サガン鳥栖 掲示板。 さっかりん サガン鳥栖 最新情報

サガン鳥栖 [公式] オフィシャルサイト

サガン鳥栖 掲示板

Contents• グッズやスポンサー商品を買うこと 今サガン・ドリームスさんに連絡してきました。 クラウドファンディングと銀行の募金口座の開設について。 もし立ち上げたりする場合はホームページなどでまた連絡するそうです。 だから今はグッズ買ったりなど身近なことから探しましょう! — あ や 1202shieroaya 本来ならばスタジアムに行って試合を観戦することが一番サガン鳥栖に貢献することではあるが現在新型コロナウイルスが蔓延して Jリーグプロ野球休止しています。 グッズを購入する。 サガン鳥栖を存続させるには私たちがグッズを購入するということが今チームに直接、 収入が入ってくるし最も貢献度が高い方法だと思います。 私は政府からの給付金を受け取ったら今年のユニフォームを購入しようと思います。 購入するユニフォームは背番号7番金森選手です。 金森選手は Twitter もしてるのでフォローしてもらえると嬉しいです。 現在、政府から自粛要請が出ているので、外出がなかなかできないためおっしゃるストアに行くことは難しいと思います。 しかしグッズはオンラインで買うことができます。 サガン鳥栖オンラインショップ• Jリーグオンラインストア サガン鳥栖オンラインショップ 送料800円かかりますが、アパレルや雑貨類などここでしか買えないものもたくさんあるのでファッション好きの人にはお勧めです。 Jリーグオンラインストア 3980円以上買えば送料が無料になるのでユニフォームだけ買いたいっていう人にオススメです。 スポンサー商品を買う サガン鳥栖を支えたいけど私は他のチームのサポーターです。 という方はスポンサー商品を買うことをお勧めします。 有名なものが竹下製菓のブラックモンブラン。 購入方法ありますので読んでくれると嬉しいです サガン鳥栖が牛乳販売するという報道がありましたので牛乳をたくさん買うということも一つの手段となります。 竹原社長の辞任 以前記事にて竹原社長の実績を評価しておりました。 しかしもう限界です。 攻撃的なことを言います。 掲示板やTwitterでもよく見る言葉ですが竹原社長の辞任して経営を再建することが必要だと思います。 去年背中スポンサーが J 1にもかかわらずつかなかった。 トーレスの友達枠で監督を選び2年連続残留争い。 20億円の大きな赤字。 これらを踏まえると責任を取る形であるとサガン鳥栖から離れるというのが最も良い方法だと思います。 特に思うのが J 1チームであるにも関わらず2019年背中スポンサーがつかないままシーズンを戦いました。 以前話したように、 J 1というのは大きなブランドでありメディアの取り上げ方も全然違います。 そういうブランドがありながらスポンサー獲得ができないまま2019年を終えたということは竹原社長を毛嫌いしてスポンサーにならないという会社も多いんではないかと思います。 また2020年シーズンは胸スポンサー背中スポンサーがないままシーズンを迎えました。 繰り返します J 1チームであるというのもかかわらず、胸スポンサー背中スポンサーがつかないということは何か大きな原因があると思います。 4月30日のサポーターミーティングでなぜ2019年さやかスポンサーがつかないままシーズンを戦ったのか。 それについて詳しい説明が欲しいと思います。 竹原社長の辞任だけではなく経営陣をリセットしてまたゼロから経営を立て直していくということが今のサガン鳥栖には必要なことだと思います。 皆さんはどう思いますか。 Twitter などで意見をいただけると嬉しいです。 サガン鳥栖が消滅した場合 最悪の場合はチーム消滅、もしくはJ3以下降格などの判断が、来月から本格協議される可能性が出てきた。 引用元 考えたくありませんがサガン鳥栖が消滅した場合どんなことが起こるか。 サポーターの行くあてがなくなる• 駅前不動産スタジアムでJリーグが見えなくなる 主にこの二つだと思います。 サポーターの行くあてがなくなる 多くの人は「別のチームに乗り換えろ」など簡単に言いますがそれはとても難しいことです。 私の場合、サガン鳥栖の応援で大阪、静岡、名古屋などたくさんの地域に応援に行きました。 応援を繰り返していくうちにサガン鳥栖の思い出サガン鳥栖相手のが強くなってそれを消滅したからすぐに別のチームに乗り換えろっていうのは非常に難しいことです。 辛いこともたくさんあったけどサガン鳥栖を生きがいにしていろんなことを乗り越えられてきました。 サガン鳥栖を生きがいに生きてる人々は私の他にたくさんいると思うし九州のサッカーや佐賀県を盛り上げていくにはやはりサガン鳥栖が絶対に私は必要だと思います。 どんなことになってもサガン鳥栖を応援し続ける — F. KEN2 aspr98ta 週末の楽しみ。 いわゆる娯楽。 生きがいを失う。 ということになれば私達が受ける悲しみというものはとても大きいものだと思います。 仮に鳥栖がj3以下に降格しようがどうなろうが自分は応援し続ける。 でもクラブの消滅だけは絶対してはいけない。 スポンサー商品を買う。 それからサガン鳥栖に募金をする。 などできることを一生懸命みんながやってればきっと消滅しないで J1で活躍するサガン鳥栖が見れると思うので前を向いて支援をしていきましょう 駅前不動産スタジアムでJリーグが観れなくなる 三浦知良選手が日本のスタジアムで三本の指に入るくらい素晴らしいと言っていた駅前不動産スタジアムで Jリーグを観ることができなくなるということを意味します。 素晴らしいスタジアムで jリーグが開催されない。 駅前不動産スタジアムがコンクリートの塊になってしまいます。 駅前不動産スタジアムが好きで遠征するサポーターも多いと聞きます。 特にサンフレッチェ広島サポーターはテレビで視たのですが非常に見やすいスタジアムなので毎年必ず遠征する人も多いと聞きました。 また駅前不動産スタジアムは福岡に電車で30分で行くことができます。 そのため試合後に中洲の屋台でご飯を食べたり福岡のグルメを堪能することもできなくなります。 浦和など関東のサポーターは試合を見るのと中洲でグルメを堪能するのを楽しみに毎年来るサポーターも多いと聞きました。 九州に遠征するという楽しみもなくなってしまいます。 特に多くの浦和レッズサポーターがに九州にきてくれるおかげで九州の経済は潤うこともあると思います。 私たちの願い サガン鳥栖は、存続危機です。 チームが存続するためには願うだけでなくて• グッズを買う。 スポンサー商品を買う。 Jリーグが再開されたらスタジアムに行く。 迷惑行為をしない。 迷惑行為をしない。 応援マナーは守る。 など大きなことから小さなことを徹底してサガン鳥栖の印象を上げていくことも一つの手段だと思います。 大好きなチームがこのような形で J 1から去る。 もしくはチームが消滅する。 ということは絶対に避けたいことです。 私だけではなくサガン鳥栖を生き甲斐に仕事や学業、それぞれの状況下で頑張ってる人達もいます。 サガン鳥栖は私たちにとって生きがいであり希望であります。 私はサガン鳥栖のために日本全国いろんな所に行きました。 サガン鳥栖を生きがいに苦しいことを乗り越えてきました。 2019年4月28日湘南ベルマーレに負けて最下位にしてた時はスタジアムの家で悔しくて泣いていました。 それくらい大好きなサガン鳥栖。 私は給付金が入ったら必ずサガン鳥栖の2020年シーズンのユニフォームを買って存続に貢献したいと思います。 グッズを買う他にもたくさん貢献できることはありますのでいま自分にできることをしていきましょう。

次の

サガン鳥栖 分析ブログ

サガン鳥栖 掲示板

『サガン鳥栖U-18 2019年度新加入選手』セレクションのお知らせ サガン鳥栖U-18 現中学3年生対象 のセレクションを下記の通り開催いたします。 荒天により中止となる場合には、サガン鳥栖公式ホームページ及びメールにてお知らせいたします。 活動に参加可能である選手。 FAX・メール不可 1 返信用封筒1枚 合否判定書類送付用 2 申込書 申込書 こちらよりPDFファイルをダウンロード。 署名・捺印が無い場合には、セレクションを受けることができませんのでご注意下さい。 2 返信用封筒を忘れずにお入れください。 合否判定を送付いたします。 3 合否に関するお問い合わせにはお答えいたしかねます。 ご了承下さい。 4 荒天の場合、8月5日 日 15:00までにサガン鳥栖公式ホームページ及び個人のパソコン・携帯メールアドレスにてご連絡いたします。 また保険に関しては、スポーツ保険の適用内で対応致します。 【チームプロフィール】 サガン鳥栖U-18は、J1リーグに所属するサガン鳥栖のトップチームへ繋がる選手育成・世界で活躍できる選手育成・豊かな人間性の育成を目的とし、地域の人々のご理解とともに、地域に根ざした活動を展開しています。 sagan-tosu.

