血圧 下げる サプリ。 血圧を下げるサプリメントランキング

血糖値を下げるサプリメントの失敗しない選び方!ランキング形式でTOP5を紹介

血圧 下げる サプリ

どんな成分を摂取するといいのか? サプリメントで注意すること!これらについて解説させていただきます。 高血圧対策にサプリメントを考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。 どんな成分を摂取するといいのか? ドラックストアで手軽に入るサプリメントですが、一体どのようなものを選べばいいのか迷ってしまいますよね。 血圧を下げる成分にも色々ですが、ここでは代表的なものを紹介したいと思います。 DHA・EPA DHAやEPAってよく聞きますが、これは青魚に含まれている成分になります。 これら成分は、血管をしなやかにさせて血液をサラサラにします。 また、悪玉コレステロールや中性脂肪を減少させて、善玉コレステロールを増加させるので動脈硬化の予防にもなるので血圧を下げる効果も期待できます。 あまり青魚を食べない人はDHA・EPAのサプリメントを摂取するのもいいでしょう。 カリウム カリウムには、利用作用があり余分に摂取した塩分を排出するので高血圧対策に繋がります。 色んな食材や果物に多く含まれるカリウムですが、中でもバナナに多く含まているのは有名ですよね。 普段、あまり果物を食べないような人はサプリを摂取するのもいいですが注意することもあります。 それは、カリウムの過剰摂取です。 特に腎機能が低下している人は、負担をかけますので気をつけてください。 ポリフェノール ポリフェノールは、ワインやチョコレート、果物やコーヒーやお茶など。 あらゆる食材に含まれています。 主な効果として、抗酸化作用や脂肪燃焼作用、抗菌作用などがあります。 また、ポリフェノール血管を広げる作用があるので血圧を下げる効果も期待できます。 ナットウキナーゼ 納豆の中に含まれるのがナットウキナーゼという成分になります。 ナットウキナーゼは、血栓を溶かし血液サラサラ効果が期待できるので高血圧の予防にも良いと言われています。 納豆が苦手で食べられない人はサプリメントで摂取するのもいいと思います。 血圧を下げるサプリメントで注意することは? サプリメントで注意することって何があるのか? それは、サプリは薬ではなく健康補助食品です。 ですので・・・ サプリを飲んだとしても必ず血圧が下がるわけではありません。 中には1箱飲んでも血圧が下がらないと諦めてしまう人がいますが、長期間飲み続けなければ効果は実感できないと思ってください。 もちろん、飲み続けたとしても絶対に血圧が下がるわけでもありません。 ただ、予防という観点からするとサプリを摂取するのは意味がある行為と言えます。 また、早く効果を実感したいからと言う理由で必要以上に飲まれる方もいるかもしれませんが、必ず、用法・用量を守るようにしてください。 それと血圧を下げる基本は、食事の見直しや運動不足を解消することです。 サプリメントで血圧を下げるというのではなく、あくまでもこれ以上高くしない為と考えて摂取するといいでしょう。

次の

血圧を下げる食べ物 一覧表 | 血圧 正常値

血圧 下げる サプリ

そもそも、高血圧になる原因とは? DHAが血圧を下げる効果が期待できる説明をする前に、まずは「高血圧になる理由」について簡単に解説しておきます。 「高血圧」とは、 心臓から送り出される血液の圧力が高い状態のこと。 血圧は刻々と変化しているため、一過性のものであれば問題ありませんが、継続的に続くようであれば、心臓や脳などの各所に大きな負担をかけるので危険です。 高血圧が引き金となって、体のいたるところで悪い影響が出る可能性が高くなります。 高血圧の要因として代表的なものは、「肥満」や「ストレス」等と言われていますが、 実はまだはっきりとした原因は分かっていないのだとか。 はっきり分からないながらも「これは確実に原因となっているはず」と言われているものが 「加齢」によるもの。 年齢を重ねるとともに、血管壁がどんどん固くなっていき、その事が原因で高血圧になりやすくなってしまいます。 柔軟性がなくなり、まるで細い鉄パイプのようになった全身の血管に、しっかり血液を行き渡らせるためには、心臓もかなりがんばってポンプ運動をしないといけません。 この心臓が頑張りすぎる事で、高血圧になりやすいと言われています。 加齢で血管が固くなる• 心臓が血を届けるために過剰に頑張る• 結果、高血圧に 加齢による高血圧の要点をまとめると、このようになります。 DHAが得意とする作用は「柔らかくする」ということ。 赤血球をゴムボールのように柔らかくし、血管壁もゴムホースのように柔らかくしてくれます。 そして、EPAが得意な作用は「固まらせない」ということ。 血小板の凝集作用を抑える事で血栓ができにくくなる作用をします。 (ちなみに、高脂血症の治療薬として有名なエパデールの主成分もEPA。 ) 加齢によって、鉄パイプのように硬質化してしまう血管や、ドロドロになってしまう血管を、DHAの柔軟性によって鉄パイプからゴムホースに。 そして、EPAの作用によってドロドロな血をサラサラにする事で、心臓への負担を低減。 歴史上、もともと日本人は魚をよく食べる民族でした。 ですが、食生活の欧米化に伴い魚を食べる習慣が失われ、 推奨量を摂取できてない人が増えたと言われます。

