つの丸。 丸 (まる)

不動丸【公式サイト】鹿嶋市鹿嶋港旧港の釣り船

つの丸

丸 まる [ ]• 円形の・。 (゜)• (ゼロ)• (度)• の外郭に使われるリング(「丸に片喰」など)。 「輪紋」の一種。 - の月刊軍事総合雑誌。 - 2014年製作、2017年公開の日本映画。 日本人の姓の一つ。 1989 - - 出身の選手()、5回出場• - 日本の実業家。 - 日本の元AV女優。 - 日本のモデル、女優。 - 日本のアニメーター。 - 日本の女優。 - 日本のアナウンサー。 - 日本の漫画家。 主に接尾辞。 魔除けの意。 男子の名。 特に幼名。 、など。 刀の名。 船舶の名。 も参照。 の呼称。 お丸(おまる、持ち運び)。 部屋を汚さず衛生を保つことによる病除け。 がん [ ]• 小さく丸めた。 (など)。 ガン玉 - で使うの1つ。 関連項目 [ ]• このページは です。 一つの語句が複数の意味・職能を有する場合の水先案内のために、異なる用法を一覧にしてあります。 お探しの用語に一番近い記事を選んで下さい。 を見つけたら、リンクを適切な項目に張り替えて下さい。

次の

丸 (まる)

