コロナ 背中 の 痛み 熱 なし。 新型コロナ「相談と受診の目安」に戸惑い 「だるさ」「息苦しさ」花粉症と区別できない: J

コロナウイルス症状と風邪の違いや見分け方は「症状の長さ」?

コロナ 背中 の 痛み 熱 なし

体が痛い時の原因とは?熱はないのに、体のあちこちが痛いのは病気のサイン?風邪や喉の痛みなどチェックすべき症状とは?• 体のあちこちや節々が痛くなって、寒気も感じるけど、熱はない、この症状の原因はなんなのでしょうか?また、熱はないのに、吐き気がしたり、耳の奥や頭が痛かったり、これって体の中で何が起こっているのでしょうか?今回は、風邪かどうかよくわからないけれど、体が痛くなったという症状にスポットを当てて、原因と対処法をまとめてみました。 体が痛い! 何が原因? 体のあちこちや節々が急に痛くなるなぁと思っていたら、やっぱり寒気を感じ始めて、熱が出て、インフルエンザだったというのは、良くある話です。 「体のあちこちや節々が痛い=熱が出て、風邪をひく」という方程式ができたがっているものです。 しかし、体のあちこちや節々が痛くなって、寒気も感じるけど、体温をはかったら、いつもより低かったっていったいどういうことなんでしょうか? この方程式から逸脱したこの身体の状態っていったいなんなのでしょうか?また、熱はないのに、吐き気がしたり、耳の奥が痛かったり、頭が痛かったり、これって体の中で何が起こっているのでしょうか? 今回は、風邪かなんかよくわからないけれど、体のあちこちが痛くなったという症状にスポットを当てて、原因と対処法をさぐっていきたいと思います。 代表的な症状と疾患をまとめましたので、一概には断定できません。 痛みが増してきた方や気になる方は、病院にいって、相談されてください。 熱はないけど、体のあちこちが痛い!風邪? 発熱があると、体が痛くなるというのは、共通の原因がたくさんあるといわれています。 そのため、熱が出ても、痛みがあっても、同じ「解熱鎮痛剤」(カロナールやロキソプロフェンなど)が処方されることが多いそうです。 しかし、熱がでなくて、体だけ痛い場合も多々起こります。 例をあげますと、痛い部分の筋肉が疲労していて、炎症を起こしていると、その部分だけ痛くなることは起こるそうです。 また、他にも、ウイルスや細菌に感染して風邪をひいているにもかかわらず、熱が出ないで、体だけが痛む場合もあるといわれています。 もともと、体の節々が痛いことで、風邪なのかといわれると、そうでもないことも多いらしく、熱や鼻水、咳という症状がでてから、風邪だと分かることが多いといわれています。 また、熱がなくて体が痛いと、もうどこかで一旦熱が出ていて、熱によって汗がでて体が冷え、熱が下がったということもあるそうです。 たとえば、微熱(37度を少し上回った程度 だと、発熱したという自覚症状がないまま、微熱による汗で、平熱よりも下がってしまっていることもあるとのことです。 また、一方で、これから熱が上がる前兆として、体の節々に痛みを感じる場合もあるそうです。 また、脇に汗をかいていると、うまく、脇の下で熱を測ることができずに、体温が低く出たりすることもあるとのことです。 体温を脇に挟んで計る場合には、よく脇を拭いてはかるようにしましょう。 風邪をひいていても、熱と体の痛みが必ず一緒に出るとは限らず、風邪の初期には肩こりや腰痛などがあり、その後で熱が出る可能性もあるそうです。 体が痛くても、熱を計ると、熱がなくて安心することがあるとおもいますが、その後に熱が出たり、他の症状も出ることがあるので、経過観察をし、しんどくなるようでしたら、早めに受診することが望ましいでしょう。 全身症状として体が痛いときの原因とは? 微熱が続いている 【37. 5度以下が1カ月以上続いている場合】女性に多い微熱だそうです。 これは、ストレスにより、脳にある視床下部が発熱をひきおこしている可能性があるそうです。 