新幹線 回数 券 指定 席 予約。 新幹線の回数券で指定席の予約と変更方法。自由席は座れるの?|あなたの知りたいアレを調べます

新幹線回数券の予約方法は?|よくある質問|JR新幹線ネット

新幹線 回数 券 指定 席 予約

いくつか種類がありますが、6枚綴りで3ヶ月間有効、というのが基本で、一部には4枚綴りや2枚綴りの回数券もあります。 新幹線回数券はJRの駅窓口で販売していて、誰でも購入することができます。 全ての新幹線駅間で設定されているわけではなく、設定区間は限られています。 新幹線回数券は、金券ショップでばら売りされています。 金券ショップで「新幹線の格安チケット」といって販売されているのは、たいていこの新幹線回数券のばら売りです。 したがって、金券ショップを利用する際にも、回数券の基本的なルールは理解しておいたほうがいいでしょう。 自動券売機では購入できません。 (購入後の回数券を、自動券売機で座席指定することはできます)。 JRの駅窓口では、回数券のばら売りはしていません。 6枚綴りの回数券なら6枚セットでの販売です。 ばら売りの回数券が欲しいときは、新幹線駅近くの金券ショップに行くといいでしょう。 新幹線回数券の利用方法 指定席回数券の場合 指定席の回数券の場合は、JRの駅の窓口や指定席券売機で座席の指定を受けられます。 座席の指定は乗車日の1ヶ月前から乗車直前まで可能です。 座席指定を受けると、「指定席券」がもらえます。 この指定席券と回数券の2枚が乗車時に必要です。 座席指定を受けないで新幹線に乗ることも可能ですが、その場合、自由席にしか乗ることができません。 乗車日に駅の改札を通るときは、回数券と指定席券を2枚重ねて自動改札機に通します。 改札機から出てきたきっぷを2枚とも持って、新幹線に乗車します。 そして指定された席に座ります。 到着駅では、乗車時と同様に、回数券と指定席券を2枚重ねて自動改札機に通します。 自由席回数券の場合 自由席の回数券は、座席の指定ができません。 そのため、事前に座席指定をする必要はありません。 乗車当日に、回数券1枚をそのまま駅の自動改札機に通すだけで乗車できます。 自由席にのみ乗車できます。 広告 乗り遅れた場合 指定席回数券で乗車予定の列車に乗り遅れた場合は、当日の後続列車の自由席に乗車できます。 その場合は、回数券1枚だけを自動改札機に通します。 乗車前に窓口などに行って手続をする必要はありません。 当日以外の後続列車には乗れません。 当日、後続列車にも乗れなかった場合は、その回数券は無効になります。 自由席回数券では、乗り遅れたら次の列車に乗ればいいだけです。 とくに手続は必要ありません。 指定席の変更 指定席回数券の場合、乗車前であれば、列車や指定席の変更は何回でもできます。 乗車区間の変更は一切できません。 また、乗り遅れてしまった場合の変更もできません。 新幹線回数券の利用方向 新幹線回数券には、利用方向は定められていません。 双方向で使えます。 たとえば、東京〜大阪の回数券の場合、東京から新大阪へ乗っても、新大阪から東京へ乗っても構いません。 新幹線回数券の途中乗車、途中下車 新幹線回数券では、区間の途中で乗り降りができます。 たとえば、東京〜大阪の回数券で、途中の京都で乗り降りすることができます。 ただし、途中で降りた場合、回数券は前途無効になります。 東京から大阪までの回数券で、京都で降りてしまうと、京都〜大阪間は放棄したとみなされます。 広告 新幹線回数券の子供利用 新幹線回数券には、原則として「子供料金」の設定はありません。 ただし、普通車自由席用の回数券に限り、大人用の1枚の回数券で子供2人までが利用できます。 このとき、子供は同時利用でなければなりません。 新幹線回数券の有効期限 ほとんどの新幹線回数券の有効期限は3ヶ月間です。 新幹線回数券の払い戻し 新幹線回数券は、全券(通常は6枚)がすべて未使用で有効期限内の場合のみ払い戻せます。 手数料は220円です。 1枚でも使ってしまったら払い戻せません。 ただ、金券ショップでは買い取ってくれます。 また、ヤフオクなどで売ることもできます。 余った新幹線回数券を金券ショップに売ることなどは合法です。 短距離区間の場合は、自由席特急券の通常価格とほとんど変わらないこともあります。