つの丸

米テキサス州サンアントニオのメソジスト病院は7月10日、「コロナ・パーティー(COVID-19 Party)」に参加した30歳の男性が新型コロナウイルス感染症(novel COronaVIrus Disease 2019=COVID-19)で死亡したと発表した。 病院医師によると、「コロナ・パーティー」とは若者たちが新型コロナ・ウイルスに感染した者を交えて開くパーティーのことで、ほかの参加者がそのウイルスに感染するかどうかを試す催しだという。 若者は感染しても重症化しないとか、「コロナは99%無害」と言ったトランプの無根拠演説とかの誤解・誤報のせいもあり、パーティーを肝試しだとしたり、アラバマ州タスカルーサで開かれた大学生たちの「コロナ・パーティー」では、参加者で賭け金を出し合って最初に感染した者がそれを総取りするという趣向まで凝らされていたという。 今回亡くなった男性は死の床で看護師たちを前に次のように話したという。 「どうもぼくは間違いを犯したようだ。 新型コロナなんてウソだと思ってた。 でもそうじゃなかった」 同病院では他にもまだ20代30代の重症患者が闘病中で、検査での陽性率は数週間前には5%だったものが現在は22%に跳ね上がっているという。 11月3日の大統領選挙まであと110日余り。 「サン・ベルト」と呼ばれる米国南部州での激戦地は上記のテキサスのほか、フロリダ、アリゾナの3州。 この3州での最新世論調査が12日に出た。 南部州ではコロナ感染が急増していて、7月7~10日に行われたCBSニュースとYouGoveの共同調査の結果もこれらを背景に、フロリダではバイデン支持が48%でトランプより6ポイント多く、テキサスではトランプ支持の46%にバイデンが45%で肉薄、アリゾナでは両者46%で伯仲という、トランプ優位の前回選挙とは異なる数字が出ている。 3州とも経済活動が再開していて、それに関してもフロリダで64%、テキサスで61%、アリゾナで60%の登録有権者が、この再開を「早すぎる」と断じている。 この3州でコロナ感染を「非常に懸念している」という有権者層ではいずれも70%前後という圧倒的多数がバイデン支持。 一方でトランプ支持派はやはり大学を出ていない白人層に多く、テキサスで68%(バイデンは24%)、アリゾナで60%(同31%)、フロリダで57%(同31%)。 しかし女性有権者ではバイデンへ投票するという人はアリゾナ。 フロリダともに50%(トランプは42%と37%)、テキサスでも47%対42%でいずれもバイデンに傾く。 全米規模ではさらにこの傾向は顕著で、バイデンに投票する人の直接のバイデン支持は35%で、62%が反トランプが動機。 一方、トランプへ投票するという人の81%がトランプ支持だからで、反バイデン動機は18%にとどまる。 アリゾナではバイデン支持者の94%、トランプ支持者の95%までが、大統領選まで110日余りを残してすでに自分の投票行動に変化はないと言い切っている。 これが現在のアメリカの分断の固定化をよく象徴していると言えそうだ。 コロナ禍への対応とBLM(黒人の命だって大切だ)運動への対応の拙さと幼さで、トランプ再選の流れはガラッと変わった。 就任以来、支持率が一度も過半数に行ったことのない大統領というのも珍しいが、大統領選ではたとえ総得票数で負けても(前回の対クリントン戦と同じく)代議員数で勝って再選を、と目論むトランプは、支持者層の期待通りの「ドナルド・トランプ」を演じて決してマスクを着用してこなかった。 7月11日にその彼が紺色の生地に大統領の金紋章の付いたマスクを着けて初めてテレビに映ったのは、それだけ状況が(選挙もコロナ禍も)逼迫しているという証左だろう。 アメリカは、信仰の自由を求めた清教徒たちが英国国教会という権威から逃れて建てた国。 自治から始まったので、連邦政府すら要らない、税金さえ払わないという考えの人が今でも多数いる。 