ストレスを感じている方は、心療内科で相談されるとよいでしょう。 熱はないけど、寒気がしている 風邪の初期症状の可能性があるそうです。 熱が出ていないけれど、だるい、眠い、寒気がする時は、体が風邪をひくから休むよう言っているサインです。 安静にして、十分な睡眠をとることで、また葛根湯などで早く治るとのことです。 ただし、いつもの風邪とちょっと違うような気がしたら、風邪以外の可能性も否定できないので、早めに内科に受診するとよいでしょう。 熱はないけど、関節痛がある 季節が12月~3月で、周りにインフルエンザの方がいらっしゃったら、インフルエンザの初期症状である可能性があるそうです。 熱より先に、関節痛や筋肉痛がある場合もよくあるそうです。 インフルエンザの関節痛はじっとしてても持続的に鈍く痛い感じがするのが特徴的だそうです。 その後、高熱が出る恐れがあるので、早めに睡眠休息をとるようにしましょう。 熱はないけど、だるい 風邪の初期症状である可能性があるそうです。 熱が36. 8度以上あるのなら、風邪の引き初めなのかもしれません。 睡眠や休息をとり、体力を回復させましょう。 首から上にかけて痛い症状が出ている場合 熱はないけど、頭が痛い 頭痛は、症状や原因がさまざまだそうです。 頭痛といっても原因は様々で、くも膜下出血や脳腫瘍、緑内障などが原因で、頭痛になってしまう「症候性頭痛」と、頭痛自体が原因である「慢性頭痛(機能性頭痛)」などがあるそうです。 慢性頭痛には、筋肉のこわばりが原因でなる「緊張型頭痛」や頭の血管が広がりすぎることが原因となる「片頭痛」や「群発頭痛」も考えられます。 どれも医師の治療が必要な病気とのことなので、脳神経外科を受診することが望ましいです。 熱はないけど、耳が痛い 【風邪が続いている場合】急性中耳炎の可能性があるそうです。 風邪をひいていて、透明でない濁った鼻水がずっと続いていると、鼻水の中にいる細菌が、耳と鼻をつないでいる耳管をつたって、鼓膜の奥にある中耳に感染を起こすそうです。 耳の奥が痛くなり、聞こえが悪くなるそうです。 【ストレスや疲れを感じている場合】神経痛の可能性があるそうです。 耳の神経痛の場合、耳の周囲で短い痛みが時々起こるそうです。 耳の中で炎症が起こっているわけではないので、耳の周囲を押してみても、痛みが強くなることはないそうです。 いずれにせよ、時間を作り耳鼻咽喉科に行くようにしましょう。 熱はないけど、色のついた鼻水が出ている 【1~2週間前からの鼻水の場合】急性副鼻腔炎の可能性があるそうです。 色のついた鼻汁は死んだ細菌や白血球で、膿(うみ)です。 ドラッグストアで手に入る風邪薬や鼻炎薬は、効果が望めないそうです。 この状態が続いてしまうと、気管支炎や中耳炎になってしまう可能性があるそうです。 ずっと色のついた鼻水をほっておくと、慢性副鼻腔炎になり、治療に時間がかかってしまうといわれています。 耳鼻科で早めの受診をするほうがよいでしょう。 【1ヶ月以上前からの鼻水の場合】慢性副鼻腔炎(ちくのうしょう)の可能性があるそうです。 色のついた鼻水が出るのにそのままにしておくと、炎症を起こした粘膜が元に戻らず、手術の危険性もでてくるそうです。 手術でなくても、治療に時間がかかるので、色のついた鼻水をほっておいてはいけないとのことです。 熱はないけど、透明の鼻水が出ている 【数日前から他の風邪症状がある場合】風邪の前兆である可能性があるそうです。 涙目や微熱があるようでしたら、睡眠を多くとり、体力を回復させてください。 【毎年定期的に症状がある場合】花粉症の可能性があるそうです。 【一年中症状がある場合】通年性アレルギー性鼻炎の可能性があるそうです。 一年中、鼻水がでる場合は、ハウスダスト、ダニのアレルギーであることが多いとのことです。 【朝、夕の30分以内に症状がある場合】血管運動性鼻炎の可能性があるそうです。 