四 天王寺 中学校。 四天王寺中学校・高等学校

大阪トップクラス名門女子校「四天王寺中学」の偏差値と魅力

四 天王寺 中学校

- 目次 -• その地は聖徳太子が建立した『四天王寺』 四天王寺中学は、高校と同じ敷地内にあり、あの聖徳太子が建立したといわれている四天王寺境内の中に位置します。 和の精神を尊び、聖徳太子の教えを礎に、信念のある女性の育成に尽力しています。 校訓には聖徳太子の十七条憲法にある「和を以て貴しとなす」が引用されています。 うつくしい建物のつくりは、そこに立ち止まるだけで古の時の流れを感じさせてくれます。 大阪トップと名高い名門女子高 近年、名門進学校としての名声を高めているのはひとえに医学部への進学率の高さからです。 医学部、薬学部を目指す学生が集まる「医志コース」は偏差値75の驚異の数字をたたき出しています。 実際に内部進学し、高校からの進学先は、東大・京大・阪大へ50名以上が進学した実績も持っています。 間違いなく西のトップの名を欲しいままにしています。 四天王寺中学の4つのコース 医志コース 国公立大学、最難関となる医・歯・薬系学部を目指す生徒のためのコースです。 このコースを経た卒業生の多くが、医療の現場で活躍しています。 四天王寺中学の花形といっても過言ではないほどのトップレベルのコースです。 授業の速度も速く、内容も濃度が濃く、ついていくだけでもかなりの難易度といわれています。 ただでさえ狭き門である四天王寺中学の中でも、入るのにも相当な努力が必要な最難関です。 英数IIコース 基礎学力は当然のことながら、応用力、理解力の高さが問われるコースです。 自ら学ぶ石木を高く持ち、自学自習の精神で学問に向き合う強さが必要となります。 英数IIコースの偏差値は73で、偏差値75といわれている医志コースよりもやや劣るものの、そん色ないレベルの高い偏差値を誇ります。 質量ともに豊富な問題演習を繰り返し、実践に役立つ応用力を養います。 英数Iコース まずは基礎学力を固め、実践へと活かすために学ぶためのコースです。 英数IIに比べると難易度は下がるものの、それでも偏差値は71と少々の進学校では太刀打ちできない数字をたたき出しています。 それもそのはず、英数Iコースは英数IIに比べて少人数なクラスとなっているため、充実した指導を受けることができるからです。 いつでも英数IIコースにコース変更できるよう、学習方法や、学習に対する姿勢まで徹底して教育を行います。 文化・スポーツコース 勉強だけでなく、すべての才能ある女性を発掘し、育て、世の中に送り出すことを目的としている「文化・スポーツコース」です。 中学ではまだつぼみのままの才能も、大切に育てていくことで、高校で「スポーツ・芸術コース」と連携し、大輪の花を咲かせるために設立されました。 このコースでは学力よりも、アーティスト・アスリートであることが最も重要視され、世界に通用する人材を育てるため、最高の教育環境を整えています。 このコースに入学するには、所属チームの監督などの推薦・紹介がないと受験することもかないません。 偏差値ではなく、あくまでも才能を重視するコースといえるでしょう。 文武両道、大和撫子ここにあり これだけの偏差値をはじき出す名門進学校であると同時に、文化・スポーツを設立しているだけあり、部活動も大変盛んにおこなわれています。 各スポーツ部には相当な有名選手が在籍していることでも有名です。 規律やマナーに厳しい面もあるようで、精神面でも鍛えられます。 ただし、やはり勉強のほうに重きを置く生徒も多く、部活には入らず帰宅部として、学校と塾に追われる生徒も少なくはありません。 四天王寺中学の入試 入試教科は、国語・算数・社会・理科の4科目です。 点数は国語と算数がそれぞれ120点、社会・理科は80点、合計400点で計算されます。 受験者数は例年500~600人程度で、合格者の平均点は平成29年度で206点と発表されています。 最高得点でも287点となっていますので、入試からして相当難しいことが読み取れます。 みなさん合格を目指して、大手の名門進学塾で相当な努力をされておられます。 それだけ努力する価値がある学校だということです。

