面接 自己紹介。 説得力が違う!面接の自己紹介で人事の心を掴む3つの戦略

面接の自己紹介のポイント(好印象を与える回答例付き)

面接 自己紹介

よろしくお願いします。 面接における自己紹介と自己PRの違い まずは、面接における「自己紹介」と「自己PR」の違いを理解することから始めましょう! 結論から言うと、 自己紹介は「あなたの幅の広さを見せる時間」・自己PRは「あなたを深さを見せる時間」です! 少し抽象的な表現になってしまいましたね。 自己紹介の目的は あなたのこれまでの経験や趣味をチラ見せすることで、これから始まる面接での会話の広がりを人事部に期待させることが最大の目的と言い換えて差し支えないです。 一方、自己PRはあなたが学生時代に力を注いだことを深堀り、そのエピソードからあなたの能力や志向性をアピールすることが目的であると言えます。 自己紹介を設ける人事部の意図 自己紹介の定義が理解できたところで、エントリーシートを見ればわかる情報をわざわざ人事部が聞く意図についても解説しましょう。 人事部がわざわざ自己紹介の時間を設けるのには 「面接の話題探し」・「コミュニケーション能力の確認」・「アイスブレイク」の3つの目的があります。 自己紹介が下手な人は、この人事部の意図を理解できていないことが原因です。 以下で細かく紹介しますので、しっかり理解しましょう。 就活生の多くはガクチカを事前に練り上げて面接に臨みます。 しかし、ガクチカだけであなたを全て表現することはできませんよね? 人事部は少しでもあなたという人間を知るための糸口が欲しいため、ガクチカで語られるエピソード以外の側面を知りたがっています。 そのため、自己紹介ではガクチカで語るエピソードとは別の話題を提供するように意識しましょう。 あなたの幅の広さを見せつつも、長ったらしくならず話を端的にまとめる力(=コミュニケーション能力)が求められるのです。 実際、ビジネスの現場でも報告は1分程度で求められることが多いです。 忙しい社会人にとって「端的にわかりやすく相手に伝える」という力は、とても大切な能力の1つなのです。 そう考えると、あれもこれも盛りだくさんで長々と話す学生はビジネスシーンで求められる上述のような能力がないというマイナスの印象を与えてしまいかねません。 就活生の皆さんは予め話す内容を準備してきて、他企業でも同じように面接を繰り返していると思いますが、 面接官からすると目の前の学生が一体何を話し始めるのか全くわからない状態です。 そのため、面接官自身も自己紹介を通して少しでも就活生と打ち解けたいと考えています。 人事部の本音を知っていれば過度に緊張することもなくなると思います。 是非、面接でいつも緊張してしまう方は「人事部もカッコつけてるけど緊張しているんだろなぁ」という気持ちで自己紹介に臨むようにしてください(笑) 人事目線/評価される自己紹介を作るポイント では、人事部の意図を汲んだ上手い自己紹介はどのように作り込めば良いのでしょうか? 自己紹介で欠かせないポイントを端的にまとめた自己紹介は以下4つのステップを踏むことで作ることができます! step 1自分をどういう人間だと面接官に印象付けたいか考える step 2その自分を表現できるガクチカと被らないエピソードを考える step 3そのエピソードの中の重要なキーワードを抽出する step 4分で話せる量にまとめる では、それぞれのステップを細かく確認していきましょう。 自分をどういう人間だと面接官に印象付けたいか考える まずは 自分が面接官にどのような人間と印象付けたいか考えましょう。 戦略を立てず臨むと思いもよらない印象を与えたり、「その他大勢」の学生に成り下がってしまいます。 「挑戦心に溢れている」「冷静で堅実的」「明るくエネルギッシュ」等の内面的な部分を固めることが肝心です。 その自分を表現できるガクチカと被らないエピソードを考える 次に、 その内面性を最大限に表現できるエピソードを考えましょう。 エピソードを付け加えることであなたの内面性に説得力を持たせることができます。 また、前述の通りチョイスするエピソードはガクチカで話す予定のエピソードと被らないように注意しましょう。 そのエピソードの中の重要なキーワードを抽出する エピソードを見つけることができたら、 次はそのエピソードであなたの内面性を特に表現できるキーワードを抽出しましょう。 自己紹介は通常30秒~1分程度であるため、残念ながらエピソードを全て話すことはできません。 そのため、エピソードの中でも特に内面性を色濃く表すキーワードを見つける必要があります。 伝えたい内面性が「明るくエネルギッシュ」・エピソードが「新聞の訪問販売のアルバイト」であった場合、どんなキーワードを伝えれば人事部に「明るくエネルギッシュに新聞の訪問販売のアルバイトに力を入れたんだなぁ」と思ってもらえるでしょうか? 例えば、「1日当たりに訪問した件数」「契約獲得件数」「門前払いされてもめげなかった様子」等を伝えれば「明るさ」や「エネルギッシュさ」が伝わるでしょう。 キーワードを抽出するポイントは「具体性」と「独自性」です! 一言で面接官の方がなんとなくエピソードの情景が想像できるキーワードを探してみましょう。 1分で話せる量にまとめる 最後の仕上げとして、先程のステップで抽出したキーワードをちりばめて 「簡潔で分かりやすい」自己紹介をまとめてみましょう! 自己紹介は大抵、 1分程度で済ませるよう求められます。 ちなみに、1分間で聞き取りやすく話せる文字数は 約300字程度であると言われています。 伝えることのプロであるアナウンサーも 1分間に 300文字を目安に読むようにトレーニングしているようです。 人事目線で評価される自己紹介の例文 さて、これまでご解説してきた人事目線の自己紹介の目的・作り方のステップをおさえた自己紹介の例文を紹介しましょう。