気温の変化で過敏に反応した場合に鼻水が出るそうです。 熱はないけど、喉が痛い 【微熱が感じられ喉の痛みがある】急性咽頭炎の可能性があるそうです。 喉からくる風邪だそうです。 微熱で喉がイガイガする場合は、市販の総合感冒薬を服用し、睡眠・休息をとれば治る可能性もあるとのことです。 だんだん悪くなってくるようでしたら内科か耳鼻咽喉科に受診をおススメします。 【唾液を飲むだけでも喉の痛みがひどい】扁桃周囲炎の可能性があるそうです。 炎症がひどい場合、または、治療せずに放っておいた場合、扁桃腺の周囲まで炎症が広がってしまうと、食事はもちろん、水をのむのも痛みが増して難しくなってしまうそうです。 入院も視野に入れておくことが必要だそうです。 【更に炎症がひどくなった場合】急性喉頭蓋炎(きゅうせいこうとうがいえん)の可能性があるそうです。 喉頭外といわれる喉の奥の呼吸の通り道である気管の入口まで炎症で腫れてしまうため、窒息してしまう可能性もあるそうです。 急性の炎症では、一番危険な病気だといわれています。 即日入院し治療しなければならないそうです。 また、気管をふさいでいるようでしたら、気管切開が必要になってしまう場合があるとのことです。 熱はないけど、咳が続いている 【咳や発熱の再発を繰り返す場合】副鼻腔炎の可能性があるそうです。 色のついた鼻水が出ている場合にも副鼻腔炎の可能性があると書いたのですが、鼻水が出ていなくても喉の奥には、膿がたくさん溜まっていることが多いそうです。 鼻水が出ていないからといって、治療をせずに、喉の膿をそのまま放っておくと、何度も感染をしてしまい、咳などの症状が再発することを繰り返すことがあるそうです。 特に子供の場合、鼻水が出ていないので、外見上はわからないことが多いそうです。 鼻をかませ、出てきた鼻水の色を確認することが大切です。 色だけでなく、ベタベタしたねばねばの鼻水も膿だそうです。 耳鼻科か内科を受診し、今回の経過を医師に伝え、治療をしてもらうようにしましょう。 消化器症状が出て体が痛い場合 熱はないけど、お腹が痛い、下痢、吐き気、嘔吐がある ウイルスによる感染性胃腸炎の可能性があるそうです。 感染性胃腸炎は、細菌やウイルス、寄生虫なども原因菌となり、消化器症状をおこしますが、冬場ですと、ウイルスによる感染が多いといわれています。 特に、ノロウイルスや、ロタウイルスが原因となる場合が多いそうです。 ノロウイルスとロタウイルスの区別の仕方ですが、ノロウイルスは、子供も大人も感染し、胃腸炎の原因となりますが、ロタウイルスは、主に子供が感染し、米のとぎ汁のような白い下痢が出るのが特徴です。 家族にノロウイルスに感染した人がでると、家族全体で、感染に気を付ける必要があります。 症状はじわじわと出現してくる場合も急に出てくる場合もあり、一概には言えないそうです。 まずはお腹がなんとなく張ってくる、お腹が痛い、吐き気がするなどの症状が出てくるそうです。 先にお腹が痛い症状があらわれた後、下痢と嘔吐が始まるとのことです。 また、全身症状として、全身倦怠感、関節痛、頭痛なども症状が出現する可能性があるそうです。 熱ですが、出ることも出ないこともあるといわれています。 発熱はあっても38度前後ぐらいで、40度を超えるような高熱はあまり出ないそうです。 これらの症状は2~3日すると、回復するそうです。 【胃腸風邪にかかったら】 下痢や嘔気がひどいようでしたら、無理に食べる必要はないそうです。 胃腸を休めることが先決です。 胃腸炎になっているときに、無理やり食べても消化不良をおこし、さらに吐いたり下痢をしたりすることになってしまうそうです。 水分はスポーツドリンクなど電解質バランスの整ったものをこまめに数回にわけてとるようにしましょう。 水分を摂らないといけないと思い、一気にたくさん飲んでしまうと、反対に気持ちが悪くなったり、下痢が悪化してしまう原因にもなるそうです。 