次の

血圧を下げる食べ物 一覧表 | 血圧 正常値

血圧 下げる サプリ

血圧を下げるサプリの成分 通販でサプリを選ぶ時ももちろんですが、市販されているサプリを選ぶ時もポイントがあります! たくさん陳列されているサプリの中からどれを選ぶか迷ってしまいますからね。 ヒトは、 選択肢が多いと思考をコントロールする力が奪われてしまい、決断できなくなってしまいます。 私もそうなんですよね。 何かを買う時「お店に行ってから決めよう」と思っていざたくさんの商品を目の前にすると、迷ってそれだけで疲れてしまいます。 で、結局集中が切れて買わないという(笑) ですから、まずはポイントを押さえてサプリを選びましょう! 市販されている血圧を下げるサプリにも成分や種類は様々です。 そこでまずは、ドラッグストアなどで 市販されているサプリで、比較的よく見かける血圧を下げる成分を紹介します! EPA・DHA EPA・DHAは青魚に含まれている脂です。 その作用は、 コレステロール・中性脂肪を減らし、血液をサラサラにしてくれます。 コレステロールには、悪玉と善玉があるのですが、悪玉コレステロールは脂っこい食べ物や肉ばかり食べてると増えてしまいます。 すると血管内に悪玉コレステロールが増えて動脈硬化を引き起こします。 また、中性脂肪が増える事でも悪玉コレステロールが増えます。 EPA・DHAを摂取する事はこれらの改善になり、血管・血液を健やかに保つ事で血圧を下げる効果が期待できます。 ナットウキナーゼ 納豆に含まれている成分です!実にわかりやすいですね!! 生活習慣が乱れて血液がドロドロになると、血栓と呼ばれる血液の塊ができて血管内に栓をしてしまい、血流を途絶えさせてしまいます! ナットウキナーゼは、 血栓を予防して血液をサラサラにする作用があります。 ミネラル(カルシウム・マグネシウム) マグネシウムは、動脈にある筋肉を収縮させるカルシウムイオンの細胞内への取り込みを防ぐ事で、 血圧を調整(下げる)する作用があります。 その為、天然のカルシウム拮抗薬(マグネシウムと同様の働きで血圧を下げる薬)とも言われています。 カルシウムは動脈にある 平滑筋を収縮させる作用があります。 この働きによって、筋肉は収縮と弛緩を繰り返してポンプのように働き血液を全身に送り出すわけです。 カルシウムとマグネシウムはブラザーイオンと言われているなど、相互がバランス良く保たれることが重要になります。 その事もあってか、マグネシウムが足りなくなるとカルシウムの値も一緒に低下するとも言われています。 マグネシウムとカルシウムをしっかり補給する事も血圧を下げる(高血圧予防)には重要です。 血圧を下げる成分のオススメのランキング 先述した成分(ドラッグストアなどで市販されているサプリに多い成分)を ランキングにしてみました! 第1位 EPA・DHA 市販サプリの血圧を下げる成分、最もオススメなのはEPA・DHAです。 理由は、日本人はこのEPA・DHAの1日の摂取量が少ないと言われており、体内で作る事ができないうえに食品からはほぼ青魚でしか摂れません。 ハードル高いんです! 厚生労働省で推奨している1日の摂取量は 1,000mgですが、 実際はこの半分くらいしか摂取できていないようです! いまいちピンとこないかもしれませんが、例に出すと マグロ(トロ)の刺身4〜5切ってところです。 ただ、脂の多い物そんなに食べれないし(私だけかもしれませんが)、そもそも毎日トロ食べないですよね(笑)? というか、毎日青魚も中々食べるのは難しいですけど。 気持ち的に 笑 それに苦手な人もいるでしょうし。 やっぱ肉食べたいし。 スポンサーリンク 第2位 ナットウキナーゼ 市販サプリの血圧を下げる成分、第ニ位はナットウキナーゼです!! 食品からの摂取はネーミングからも想像できるかもしれませんが、納豆のみです。 