次の

【徹底攻略】英語面接でそのまま使える!自己紹介フレーズ&例文をご紹介 AmazingTalker®

面接 自己紹介

就職活動の面接では、基本的に冒頭で「自己紹介をどうぞ」と質問されることが多いです。 その際、自己PRとごっちゃになってしまい、どんなことを話せばいいのかわからない人もいるかもしれません。 自己紹介は「面接への入口」にあたります。 そのため、面接を上手く進めていくにはこの 自己紹介がカギを握るのです。 しっかりと紹介ができれば、自分にとって有利に面接を進めることができますが、そうでなければ不利に働くでしょう。 そのため、面接では「つかみ」が重要になります。 自己紹介で面接官の興味を引くことができれば、その後の志望動機といった質問も答えやすくなるはずです。 自己紹介のつかみ次第で面接の展開は変わっていくため、そのテクニックを知っておきましょう。 面接で「自己紹介をどうぞ」と言われた際は、自己PRとなるべく区別しなければなりません。 経歴や特技などは伝えるべきですが、新卒の就活生に関してはそこまで詳しく取り上げなくても問題ないでしょう。 ただし、 PRをメインにして長く話し過ぎるのは逆効果です。 簡単な意気込みを伝えるのはOK 自己紹介で簡単な意気込みなどを伝えるのはOKです。 自己PRなどのように細かなエピソードや情報を盛り込まなくてもよいでしょう。 自己紹介はあくまで「つかみ」であり、経歴などを簡単に伝えることが求められます。 どこまで意気込みを伝えるかは質問の仕方によって異なるため、 面接官に興味を引かせながら次の展開につながるようにしましょう。 最初からアピールしすぎるのは逆効果 面接の自己紹介で最初からアピールし過ぎるのは逆効果です。 あまり長く回答しても面接官にとっては伝わりづらく、印象もあまり良くありません。 また、上述したように質問の意図を理解しているか、コミュニケーション能力あるかが見られているため、アピールばかりだと「質問を理解していない」「聞く耳を持たない」との 悪印象を抱かれかねません。 面接は相手にどう聞こえるかや受け取られるのかも意識しなければいけないため、どんな項目を話すべきか念入りに確認しておきましょう。 自己分析の浅さは、人事に見透かされる 就活で内定を勝ち取るためには、自己分析をして自己理解を深める必要があります。 自己分析を疎かにしていると浅い答えしか浮かばず、説得力のある回答ができません。 そこで活用したいのが、自己分析ツールのです。 My analyticsを使えば、 36の質問に答えるだけで、あなたの強み・特徴を見える化できます。 My analyticsでサクッと自己分析をして、選考を突破しましょう。 自己紹介では、特技や趣味など話のネタを持っておくとよいでしょう。 面接官が興味を持ってくれれば、話が広がるきっかけになるかもしれません。 自己紹介する時は、 趣味や特技についても簡単に盛り込んでみるのがおすすめです。 質問されてもある程度答えられる項目にしておきましょう。 自己分析と並行しながら検討する 自己紹介の内容を考える際は、自己分析と並行して進めてください。 簡単な意気込みなどを伝えるに、自己理解や企業分析が必要だからです。 アピールにつなげるためには、自分にどんな特徴・強みがあるかどうかを理解しておかなければなりません。 しっかりと 自分の強みと企業が求めている人材像との関連性を検証しながら、作業を進めましょう。 自分を一言で紹介するキャッチコピーを作る なかなか高度なテクニックかもしれませんが、タレントのように自分を一言で表せるようなキャッチコピーを作るのも、魅力的な自己紹介になるコツのひとつです。 キャッチコピーがありきたりなものだと、面接官の興味を引くことは難しいかもしれません。 もっと知りたいと思わせるキャッチコピーができれば、その後の面接を有利に進められるでしょう。 抽象的な表現は避ける キャッチフレーズを考える際に注意しておきたいのが、抽象的な表現です。 「協調性がある」、「社交的」などという言葉は、志望者の自己紹介を聞いた面接官が、 相手の感想をメモするときに使う言葉になります。 文字数が短い分インパクトは強いのですが、自己紹介をする側から言うべき言葉ではありません。 自己紹介は、例文のように文章にして書き出して、そのまま丸暗記するという方法をとる人も多いかもしれませんが、伝えたいことを箇条書きにしましょう。 文章をそのまま丸暗記すると、話したときに棒読みのように聞こえてしまいます。 また、途中で忘れてしまったりした場合、リカバリーが難しくなってしまうでしょう。 箇条書きした内容をもとに練習をしておくことで、構成が予定と異なっても 軸がぶれずに自然に話すことができるのです。 60秒程度で話しきれるのが目安 自己紹介では、伝えるべき項目を漏れなく盛り込まなければいけませんが、ダラダラと長い文章は必要ありません。 時間の目安は60秒程度です。 文字数でいうと、 250~300文字がちょうどいいでしょう。 速すぎないスピードでハキハキと話して、60秒程度になるよう調整してください。 ただし、企業によっては時間指定があるので、2分、3分といくつか設定しておくとよいでしょう。 話すスピードや抑揚を意識する 自己紹介では、話すスピードや抑揚を意識してみましょう。 話すスピードが早すぎると、面接官も聞き取りづらいです。 そのため、早口にならないように注意しなければなりません。 また、自己紹介で強調したいポイント、キーワードになるところは抑揚をつけることがポイントです。 話し方に緩急をつけると相手にとっても聞き取りやすいので、ぜひ意識しましょう。