水分を嘔気や嘔吐で摂ることができないときは、早めに医療機関を受診し、水分が摂れないことを伝えましょう。 脱水症状が出ているかどうか医師に判断してもらい、点滴が必要になることもあるでしょう。 体が痛いときのまとめ 熱はなくて、体が痛い場合でも、風邪以外にいろいろな病気の可能性があると思います。 ここに書いた症状は一般的なものですので、症状がちょっと違う、だんだんしんどくなってきたなど、気になることがあったら、病院に行き、医師に相談するようにしましょう。 自己判断は危険です。 経過を注意深く観察し、容体が悪くなるようでしたら早めに医療機関にかかるようよろしくお願いいたします。

次の

【コロナ初期症状「筋肉痛・関節炎」】背中が痛い・肩こり【なぜ?】

コロナ 背中 の 痛み 熱 なし

体が痛い時の原因とは?熱はないのに、体のあちこちが痛いのは病気のサイン?風邪や喉の痛みなどチェックすべき症状とは?• 体のあちこちや節々が痛くなって、寒気も感じるけど、熱はない、この症状の原因はなんなのでしょうか?また、熱はないのに、吐き気がしたり、耳の奥や頭が痛かったり、これって体の中で何が起こっているのでしょうか?今回は、風邪かどうかよくわからないけれど、体が痛くなったという症状にスポットを当てて、原因と対処法をまとめてみました。 体が痛い! 何が原因? 体のあちこちや節々が急に痛くなるなぁと思っていたら、やっぱり寒気を感じ始めて、熱が出て、インフルエンザだったというのは、良くある話です。 「体のあちこちや節々が痛い=熱が出て、風邪をひく」という方程式ができたがっているものです。 しかし、体のあちこちや節々が痛くなって、寒気も感じるけど、体温をはかったら、いつもより低かったっていったいどういうことなんでしょうか? この方程式から逸脱したこの身体の状態っていったいなんなのでしょうか?また、熱はないのに、吐き気がしたり、耳の奥が痛かったり、頭が痛かったり、これって体の中で何が起こっているのでしょうか? 今回は、風邪かなんかよくわからないけれど、体のあちこちが痛くなったという症状にスポットを当てて、原因と対処法をさぐっていきたいと思います。 代表的な症状と疾患をまとめましたので、一概には断定できません。 痛みが増してきた方や気になる方は、病院にいって、相談されてください。 熱はないけど、体のあちこちが痛い!風邪? 発熱があると、体が痛くなるというのは、共通の原因がたくさんあるといわれています。 そのため、熱が出ても、痛みがあっても、同じ「解熱鎮痛剤」(カロナールやロキソプロフェンなど)が処方されることが多いそうです。 しかし、熱がでなくて、体だけ痛い場合も多々起こります。 例をあげますと、痛い部分の筋肉が疲労していて、炎症を起こしていると、その部分だけ痛くなることは起こるそうです。 また、他にも、ウイルスや細菌に感染して風邪をひいているにもかかわらず、熱が出ないで、体だけが痛む場合もあるといわれています。 もともと、体の節々が痛いことで、風邪なのかといわれると、そうでもないことも多いらしく、熱や鼻水、咳という症状がでてから、風邪だと分かることが多いといわれています。 また、熱がなくて体が痛いと、もうどこかで一旦熱が出ていて、熱によって汗がでて体が冷え、熱が下がったということもあるそうです。 たとえば、微熱(37度を少し上回った程度 だと、発熱したという自覚症状がないまま、微熱による汗で、平熱よりも下がってしまっていることもあるとのことです。 また、一方で、これから熱が上がる前兆として、体の節々に痛みを感じる場合もあるそうです。 また、脇に汗をかいていると、うまく、脇の下で熱を測ることができずに、体温が低く出たりすることもあるとのことです。 体温を脇に挟んで計る場合には、よく脇を拭いてはかるようにしましょう。 風邪をひいていても、熱と体の痛みが必ず一緒に出るとは限らず、風邪の初期には肩こりや腰痛などがあり、その後で熱が出る可能性もあるそうです。 