次の

鳥栖市雑談掲示板|爆サイ.com九州版

サガン鳥栖 掲示板

アウェイカラー テンプレート(ノート)サッカークラブPJ 株式会社サガン・ドリームス Sagan Dreams Co. , Ltd. 株式会社 市場情報 未上場 本社所在地 841-0034 京町812 設立 12月21日 事業内容 サッカークラブの運営 代表者 竹原稔 資本金 8億9,000万円 2018年1月期 売上高 33億5,000万円 2018年1月期 営業利益 900万円 2018年1月期 経常利益 1,000万円 2018年1月期 純利益 200万円 2018年1月期 純資産 1,800万円 2018年1月期 総資産 11億4,100万円 2018年1月期 決算期 1月期 関係する人物 外部リンク サガン鳥栖(サガンとす、Sagan Tosu)は、のをホームタウンとする 、(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。 概要 [ ] 1997年2月4日に創設され、1999年よりJリーグへ加盟している。 ホームタウンの人口73,732人(、2018年6月1日現在)はJリーグの全55クラブ、さらにはを加えた60クラブの中でも最も小さい。 ただし、県庁所在地のでホームゲームを開催したり(2014年度まで)、佐賀市内にクラブのオフィシャルスポーツバー「THE Sagan」を開設する 、佐賀県第二の都市であるに下部組織(U-15唐津)を設置する、佐賀県全域でサッカースクールを開校するなど佐賀県全域での活動を行っている。 さらには、同じ流域で鳥栖市と地理的に関連の深いでも、鳥栖市が、などと組織する「」が共同してサガンを支援しているほか、スポンサーの一つであるが久留米市・に設けた「ブリヂストン・サッカースクール」をサガンが運営する など、ホームタウン区域外での活動も行っている。 2016年のJリーグスタジアム観戦者調査報告書 (鳥栖は2015年8月27日の対戦で調査を実施)によると、佐賀県外からの観戦者は31. また、県内の観戦者分布に於いても、佐賀市からの観戦者が県内観戦者の21. チーム名の「サガン」は、砂粒が固まって砂岩になるように小さい力を集結させ、立ち向かうことを表す。 また「佐賀の」にも通じている。 運営母体はからシーズン途中まで 任意団体「サガン鳥栖FC」、途中からまでは 株式会社サガン鳥栖、以降は 株式会社サガンドリームスである。 ホームスタジアムは 、練習場は および鳥栖市陸上競技場 である。 詳細は下記項を参照。 クラブマスコットは佐賀県の県鳥である「」をモチーフとした「」。 2020年現在、J2からJ1へ初昇格後J2への降格経験がない唯一のクラブである。 歴史 [ ] 1997年 - 2011年 (旧JFL、J2) [ ] 1997年 - 2002年 [ ] 「」も参照 1991年10月、佐賀県サッカー協会が、当時1部所属の PJMフューチャーズ(当時の本拠地は)の佐賀県への誘致を決定。 1994年に鳥栖市へホームタウンを移転すると共に、翌年より『 』(鳥栖F)に改名することとし、としても承認された。 しかし、PJMジャパンの撤退が原因となって深刻な経営難に陥り、1月にチーム運営会社の 株式会社佐賀スポーツクラブが解散を決議(1998年に)。 このときに存続を求める5万人を超える署名があったことなどを受け、鳥栖Fの受け皿となるチームとして1997年に佐賀県サッカー協会会長の中村安昭を代表とするとして「 サガン鳥栖FC」が発足した。 しかし、急遽設立したため事務所もなければスタッフもいなかった。 Jリーグはフロント要員として関連会社で役員を務めていた元常務のをスーパーバイザーとして派遣した。 また、監督に元監督代行のが就任した他、C大阪からは元コーチのがヘッドコーチに、佐賀県出身のは鳥栖に期限付き移籍した。 また、とから練習着が、地元高校からビブス、用具メーカーからボールがそれぞれ寄贈された。 に開かれたリーグ理事会で、組織が承継されていないことから準会員の資格は失ったものの、鳥栖Fが所属していた旧JFLと、への参加が特例的に認められた。 選手については、鳥栖F解散から契約が宙に浮いていた8選手(、、、、、、、)と前述の佐藤らレンタル選手4人に加え、急遽行ったセレクションで獲得した8人の計20人となり、に新体制が発表された。 さらにシーズン開幕直前には戦力補充と経費削減のため、関連会社が選手の人件費を負担し、チームは勝利給や出場給のみ支給するの制度を検討。 これに市内の生花店と電気工事店が協力し、とが加入した。 に「 株式会社サガン鳥栖」として法人化(社長には引き続き中村が就任)。 また、1999年から発足したへの入会も決まった。 鳥栖F解散に対する反省から、新法人は大口のスポンサーは設けず、小口の株主を多くすることによって経営の安定化を図った。 しかし、法人化初年度から赤字続き で随時小口の融資を集めて増資することで凌いだ結果、株主が多くなったことで経営の主導権争いや、会社の経営方針に対する株主や関係者からの批判が相次ぎ、狙いとは逆に経営の混乱が続いた。 オフにはJリーグから2年契約で斡旋されていた大口スポンサーとの契約が終了し次期運営予算が大幅に減少、主力選手を多数解雇する羽目となった。 新戦力は補充したものの、入団テストの際に提示した条件は月給にしておよそ10万円で、予算不足は明らかだった。 当初から暫定的な社長就任であった中村の健康問題もあり、9月には当時の監督であったがシーズン最終戦終了後に社長に就任する人事案を可決したが 、後に撤回 、年が明けたに半年前から取締役に就任していた建設・解体会社社長の古賀照子が社長に就任した。 しかし、古賀は自分の方針に反対する幹部、職員などを大量に解雇しスタッフを一新したが、大口スポンサーの撤退が相次ぎ経営は厳しくなる一方で、同年11月には早くも古賀は辞任を表明するも 、結局留任するなど混迷をさらに深めた。 2003年 - 2011年 [ ] が監督に就任し 、攻撃重視のサッカーを目指したが機能せず、第17節から最終の第44節まで1勝も出来ず最下位に終わった。 勝ち点でもこの年のJ2所属12チーム中で11位のの半分にも満たず、最終成績はシーズン3勝、28試合連続勝ち星なし(翌シーズンと合わせ連続30試合まで更新)で当時のJ2ワーストを記録した。 チームはシーズン中から存続すら危ぶまれる状態にあり、2003年10月には古賀が再度辞任を表明。 次期取締役選任機関として改革委員会を立ち上げ、その会長であった元学長の楠田久男を新社長に選任した。 しかし、新組織が制作した来季の経営計画は一試合の入場者が実績の5倍近い15,000人。 過大な企業協賛金も盛り込むなど見通しの甘いもので、Jリーグ諮問委員会は当然改善を求めたが、楠田ら新経営陣は「資金繰りの目処が立たない」として次期取締役への就任を撤回した。 結局古賀が留任することとなったが、当時チェアマンのは「このままの経営が続けばJリーグからの除名や退会勧告もやむをえない」とまで述べている。 このような状態のチームを引き受けようという監督をなかなか見つけられずにいたが、最終的にはJリーグからの紹介で元監督のが就任した。 2004年 シーズン、松本は選手の約半分を入れ替えてシーズンに臨み、前半戦は記録的なペースで勝ち点を積み重ねていた松本の古巣である川崎に勝つなどほぼ五分の成績であったが、後半戦は故障者が続出したこともあり22試合でわずか1勝であった。 この年、ピッチ外では、社長である古賀が選手・監督らをおよび関連の行事、選挙活動へ出席させたり(松本らは2度参加したものの3回めに拒否 )、株主からの決算書開示請求を放置 した商法違反などを始めとしたクラブ経営の公私混同ぶりが露見。 この件に抗議した松本を始めとした現場と古賀中心のフロントが対立し、古賀は松本をクラブハウス入室禁止処分とした。 さらに古賀はこのシーズンのサポーターミーティングにて、鳥栖スタジアムの解体案という前代未聞の経営整理案を提示、これにはスタジアムの出資元の鳥栖市から激しく抗議され自治体も古賀の退任を要求した。 会社・サポーター・出資元という三つ巴の騒動となり、クラブ消滅も現実味を帯びていた。 秋には古賀が三度目の辞任を表明。 