次の

ひかり・こだま指定席回数券 | 東海道新幹線の回数券

新幹線 回数 券 指定 席 予約

はこちらです。 の確認やも可能です。 新幹線回数券はJRで6枚綴りになっているものを購入するのが基本ですが、金券ショップでバラ売りしている新幹線回数券を購入する方法もあります。 1枚あたりの価格はJRで6枚綴りの新幹線回数券を購入する方が安くなる場合が多いのですが、一部の区間に関しては、金券ショップで購入した方が安くなっている場合もあります。 さて、今回は新幹線回数券を指定席に変更する方法についてお伝えします。 はこちら 新幹線回数券は金券ショップでかなり売れる商品です。 その分問い合わせも多いので、、、、、など、個別の情報についても詳しく紹介しています。 この記事をご覧の方には「」も参考になります。 JR・新幹線での移動と宿泊もセットにする場合はもあります。 JRや金券ショップで購入できる新幹線回数券は2種類あります JRや金券ショップで購入できる新幹線回数券には大きく分けて2種類の切符があります。 新幹線回数券の種類は下記の通りです。 他にも往復切符を回数券のような形で販売している場合や、グリーン回数券もありますが、できるだけお得に新幹線を利用しようと考えている方にはほとんど縁がない新幹線回数券だと思います。 なので、ここでは新幹線指定席回数券と新幹線自由席回数券の指定席変更方法について紹介します。 なお、は購入から約3ヶ月となっていますが、新幹線回数券の指定席への変更に限らず、通常切符を購入する場合でも、指定席の購入や変更は1ヶ月前にならないとできません。 なので、新幹線回数券を利用して指定席を取る場合でも、利用日の1ヶ月前にならないと変更の手続きができない点には注意が必要です。 新幹線回数券には利用できない時期があるので注意 以前の記事「」でも取り上げていますが、新幹線回数券には利用できない時期があります。 GW・お盆・年末年始の下記期間が該当します。 新幹線回数券の表面にも利用できない期間が有効期限内にある場合、切符の下に小さく印字されています。 この期間に乗車するために、新幹線回数券を利用することはできません。 ご注意ください。 新幹線指定席回数券を指定席に変更する方法 新幹線指定席回数券を利用して指定席の予約・変更をする方法は下記の2通りです。 自動券売機で新幹線指定席回数券を変更• みどりの窓口で新幹線指定席回数券を変更 知らない人も多いと思いますが、新幹線指定席回数券は新幹線の自動券売機を利用して指定席券に変更することができます。 新幹線の自動券売機には切符を入れる機能があるので、操作のあとに新幹線指定席回数券を入れて、新幹線指定席回数券と新幹線指定席特急券を受け取るようになっています。 自動券売機で新幹線指定席回数券を指定席に変更する場合は、列車が空いている時でも隣に人がいる席が座席として指定されることがあるので注意が必要です。 私が実際に経験した例では、通路側の席を座席指定した際に、誰もいない席があるにもかかわらず、窓際の席を取っている人が隣にいました。 その時は私も含めて3人しかその車両に乗っていなかったので、さすがに空いている席に移動しました。 基本的に新幹線の乗車後に席を変更することができないのですが、車掌さんが切符の確認に来た際に事情を説明したら、そのまま座って大丈夫と言われたのでよかったです。 自動券売機を利用した指定席の予約ではこういった座席指定になってしまうパターンがよくあるので、あまりおすすめできない方法となっています。 