体が痛くても、熱を計ると、熱がなくて安心することがあるとおもいますが、その後に熱が出たり、他の症状も出ることがあるので、経過観察をし、しんどくなるようでしたら、早めに受診することが望ましいでしょう。 全身症状として体が痛いときの原因とは? 微熱が続いている 【37. 5度以下が1カ月以上続いている場合】女性に多い微熱だそうです。 これは、ストレスにより、脳にある視床下部が発熱をひきおこしている可能性があるそうです。 ストレスを感じている方は、心療内科で相談されるとよいでしょう。 熱はないけど、寒気がしている 風邪の初期症状の可能性があるそうです。 熱が出ていないけれど、だるい、眠い、寒気がする時は、体が風邪をひくから休むよう言っているサインです。 安静にして、十分な睡眠をとることで、また葛根湯などで早く治るとのことです。 ただし、いつもの風邪とちょっと違うような気がしたら、風邪以外の可能性も否定できないので、早めに内科に受診するとよいでしょう。 熱はないけど、関節痛がある 季節が12月~3月で、周りにインフルエンザの方がいらっしゃったら、インフルエンザの初期症状である可能性があるそうです。 熱より先に、関節痛や筋肉痛がある場合もよくあるそうです。 インフルエンザの関節痛はじっとしてても持続的に鈍く痛い感じがするのが特徴的だそうです。 その後、高熱が出る恐れがあるので、早めに睡眠休息をとるようにしましょう。 熱はないけど、だるい 風邪の初期症状である可能性があるそうです。 熱が36. 8度以上あるのなら、風邪の引き初めなのかもしれません。 睡眠や休息をとり、体力を回復させましょう。 首から上にかけて痛い症状が出ている場合 熱はないけど、頭が痛い 頭痛は、症状や原因がさまざまだそうです。 頭痛といっても原因は様々で、くも膜下出血や脳腫瘍、緑内障などが原因で、頭痛になってしまう「症候性頭痛」と、頭痛自体が原因である「慢性頭痛(機能性頭痛)」などがあるそうです。 慢性頭痛には、筋肉のこわばりが原因でなる「緊張型頭痛」や頭の血管が広がりすぎることが原因となる「片頭痛」や「群発頭痛」も考えられます。 どれも医師の治療が必要な病気とのことなので、脳神経外科を受診することが望ましいです。 熱はないけど、耳が痛い 【風邪が続いている場合】急性中耳炎の可能性があるそうです。 風邪をひいていて、透明でない濁った鼻水がずっと続いていると、鼻水の中にいる細菌が、耳と鼻をつないでいる耳管をつたって、鼓膜の奥にある中耳に感染を起こすそうです。 耳の奥が痛くなり、聞こえが悪くなるそうです。 【ストレスや疲れを感じている場合】神経痛の可能性があるそうです。 耳の神経痛の場合、耳の周囲で短い痛みが時々起こるそうです。 耳の中で炎症が起こっているわけではないので、耳の周囲を押してみても、痛みが強くなることはないそうです。 いずれにせよ、時間を作り耳鼻咽喉科に行くようにしましょう。 熱はないけど、色のついた鼻水が出ている 【1~2週間前からの鼻水の場合】急性副鼻腔炎の可能性があるそうです。 色のついた鼻汁は死んだ細菌や白血球で、膿(うみ)です。 ドラッグストアで手に入る風邪薬や鼻炎薬は、効果が望めないそうです。 この状態が続いてしまうと、気管支炎や中耳炎になってしまう可能性があるそうです。 ずっと色のついた鼻水をほっておくと、慢性副鼻腔炎になり、治療に時間がかかってしまうといわれています。 耳鼻科で早めの受診をするほうがよいでしょう。 【1ヶ月以上前からの鼻水の場合】慢性副鼻腔炎(ちくのうしょう)の可能性があるそうです。 色のついた鼻水が出るのにそのままにしておくと、炎症を起こした粘膜が元に戻らず、手術の危険性もでてくるそうです。 手術でなくても、治療に時間がかかるので、色のついた鼻水をほっておいてはいけないとのことです。 