それに代わる新しい経営陣を一旦決定したが、新社長に就任する予定の井上良一が別途運営する法人の経営体質について、Jリーグから疑問視する意見が上がり、このまま運営するようであれば除名(クラブ解散、あるいは存続したとしてもJFLなど下位リーグへの強制降格)も辞さない可能性があった。 また、当時社長だったもクラブ買収の意向を示したが、実現しなかった。 その後、には古賀が新社長候補だった井上が辞退したことと、今後は県が推薦する企業を中心に話を進める考えを表明。 に知事が、佐賀県出身の元映像で人材ネットワーク会社「」を経営するにクラブ経営を要請し、20日には井川と古賀が県、Jリーグ関係者も同席して初めて顔を合わせ、スムーズな経営体制の移譲に向けた「第一歩」を踏み出したかと思われた。 しかし、一部株主により12月5日にを開き、井上ら4人を取締役に選任する議案が提案された(新組織に自らの影響力を残すため、あるいは移譲を妨害するためと見られている)。 同時期、を含む、広報・営業担当者など古賀に批判的な社員5人が30日付での解雇通告を受けていたことも発覚 (11月30日に撤回)し前途に暗雲が漂った。 しかし、これがチーム存続への最後のチャンスと見る鳥栖市は交渉が不調に終わった場合、ホームタウン返上とクラブへの支援打ち切りを表明。 新取締役の選任は否決された。 結局、1月に井川を中心に出資して設立された「 株式会社サガンドリームス」に対し、経営権を2400万円(譲渡費用2100万円、12月-1月の運営費用など300万円)で譲渡することを発表した。 旧法人は解散(清算)となり、ようやく経営問題は解決となる。 「サガンドリームス」の社長に就任した井川は、経営譲渡にあたって「サガン鳥栖のクラブ名の継続使用」「松本の続投」の2つの条件を出したが、条件は2つとも受け入れられた。 2005年 クラブスローガン :「 夢激闘」 この年からのクラブスローガンは親会社のサガンドリームスに因んで、頭文字に「夢」を使用した漢字3文字のものが使われている。 Jでの実績がある、、を完全移籍、、、などを期限付き移籍で獲得。 また、、、といった実力者を下部リーグから獲得した。 ヘッドコーチには長年を指導した、コーチに元のを招聘した。 序盤は新加入の選手が多いことによる連携不足が目立ったものの尻上がりに調子を上げ、第15節終了時点では自動昇格圏内の2位にいた。 しかし、第16節の戦での不可解なPK判定による敗戦(参照)や、DFを中心とした故障者の続出などで、最終的には8位で終えたが、圧倒的な強さでJ1昇格を果たした から3勝を挙げる健闘も見られた。 個人では、新居が17得点を挙げてJ2の日本人得点王となった。 また、も15点を挙げ、2人で2004年のチーム総得点分の得点(32点)を稼いだ。 2006年 クラブスローガン :「 夢超戦」 元韓国代表ででも活躍したMFや、DFなど、韓国人選手を3人補強。 日本人選手も大幅に入れ替え、積極的な補強を行った。 攻撃陣では新居がJ2の日本人得点王になるなど選手に成長が見られ始めたことで、松本は「上位5チームの中で争うところまでいきたい」と述べた。 また、この時期に松本の「総監督」就任が一部報道で噂されたが、結局は監督を続投した(ただし、翌年の松本は実際の指揮をヘッドコーチの岸野に任せている)。 シーズン序盤は新居でしか得点できない試合が続いて出遅れ、一時は最下位に転落した。 後半戦では特に守備が安定したことで(第3クール以降の失点20はリーグ最少)優勝したと同じ14勝を挙げ、第48節には4位に浮上。 第49節の戦に敗れてJ1昇格は無くなったが、最終順位は過去最高の4位となった。 2007年 クラブスローガン :「 夢必翔」 松本が監督を勇退してに就任し、後任監督に岸野が昇格。 からFWを獲得。 福岡大学からGKが入団した。 一方で、2年連続でJ2の日本人得点王となった新居がに移籍し、中だったとが所属元に復帰。 さらには、GKがへ移籍した。 開幕戦のとので大敗。 第1クールは前年以上に成績が悪かったが、第2クールからは、怪我人が復帰し、から移籍してきたを中心とした守備が安定し勝点25を積み上げたが、第3クールと第4クールと踏ん張れず、第47節の東京V戦に敗れてJ1昇格の可能性は消滅。 しかし、24得点をあげ、日本人得点王となったや、FWからにコンバートされたら、若手選手が成長。 また、天皇杯4回戦でを破った。 2008年 クラブスローガン :「 夢一岩」 岸野の後任監督には前年からコーチとして現場復帰していた尹晶煥が昇格する予定だったが、尹が取得しているAFCのA級ライセンスではJリーグで監督を行えないと判断されたことから、監督就任に必要なをチームスタッフで唯一取得していたGMの松本が4年ぶりに監督に復帰(GMは解職)。 尹はヘッドコーチとなり、実際のチームの指揮を主として執っていくのと同時に、S級ライセンスの取得も並行して行っていくことになった。 岸野はの監督に就任し、、、、の4選手と一部のコーチが移籍。 がへ完全移籍したほか、、なども期限付き移籍期間が終了し退団した。 一方、からMF、韓国の大学からMFとDF等が入団、からMFを、からDFを、からDFをそれぞれ完全移籍で、からFWを期限付き移籍で獲得するなど、陣容は大きく入れ替わった。 前半戦は上位に付けていたが中盤以降は失速。 最終成績は9位。 なお、この年は金民友が韓国代表となり、鳥栖から初めてのA代表選出となった。 2011年 クラブスローガン :「 夢結束」 前年S級ライセンスを取得した尹が監督に就任。 またGKコーチにが就任。 なお、松本はアドバイザーに就任したが、任期途中の2011年5月末に退任した。 元主将のDF、昨シーズン途中から期限付き移籍していたMFがへ、DFがへ、MFがへ、MFが大分へそれぞれ移籍し、GK、DF、MF、MF、MFが退団、GKは引退、FWはに期限付き移籍した。 補強は、DF、DF、MF、MF、MFが完全移籍で、MF、MFが期限付き移籍で加入、GK、DF、FWが新加入、DFが完全移籍となり、また豊田の期限付き移籍期間を延長した。 前年と異なり、この年は主力の多くを残留させることができた。 さらにシーズン開幕後の4月30日に、故障の影響で前年限りで湘南を退団していたが完全移籍で5年ぶりに復帰した。 開幕戦はに惜敗したが、による中断明けとなった第8節(2試合目)の横浜FC戦で岸野が退団してから初めて勝利すると勢いに乗り、5月終了時点で2位に浮上した。 6月と7月はともに1勝ずつとやや苦戦し、シーズン試合数の半分(19試合)を消化した時点では7勝6敗6分(勝ち点27)の7位で、J1昇格圏内の3位とは勝ち点10差が付いていた。 しかし、第24節(20試合目)から16試合連続無敗(11勝5分)で第31節(29試合目)で2位に再浮上した。 第37節で3位の徳島との直接対決に勝利。 は熊本に引き分けて、2位でシーズンを終了。 12月の臨時理事会でJ1昇格が決定した。 なお、1999年のJ2創設から13年目で初のJ1昇格となり、23得点を挙げた豊田がクラブ初のJ2得点王に輝いた。 なお、鳥栖の昇格をもってJ2創設時の所属10チームは、全チーム最低1回はJ1に昇格したことになる。 2012年 - (J1) [ ] クラブスローガン :「 超! 結戦」 尹体制2年目で、チーム初のJ1での戦い。 DFがに、MFがに、MFがに完全移籍、DF、MF、MF、MFが退団、DFとFWが引退。 昨シーズンに期限付き移籍していたFWはへ完全移籍した。 一方で、期限付き加入していたFWとMFが完全移籍加入、MF岡本知剛はからの期限付き移籍期間を延長した。 また、からMFを、からDFとDFをそれぞれ完全移籍で獲得。 からMFが、からDFとMFが、からFWが期限付き移籍で加入した。 また、のだったFW、MF、DFが新加入した。 高橋とトジンは3年ぶり、船谷は4年ぶりの復帰となった。 開幕戦はC大阪と引き分け、第3節の横浜FM戦でJ1初勝利を挙げた。 「昇格で十分に快挙」と揶揄され、評論家の多くが最下位での「降格鉄板」を予想する中、リーグ戦では、豊富な運動量に前線からのプレスからのショートカウンターを組み合わせた戦術が機能し 、前半戦は6勝6分5敗の10位。 後半戦に入り第27節から3連敗したが、第30節から4連勝。 