自動券売機を利用するより手間と時間はかかりますが、みどりの窓口に並んで指定席へ変更した方がいいです。 みどりの窓口で指定席の座席指定をする場合、空いている車両なら隣に人がいない席にしてくれますし、混んでいる時なら、通路側でなく窓側なら隣に人がいない席があるなど案内もしてくれます。 新幹線自由席回数券で指定席を利用する方法 新幹線自由席回数券は、前提として自由席の利用に限定しているため金額が安くなっているという特徴があります。 そのため、新幹線自由席回数券を新幹線の自動券売機やみどりの窓口で指定席に変更することはできません。 この手続きは車掌が切符の確認に来た際に、「乗車変更お願いします」と一言添えるとスムーズに手続きができます。 ここで注意しておきたいのは、あくまでも新幹線自由席回数券を購入して指定席を利用する場合、指定席の利用は一時的な利用となることです。 つまり、今だれも利用していない指定席でも、その後に停車する駅でその指定席を予約している人が乗ってくる可能性は全ての席で0ではないということです。 新幹線の車内で空席状況を把握したり、席の予約や変更をリアルタイムで行えるようにはなっていないのです。 そのため、空いている指定席を利用していても、駅に停車する度に「そこは私の席なのですが…」「すみません、すぐどきます」といったやり取りが生じてしまう可能性があります。 私も1度新幹線自由席回数券を購入して、車内で指定席の一時利用に変更しましたが、上記のやり取りがかなり苦痛でした。 この経験をしてからは自由席の利用か指定席の利用かは切符の購入前に決めるようにしています。 新幹線自由席回数券を購入してから車内で指定席に変更する方法は、よほど面の皮が厚いひとなら別ですが、一般的に日本人にはあまり馴染まないシステムだと思います。 厳密にはJRのみどりの窓口で掲示していますが、基本的に三連休や長期休暇の時期は繁忙期、6月や2月などのあまり人が移動しない期間は閑散期、それ以外が通常期となっています。 繁忙期や閑散期、通常期に関しては、毎年違うのでJRで確認するのが1番です。 JR・新幹線での移動と宿泊もセットにする場合はもあります。 金券ショップをよく利用している方の中には、かなり新幹線や在来線の切符に適用されている料金ルールに詳しい方もいらっしゃいます。 そんな方でも新幹線回数券や在来線回数券の乗り越し精算のルールが、通常の切符の料金計算のルールと違うことをご存じない場合もあります。 金券ショップに目的の区間の切符がない場合に、別の区間を買おうとする方もいらっしゃいますが、回数券における乗り越し精算のルールについて誤解していることもあるので、なるべく詳しく利用区間についてヒアリングしています。 たまに鬱陶しそうにされてしまうこともありますが、せっかく安くしようと金券ショップを利用していただいていますから、損をさせるわけにはいきません。 ご面倒かもしれませんが、一緒にどうしたら料金が安くなるのかを考えさせていただければ嬉しく思います。 店頭でもちょっとだけお付き合いいただければ幸いです。 金券ショップの利用以外で新幹線格安チケットを購入する方法 遠出をする方の中には、現地でホテルを利用する方もいると思います。 新幹線を利用する時にJRで切符を購入する場合、長距離で安くなるのはぐらいです。 しかし、JR・新幹線での移動と宿泊もセットにする場合はもあります。