熱はないけど、透明の鼻水が出ている 【数日前から他の風邪症状がある場合】風邪の前兆である可能性があるそうです。 涙目や微熱があるようでしたら、睡眠を多くとり、体力を回復させてください。 【毎年定期的に症状がある場合】花粉症の可能性があるそうです。 【一年中症状がある場合】通年性アレルギー性鼻炎の可能性があるそうです。 一年中、鼻水がでる場合は、ハウスダスト、ダニのアレルギーであることが多いとのことです。 【朝、夕の30分以内に症状がある場合】血管運動性鼻炎の可能性があるそうです。 気温の変化で過敏に反応した場合に鼻水が出るそうです。 熱はないけど、喉が痛い 【微熱が感じられ喉の痛みがある】急性咽頭炎の可能性があるそうです。 喉からくる風邪だそうです。 微熱で喉がイガイガする場合は、市販の総合感冒薬を服用し、睡眠・休息をとれば治る可能性もあるとのことです。 だんだん悪くなってくるようでしたら内科か耳鼻咽喉科に受診をおススメします。 【唾液を飲むだけでも喉の痛みがひどい】扁桃周囲炎の可能性があるそうです。 炎症がひどい場合、または、治療せずに放っておいた場合、扁桃腺の周囲まで炎症が広がってしまうと、食事はもちろん、水をのむのも痛みが増して難しくなってしまうそうです。 入院も視野に入れておくことが必要だそうです。 【更に炎症がひどくなった場合】急性喉頭蓋炎(きゅうせいこうとうがいえん)の可能性があるそうです。 喉頭外といわれる喉の奥の呼吸の通り道である気管の入口まで炎症で腫れてしまうため、窒息してしまう可能性もあるそうです。 急性の炎症では、一番危険な病気だといわれています。 即日入院し治療しなければならないそうです。 また、気管をふさいでいるようでしたら、気管切開が必要になってしまう場合があるとのことです。 熱はないけど、咳が続いている 【咳や発熱の再発を繰り返す場合】副鼻腔炎の可能性があるそうです。 色のついた鼻水が出ている場合にも副鼻腔炎の可能性があると書いたのですが、鼻水が出ていなくても喉の奥には、膿がたくさん溜まっていることが多いそうです。 鼻水が出ていないからといって、治療をせずに、喉の膿をそのまま放っておくと、何度も感染をしてしまい、咳などの症状が再発することを繰り返すことがあるそうです。 特に子供の場合、鼻水が出ていないので、外見上はわからないことが多いそうです。 鼻をかませ、出てきた鼻水の色を確認することが大切です。 色だけでなく、ベタベタしたねばねばの鼻水も膿だそうです。 耳鼻科か内科を受診し、今回の経過を医師に伝え、治療をしてもらうようにしましょう。 消化器症状が出て体が痛い場合 熱はないけど、お腹が痛い、下痢、吐き気、嘔吐がある ウイルスによる感染性胃腸炎の可能性があるそうです。 感染性胃腸炎は、細菌やウイルス、寄生虫なども原因菌となり、消化器症状をおこしますが、冬場ですと、ウイルスによる感染が多いといわれています。 特に、ノロウイルスや、ロタウイルスが原因となる場合が多いそうです。 ノロウイルスとロタウイルスの区別の仕方ですが、ノロウイルスは、子供も大人も感染し、胃腸炎の原因となりますが、ロタウイルスは、主に子供が感染し、米のとぎ汁のような白い下痢が出るのが特徴です。 家族にノロウイルスに感染した人がでると、家族全体で、感染に気を付ける必要があります。 症状はじわじわと出現してくる場合も急に出てくる場合もあり、一概には言えないそうです。 まずはお腹がなんとなく張ってくる、お腹が痛い、吐き気がするなどの症状が出てくるそうです。 先にお腹が痛い症状があらわれた後、下痢と嘔吐が始まるとのことです。 また、全身症状として、全身倦怠感、関節痛、頭痛なども症状が出現する可能性があるそうです。 熱ですが、出ることも出ないこともあるといわれています。 発熱はあっても38度前後ぐらいで、40度を超えるような高熱はあまり出ないそうです。 これらの症状は2~3日すると、回復するそうです。 