第31節の磐田戦でJ1残留を決め 、第33節終了時には3位に浮上し、最終順位は初昇格初年度のチームとしてはJ1が18チームとなった2005年度以降では最高の5位であった。 豊田が得点ランキング2位となる19得点を挙げ、に選出された。 なお、ホームゲームは11勝3分3敗で、これは2012年シーズンの全18クラブを通じて最高勝率であった。 でグループ5位となりグループリーグ敗退。 は、2回戦でに敗退。 クラブスローガン :「 超! 」 尹体制3年目。 なお、尹と2014年までの2年契約を結んだ。 また、2012年度の収入が約14億円となり、2011年からほぼ倍増した。 契約満了でDF、DFが、また期限付き移籍終了でMF(に復帰)、DF(に復帰後に完全移籍)、FWが退団した。 加えて2012年途中から期限付き移籍していたMFがに完全移籍、DFがへ、MFがへそれぞれ期限付き移籍した。 一方、他クラブからの獲得オファーもあった(中には海外からの高額オファーもあったと本人が後日語っている )FWと契約を更新。 また、2012年に期限付き加入していたMFとMFがそれぞれ完全移籍で加入。 このほか、からMF、からMF、からFWを完全移籍で獲得し、からDF、からDF、からをそれぞれ期限付き移籍で獲得。 新戦力としては、2012年にとしてプレーしたMF、DF、DFの大卒3選手と、地元出身のFWが加入した。 このうちFWディエゴは家庭の事情で2ヶ月で退団している。 守備の軸となっていた岡本・金根煥が抜け、さらには前年までの戦術を各チームに研究されたこともあり 、開幕3戦目でシーズン初勝利を挙げるも、第4節から6試合勝利なし(2分4敗)で15位まで順位を下げ、によりリーグ戦が中断された第13節終了時点では、2勝4分7敗の勝点10、自動降格圏となる16位のとの勝点差は僅か1、最下位のとの勝点差すら僅か3であった。 7月にリーグ戦が再開した後も、8月上旬までの7試合で2連敗2回を含む2勝1分4敗で、16位との勝点差が1から3という状態が続いており、前半戦だけで前年の総失点数を上回る40失点(リーグ最多)を喫するなど、調子は必ずしも上向かなかったが、7月後半に入り、FWロニとの期限付き移籍契約を解除し、MFをブラジル・メトロポリターノから完全移籍で、MFを新潟から、FWをからいずれも期限付き移籍で相次いで獲得。 さらに、8月上旬、相次ぐ負傷によりトップチーム登録のGK3人が戦線離脱し、残るのは特別指定選手のGK()のみという事態 となったところで、急遽からGKを期限付き移籍で獲得した。 林獲得直後の第21節ホーム戦で勝利し連敗を止めた後、3連勝2連勝各1回を含む6戦負けなしで一気に16位との勝点差を10に広げる。 直後に3連敗した(うち2敗は菊地・林がそれぞれ契約で出場できない新潟戦、清水戦)ものの、その後のリーグ戦最終5節を4連勝を含む5戦負けなしで終え、結局13勝7分14敗の勝点46で12位となった。 ではBグループ6位の成績。 はクラブ史上初となるベスト4の成績(準決勝で横浜FMに敗退)。 クラブスローガン :「 超! 」 尹体制4年目。 MFと、へ期限付き移籍中だったDFが契約満了で退団。 FWがへ、GKがへ完全移籍したほか、2013年途中から期限付き移籍していたDFがへ、MFがへそれぞれ完全移籍。 また、期限付き移籍終了でDFがへ復帰。 FWがへ、MFとMFが大分へそれぞれ期限付き移籍となり、MFはへの期限付き移籍期間を延長した。 一方、2013年に期限付き加入していたDFと、2013年途中から期限付き加入したMF、FW、GKがいずれも完全移籍で加入したほか、特別指定選手だったGKと元U-17韓国代表のDFが新加入。 また、からDF、からをいずれも完全移籍で、磐田からMF、からMF、からMFをいずれも期限付き移籍(岡本はシーズン途中で完全移籍に移行)でそれぞれ獲得した。 岡本は2シーズンぶりの鳥栖復帰となった。 7月5日、当該クラブ所属のサッカースクールコーチが無免許及び酒気帯び運転により逮捕された。 この件に対し、クラブは同コーチを7月8日付で契約解除し、Jリーグからはけん責及び制裁金300万円の処分が下された。 開幕前に「上位争いをするだけではなく、何かしらのタイトルを狙う」と尹が語った このシーズン、第12節には暫定ながらチーム初の単独首位に立ち 、に伴う中断期間中にDFの・への移籍こそあったもののルーキーのDFキム・ミンヒョクがその穴を埋める働きで前年後半からの好調を維持し、8月2日の第18節・名古屋戦でこのシーズン10度目の完封勝利で再び首位に立った 直後の8月8日、クラブから監督の尹との契約を前日(8月7日)付けで解除したことが発表された。 首位のチームが監督交代となる極めて異例の事態について、強化部長のは「(尹との間で)今後のチーム作りのビジョンや考え方がクラブと合わなかった」「ことし来年以降の戦いを見据えたなかで監督を交代する決断をした。 お互いが新たなステップとして高めていくためだ」と説明し、チーム側から尹に退任を打診したことを明らかにした。 後任にはコーチのが昇格した。 監督交代後、ポゼッションを取り入れた戦術への切り替えを試みたが十分に機能せず 、逆に持ち前の堅守が鳴りを潜め、吉田体制始動後から2試合を含めて公式戦10試合連続失点(この間リーグ戦2勝1分5敗、8得点14失点、天皇杯も4回戦でJ2・に敗戦)を喫し 、順位を5位にまで下げる。 選手からの進言もあり従前の縦に速い攻撃重視の戦術に戻し、その後の8試合では5勝1分2敗と勢いを取り戻し 、最後の4試合は無敗(3勝1分)で乗り切ったものの、第33節のホーム最終戦・戦で引き分けたことで優勝の可能性が消滅。 最終節・戦で勝利し試合終了時点では暫定4位をキープした が、天候の関係で最終節が後日開催となったに勝ち点・得失点差で並ばれ、総得点で上回られたことで5位に後退してシーズン順位が確定、への出場機会を逃した。 翌年に発表された決算では、当期純損失3億6030万円を計上、2期連続の赤字となった。 入場料収入の減少や、ユニホームの背中スポンサーだった「グラス・ワン・テクノロジー」の破産による貸倒引当金の計上などが影響しているという。 クラブスローガン :「 Next Stage〜挑戦〜」 新監督に、元監督・前コーチのを招聘(前監督のはコーチに復帰)。 コーチのが新たにに参入するに、・の両コーチが元監督のが新たに監督に就任した・にそれぞれ移籍する一方で、2013年シーズン途中まで在籍し、2014年シーズンで現役引退したがコーチとして加入(復帰)。 また京都から、からをトップチームコーチとして招聘、通訳のがコーチ兼任となった。 選手ではDFがに、FWがに、DFがにそれぞれ完全移籍、期限付き移籍中だったMFがに、MFがにそれぞれ完全移籍、MFは契約解除により退団、FWはへの期限付き移籍期間を延長した。 また、DFがへ、DFがへそれぞれ期限付き移籍となった。 一方、期限付き加入していたMFとMFが完全移籍加入。 からDF、磐田からMFがいずれも完全移籍で、からFWが期限付き移籍でそれぞれ加入。 前々年から特別指定選手としてチームに加わっていたMF・FWの2名に加え、高卒のDF()・MF()の計4名が新加入となった。 夏の移籍期間には、MFがに期限付き移籍した一方で、DF坂井達弥とFW岡田翔平がいずれも期限付き移籍の期間を早めて復帰した。 この年はクラブエンブレムをリニューアル(後述)、クラブスローガンも公募によりこれまでの「超! 2ndステージもエース豊田をはじめとして怪我が相次いで浮上のきっかけを見いだせず順位を下げ続け、一時は降格圏寸前の年間14位にまで順位を下げる。 終盤にかけて、それまでの「4-2-3-1」フォーメーションから「3-4-2-1」にシステムを変更して守備を安定させ、終盤は5戦負け無し(2勝3分け)で年間11位でシーズンを終えた。 負け数は前年と同じ12敗ながら引き分けがリーグ最多の13試合で、得点力に課題を抱え(リーグ15位の37得点)勝ちきれない試合が増えたことが低迷の原因とされた。 また、このシーズンはホームで4勝8分5敗とJ1昇格後初の負け越し。 特に4月12日の1stステージ第5節・戦から11月7日の2ndステージ第16節(ホーム最終戦)・戦まで7ヶ月間ホームでの勝ち星を挙げることが出来なかった。 ではAグループ6位の成績。 