ヒカゲ シビレ タケ。 ヒカゲシビレタケ 場所, ヒカゲシビレタケ(日陰痺茸、psilocybe argentipes)は、ハラタケ目 モエギタケ科 シビレタケ属のキノコである。 日本菌類百選のひとつで、日本原産の幻覚キノコ [1]。アイゾメシバフタケ(psilocybe subcaerulipes)として試食を経て先に幻覚作用を発見した横山和正が [2] 、1976年に新種報告した [3]?

『油山はキノコの山 その2』

ヒカゲ シビレ タケ

募金活動についてご指摘があったので回答をさせていただきます。 「告知をして大丈夫なんですか?」というご質問があったのですが、 「なるべくたくさんの人にご協力していただきたいので、ブログやツイッターをやっ ている方は、お知らせをしていただけると嬉しいです」 と、事務所から言われているので大丈夫です。 ご心配ありがとうございます。 強制ではないので、告知している人していない人は、それぞれの判断でいると思いま す。 事務所側で参加者を告知しないのは、当日急にお仕事になり、何人も不参加になる可 能性があるからです。 時間帯が曖昧になっているのは、上記と同じ理由もありますが、 〇時〜〇時と発表してしまうと、特定の時間だけ人が集中して混乱を招く恐れがある ので、大体このぐらいにいます…という形でお知らせするように言われているのです。 告知がOKになっていても、当日「誰々が来てる!」という情報流出が禁止になってい るのは、そういった理由からです。 小さい頃、大好きでよく買ってました。 久し振りに見たわ、スノードーム。 みんなのアイドル。 右のは、斑点の大きさがリアルだから雪に隠れちゃうの。 そこも良い。 まぁ、どちらも毒きのこなので見分けがついてもつかなくても、手は出さぬよう。。 ベニテングダケって苺っぽいから、そのうち女子の間で大流行りするのではないかと 思っている。 いや、きのこモチーフとしては相当ヒットしている代表的デザインですが、リアルな ほうがね。 「まじベニテングダケやばいよねー」みたいな。 どうでしょう。