【胃腸風邪にかかったら】 下痢や嘔気がひどいようでしたら、無理に食べる必要はないそうです。 胃腸を休めることが先決です。 胃腸炎になっているときに、無理やり食べても消化不良をおこし、さらに吐いたり下痢をしたりすることになってしまうそうです。 水分はスポーツドリンクなど電解質バランスの整ったものをこまめに数回にわけてとるようにしましょう。 水分を摂らないといけないと思い、一気にたくさん飲んでしまうと、反対に気持ちが悪くなったり、下痢が悪化してしまう原因にもなるそうです。 水分を嘔気や嘔吐で摂ることができないときは、早めに医療機関を受診し、水分が摂れないことを伝えましょう。 脱水症状が出ているかどうか医師に判断してもらい、点滴が必要になることもあるでしょう。 体が痛いときのまとめ 熱はなくて、体が痛い場合でも、風邪以外にいろいろな病気の可能性があると思います。 ここに書いた症状は一般的なものですので、症状がちょっと違う、だんだんしんどくなってきたなど、気になることがあったら、病院に行き、医師に相談するようにしましょう。 自己判断は危険です。 経過を注意深く観察し、容体が悪くなるようでしたら早めに医療機関にかかるようよろしくお願いいたします。

次の

新型コロナ「相談と受診の目安」に戸惑い 「だるさ」「息苦しさ」花粉症と区別できない: J

コロナ 背中 の 痛み 熱 なし

新型コロナウイルスに感染し入院中の女性患者が18日、SNSと電話を通じた取材に応じた。 女性は関東地方のキャバクラの従業員で3月下旬に発症。 入院から1週間で退院できる見通しだったが、退院に向けた2回目のPCR検査後に、容体が悪化。 背中に「ズキズキ突き刺さるような痛みを感じ、呼吸が苦しくなった」といい、今も入院が続いている。 女性は「感染するまでは私自身、危機感がなかった」と語る。 感染者が日々増え続ける中で、より強い警戒を呼び掛けた。 病院に行ったが、風邪と診断され、薬を出されただけだった。 その時すでに「味覚と嗅覚が無かった」と話すが「自分がコロナになるという考えはなかった」。 薬で熱が下がったため、試しに味が濃いであろう激辛ラーメンを食べてみた。 「味がしなかった。 でも、辛いからか、のどが痛いという感覚だけはあった」。 4月上旬。 発熱が4日間続いた。 職場の近くで陽性者が出たとも聞き、保健所に電話した。 病院で検査を受けるよう言われ、自転車で病院へ。 「2つの鼻の穴でインフルとコロナのPCR検査を受けた。 血液検査とエックス検査を受けた」。 インフルエンザは陰性。 翌日、新型コロナウイルスの陽性が確認され、入院した。 勤務先に陽性の連絡を入れると「保健所にこの店で働いていると言うな。 営業できなくなって、つぶれる。 無職と伝えて」と言われたという。 入院後、数日は発熱が続いたが、4日目には平熱に戻り「すぐ帰れるじゃんと思った」。 2回陰性が出なければいけない退院に向けたPCR検査。 1回目は陰性だった。 2回目の検査を受け、荷物の片付けを始めた夜、「背中の右側が痛くなった」。 容体は悪化し、痛みは増していった。 2回目の検査は陽性。 CT検査では「白い固まりを見た」。 新たな肺炎像だった。 痛みは1週間以上続き「寝返りも打てない。 直接触っても痛くないのに、背中をベッドにくっつけられない。 ズキズキと突き刺さる痛みだった」。 死の危険も感じた。 「痛みと恐怖で息が浅くなっていた。 このまま一気に悪化したらどうしよう」と不安が襲った。 体力低下を防ぐため「食欲が無くても無理やり食べるようにはしていた」と話す。 今は症状が落ち着いているが「2回連続で陰性が確認されないとダメなので、先が見えない」。 簡単には帰れないことを実感している。 自分でも感染前は危機感がなかった。 今は「自分はならない、大丈夫だとは思わないでほしい。 外出を自粛してほしい」と呼びかけた。 【佐藤勝亮】.

次の