハンや焼きそばは外せません。 大人たちも大好きな栗原はるみさんのとっておきをご紹介! 本日は、栗原はるみさんの「レンジ中華おこわ」のレシピをお届けします。 リピート必至!家族が喜ぶごはん 栗原はるみさん家の「レンジ中華おこわ」 (フライパンチャーシュー使用) 「もち米とレンジの相性はとてもよくて、わざわざ蒸し器を出さなくても赤飯や中華おこわといった特別感のある料理が手軽に楽しめます。 うちにフライパンチャーシューが残っているときは、戻した干ししいたけやゆでたけのこと一緒に刻み、中華おこわをよく作っています。 仕上げに市販の甘栗を混ぜるのが味のアクセント。 食べ飽きないやさしい味です。 黙っていたら家族もお客さまもレンジで作ったとは気づきませんが、驚く顔が見たくて言わずにはいられません。 もち米は洗って約30分水にひたし、ザルに上げて水気をよくきる。 干ししいたけは少なめの水で戻し、水気を軽く絞って石づきを取り、6~7mm角に切る。 ゆでたけのこも6~7mm角に切る。 甘栗は3~4等分に切る。 フライパンチャーシューは1cm角に切る。 Aの調味料を合わせておく。 深めのフライパンにサラダ油とごま油を熱し、干ししいたけ、たけのこ、チャーシューを入れて炒め、もち米を加えてさらに炒める。 (4)を加えて煮立て、中火で混ぜながら汁気がなくなるくらいまで約3分煮て火を止める。 甘栗を加えて混ぜ、大きな耐熱ボウルに移す。 ふわっとラップをかけ、電子レンジ(600W)で約4分加熱する。 一度取り出して手早く混ぜ、再びラップをかけさらに約3分加熱して軽く混ぜてから器に盛る。

次の