納豆苦手な人も多くないですか?納豆食べないでナットウキナーゼが摂取できるなんて良いですよね! ある研究でもナットウキナーゼに強力な血栓溶解作用がある事が発見されており、血液をサラサラにして血圧を下げる効果が期待できます。 第3位 ミネラル(マグネシウム・カルシウム) 市販サプリの血圧を下げる成分、第三位はミネラル(マグネシウム・カルシウム)です! ってかそれしか残ってないですね。 これらの中で、ミネラルがオススメではないと言っているわけではありません! ランキングを三位にした理由は、ミネラルは 様々な食品から摂取する事ができるからです! マグネシウムは、豆腐などの豆類、ワカメなどの海藻類、アーモンドやゴマに多く含まれており、他にも様々な食品に含まれています。 カルシウムは、牛乳やチーズなど乳製品に多く含まれています。 このランキングは、研究結果を参考にしている部分もありますが、筆者の独断と偏見も加味していますので、あくまでも参考までに! 大事なのは、自分にどんな栄養素が足りないのかを考えて選ぶことです! 市販で買える血圧を下げるサプリのランキング ここでは、オススメの成分である事、比較的商品数が多い事という理由で、市販されているEPA・DHAの サプリの人気ランキングを紹介します! 判断基準は、EPAの含有量とコスパ、手間です! 血液のサラサラ成分は主にEPAに多く含まれている為、血圧を下げるサプリを選ぶときは含有量をチェックする事が大切です! コスパは当然ですよね 笑 手間は、一度に飲む粒の量で判断します。 第1位「アサヒディアナチュラEPA・DHA・ナットウキナーゼ」• EPA・DHA含有量:514mg(EPA含有量:360㎎)• 1日の摂取目安量:4粒• 値段:一日当たり約43円 第2位「DHC EPAサプリ」• EPA・DHA含有量:430mg(EPA含有量:350㎎)• 1日の摂取目安量:3粒• 値段:一日当たり約32円 第3位「小林製薬 ナットウキナーゼ&DHA&EPA」• EPA・DHA含有量:71. 4mg(EPA含有量:11. 1㎎)• 1日の摂取目安量:1粒• 値段:一日当たり約30円 一位に選んだ「アサヒディアナチュラEPA・DHA・ナットウキナーゼ」は、EPA・DHAのバランスが良く、血液サラサラ成分であるナットウキナーゼも配合されている事から、複合的に血圧を下げる効果が期待できますね! ちなみに、EPA・DHAは酸化しやすく単体では吸収されにくいのですが、上記のどの製品にも抗酸化成分の ビタミンEが含まれていたので、判断基準としては割愛しています。 市販されている血圧を下げるサプリを選ぶ際は、抗酸化成分をチェックする事もお忘れなく! まとめ 今回は、市販されている血圧を下げるサプリをランキング形式で紹介していきました。 主な種類には、EPA・DHA、ナットウキナーゼ、ミネラル系のサプリが比較的多く見受けられました。 その中でも種類が多かったのが、EPA・DHAのサプリです。 現代の日本時は青魚を食べる機会が少なくなっています。 ですからサプリで補う事も必要かもしれません。 今回のランキングで一位とさせてもらったのが、「アサヒディアナチュラEPA・DHA・ナットウキナーゼ」です。 EPA・DHAに加え血液サラサラ成分であるナットウキナーゼも含んでおり、血管・血液を健やかにするEPAの含有量も多い事から、選ばせてもらいました! 最近ではネット通販でもサプリを購入できますが、市販されているサプリの良いところは、手軽かつすぐに手に入るという事ですね。 ただ、サプリの記事を書くときはいつも言っているのですが、サプリはあくまで健康補助食品ですので、食生活の改善や運動習慣をつけて自らが血圧を下げる努力も行いましょう! こちらの記事もご覧下さい。

次の