ハリウッド 大量逮捕。 フルフォード 大量逮捕 日本の裏事情 動画より

大量逮捕の名簿に載っていると言われる、悪魔崇拝、小児性愛、児童の人身売買に関連したセレブの名前 : 黄色いベストと日本・世界革命

ハリウッド 大量逮捕

请在下列的网站中文做日语自动翻译。 米国の映画も番組も絶対に見るな!もう二度と!米国に渡航もするな! プロボクサーを長年やってきたので パワフルな人たちとコネがありました。 UFC 総合格闘技 のファイターだし プロボクサーだから。 有名人と一緒になる機会があり トニー・ロビンズとか オプラと一緒に出かけたり 有名な人達と一緒に話す機会もありました。 今、君たちと話してるようにね。 多くの人たちは疑っているけど これは言いたい。 これは本当です。 今、大きな捜査が行われていて 小児性愛者の組織が潰されて ハリウッドは陥落しています。 僕の情報筋と今でも話すけど 大きな作戦が行われていて 奴らは逮捕されている。 今は秘密だけど いつかマスコミでも報道されるそうです。 全て終わったら報道されると言っている。 多くの人がショックを受けると思います。 「既にしっていた」という人でも小児性愛が ハリウッドでどれだけ蔓延していたか知らないと思う。 スポーツでも、政界でも、ハリウッドでも、 どこでもです。 ひどいものだ! 人身売買と性的人身売買が 一番金儲けになるからね。 これが表面化されるとき 多くの人は気分が悪くなるでしょう。 それを知ることさえが 汚い事のように思えるでしょう。 多くの人はトランプの事を 嫌っているけど 彼は今、正しいことをやっている。 先頭にたって、これらを崩している。 見てて凄いものだ、彼は 麻薬カルテルを追っかけて、人身売買 小児性愛者の組織とかを崩している、全ての道が クリントン財団に繋がっているのがすごい。 ハイチにも繋がっており・・・ あまり言えないけど ジェフリー・エプスタインも 自殺じゃない事を誰もが知っている。 ハーヴェイ・ワインスタインも 色々情報を提供しているようだし 色んな事が起こっているんだ。 これが全て表面に出てくると 皆、驚愕するでしょう。 僕達は子どもたちを守らなきゃいけない。 コリー・ハイムの話だと 皆、情報を提供しに出て来ている。 全て適切なときに出て来るんだ。 言ったようにハリウッドは陥落するよ。 沈没するタイタニック号のようだ。 皆、自分を救おうとして 皆が船から飛び降りている。 最も有名な人達がこの事件に関わっているんだ。 名前は言えないけど 自慢じゃないけどAリストの著名人で 善良な人を知ってるけど そういう人達が僕に悪者の名を教えてくれたら 「ええ!?」って言うような人もいた。 想像すら出来なかった。 彼らが子ども達を生贄にして アドレノクロムを飲んでる事知っているよね。 考える事も難しいけど 子ども達を究極の恐怖に陥れて 古代からの儀式で主に子どもを使う。 子どもの方がアドレナリンが純粋だからだ。 とことん苦しめて アドレナリンが最高レベルに達したら 子どもを殺し血を飲むんだ! 性欲を促し、若返りに効くとか コラーゲンが入っているとか 体の機能を高めるらしいけど 本当に病的な儀式で それをボトルに詰めて売るんだ。 それを人が買うんだ、ドラッグだからね。 アドレノクロムを飲む人が それを止めた後の写真を見るけど 1ヶ月で20~30歳くらい 歳をとったように見える。 本当だよ。 陰謀論とか言う人がいるけど 業界にいる人も確認してるよ。 作戦が行われているし 彼等が全員逮捕されるのが待ち遠しい。 そんな酷い事を無くすのさ。 今が潮時なんだ。 霊的にも多くの人が覚醒してきている。 世界的にも人の意識が変わってきている。 皆が目覚めて現実で何が起こっているか 人が気づき始めている。 色んな良い事を見るけど 色んな醜い事も見なきゃいけないと思う。 良い事だけじゃなく 闇も知らないといけないから。 それらが表面化した時 皆、憎悪感で気分が悪くなるでしょう。 道徳や良心がある人なら 気分が悪くなると思う。 この隔離の期間に これらの事を観察している。 経済は同じになるかわからないし どうなるかわからない。 金本位制度になるとか中央銀行を 言うけど自分にはわからない。 自分が確かなのは小児性愛者の組織が 崩されていることだ。 戦艦がカリブ海にいて 麻薬取引を阻止している。 トランプは大きな戦艦を送って 麻薬カルテルと戦っている。 そういう事が起こっているのでウイルスは 世界的に生物兵器が使われたと思うし ウイルスは本当だけど その威力は騒がれるほどではないと思う。 皆コロナで死亡と報道するけど、他の病気で 亡くなっている人もコロナだと言っていると思う。 全てが疑わしい。 ただハリウッドが陥落してるのは確実だ。 自分が言いたいのは 隔離とロックダウン中で起こった 素晴らしいことさ。 ただ辛抱強く、何が表面化するかを 見るしかない。 オンラインで見れるドキュメンタリー 映画を友達が教えてくれた。 「アウト・オブ・シャドウズ」という題名だ。 YouTubeにあるし凄くいいよ。 現在翻訳中 この問題について もっと深く掘り下げている。 この人たちが 本当に病んでいるのがわかるよ。 だから皆、注意して 日課をシンプルに保ってください。 僕達はエキサイティングな時代に 生きていると思います。 デビッド"ニーノ"ロドリゲス 1977年9月18日、テキサス州エルパソ生まれ は、 アメリカのヘビー級ボクサーです。 彼は以前、WBCによって世界で13位、WBAによって12位でしたが IBAでは世界で11位でした。 彼はエルパソの元ナンバーワン候補のオーウェンベックを破り WBC FECOMBOXメキシコヘビー級選手権に勝ちました。 Instagram 大量逮捕 ハリウッド 【必見】ハリウッドスター大量大量『プロボクサーD・ロドリゲスがInstagramでハリウッド崩壊と大量逮捕の話を伝える』 Takahiro Channel.