次の

新幹線指定席回数券の使い方 席の指定や変更、乗り遅れた場合

新幹線 回数 券 指定 席 予約

京都付近を走る東海道新幹線 新幹線回数券は、6枚つづりになっていて、1回分の料金が正規料金よりも安くなっている。 例えば、東京都区内(東京駅、品川駅利用)~大阪市内(新大阪駅)は、新幹線指定席利用の片道の正規料金=1万4450円(運賃=8750円、通常期の料金=5700円)が、回数券6枚セット8万2140円(普通車指定席用)を6で割れば1回分1万3690円となる。 760円安いので、5%程度の割引率だ。 回数券には、いくつか条件がある。 有効期間は3カ月以内• 5月の大型連休(4月27日~5月6日)、お盆の時期(8月11日~20日)、年末年始(12月28日~1月6日)は使えない• 指定席用の場合は、回数券購入後、窓口や券売機で改めて座席の指定を受けなくてはならない(列車の変更は、指定した列車の発車時間前であれば何回でも可能) 利点としては、無記名なので、6枚をバラして他人に譲渡したり、複数人一緒に乗車することが可能、乗車方向は決まっていないので、律儀に3往復するのではなく、東京駅から新大阪駅まで6回使い、帰路は常時、航空機といった利用法もできる。 エクスプレス予約専用ICカードとEXご利用票 東海道・山陽新幹線を頻繁に利用する人の間で使われているのが、エクスプレス予約だ。 会員になると、年間を通して割引料金で新幹線に乗れる。 各種早特もあるし、パソコンやスマホ、タブレットで予約可能なので、駅の窓口や券売機での手続きなしに直接改札口を通ることができ使い勝手がよい。 回数券のように使用不可の期間がないのも好ましい。 料金については、EX-ICの通常プラン(早特ではないもの)で、東京駅あるいは品川駅から新大阪駅までが、1万3370円となっている。 単純に比べると、指定席回数券よりも320円安いし、通常期の正規料金よりも1080円安く、7. 5%の割引率だ。 それなら、回数券よりもエクスプレスの方がトクなのだ、と思うのは早計で、少々冷静になる必要がある。 エクスプレス予約の料金というのは、東京駅から新大阪駅までの東海道新幹線乗車のみの料金で、回数券のように東京都区内から大阪市内までの運賃計算にはなっていない。 新幹線ホームに近い東京駅八重洲口へはJR以外でもアクセス可能 仮に、新宿駅から東京駅までJR中央線に乗り、新大阪駅から大阪駅までJR東海道線に乗った場合、200円、160円の運賃は別途支払わなければならないのだ。 つまり、トータルでは、1万3730円支払うことになり、回数券の1回分よりも40円高くなってしまう。 もちろん、JR在来線を利用することなく、東京駅までは地下鉄(東京駅以外でも大手町から歩くことも想定される。 東西線の大手町駅からだと八重洲側の新幹線乗り場まで大した距離ではない)やタクシーを利用し、新大阪駅から大阪市内までも地下鉄やタクシーを利用するなら、回数券よりも断然おトクになる。 エクスプレス予約のメリット エクスプレス会員の年会費は1080円なので、東京~新大阪を片道利用するだけで元は取れ、後は年会費を気にする必要はなくなる。 また、グリーン車にグレードアップできるポイントが貯まるのも魅力で、東京~新大阪を6往復すると、次回の片道は普通車指定席の料金でグリーン車に乗れる。 東海道新幹線N700系のグリーン車 何と言っても、常時混んでいる窓口で指定席を取る必要がなく、JRの駅窓口が近くにない場合、自宅なり職場なり、あるいは電車やタクシーで移動中に指定席を取れる魅力は何物にも代えがたい。 3カ月以内に6回分使い切るという制約もないので、クレジットカードを持つことに抵抗や制約がないのならば、入会を考えてもよいサービスであろう。 さらに、熱海から西の駅から東京駅、品川駅到着の新幹線に乗ると、「ご利用票」提示でTokyo Subway Ticketが購入できる特典もある。 また、早特利用なら、さらに安い値段で新幹線に乗れるので、そうなれば回数券にこだわる必要は全くなくなる。 (参考) 回数券とエクスプレス予約の料金比較表 以下に東京・品川~名古屋、新大阪、岡山の料金比較を掲げておこう。

次の