次の

シビレタケ属

ヒカゲ シビレ タケ

() : : : : : : : シビレタケ属 1871 () Fr. Kumm. 1871 Agaricus "trib. " Psilocybe Fr. 1821 種 本文参照 シビレタケ属( Psilocybe)とはのキノコの属のひとつ。 世界で広く分布している。 多くの種が幻覚性化合物を含まないにもかかわらず、幻覚作用からよく知られた種であり、として広く知られている。 幻覚作用のあるやを含んでいることが多く、日本ではこれを含むキノコ類は(菌類であるが)として故意の採取・所持・使用が禁止される。 傷つけると青く変色する種が多いが、変色しない種もある。 すべての種がである。 などの食菌と似ているものもあるので注意を要する。 またなどの猛毒菌に形の類似したものもある。 特徴 [ ] シビレタケ属の子実体は多くが小さく、特徴のない、形態学的には典型的な「小さなブラウンマッシュルーム」である。 肉眼的にはこれらは小型から中型で、茶色から狐色、たいてい乾燥すると変色し、胞子紋の色はライラックブラウンから暗紫褐色である。 幻覚を起こさせる種は多くが傷ついたときに青く変色する。 顕微鏡的には、皮膚上の表皮を持ち、クリソシスチジアを失っている。 胞子は表面が滑らかであり、楕円から細い菱形、準六角形などの形があり、それぞれの頂点が発芽孔になっている。 生態学的には全ての種がであり、様々な腐敗した有機物に生育する。 特産の は、傘がひだを巻き込んで閉鎖した ()の一つであり、他のシビレタケ属同様にシロシビン類を含有する。 傷つけると青色に変色するのは、インドール性であるシロシンやシロシビンが酸化された結果である。 菌核の形成 [ ] ()は、2007年にシビレタケ属の模式種として提案された。 2002年のMoncalvoらによる分子系統学による研究は 、現在定義されているシビレタケ属がであると明らかにし、お互いに直接関係しない2つの別個のに置かれ、青変する幻覚作用を持つ種が一つのクレードになり、青変しない種がもう一つのクレードに置かれた。 以前の模式種は青変しないグループの Psilocybe montana であったが、2010年には模式種は青変する Psilocybe semilanceata に変えられている。 2006年のMoncalvoらによるの分子系統学研究では 、さらに広範囲で両者の別を証明しており、ハラタケ目の系統樹を強く支持するものだった。 シビレタケ属は分類学的にに位置しており、この分類は胞子と表皮の形態を基にしている。 Mathenyらによる分子系統学では青変しないものとそれに根本的な位置で近しい関係のものをモエギタケ科の基底に置き、関連分類群をこの科の他の属に含まれるクレードに位置づけている。 しかしながら、もう一つのクレードを構成している青変する種は新編された ()のに関連している。 Moncalvoらの系統額的研究は 、ハラタケ類の Melanotus属が青変しないシビレタケ属のサブグループである可能性を強め、また Kuehneromyces属や Phaeogalera属と間の近い関係を指摘している。 2007年にはRedheadらによる論文でシビレタケ属は Psilocybe semilanceata を模式種として保持することが提案された。 この提言は2010年世界植物科学会議菌類命名法委員会に満場一致で採用され、これによって青変するタイプである Psilocybe semilanceata はシビレタケ属の模式種となった。 以来 Psilocybe semilanceata は模式種であり続けており、今後はおそらく青変するクレードがシビレタケ属に維持され、青変しないクレードはおそらく Deconica属に移動する。 主な種類 [ ]• Psilocybe venenata - ワラくずなどに発生。 傷つけたり触れると青く変色する。 Psilocybe argentipes - この属の中でシロシビンの含有量が多い。 詳しくは該当記事を参照。 Psilocybe subcaerulipes - イネ科植物の間から発生。 傷つけると青く変色する。 Psilocybe cubensis - シビレタケモドキとも野生動物糞上に発生。 傷つけると青く変色する。 Psilocybe subaeruginascens - ワラくず、もみ殻などから発生。 傷つけると青く変色する。 Psilocybe Fasciata - もみ殻上や林内地上に発生。 傷つけると青く変色。 シビレタケと同種との説あり。 () Deconica coprophila - 旧 Psilocybe coprophilaで上記の通り移動。 野生動物の糞上に発生。 変色性はない。 ニコラス・P. マネー『キノコと人間 医薬・幻覚・毒キノコ』小川真訳、築地書館、2016年、164頁。 Mushroom, 2011. Cornelis, Schrevel 1826. 358. 2011年10月4日閲覧。 Paye Y. 2003. Erowid. org website. 1983. The Genus Psilocybe: a systematic revision of the known species including the history, distribution and chemistry of the hallucinogenic species. Beihefte zur Nova Hedwigia 74. Vaduz, LI: J. Cramer. [out of print]• Largent DL and Baroni TJ. 1988. How to identify mushrooms to genus VI: modern genera. Eureka, CA: Mad River Press. 油谷幸子、織田真佐子、橋本貴美子「ヒカゲシビレタケの青変反応に関する化学的研究」『日本薬学会年会要旨集』第126巻第4号、2006年、 39頁。 日本菌学会『菌類の事典』朝倉書店、2013年、63-64頁。 京堂健「シロシベ・タンパネンシス」『オルタード・ディメンション』第9号、2001年、 43-51頁。 Pellegrini, Manuela; Rotolo, Maria Concetta; Marchei, Emilia; et al. 2013. Drug Testing and Analysis 5 3 : 182—185. 2002. One hundred and seventeen clades of euagarics. Molecular Phylogenetics and Evolution 23:357-400. Available from:• 2006. Mycologia 98:982—995. Redhead, Scott; Moncalvo, Vilgalys, Matheny, Guzman-Davalos, Guzman February 2007. Taxon 56 1 : 255-257. Norvell, Loreli February 2007. Taxon 59 1 : 291-293. Twitter この項目は、に関連した です。 などしてくださる(/)。