同様に、権力が変なことをしたら人民が銃を持って立ち向かう権利も保障されている(憲法修正第二条)。 これがいまも銃規制が困難な理由。 つまり「お上」という権力や権威から自由に、自分で考え自分で生きてゆく「自助の精神」が基本。 西部開拓はそのように進んだし頼るべき政府も未熟だった。 だからとにかく政府がエラそうに個人の生活や信条に介入してくることを嫌う。 ご存知のように「小さな政府」というのは現在の共和党のモットーの1つ。 「アメリカ・ファースト!」を標榜する人たちは同時に「自分ファースト」の独立独歩の人たちだということでもある。 そんな精神風土の根強い土地で、お上がマスクをしろと言ってくるのがもう「自由の侵害」。 そこに、口を隠すのは銀行強盗のやることで立派な男のやることじゃない、とか、コロナなど陰謀だと嘯く輩も出る始末。 なので冒頭の「コロナ・パーティー」は催され、マスクなしで店に入ろうとして断られては大立ち回りを演じる人まで続出するわけだ。 「サン・ベルト」だけでなく前回の勝利のカギを担った「ラスト・ベルト」州でも軒並み「不利」「接戦」の数字が報告されて、トランプ陣営は選挙戦の巻き返しに懸命だ。 同時に、ロシア疑惑捜査で有罪を認めた元大統領補佐官マイケル・フリンの起訴を司法省を使って取り下げさせたり、果てはトランプの長年のフィクサーだったロジャー・ストーンをも偽証罪などの重罪で禁錮3年4月の収監直前に減刑して放免したりと、まるで「今使わねば後がない」かのような、なりふり構わぬ大統領職権乱用のし放題状態。 このまま無事に大統領選挙の実施までたどり着けるかさえおぼつかないと不安がる向きも出てきた。 一方でバイデン陣営は全米でなおも継続するBLM運動を勝機に結びつけようと、女性副大統領候補を「非白人」に絞って選考中だとされる。 前回指摘した有力候補エイミー・クロブシャーは、ジョージ・フロイドさん殺害警察官のミネソタ州ミネアポリスの検察官だったことでミソが付き、問題視される前に自ら身を引いた。 これにより、カマラ・ハリス上院議員やオバマ政権当時のスーザン・ライス国連大使、南部ジョージア州アトランタのケイシャ・ランス・ボトムズ市長や同州のステイシー・エイブラムズ元州議会議員らが有力候補となってきた。 バイデンは8月初めにこの副大統領候補決定を発表するとしている。 同時に、前回のクリントン選挙の失敗を繰り返さぬため、今回は若い世代に絶大な人気の左派バーニー・サンダースやエリザベス・ウォーレンという予備選大統領候補の二人の上院議員陣営とも緊密な連絡を取り合い、作業部会を立ち上げてこの3か月にわたって政策のすり合わせを行なってきた。 結果、気候変動や医療保険制度、教育など6つの分野で110ページの政策文書をまとめ、8月の全国党大会で、事実上の公約である党の政策綱領として発表する。 さて、そこでさらに追い詰められるトランプ陣営が着々と用意していると言われるのが「オクトーバー・サプライズ(10月の不意打ち)」。 前回選挙でも最後の最後の10月末にヒラリー・クリントンの私用Eメール問題が再燃して再捜査に持ち込まれたが、今回もそうしたアッと驚く仕掛けが画策されているという。 北朝鮮核問題、あるいは中国との貿易交渉での何らかの進展や合意、と推測する向きもあるが、このところトランプの私的代理人として元ニューヨーク市長のルディ・ジュリアーニが陰で動いているのはどうもウクライナ筋らしい。 とするとバイデンの次男ハンター・バイデンのウクライナ疑惑がまた持ち出されることもあり得る。 いずれにしても11月3日の大統領選挙は、史上例を見ない波乱含みであることは間違いない。 2018年からは東京に拠点を移し、米国政治ウォッチと日米社会の時事、文化問題を広く比較・論評している。 近著に訳書で『LGBTヒストリーブック~絶対に諦めなかった人々の100年の闘い』(サウザンブックス社)など。