次の

転職面接での「自己紹介・自己PR」の回答事例と注意点

面接 自己紹介

でも予め英語で喋る内容を準備をしていれば少しはリラックスして受けられるかもしれません。 この記事では英語面接の自己紹介で使えるフレーズをご紹介します。 ぜひこれを読んで自信を持って英語面接で自己紹介できるように備えましょう! はじめの挨拶ってどうするの 清潔感で与えた第一印象を確かなものにするのが「挨拶」です。 将来の職場仲間になるかどうかを決める際に、気持ちのよい挨拶をする人か、陰険な雰囲気で黙っている人かというのは十分に大きな判断材料となるでしょう。 英語での面接の際は、緊張していたり、英語への不安もあったとしても 堂々と振る舞うことが大事です。 緊張をほぐすためにも、明るい声で挨拶をするようにしましょう。 ではどのような挨拶をすれば良いのでしょうか。 本項では面接でのおすすめ挨拶フレーズをご紹介いたします。 最初の一言 Good morning Ms. Bennett, it is pleasure meeting you おはようございます、ベネットさん。 お会いできて光栄です。 Good afternoon Mr. Dennis, it is very nice to meet you in person こんにちは、デニスさん。 直接お会いできて嬉しいです。 お会いできて光栄です。 Good afternoon, I am Kenji Yamada. It is very nice meeting you. こんにちは。 私は山田健司です。 お会いできて嬉しいです 面接官から先に挨拶があった場合は 面接官の方から先に挨拶があった場合は基本的に同じ言葉を返すようにします。 Dennis. はじめまして、今日の面接を担当するジョーイ・デニスです。 はじめまして、デニスさん。 Hello, How are you doing? 調子はどうですか? 大変良いです。 あなたは? How do you do? How do you do? Hello, it is pleasure to meet you, Ms. Smith こんにちは、鈴木花子さんですね。 私はジェーン・スミスです。 こんにちは。 スミスさん、お会いできて光栄です。 Thank you for coming. ようこそお越しくださいました。 大変光栄です。 次に感謝を述べてみよう Thank you very much for this opportunity. It is a pleasure for me to be here. この度は面接の機会をいただきありがとうございます。 この場にいることを大変嬉しく思います。 Thank very much you for inviting me to the interview today 本日面接をしていただきありがとうございます。 Thank you for taking the time to meet me today. 面接の機会をいただき、ありがとうございます。 面接官の高頻出フレーズといえば Tell me about yourself もはや面接官の 鉄板フレーズと言えるでしょう。 直訳すると「あなたのことを聞かせて下さい」になりますね。 でも、友達になりたいからと余暇の過ごし方や、好きなアーティストついて聞いているわけではありません。 これまでの 学歴や キャリア、そして応募しているポジションに役立つ スキルや 経験をアピールする場と考えましょう。 そしてここでも忘れてはいけないことは 堂々とすることを忘れないようにしましょう。 それでは具体的にどの様なことを伝えれば良いのでしょうか。 大きく3つのポイントを抑えることが必要です。 どんな会社で、どんな役職で、何年働いていたか• 業務内容、そこで何を学んだか• 面接を受ける会社の求人と自分がマッチしている理由 これは日本でも定番の内容ですね。 それでは英語ではどのように伝えたら良いのでしょうか。 英語の面接で自分紹介するのに役立つフレーズと例文をご紹介します。 