次の

たまごの工房 個展・企画展情報blog

ヒカゲ シビレ タケ

:ヒカゲシビレタケ、またはアイゾメシバフタケのキノコの画像のをお願いします。 ( 2017年12月) ヒカゲシビレタケ : : : : : : : : ヒカゲシビレタケ Psilocybe argentipes Yokoyama ヒカゲシビレタケ ヒカゲシビレタケ(日陰痺茸、 Psilocybe argentipes)は、のである。 日本菌類百選のひとつで、日本原産の。 アイゾメシバフタケ Psilocybe subcaerulipes として試食を経て先に幻覚作用を発見した横山和正が 、1976年に新種報告した。 この2種の肉眼での区別は困難である。 首相官邸に発生し話題となったこともある。 幻覚成分がに有効であるとする先行研究から、2010年までににて本キノコを用いた基礎研究がおこなわれた。 平成時代(平成22年まで)のシロシビン含有キノコでは中毒が最も多い。 特徴 [ ] (きのこ)は、傘が直径1-5cm程度であり、茶褐色。 粘性はない。 幼菌時は釣鐘型で、生長するとが開く。 ヒカゲシビレタケとアイゾメシバフタケとの違いは、野外において肉眼で区別することは非常に困難である。 や、 、と間違え誤食した例がある。 ナラタケとは、群生する点や軸につばを有する点が共通するため注意が必要である。 向精神性成分の・を含む本属は傷つけると、その部分が暗いに変色するという特徴がある 青色反応; blueing reaction。 誤食を防ぐ目安にするとよい。 生態 [ ] 半日陰の場所に春から秋に発生。 公園や道端の草地など身近にも発生。 山形県より以南。 日本ではのみで分布が確認されており、特に温暖な地方に多い。 人家周辺に比較的普通に発生する。 発生事例は、東京永田町の白樫の根元 、宮城、新潟、埼玉、滋賀、大阪、京都。 2005年10月、の前庭のの根元に4cmほどの本種が数本発生しているのが発見された。 これを目にした当時のが「食べられるのかね? 東京でキノコか、面白いね」と語ったことが報道で取り上げられた。 当時のメールマガジンでも「早速調べてみたい」と記していた。 近縁種 [ ] 本種は1976年に横山和正が新種報告した。 当初、アイゾメシバフタケ Psilocybe subcaerulipesとして横山が試食して幻覚作用を発見し、後に新種報告したものである。 本郷が1958年に発見したアイゾメシバフタケ Psilocybe subcaerulipes には 、本・ヒカゲシビレタケ P. argentipesのほかに、とYangによる台湾のP. taiwanensis、グスマン、Ramirez-Guillen、KarunaratnaによるタイのP. thaizapoteca がある。 栽培 [ ] 培地はスギ、コナラの木粉、米、麦など幅広く適応するが、糞や堆肥を培地とした場合の成長は貧弱である。 アルカリ性を好み、10-35度で生存し、至適温度は30度。 培養は18-24度、原基形成から400-800ルクスの明かるさを必要とし7-13度、子実体には10-18度。 毒 [ ] 「」も参照 本種はシビレタケ属の中でも催幻覚性成分のの含有率が高い。 いわゆるの一種として知られており、で麻薬原料植物及び麻薬として規制され、故意の採取・所持・販売が禁じられている。 しかしまた、その含有成分の量は採取地、時期などによって重量当たり、0. 先行するアメリカでのに対するの有効性から、2010年までににて日本原産のきのことして基礎研究が行われた。 マウスに対するヒカゲシビレタケ抽出物のキログラム当たり0. 1-1グラム投与では、抗強迫作用が見いだされた。 状況の精神作用に対する影響はと呼ばれ、毒だと思うと気持ち悪くなり二度とキノコ狩りをせまいと思うが、ハイになるために食べたと思えば気分も悪くならず好ましく感じる。 発見者、横山和正の中毒体験では、1972年の梅雨に道路沿いの砂土に生えたキノコを3人の学生と共にホイル焼きにして食べると、5本食べた横山は四肢が痺れ額に汗をかき、視覚的には美しい七色の虹(光)が空から降ってきた。 翌日には軽快した。 1980年の宮城の例では、3本のキノコを食べると30分ほどで物が赤黄緑に見えはじめやがて幻想的に動き、万華鏡の鮮やかな幻覚が生じ、麻痺しまっすぐ歩けず、死の恐怖を感じ不快な体験であった。 彼の妻も同様の体験。 