はベスト8の成績(準々決勝でG大阪に敗退)。 クラブスローガン :「 サガン魂〜砂」 (1stステージ)、「 サガン魂〜岩」 (2ndステージ) 今期のスローガンは、1stステージ用と2ndステージ用で別のものを用意するという形となった。 新シーズンの監督としてやで指揮を執ったの招聘を試み、一時は鳥栖と1年契約で基本合意したと報じられた が、最終的にマガト側がサガン鳥栖の監督就任要請を断る旨を2015年12月31日に自身ので表明、同日鳥栖側にも断りの連絡が入って招聘は実現せず。 鳥栖は急遽、前監督のにオファー、2016年1月7日に契約が発表された。 フィッカデンティの腹心とも言えるがコーチに、イタリアの複数のチームでフィジカルコーチを務めたがフィジカルコーチにそれぞれ就任。 クラブ史上初めてのイタリア人監督となる。 一方、前シーズンの監督だったは契約解除により退団。 6年間コーチ・監督を務めたもコーチに移籍。 フィジカルコーチのも契約満了で退団した。 GK(に移籍)、MF(夏にに移籍)、DF(に進学)が契約満了により退団。 4年間キャプテンを務めたMFがに、前シーズン32試合出場のMFがFC東京にそれぞれ完全移籍。 期限付き加入中だったFWがに復帰。 MF(熊本)とDF()の期限付き移籍期間を延長したほか、FWがに、GKがにそれぞれ期限付き移籍となった。 新戦力としては、からMF、からMF、からFW、からDFをそれぞれ完全移籍で、磐田からGKを期限付き移籍で獲得。 DF()とGK(U-18)が新加入。 5月にFWがへ育成型期限付き移籍したほか、夏の移籍期間には、からMFを、からMFを、元のFWをそれぞれ完全移籍で獲得した。 一方で、MF中美慶哉がへ、DFとMFが長崎へ、DFが千葉へ、DFがへ、MFがへ、MFが岐阜へそれぞれ期限付き移籍、MF楠神順平は・へ完全移籍し、シーズン中に9人もの選手を放出する事態となった。 フィッカデンティは時代から続く「」スタイルを変え、中盤をダイヤモンド型にした「」に変更し、それまでの縦に速いショートカウンター主体の攻撃から、緻密な守備から連動性ある攻撃につなげるポゼッション重視の戦い方を採用する。 しかしながら、長年培ったチームスタイルからの戦術変更は浸透に時間を要し、特に攻撃力が著しく低下。 1stステージは失点数こそリーグ2位(15失点)と堅守がよみがえったものの、得点はリーグワーストの10得点にとどまり4勝のみ(5分け8敗)。 降格圏まで勝ち点1差の15位にとどまる。 しかし、2ndステージに入るとフィッカデンティの戦術が浸透。 メンバーが固定され、特に守備的MF(アンカー)がで固定されるようになると序盤は6戦負け無し(4勝2分け)でステージ優勝争いにも絡めるようになる。 最終的には第11節からの4戦勝ち無し(1分け3敗)が響いて優勝争いから脱落し8位にとどまったものの、年間11位で5年連続のJ1残留を果たした。 (準々決勝以降「YBCルヴァンカップ」に名称変更)では、Bグループで4分2敗と未勝利でグループ最下位に終わった。 では、ラウンド16(4回戦)に進出したが、ホームで広島に0-3で敗れ、前年に続く準々決勝進出を逃した。 DFとDFが現役引退。 へ期限付き移籍していたFW(に移籍)、へ期限付き移籍していたDF(に移籍)が契約満了により退団。 前年途中加入したFWとMFとの契約を解除。 7年間所属しキャプテンも務めたMFが兵役のため退団(・へ完全移籍)、3年半レギュラーを務めたGKがへ、7年間在籍したMFがへ、FWが群馬へそれぞれ完全移籍。 また、に期限付き移籍していたMFが千葉へ、に期限付き移籍していたDFがへ、に期限付き移籍していたFWがそのまま徳島へ、に期限付き移籍していたMFがへ、へ期限付き移籍していたMFがKリーグクラシック・水原三星へ、長崎に期限付き移籍していたMFが・へそれぞれ完全移籍した。 またMF()、DF(札幌)の期限付き移籍期間をそれぞれ延長したほか、千葉に期限付き移籍していたGKは松本へ、長崎に期限付き移籍していたDFは大分へそれぞれ期限付き移籍となった。 さらに期限付き加入中だったGKが期限付き移籍満了(群馬へ期限付き移籍)となった。 新戦力としては、からMF、からDF、からDF、・からFW、からMF、・からDF、・からGK、Kリーグクラシック・水原三星からFWをそれぞれ完全移籍で、からMFを期限付き移籍で獲得。 U-18から前年されていたMFとFWがトップチーム昇格した。 シーズン開始後の3月に・からFWを期限付き移籍で、4月に・からGKを完全移籍で獲得。 夏の移籍期間を前にMFが・へ完全移籍。 リーグ戦中断中にDFフランコ・スブットーニとの契約を解除し、DF太田徹郎がへ、MF小川佳純とFWがへそれぞれ期限付き移籍した。 一方で、・からDF、Kリーグ・からMF、FC東京からMFをそれぞれ完全移籍で獲得、期限付き移籍だったFWビクトル・イバルボが一旦契約満了となった後に完全移籍で加入した。 近年にない大型補強を敢行する一方で「継続性のある戦い」を目標に掲げたものの、好不調の波が激しく、ホームではリーグ3位タイの11勝(1分け5敗)を挙げながらアウェイではリーグ最少のわずか2勝(7分け8敗)にとどまり、連勝は第19・20節の1度のみ。 MF原川の7得点をはじめ新戦力が攻守に活躍し、前年より順位を上げて8位でシーズンを終えた。 クラブスローガン :「 ITADAKI 頂 」 フィッカデンティ体制3年目。 GKコーチのが退団(GKコーチに就任)。 期限付き移籍中だったMF(へ移籍)、DF(へ移籍)、GK(へ移籍)が契約満了で退団。 同じく期限付き移籍中だったDF()、MF()が各チームに、FW富山貴光(新潟)がに、MF()がに完全移籍したほか、DFがへ完全移籍した。 またFWが・へ期限付き移籍となった。 一方、期限付き加入中だったMFが完全移籍加入。 からDF、からDF、からMFが完全移籍加入。 MF(U-19)が新加入。 シーズン開始後の3月に、GKがに期限付き移籍すると同時に、横浜FCからGKが期限付き加入、さらに・からMFを完全移籍で獲得した。 では第6節からJ1昇格後ワーストとなる7連敗を喫し、による中断前の第15節終了時点では3勝4分8敗勝点13、J2自動降格圏の17位と低迷。 でも、1勝2分3敗でグループD最下位に終わった。 夏の移籍期間には、DFがに完全移籍、MFが熊本に期限付き移籍した一方で、FW豊田が蔚山への期限付き移籍から復帰。 また、からDF、・からDFをそれぞれ期限付き移籍で、・からFW、鹿島よりFW、からMFをそれぞれ完全移籍で獲得した。 第20、21節でシーズン初のリーグ戦連勝により15位に上がるものの勝ちきれない試合が続き、再び自動降格圏の17位に転落した第29節後の10月18日付でフィッカデンティを解任し、U-18監督兼トップチームコーチのが監督に就任。 監督交代後から最終節までの5試合を3勝2分無敗で乗り切り、10勝11分13敗の14位でシーズンを終えた。 失点数34は優勝した川崎の27に次ぐ2位タイの少なさだったものの、得点数が29と次点の磐田より6ゴール少ないJ1最少であった。 では、以来5年ぶりに準々決勝に進出したが、浦和に敗れた。 クラブスローガン :「 砂岩魂」 前監督のが監督に就任(前監督のはトップチームコーチに復帰)。 のアカデミーコーチを長く務めたがコーチに就任し、2014年までコーチを務めていたコーチのがコーチとして復帰。 GK、MF(に完全移籍)が契約満了で退団、期限付き加入中のDF(に完全移籍)、DF(に復帰)が期限付き移籍満了で退団。 期限付き移籍中だったGK(現役引退)、GK(横浜FCに移籍)、MF(に移籍)が退団。 DFがに、DFがに、FWがに、GKがに完全移籍。 MFがに、FWがに期限付き移籍。 一方、期限付き加入中だったGKが完全移籍加入。 からDF、からDF、FC東京からGK、からMF、からDFが完全移籍加入。 MF()、GK()が新加入。 U-18のFWがトップチーム昇格。 U-18のGKとMFを2種登録。 