次の

【エプスタイン事件】トランプは、悪魔崇拝者たちと戦っている 舞台はハリウッド【超絶閲覧注意】

ハリウッド 大量逮捕

-エプスタインつながりかと思うが、幼児性的虐待容疑での逮捕者が続々である。 以前からこれに関係しているハリウッドスターが多くいるともっぱらの噂だった。 2年ほど前、大スターの一人ブラット・ピットがハリウッドの幼児虐待のひどい実態を内部告発してセンセーションを巻き起こしたことがあったが、8月下旬にはトム・ハンクスやスティーブン・スピルバークが同容疑で告訴された。 と思ったら、今度は「宇宙人ジョーンズ」ことトミー・リー・ジョーンズまでもという。 トミー・リー・ジョーンズは、2006年からサントリーBOSS缶のTVCMを続けたこともあってか大の親日家で、「日本は第二の故郷」と話していたほどだったという。 このCMを通してファンになった日本国民も多かったと思うが、このCMは今後どうなってしまうのだろうか。 同CMの宇宙人ジョーンズ役もさることながら、私には『逃亡者』のハリソン・フォード演ずる無実の逃亡者を執拗に追いつめる刑事役のジョーンズの印象が強い。 渋くていぶし銀のような演技が光り、とてもこんな容疑で捕まろうとは想像だにしていなかった。 ジョーンズの件は、幼児虐待、幼児性愛というおぞましい犯罪にのめり込むハリウッドスターが多くいるというの証明なのだろう。 いなハリウッド(HOLLY WOOD-聖なる森)は悪魔崇拝連中の巣窟だったということなのだろう。 今徹底的なメスが入れられようとしている。 今後とも「えっ」と驚くようなビッグネームを聞くことになるかもしれない。 (大場光太郎・記)-.