名前編 面接が始まった際に改めて自分の名前を伝えましょう。 改めて名乗ることで相手に自身のことを印象付ける作用があります。 言い慣れた名前を口にすることで緊張も解れることでしょう。 I devoted myself to research on designing reusable-energy power plant ABC大学で産業工学の修士号を取得しました。 そこで再生利用エネルギーの工場設計について研究しました During my high school, I participated in an long-term volunteer work at a day-care center for children where I learned about the importance of early childhood education, and gained real-world experience as a nursery teacher 高校時代、子どものデイケアセンターでの長期ボランティアに参加しました。 そこで早期教育の重要さを学び、幼児教育者としての実際の経験を積みました。 クラスでは日本での知的財産侵害の事案の研究、討論が多くおこなわれるので、日本の知的財産のシステムについて深く理解するのに役立っています I have completed an internship at marketing department of XYZ corporation when I was senior in ABC college. ABCカレッジ4年生の時に、XYZ社のマーケティング部にインターンしました。 職歴 お役立ち基本フレーズ編 I work for 会社名 as a 役職 for 年数 私は 役職 として 年数 の間、 会社名 で働いています。 I am a 役職名 with 年数 years of experience 私は 役職名 として、 年数 の経験があります。 As a sales manager, I have joined more than 15 project teams at XYZ company. I recently worked on international expansion projects. 私はセールスマネージャーとして5年の経験があります。 After graduating, I started my career as accountant at XYZ company. 私は会計士の資格を持っていて経理マネジメントと確定申告業務に精通があります。 卒業後にXYZ社で会計士として働きはじめました。 I have 5 years professional experience in the acting field in Japan. I have performed 2 theatre dramas and 4 TV dramas. 私は5年間日本での役者経験があり、2作の演劇と4作のドラマに出演したことがあります。 I was a quality control manager specializing IQ Improvement in Quality. The experiences of analyzing the customer feedbacks on the products helped me to expand on my market-research skills while contributing to customer satisfaction. 品質改善専門の品質管理者でした。 顧客評価の解析経験は、顧客満足度の向上だけでなく市場調査の市場調査スキルを磨くのに役立ちました。 私は7年の指導経験がある小学校教師です。 私の小学校教師としての仕事は、教えることだけでなく、学生たちの学習意欲を高めることだと考えています。 ぜひここで紹介したフレーズを英語面接の自己紹介で役立ててみてくださいね。 緊張しても堂々と落ち着いて喋ることを忘れずに、頑張ってくださいね。

次の