前線に数多くのタレントを揃え、攻撃力の強化を目指し 、プレシーズンマッチ等で4-3-3の攻撃的布陣を構築しようとしたが、開幕戦の名古屋戦で急遽守備的布陣で臨み0-4の大敗を喫するなど、相手によってスタイルを変える戦い方が全く功を奏せず 、Jリーグワースト記録となる開幕10試合でわずか1得点 と目指した方向性とは逆の結果を招き、チーム内部からもカレーラスの戦術を不安視する声が噴出するなどしたこともあり 、第10節の大分戦はカレーラスの体調不良を理由に金明輝が暫定的に指揮を執り 、試合後にカレーラスの退任を発表、5月7日に金明輝の監督就任(復帰)が発表された。 第11節G大阪戦で7試合ぶりに得点、3-1で勝利し連敗を5で止めると、第13節まで3連勝し一旦14位まで順位を上げたが、第14節から3連敗し再び最下位、第17節清水戦に4-2で勝利し、17位松本と勝点および得失点差で並び、総得点で上回る16位で前半戦を終える。 春の移籍期間にDFがから期限付き移籍。 4月にU-18のMFを2種登録、6月には2種登録だったMF松岡大起と正式契約を結び、MFとは契約を解除した。 さらに夏の移籍期間にはGK大久保択生がに完全移籍。 DFニノ・ガロヴィッチがに、MFがに、FWがに期限付き移籍した。 また、DFカルロ・ブルシッチとの契約を解除し、FWは現役を引退した。 一方、DFがから、FWがから、FWがから、DFがから期限付き移籍した。 また翌年の加入が内定したFW()を特別指定、U-18のDF、MFを2種登録。 第19、20節と連敗し両節で最下位となった後、第22、23節の連勝で16位となり、第29節には15位、第31節には14位まで順位を上げるが、最後まで残留争いに巻き込まれ、最終節、勝点で並ぶ15位清水に0-1で敗れたものの、勝てば順位が逆転する16位湘南が引き分けに終わったことで15位となり、2シーズン連続で16位と勝点で並びながら得失点差で上回る形でJ1残留を決めた。 戦力補強 [ ] 永らくの間、鳥栖の戦力補強の特徴として、新卒の選手や試合になかなか出るチャンスの少なかった若手選手を積極的に補強し、試合に多く出場させるというものがあった。 特に制度や制度が導入されて以降はこれらを積極的に活用し、そのまま翌年以降の完全移籍(正式加入)につなげているケースも少なくなかった。 かつては鳥栖に加入する選手は長らく「他のチームから採ってもらえなかった選手」が多い傾向があり 、特別指定選手も翌年以降の加入につながらなかったケースも多々あったが、ビジネスホテルとして使われていた建物を選手寮として借り上げる など、環境も整備されつつある。 この理由として、鳥栖の財政力では多額の移籍金や契約金を投じた補強に頼れない点が挙げられる。 鳥栖の人件費は、2014年で約11億7600万円 で、これは所属18クラブ中14クラブ目であり、平均(約15億600万円)より低くなっている。 このこともあり、若手を育てて主力に成長させるという方針により、指導スタッフを充実させて、徹底した走り込みをはじめとする猛練習に取り組んで鍛え上げている。 特にシーズン開幕前の毎年1月から2月には、鳥栖市内にある標高133mのの山頂まで反復して登る290段の「早朝石段トレーニング」 をはじめとした1日3回の練習(3部練習)が連日続き 、このトレーニングの苛酷さは移籍選手も言及している。 この3部練習は松本育夫監督の時に導入されたが、松本は(昭和54年)に日本ユース代表の監督を務めた時、夜間の体育館練習を含めた4部練習を休み無しで1ヶ月続けた経験を持つ。 (平成21年)度所属の選手の中には地元の出身が1人もおらず(まで所属していたが最後)、ホームタウンを置く都道府県の出身者がいないのはJリーグ36クラブ(当時)の中で唯一であった。 その後もの(2010年度)、(2010-2011年度)、(2016-2017年度)、(2017年度)、の(2015年度)以外には佐賀県出身選手のいない状態が続いていたが、2019年にが入団したことでようやく解消された。 2015年以降大口スポンサー契約もあって経営が安定してきた こともあり、2016年シーズン以降は特別指定選手を契約せず、下部組織出身者をしており、補強方針に変化が見られる。 2019年の松岡大起は高校在学中にユースからトップ昇格。 成績 [ ] 詳細は「」を参照 タイトル [ ] クラブ [ ]• 2017年 個人 [ ]• フェアプレー個人賞• 2014年:• 2012年:豊田陽平• J2得点王• 2011年:豊田陽平 スタジアム・練習場 [ ] ホームスタジアムは であり、()でも不定期にホームゲームを開催している。 また、2001年(第37節、甲府戦)に()で沖縄県初となるJリーグ公式戦を開催した。 練習場は(鳥栖市北部グラウンド) 、鳥栖市陸上競技場 であるが、佐賀県総合運動場陸上競技場、()も利用する。 また、2013年4月に鳥栖スタジアム北部グラウンド内にクラブハウスが完成した。 (鳥栖F時代~)• (2018年) 現所属選手 [ ] GK 3rd チームカラー [ ]• ブルー 、 ピンク ユニフォーム [ ]• アクセントやクラブエンブレムなどで使われているピンクは、鳥栖Fのクラブカラー(ピンクと紺)を継承"。 この色は「サガンブルー」と名付けられ、の大地と澄んだ大空をイメージしている。 [ ]• 2011年・2012年シーズンで使用したユニホームは「ブルー・ピンク」という基本カラーはそのままだが、デザインアドバイザーとしての著名な陶芸家が監修に携わり、ラインの入れ方などの提案を行なった。 2013年・2014年シーズンは、傘下のアメリカのスポーツ用品メーカー・ ()とサプライヤー契約を締結した。 サガン鳥栖との契約は同社にとって()、()に次ぐ3クラブ目、アジアでは初のサプライヤー契約だという。 2015年からはニューバランス本体のサッカー市場進出に伴い、サプライヤーがニューバランスに変更になっている。 2015年シーズンのFP用2ndユニフォームには、シャツ・グレー、パンツ・黒、ストッキング・グレーを採用。 2019年5月11日には母の日にちなんだレディースデーが開催され、その際FP用限定ユニフォームが採用された。 ロゴ・エンブレム [ ] 「サガン鳥栖」としてのエンブレムは2015年のもので3代目になる。 初代(1997年 - 2005年):クラブ名の頭文字「S」と「T」の組み合わせと、佐賀県の地図をモチーフとしたもの。 2代目(2006年 - 2014年):「J1昇格への元年」と位置付け、ロゴとエンブレムを一新。 新しいエンブレムは(筑紫平野に生息する天然記念物カササギ)を取り入れ、このカチガラスはsagantosuの隠し文字で描かれている。 また、ピンクとサガンブルーと、更に5色(上から、青、黄、黒、緑、赤)の勝利(Victory)の頭文字であるVが描かれており、この5色は五大陸を意味し、『True champions in the hearts of all who love Sagantosu. 』(日本語訳:「サガン鳥栖を愛する全ての人と共に、真のチャンピオンになる」)がエンブレムを引き締めている。 新しいロゴは、今までよりシャープなイメージで強さを感じるデザインにし、ロゴの上下の飾りが「V」のイメージで、勝利にこだわっている。 3代目(2015年 - ):8年ぶりにエンブレムをリニューアル。 全体的な造形は大きく変わっていないものの、クラブから「力強く前に進むカチガラスを強調してデザイン」と説明されたとおり、これまで横向きだったカチガラスのシルエットが正面を向いて羽ばたいている様子に改められ、「常に前へ前へと突き進むチームの力」を表現した。 また、5色のVラインの背景がこれまでの青地から白地に改められるなど、配色に一部変更がある。 ロゴに変更はない。 ユニフォームスポンサー [ ] 掲出箇所 スポンサー名 表記 掲出年 備考 胸 佐賀新聞 2020年 - 暫定的掲出 鎖骨 竹下の ブラックモンブラン 2020年 - 左側に掲出 竹下のMilcook ミルクック 右側に掲出 背中上部 なし - 背中下部 なし - 袖 佐賀新聞 2012年 - パンツ B 2014年 - 2006年 - 2013年は背中 トレーニングウェアスポンサー [ ] 掲出箇所 スポンサー名 表記 練習着胸・ビブス らいふ薬局 練習着背中 gage 練習着袖 ROKI ユースユニフォームスポンサー [ ] 掲出箇所 スポンサー名 表記 掲出チーム 背中 村岡屋 U-15・U-15唐津 背中 U-18 ユニフォームサプライの遍歴 [ ]• - :• - :(一般公募によるデザインを採用)• - :• - : ()• U-18は鳥栖市ではなく佐賀市高木瀬町の(2014年完成)を練習拠点としている。 