次の

大阪トップクラス名門女子校「四天王寺中学」の偏差値と魅力

四 天王寺 中学校

「」も参照• - 大阪府私立学校審議会により四天王寺学園中学校設置認可が適当であると答申される• - 四天王寺学園中学校開校• - 四天王寺学園高等学校開校• 4月 - 四天王寺東中学校・高等学校に改称(予定) 年間行事 [ ] この項目では四天王寺学園中学校・高等学校に特色のある行事のみを記載する。 4月 - 花祭り・新入生授戒会• 6月 - スポーツ大会(体育祭・球技大会)• 7-8月 - 夏期特別講習• 9月 - 文化祭• 10月 - 校外学習、修学旅行(中学校第3学年)• 11月 - 英語スピーチコンテスト• 12月 - 冬期特別講習• 2月 - 音楽祭、学園創立記念日• 3月 - 春期特別講習 高等学校におけるコース [ ]• S特進コース - 四天王寺学園中学校から進学する生徒によって構成される中高一貫コース。 外部募集はなし• 特進コース - 難関国公立・私立大学を目指すコース。 外部募集で、3年間中高一貫生とは別にクラス編成される。 進学コース - 3年間、中高一貫生とは別にクラス編成される。 四天王寺大学・四天王寺大学短期大学部に優先入学制度が充実している。 教育内容 [ ] 中高一貫制 [ ] 四天王寺学園中学校・高等学校では、前期2年間の基礎力養成期間(中学校の第1学年及び第2学年)、中期3年間の実力養成期間(中学校第3学年並びに高等学校の第1学年及び第2学年)、後期1年間の実践力養成期間(高等学校第3学年)に区分する「2-3-1制」を採用する。 中学校第3学年修了時点までに高等学校第1学年の学習内容をほぼ完了し、高等学校第2学年修了時点までに高等学校の全課程の学習内容を完了する予定である。 知育 [ ] 四天王寺学園中学校では、週間授業時間数が37単位時間配当され、放課後個別指導とe-トレーニング(IT方式の個別学習)に基づく学習方法・学習習慣の確立を目指すとともに、長期休暇中特別講習が夏・冬・春の3回行われる。 徳育 [ ] 四天王寺学園中学校・高等学校では、仏教に基づいた徳育を行っている。 具体的にはガレリア、瞑想、仏教の時間、宿泊学習、新入生授戒会、礼拝時間、講堂特活があり、仏教の時間は、全学年週1単位時間開設する。 体育 [ ] 四天王寺学園中学校・高等学校では、クラブ活動及び学校給食を通じて体力育成を行う。 校内には、人工芝のグラウンド、武道場、体育館、プールが設置されている。 中学校では学校給食を導入するが、高等学校では食堂利用や弁当持参を計画している。 次に掲げるクラブを設置。 運動部 - サッカー部・テニス部・バスケットボール部・剣道部・卓球部・スキー部・バドミントン部・男子ソフトボール部• 文化部 - 自然科学部・クッキング部・演劇部・社会部・放送部・ロボット部・鉄道研究部・クイズ研究部 校内設備 [ ] 四天王寺学園中学校・高等学校は7階建てであり、各階は次のような構造になっている。 1階 - 中学校図書室、屋内運動場、ガレリア• 2階 - 普通教室、武道場、オープンスペース• 3階 - 普通教室、以和貴ホール(高校食堂)、メディア教室、教員室• 4階 - 普通教室、屋上運動場、予備教室• 5・6階 - 屋上広場、芸術科教室(美術・工芸に分かれる)、家庭科教室(被服)、理科教室(化学・生物に分かれる)、選択教室• 7階・屋上 - 大型天文観察施設、理科教室(物理)、芸術科教室(音楽)、家庭科教室(調理) 交通アクセス [ ]• 南口から徒歩3分 脚注 [ ] [].