1984年に宮城県で起きた例では、家族の中の夫が6-7本のキノコを汁にして摂ると30分以内にウイスキーに酔ったように感じ、手足が無感覚になり空中に体が浮いているように感じ、1時間後には立つこともできなくなり、視覚的には静止した物が上下左右に揺れ動き、医師が到着したころには体温と血圧は正常範囲であった。 しばらくすると眠り、起こそうとする刺激に反応せず、翌朝起きると医者が来てからの記憶がなかった。 妻は3本を食べ30分後には目まいがして立っていられず、眠くなったが寝たら死ぬと考え、中毒が去ってから恐ろしい夢の中だったと感じた。 祖母(妻の母)は立っていられず寝床に行ったが、部屋の中の物は揺れ動き、非常に明るく見え5時間ほどかけ視覚効果は弱まっていった。 1985年の山形での中毒例では、1杯半のキノコ汁と酒を三合飲み胃洗浄で20本が確認された者は、中毒でもうダメかと思ったときに花で飾られたトンネルが見えてきて、向こうから「あべーあべー(行こう行こう)」という声が聞こえてきて逃げようともがいた。 また、歯ごたえがありおいしいので2杯食べた者は、宇宙でポツンと地球の上に立っているヴィジョンと、自分の子供の頃の走馬燈と繰り替えし、恐ろしいというより神秘的で美しかったという。 他の文献:。 宮城で所々堆肥化した雑草地で採取したというキノコをもらい野菜とでミソ汁にして食べると、幻視幻聴、倦怠感、血圧低下、不整脈などがあり肝臓検査は正常値であった。 1999年の埼玉で、庭でとったきのこを炒めてナスと煮込んで食べると30分ほどでゾクゾクし、視界が白っぽく見え瞳孔が開いていることから病院へ行き胃洗浄を受けたが幻覚は続き、車から飛び降りようとしたり、亡くなった両親と鮮やかに会話もし、むしろ愉快な体験であったという。 翌日には改善した。 平成元年から平成22年までのシロシビン含有キノコの中毒では60名と、2位以下の10名を超えない他のすべての菌種より多い。 含有量 [ ] 定量では、ヒカゲシビレタケ1本あたり、シロシビンは7. 28-8. 86mg含まれた。 1本食べただけで中毒症状を起こしうる。 出典 [ ]• 長沢栄史、根田仁、原田幸雄、奥沢康正、奥田徹、細矢剛「日本菌類百選」『日本菌学会会報』第48巻第1号、2007年6月1日、 17-20頁、。 時事通信. 2005年10月13日. 2017年12月20日閲覧。 もっと長い報道がかつてにあった。 科学研究費助成事業データベース. 2017年12月5日閲覧。 および 「 」• 長沢栄史『日本の毒きのこ』学習研究社、2009年、増補改訂版、39頁。 中島淳志、吹春俊光『しっかり見わけ観察を楽しむ きのこ図鑑』ナツメ社、2017年、131-132頁。 成田伝蔵『きのこ』北隆館〈フィールドセレクション〉、1991年、114、132頁。 Koike, Yutaka; Wada, Kohko; Kusano, Genjiro; Nozoe, Shigeo; Yokoyama, Kazumasa 1981. Journal of Natural Products 44 3 : 362—365. Guzman, Gaston; Cortes-Perez, Alonso; Ramirez-Guillen, Florencia; et al. 2013. International Journal of Medicinal Mushrooms 15 6 : 607—615. 特許庁「2-1-21-1 シビレタケ属のきのこ(Psilocybe spp. )」『』 pdf 特許庁、2005年。 草野源次郎「キノコの毒成分」『遺伝』第39巻第9号、1985年9月、 p32-36、。 The Marriage of the Sun and Moon, 1980• Musha Morihiro、Ishii Atsushi、Tanaka Fumio、Kusano Genjiro「」『The Tohoku Journal of Experimental Medicine』第148巻第1号、1986年、 73-78頁、 :、 、。 牛沢勇、片桐信や、加藤鉄三、千葉正道「県内に発生した幻覚性きのこによる食中毒について」『宮城県衛生研究所年報』第56号、1980年、 46-49頁。 牛沢勇「」『食品衛生学雑誌』第26巻第5号、1985年、 550a-551、 :、。 長谷川岳弘、浦上秀一、長谷川芳男「きのこ中毒の1症例」『日本救急医学会関東地方会雑誌』第20巻第1号、1999年6月、 208-209頁。 外部リンク [ ]• (厚生労働省)• (大菌輪) この項目は、に関連した です。 などしてくださる(/)。

次の