次の

フルフォード 大量逮捕 日本の裏事情 動画より

ハリウッド 大量逮捕

image:wikipedia ロンメル死とは、ナチスドイツのアドルフ・ヒトラーの部下であったドイツ軍人ロンメルの死亡原因が由来の言葉です。 ロンメル死の意味 「ロンメル死」の意味は、おとなしく罪を認めて自害、もしくは逮捕されてこの世から消えるなら、これまでやってきた罪状は公表されず、名誉を保証するという意味です。 この言葉はロンメルと「ヒトラー暗殺未遂事件」に関係しています。 世界大戦当時の1944年7月、ヒトラー暗殺未遂事件が発生しましたが失敗に終わります。 しかし、暗殺に関わった者の話からロンメルの名が出てきたことにより、ロンメルもヒトラー暗殺事件の関与を疑われてしまいます。 その結果、ロンメルはドイツ軍により裁かれることになります。 ロンメル死は「逮捕」か「名誉の死」のどちらかを選択すること ロンメルは、ヒトラーの使者としてやってきた2人の軍人に「反逆罪で裁判を受けるか、名誉を守って自殺するか」の選択を迫られました。 裁判になっても死刑を免れることはできず、粛清として家族もろとも葬られることを危惧したロンメルは家族の命を守るため、自宅の裏にある森の中で服毒自殺を遂げたと言います。 つまり、ロンメル死は「逮捕」か「名誉の死」のどちらかを選択することを言います。 最終階級は陸軍元帥。 第二次世界大戦のフランスや北アフリカでの戦闘指揮において驚異的な戦果を挙げた、傑出した指揮官として知られる。 広大な砂漠に展開されたアフリカ戦線において、巧みな戦略・戦術によって戦力的に圧倒的優勢なイギリス軍をたびたび壊滅させ、敵対する側の英首相チャーチルをして「ナポレオン以来の戦術家」とまで評せしめた。 アフリカにおける知略に富んだ戦いぶりによって、第二次大戦中から「 砂漠の狐」の異名で世界的に知られた。 貴族(ユンカー)出身では無い、中産階級出身者初の陸軍元帥でもある。 数々の戦功だけでなく、騎士道精神に溢れた行動と多才な人柄で悲劇的な最期をとげたがSS(親衛隊)ではなく国防軍の所属であった。 1970年代まで欧米では「名将ロンメル」論がほぼ定着しており、日本でもほぼ同様の評価が行われてきた [1]。 しかし、1970年代以降、欧米の軍事史家などによって軍人としての資質や能力について再度検証されるようになった [1]。 (出典:ウィキペディア) ロンメル死の言葉のもとになったロンメルという人物についてですが、元ドイツ陸軍元帥で第2次世界大戦では驚異的な戦果をあげ、すぐれた指揮官として有名な人物です。 たびたび、イギリス軍を追い込んだ功績やアフリカ戦線での知略に富んだ戦いぶりにより「ナポレオン以来の戦術家」や「砂漠の狐」、「名将ロンメル」など世界中にその名を轟かせました。 ロンメル死がtwitterで話題に この「ロンメル死」という言葉に注目が集まったのは、ディープステートという世界支配をもくろむエリート層の大量逮捕がおこなわれるのではという噂がもとになっています。 また、ディープステートの一斉逮捕にともない、陰で悪事を働いている可能性のある有名人のツイッターのヘッダー(背景)が空白になる?という現象も発生しています。 この現象が、権力者や有名人に見られることから逮捕予定者を暗示していると噂されています。 しかし、ツイッターの背景画像が空白になっていても相変わらずツイートされている方もいるので背景画像が変更された人が逮捕されたのかどうかの信憑性は不明です。 なので、この情報だけで判断するのは危険かもしれません。

次の