また全寮制であり、健康運動センターそばと鳥栖市酒井西町の2カ所に選手寮を設けている。 U-15の2チームとU-12は特定の練習拠点は所持していない。 U-18はからに所属している。 前年は県リーグ所属で、2017年現在ユースのトップリーグであるの所属経験は無い。 トップへの昇格もユース1期生の(2000年昇格)以外にはほぼ出場機会を得られなかった(2001年昇格)、(2010年昇格)の2人のみで、日本代表を複数輩出した大分ユースやコンスタントにトップに選手を送り出している福岡ユースなど近隣のチームに対し育成力で後塵を拝していたが、2017年に年代別の代表経験のある、の2人がトップ昇格を果たした。 この時、クラブ社長の竹原稔は「やっとここまできた。 」とコメントしている。 U-15の2チームは共にに所属している。 U-15唐津は県西部でのファン掘り起しを狙うクラブと中学世代の育成拠点を求める地元の思いから2007年に発足している。 にU-15がで優勝を果たし、全カテゴリーを通じて鳥栖に初の全国タイトルをもたらした。 また、同年にはも制し、U-15世代の二冠を達成した。 クラブ設立から長期間に渡り育成部門は低迷していたが、クラブ経営が安定してからは県の支援なども活用して海外遠征も積極的に行っており 、チーム単位や選手個人でイタリア・韓国・オーストリアなどでトレーニングを行ったり現地大会に参加したりしている。 またサッカースクールは鳥栖市内3カ所(鳥栖・北部・商工センター)のほか、・佐賀・・・など県内各地で実施しているほか、県外のにもスクールを開校している。 ただしクラブ本拠地のある県以外でのスクール開校はJリーグ規約に反するため、スポンサーでもあるがサッカースクールを開設して、それをサガン鳥栖が運営管理を受託する形での実施が特例として認められている。 タイトル [ ] U-18• :優勝(2017-2018年) U-15• :優勝(2017年、2019年)• :優勝(2017年)• :優勝(2014-2017年)• 九州ユース U-13 サッカーリーグ:優勝(2016年) U-15唐津• 九州ユース U-15 サッカーリーグ:優勝(2013年) 海外遠征 [ ] U-18• KリーグU-17チャンピオンシップ(韓国・浦項):準優勝(2017年) U-15• ステファーノ・グッゼーラ国際大会(イタリア・トリノ):優勝(2019年) アカデミー出身選手 [ ]• を参照 クラブ情報 [ ] 永久欠番 [ ]• 1月30日、Jリーグ初のに制定。 なお、他クラブがサポーターナンバーを「12」としているのに対し、サガン鳥栖は「17」を同ナンバーとしている。 これには、スタメン11人の選手と控え選手5人の計16名(制定当時。 現在は18名)の「次」として「共に戦う17番目の選手」という意味合いもある。 佐賀県プロサッカー振興協議会 [ ] クラブ経営が行き詰まり、クラブ解散が濃厚となった(平成16年)、佐賀県と県内各市町村は、県内の企業・団体などと共同でサガンの後援団体・「佐賀県プロサッカー振興協議会」を立ち上げた。 この会では、サガンを県民参加型のクラブ運営にするため、ホームゲーム(鳥栖スタジアム、佐賀県総合運動場陸上競技場で開催)に各市町村の市民を招待するほか、サガンの選手を招いた少年サッカー教室や各種イベントを展開するというもの。 また、(平成17年)のシーズン開幕前には鳥栖スタジアムにこの会の事務所を移転させた。 クラブ事務所との併設となり、チームとの連携をより強化することになった。 2014年12月現在、52の企業・団体などが会員となっている。 集客活動の歴史 [ ] サガン鳥栖サポーター (平成15年)「Road To 25,000 In 鳥栖スタ」 ゴール裏のサポーターを中心に立ち上げた「Road To 25,000 In 鳥栖スタ」という大集客キャンペーン。 (平成15年)7月19日の戦を皮切りに徐々に観客を伸ばす仕掛けだったが、とのダービー以外の客足は振るわなかった。 鳥栖スタを揺らせ」 前年の反省を踏まえて「Road to 25000 震源地TOSU! 鳥栖スタを揺らせ」という新たなキャンペーンが始まる。 これはの福岡とのダービーに焦点を当てた集客キャンペーンで、チケットバンクという新しいシステムを導入。 全国のサッカーファンから寄付されたチケットで地元の小学生を招待する企画だった。 各地のJクラブサポーターを始め40団体が支援、2111人の子供達を招待することに成功。 満員とはならなかったが、後にクラブ運営を引き継ぐの初観戦を促した。 これによって行政、クラブのバックアップの元、スポンサーの1つであるも支援を表明。 の戦を目標に活動を行い、鳥栖スタジアムでのJリーグ公式戦最多(当時)となる18,231人の観客を集め、このことがブリヂストンの支援継続と年間スポンサー料アップにつながった。 (平成19年)8月25日の戦がBSデーに設定され、日本最高峰の企業吹奏楽団「ブリヂストン吹奏楽団久留米」と地元高校の吹奏楽団との協演など様々な企画が催され、当日は16,661人を動員する も、目標の2万人越えは達成できず、平均観客動員数も前年を下回った。 ブリヂストン側もかつて無い規模の動員を(平成20年)も実施し、9月20日の戦に21,029人という2万人越えを実現させる。 その後、J1昇格を決めた(平成23年)の熊本戦で記録した22,532人という記録が出来るまではクラブレコードとして残り続けた。 かちかちサガン鳥栖(、月曜『』内)• YUYAのオーレ!サガン鳥栖(、月曜『ニュースただいま佐賀』内) ラジオ [ ]• YUYAのオーレ!サガン鳥栖(NHK佐賀放送局、月曜19:45-20:00)• 週刊サガン鳥栖(、金曜18:00-18:10. 18:20-18:30)• Next Stage 挑戦 サガン鳥栖!! NBCラジオ佐賀、火曜 『情報コンビニ 佐賀ですよ』内)• sagantosu Heat Wave 、金曜 『Friday Night Talkin' Radio』内)• SaganBMX(、月曜20:00-21:00) その他 [ ] 2018年3月1日から11月下旬まで、の1編成がクラブのとして運行されている。 なお、試合の開催日にはJR九州が - 鳥栖駅で臨時列車「サガン鳥栖号」を運行している。 決算 [ ] サガン鳥栖の決算は、つぎのとおり。 損益 [ ] 年度 リーグ 収入 広告料 入場料 配分 その他 費用 事業費 人件費 管理費 利益 純利益 2005 J2 428 143 148 102 35 702 506 249 196 -274 -332 2006 J2 705 281 152 108 164 821 613 376 208 -116 -112 2007 J2 572 237 136 117 82 775 545 377 230 -203 -205 2008 J2 702 263 170 121 148 695 468 317 227 7 5 2009 J2 676 278 174 110 114 755 560 313 195 -79 0 2010 J2 816 194 155 74 393 829 659 290 170 -14 2 出典: 各年度のJクラブ決算一覧。 、 、 、 、 、 金額の単位: 百万円 人件費は事業費に含まれる。 年度 リーグ 収益 広告料 入場料 配分 育成 その他 費用 人件費 試合 トップ 育成 女子 販売 利益 純利益 2011 J2 689 253 166 99 37 135 826 353 48 101 20 0 304 -137 -357 2012 J1 1454 493 495 202 45 219 1362 610 116 75 20 0 541 93 90 2013 J1 1704 632 548 234 74 216 2039 1012 273 129 23 0 602 -335 -299 2014 J1 1885 789 535 222 72 267 2266 1176 250 120 38 0 682 -381 -360 2015 J1 2489 1203 576 193 91 426 2432 1105 245 126 43 0 913 57 3• なお、サガン鳥栖(鳥栖市)の次にホームタウンの人口が少ないのは、Jリーグクラブでは(、166,458人)、Jリーグ百年構想クラブでは(、146,970人)。 