次の

四天王寺学園中学校の評判は?偏差値・学費・受験科目は?|【大学受験】岸和田の学習塾・サクセスゼミ

四 天王寺 中学校

関西女子中学校の最難関 かつては神戸女学院中学校と人気を2分した四天王寺中学校 関西の女子中学校の中で、神戸女学院と並んで人気のある学校が四天王寺です。 かつては、優秀な女子の受験生は、最上位が神戸女学院に、最上位から上位の生徒たちが四天王寺にという感じで、四天王寺の方が、コース分けがあった分、入りやすい印象でした。 (それでも英数コースに合格することは難しかった。 この当時のコースの呼び名は「英数コース」「標準コース」でした。 女子の最上位の生徒には、洛南や西大和という選択肢も加わりました。 つまり、今では女子の成績最上位者は、何となく偏差値順に「洛南」「西大和」「四天王寺医志コース」「神戸女学院」「四天王寺英数コース」「清風南海スーパー特進」といったところに割り振られて進学していきます。 もちろん、一人でこのうちの2校、3校合格を取ってくる子もいます。 神戸女学院は大学実績公表はしていませんが、周辺から漏れ聞こえてくるところでは、かなり優秀な成績を収めている「らしい」。 独特の校風に昔からファンがたくさんいる学校です。 勉強する人にとっての四天王寺という学校 四天王寺はそれと違い、大阪という庶民の街で生まれ育った学校です。 本音と結果が全て。 実利的な街「大阪」を絵にかいたような学校です。 早くからコース制を取り入れる、大学合格実績を前面に出す、など、女子高としては少々破天荒な改革を真っ先に行ってきた学校です。 入学していく子らも、上位のコースほど「次」に向けて一生懸命。 塾や予備校を掛け持ちしている生徒も多数。 (もちろん、学校生活をエンジョイしている子らもたくさんいますが、彼女らも、学校の定期テストはきちんと乗り越えないといけません。 何せ、やっている内容が「速く」「難解」なので、定期対策をしてくれる塾に通っている子も多いのです。 ) ちなみに、次の成績上位者はどういった学校に進学しているのでしょう。 神戸海星、大阪桐蔭、帝塚山(奈良)、金蘭千里、智辯和歌山、須磨学園、清風南海特進、奈良学園に加えて、共学になった高槻が加わりました。 もちろん、コース制をとっている学校では、コースによって合格が取りやすかったり、難しくなったり、いろいろです。 ですが、これらの学校は、受験生親子にとったら「妥協の産物」になっているケースも多いようです。 本音では、最上位グループに合格させたかった。 (でも成績がそこまで伸びなかった) 四天王寺中学校・高等学校の大学合格実績 さて、ここで今回の本題、四天王寺高校の大学実績について。 四天王寺という学校は、医学系への進学率が高い、本当でしょうか? 実際、どこかにも書きましたが、ここを目指している子供たちの多くは、親やおじいちゃん、おばあちゃんがお医者さんだったり、兄姉が医学部に進学した医者の卵だったりします。 いわゆる「医者の家系」ですね。 もちろん、そうじゃないご家庭の方も多いとは思うのですが、医者の家系が目立つのは事実です。 で、その「医学部医学科」、なかでも 国公立大学医学部医学科合格者数は、2018年度入試で63名、2019年度入試で50名。 これは、全国的にもかなり上位の好成績。 難関国公立大学の合格者数は、2019年度は東大4名、京大7名、阪大33 名、神戸大24名など。 医学部医学科が多い分、東大や京大は少なく感じますが、しかしさすが女子の最難関という感じです。 塾や予備校への通学率はかなり高い ですが、いろいろと耳に入って来る話では、できる子のほとんどは中学生のときから塾や予備校通い。 教育熱心なご家庭が多く、お医者様のご家庭が多かったりと、財力があるお家が多いようなので、 ダブルスクールが普通だとか。 近辺の研伸館や鉄緑会、駿台など、または個別を掛け持ちしている人も多い。 もちろん、みんながみんなそうという訳ではないにしても、その割合はかなり高く、 中学・高校の6年間はひたすら「勉強」「勉強」の毎日らしい。 実は、洛南や西大和、清風南海に行った子に話を聞いても事情はさほど変わりません。 学校の成績が中間ぐらいの子らは、近所の四天王寺専門の塾でテスト対策などをしてもらっているという話です。 難関を突破して中学に入学しても、まだまだ先は長いですね。

次の