次の

強襲揚陸艦ボノム・リシャール火災 丸4日燃え続け鎮火に近づく

つの丸

歴史 [ ] 潮書房のウェブサイトによれば、創刊当初の編集部には、常に数人の専属記者がいた。 専属記者による取材記事との体験記事を掲載するB6判の雑誌で、当時占領国のアメリカで刊行されていた有名月刊誌『』と同じサイズを選定した。 毎日新聞の取材によれば、当初は総合誌として政治、経済、文化などの話題を取り上げていた。 その後、が発足し、旧日本軍関係者の中でも「今だから言える」という機運が高まったことを受け軍事専門誌への転換を行った。 その間に発行が潮書房に引き継がれ、戦争体験の収集に専念するようになる。 また、1950年代には現在のようなサイズとなった。 その意味を同社は「一つの山には幾つもの登山ルートがあるように一つの事象、一切の事物、生類等々、如何なるものも見るに際しては、できる限り多くの方向から、ぐるりと円形の方向から見ることが必要である。 そうすることによって、一方に偏することなく、見るものを正確に把握できる。 」と説明している。 概要 [ ] 軍事雑誌として、当時の軍艦、軍用機、戦車などの兵器や、その運用、作戦の解説、当事者による回顧録、戦史研究、戦史博物館や戦争遺跡の紹介だけでなく、現代の各国の軍備解説、兵器や、のフォトレポート等の記事を掲載している。 毎号かなりの分量となること、紙質が写真主体の同業他誌より劣ることから本誌は厚めで1を超えている。 毎日新聞の取材に対して2004年当時の編集長竹川真一は「兵器好きのマニアだけが読む雑誌」「好戦的」といった印象は誤解であり、「実際にあった戦争の実態を伝えようというのが目的」であり、からの商船護衛のように「軍事は生活からかけ離れたものではない」ことを伝えるよう意識していると回答した。 日本の戦後復興が進むに連れて、陸海空等、特定の分野を専門とする雑誌も刊行されていった中で、軍事分野の総合誌としてのスタンスを守っているが、後発の総合軍事誌『』が創刊された際には横田博之のように移籍した者もいる。 下記の別冊にも現れているように日本海軍関係を重視する傾向はある。 『軍事研究』との相違点は、記事中で関係者を批判することはあっても記事名から公然と他者を批判するような題名がつけられることは殆どないことや、兵器の受注事情などには殆ど関心を示さないことがある。 研究や回顧録は月をまたいでの連載となることが多く、連載後に潮書房の関連会社である光人社から単行本化されることも多い。 旧軍関連の記事では旧軍の電文風の特徴的な扇情的題名がつけられることが多い。 竹川によれば、2000年代に入ると太平洋戦争期に10代の兵隊であった人でも70代の高齢者となり、体験談の収集と高齢の読者層が減少傾向にあることを認めており、従来の編集姿勢を継続する一方で読者層の開拓のため国際情勢分析やゲーム紹介、装備調達や国際貢献のあり方への問題提起などにも力を入れるようになったと言う。 2017年に発行元の潮書房光人社がの子会社になったことに伴い、『丸』編集部が所蔵するなど戦史の写真を、写真報道局が最新技術で画像処理してアーカイブ化することが公表された。 別冊 [ ] 別冊、増刊類はこれまで多種が企画されてきた。 基本的にB5版である。 特集丸 [ ] 1957年から1959年まで刊行。 丸グラフィック クォータリー [ ] 季刊。 1970年ごろから刊行を開始し1970年代中に終刊した。 である。 軍用機関連、各国の艦船(戦艦、空母、巡洋艦、駆逐艦、潜水艦など特定の艦種)を扱ったものが刊行された。 別冊としては珍しく、海外の兵器を特集した巻が多数刊行された。 1978年発行の「米国の潜水艦」で34号を数えた。 丸メカニック [ ] 特定の兵器を特集した写真主体の企画でを対象とし「世界軍用機解剖シリーズ」と銘打っている。 文林堂の『』シリーズと比較して日本陸海軍関係の機体が多い。 1976年11月号より刊行を開始し、1980年代まで継続した(1985年1月号のとを扱った巻で50号となっている)。 丸メカニックの別冊として『 全一冊・決定版』が1980年刊行されている。 丸スペシャル [ ] 1975年より1988年5月までに135号と、特別増刊号「軍艦メカ」が4巻刊行された。 1976年半ばまでの表紙の標記は『丸special』となっておりこの頃は隔月刊である。 『丸スペシャル』となってから月刊に移行した。 丸本誌と比較して非常に薄いが、写真の掲載を中心に据えているため上質な紙を使用している。 初期の号の初版分はだったが、後にの背表紙を持つに変わった。 各号は特集という扱いになっているが事実上その特集で内容の全てとなっている。 各号のシリーズ名は以下のとおり。 第1号から第56号まで:日本海軍艦艇シリーズ• 第57号から第80号まで:海上自衛隊艦艇シリーズ• 第81号から第91号まで:米海軍空母シリーズ• 第112号から第135号まで:日本海軍艦艇発達史• 特別増刊号「軍艦メカ」: 1 日本の戦艦、 2 日本の重巡、 3 日本の空母、 4 日本の駆逐艦 太平洋戦争証言シリーズ [ ] 丸別冊として1985年から1992年まで刊行。 計20号。 戦争と人物 [ ] 太平洋戦争証言シリーズの終了後に企画された。 丸別冊として1993年1月より1996年4月まで刊行。 計20号。 不定期。 戦史と旅 丸エキストラ [ ] 丸別冊。 戦史と人物の後に企画されたシリーズ。 1996年11月より2002年7月まで刊行。 隔月刊。 「丸」編集部名での単行本 [ ] 全て日本海軍関係で光人社からの刊行となっている。 究極の戦艦大和 2007年8月• 不滅の零戦 2008年1月• 最強戦闘機紫電改 2010年2月• 「紫電改」戦闘機隊サムライ戦記 2010年7月• 空母機動部隊 2010年8月• 炎の翼「二式大艇」に生きる 2010年8月• 重巡洋艦戦記 2010年12月 題字 [ ] 刊行から1970年代までは、細い風の書体であった。 現在の題字は、短辺がくの字状になる独特の太で丸と書かれたものである。 いずれも色は赤い字であることは一貫している。 題字の振り仮名は一貫して表記の「MARU」で、背表紙に加えて、2005年からは表表紙の「丸」にもローマ字表記がついた。 その他 [ ]• 末に最終回となる「のらくろ喫茶店」をこの雑誌に掲載した。 脚注 [ ] [].

次の