鳥栖Fの解散決議後に任意団体としてのサガン鳥栖が発足していることから、鳥栖Fとの間に法的な承継関係はなく、組織として鳥栖Fとサガン鳥栖の間に直接的な連続性は無い。 このため、鳥栖F時代から所属していた選手は、手続き上前所属チームを「鳥栖フューチャーズ」としているため、実質「残留」も公式には「移籍」扱いとされている。 当初は熊地が滞在していた佐賀市内のビジネスホテルや佐賀県サッカー協会の事務所などで作業をしていた。 後にこの2つの記録はが2010年から2011年にかけて更新した。 正式名・SAGAサンライズパーク陸上競技場• J1第24節・戦のピッチ入場時に着用• J1第24節・ヴィッセル神戸戦の試合中に着用• 「BBIQ」はの子会社である(QTNet)の光ブロードバンドサービスの名称だが、実際にスポンサードしていたのは九州電力佐賀支店である。 暫定的掲出 出典 [ ]• 日本プロサッカーリーグ. 2015年11月7日閲覧。 サガン鳥栖. 2013年12月8日閲覧。 日本プロサッカーリーグ. 2018年8月7日閲覧。 西日本新聞. 2013年12月23日. 2014年1月2日閲覧。 サガン鳥栖. 2013年12月7日閲覧。 - Jリーグ公式サイト内、2018年1月1日閲覧。 日本サッカー協会、サガン鳥栖承認 - 佐賀新聞1997年2月14日• 新生「サガン鳥栖」スタート - 佐賀新聞1997年2月17日• サガン鳥栖に2選手入団、地場企業が確保 - 佐賀新聞1997年3月11日• サガン98年度赤字3173万円 - 佐賀新聞1999年3月22日• サガン鳥栖、田中ら7人解雇 - 佐賀新聞1998年11月17日• サガン鳥栖に新戦力 - 佐賀新聞1999年1月19日• サガン臨時株主総会「高祖社長」を承認 - 佐賀新聞2001年9月21日• サガン鳥栖、高祖氏が社長辞退へ - 佐賀新聞2001年10月23日• サガン社長に古賀氏 - 佐賀新聞2002年3月29日• サガン古賀社長辞任へ - 佐賀新聞2002年11月23日• - 読売新聞九州版2011年12月5日 2012年6月27日時点でのインターネット・アーカイブ• サガン、古賀社長ら辞任へ - 佐賀新聞2003年10月11日• ニュースさがTOP サガン鳥栖、新社長候補に楠田氏 - 佐賀新聞2003年10月21日• サガン鳥栖、新経営陣が就任撤回 - 佐賀新聞2003年12月10日• 創価学会「ニッポン洗脳」 の不気味 - 週刊文春2005年3月31日号• 算書開示請求を「放置」 サガン経営陣への告訴状提出 - 西日本新聞2003年12月4日• J2鳥栖の松本育夫監督、球団事務所に出入り禁止 - 日刊スポーツ 2004年11月15日• Jリーグ、サガンへの出資表明 - 佐賀新聞2004年2月15日• ニュースさがTOP Jリーグ、鳥栖支援策を撤回 - 佐賀新聞2004年7月2日• ニュースさがTOP サガン鳥栖・古賀社長退任へ - 佐賀新聞2004年10月1日• サガン新体制なお混とん - 佐賀新聞2004年11月24日• 経営陣は迷走、社員5人解雇 - 日刊スポーツ2004年11月24日• サガン経営井川氏受諾、チェアマン「歓迎」 - 佐賀新聞2004年11月27日• サガン鳥栖新取締役選任を否決 - 佐賀新聞2004年12月6日• 株式会社クリーク・アンド・リバー社プレスリリース 11月26日• プレスリリース , サガン鳥栖, 2009年12月7日 , 2014年1月25日閲覧。 佐賀新聞. 2012年7月10日. 2015年4月8日閲覧。 毎日新聞. 2012年11月7日. の2013年12月20日時点におけるアーカイブ。 2015年4月8日閲覧。 日刊スポーツ. 2012年12月1日. 2015年4月8日閲覧。 League Data Site. 2015年4月8日閲覧。 読売新聞 2013年1月5日付記事• - 2013年1月8日• 荒木英喜 2013年5月17日. フットボールチャンネル. 編集部. 2013年7月27日閲覧。 佐賀新聞. 2013年12月16日. 2014年1月25日閲覧。 ゲキサカ. 2013年8月7日. 2013年12月8日閲覧。 サガン鳥栖公式サイト. 2014年8月29日. 2014年8月30日閲覧。 2014年3月1日. 2014年12月8日閲覧。 2014年5月7日. 2014年8月8日閲覧。 2014年8月3日. 2014年8月8日閲覧。 プレスリリース , サガンドリームス, 2014年8月8日 , 2014年8月8日閲覧。 NHK NEWSWEB. 2014年8月8日. 2014年8月8日閲覧。 プレスリリース , サガンドリームス, 2014年8月8日 , 2014年8月8日閲覧。 2015年1月7日閲覧。 2014年10月6日. 2014年12月7日. 2014年12月8日. 2014年12月8日閲覧。 (佐賀新聞2015年4月27日 5月28日閲覧)• 佐賀新聞. 2015年11月24日. 2015年12月8日閲覧。 佐賀新聞. 2015年11月8日. 2015年12月8日閲覧。 佐賀新聞. 2015年12月11日. 2015年12月31日閲覧。 佐賀新聞. 2015年12月11日. 2015年12月31日閲覧。 佐賀新聞. 2016年1月7日. 2016年1月7日閲覧。 2016年11月5日. 2016年11月5日閲覧。 佐賀新聞. 2017年12月5日. 2017年12月6日閲覧。 プレスリリース , 2018年10月18日 , 2087年12月24日閲覧。 佐賀新聞. 2019年5月6日. 2019年5月8日閲覧。 佐賀新聞. 2019年5月8日. 2019年5月8日閲覧。 サッカーキング. 2019年5月4日. 2019年5月8日閲覧。 - 佐賀新聞2009年2月28日• - 日本プロサッカーリーグ公表資料• フォトレポート、、2014年1月22日。 及び - 佐賀新聞2014年1月23日。 記事内では10周したと書かれている。 サガン鳥栖公式サイト内で発表された2014年のトップチーム練習日程によると、1月21日の全体練習開始日から1月31日までに7度の3部練習が実施された。 サガン以外に3部練習を行うJリーグクラブは少ない。 一例として、安田理大の公式ブログ、2014年2月1日付、「」• 詳細は松本の項目参照、及び・Zakzak、コラム「蹴球 7DAYS」内、2013年9月22日付、「」。 水沼貴史はサガン所属選手の水沼宏太の父。 佐賀新聞. 2016年3月10日. 2017年1月10日閲覧。 サガン鳥栖. 2013年12月8日閲覧。 プレスリリース , 株式会社サガンドリームス, 2012年12月21日 , 2012年12月21日閲覧。 WWD Japan. 2015年2月5日. 2015年2月5日閲覧。 サガン鳥栖公式サイト. 2019年5月8日. 2019年5月15日閲覧。 2015年1月15日. 2015年1月15日閲覧。 プレスリリース , サガン鳥栖, 2020年2月3日 , 2020年2月6日閲覧。 サガン鳥栖公式ウェブサイト• 佐賀新聞 - 2014年04月05日• 佐賀新聞 - 2014年12月14日• 佐賀新聞 - 2016年12月27日• 佐賀新聞 - 2007年2月23日• 佐賀新聞 - 2017年08月25日• 佐賀新聞 - 2016年04月04日• 佐賀新聞 - 2008年04月17日• (株)サガン・ドリームス代表取締役会長・井川幸広よりサガントスを愛する全ての皆様へのご挨拶 - 『サガン鳥栖ニュースリリース』2011年12月12日• - 交友社『鉄道ファン』railf. jp 鉄道ニュース、2018年3月3日、同年3月4日閲覧。 関連項目 [ ]• で放送されていた応援番組• 外部リンク [ ] 公式サイト• saganofficial17 -• - チャンネル メディア•

次の