キン肉マン最新話。 【キン肉マン感想】キン肉マン新シリーズ第264話 ふたつの宿願!!の巻 オメガの民の狙いは超人の神!?【ネタバレあり】

「キン肉マン」連載再開は当面の間、延期に “第20回超人オリンピック編”ほか各シリーズの無料更新へ

キン肉マン最新話

8月17日(月)より『キン肉マン』最新話が『週刊プレイボーイ』、『週プレ』の両方で読めるように! 現在、『週プレNEWS』で連載中の 『キン肉マン』が本日(7月13日)更新された、316話をもって 「オメガ・ケンタウリの六鎗客(ろくそうかく)編」を終了した。 約3年にわたった同シリーズは、オメガ・ケンタウリの六鎗客の襲撃に、ウルフマンやティーパックマン、カレクックなど勝ち目ほとんどなし超人が応戦しスタート。 さらには、運命の5王子まで駆けつけ、なかでも、キン肉マン ソルジャーは自身の登場には『週刊プレイボーイ』22号(5月20日発売)という花を添え、さらに愛弟子・ブロッケンJr.を結界から連れ出すというファン鼻血ものの立ち回りを見せた。 フルメタル・ジャケッツの勝利となったが、それ以上にオメガ・ケンタウリの六鎗客と超人たちが"わかり合う"ことができたのだ。 しかし、 この闘いの本当の敵を超人たちに伝えるべくジャスティスマンが現れ、ザ・マンのもとへ。 『キン肉マン』史上最悪の災厄が訪れることになった、というところで「オメガ・ケンタウリの六鎗客編」は幕を閉じた。 そして、連載ページなどでの既報通り、約1ヵ月の準備期間を経て8月17日(月)より「新シリーズ」開幕となる!わけだが、今回はただの開幕ではない。 『キン肉マン』連載の読み方ごと変わります! なんと 『週刊プレイボーイ』(紙媒体)と 『週プレNEWS』(ウェブ媒体)両方で読めるようになるのだ! 『キン肉マン』を連載していた『ジャンプ』と同様の大きな版型で読みたいなら『週プレ』、0時になった瞬間、いち早く読みたいなら『週プレNEWS』(もちろん両方で読んでもOK!)といった具合にそのときの用途で使い分けてほしい。 こ こまでの道のりを支えてくださった皆さんに心から感謝しております。 第3のゆでたま ごである読者の皆さんの支えの賜物であると深く思っております。 でも、こうした山あり谷ありも 『キン肉マン』らしいといいますか... 2011 年からはウェブ媒体である『週プレNEWS』にその場を移し、再び『キン肉マ ン』を描いてきました。 そのウェブ連載が軌道に乗ったところで、われわれが育ってき た紙媒体に改めて挑戦するというのは、私たちにとって新たな刺激となると同時に、よ り多くの読者に『キン肉マン』を手に取ってもらえる絶好の機会になると思っています。 ぜひご期待ください。

次の

【キン肉マン第301話】完全覚醒ブロッケンがソルジャーと新合体技を!

キン肉マン最新話

スグルVSパイレートマン 前回、パイレートマンの口からついにハッキリと語られた完璧超人始祖とオメガの民との因縁。 仲良し粗暴集団の始祖の襲撃に遭い、地球を追われることになったオメガの民の祖先がたどり着き、新たな安住の地と定めた星が直面していという問題。 それが 星の寿命でした。 オメガの民が求め地球へやってきた理由である星を救うための力、それは何なのかというと…… ひとつは マグネット・パワー。 パイレートマンはマグネットパワーを使って見せたので、そのことについて言及するスグル。 パイレートマンの回答は、パイレートマンの使えるマグネット・パワーは以前も言っていたように、 見よう見真似の真似事にすぎないものであり、若き生命力にあふれた 地球でしか使えないというもの。 地球でしか使えない力なのに、地球に着いて間もないパイレートマンが使いこなせるのはどういうことなんだろう。 地球以外の星でも使えはするけど、地球でないと存分に力を発揮できないと考えるのが正解なのかな。 そんな真似事のマグネット・パワーでは星を救うには不十分という事で、最新の研究成果を求めサグラダ・ファミリアにあるサイコマンの研究施設を襲撃したということみたい。 そして彼らの求めるもう一つの力、それはそこに住まう 人の力。 そのふたつの力を融合することでオメガの星は蘇るというのがオメガの見解。 肝心な部分を端折りすぎてて、サッパリ細かい理屈は分かりませんが、 ふたつの凄いパワーを足したらどうにかなるのは分かった。 もの凄く昔の漫画的でよろしい。 このコマで解説に回っているシルクハット教授超人は地味に応募超人なのか。 もしかしたらコイツがサタンの差し金で六鎗客にウソの情報流してたとかありそう。 回想ながら、ディクシア&アリステラのオメガマン兄弟がそろい踏みなのが見どころ。 続く解説。 住まう人の力ってざっくりしすぎでどんな力なのかと思ったら 超人強度のことみたい。 ホントかよ!?他の作品なら、もっとこう 人の想いとか情念的なものに設定してきそうですが、ゆでが選んだのは超人強度!流石すぎる……。 巨大な超人強度をもってしても災害の前には無力というシーンで…… 火山弾をパンチで粉砕するアリステラや、 地割れを力ずくで塞ごうとするルナイトとパイレートマンらのインパクトが半端ない。 脳筋すぎる。 防災も力ずくで何とかするのが超人です。 火山は噴火する前にヘイルマンがどうにかできないんでしょうか? 落下する巨岩を受け止めるギヤマスターを見て、軒轅星もコンディション次第ではイケるんでは?と思った人もいるんじゃないでしょうか。 あんなに恐れることないのにね。 そして火事場のクソ力を求める理由が明らかに。 ってなんだこの理屈。 星の寿命と超人強度に何らかの因果関係があるのなら、 オメガの星は高い超人強度の超人を多く輩出したから早く寿命が訪れたとかありそう。 パイレートマンの話す彼らオメガの民の事情を聞いたスグルの反応はというと…… 「そもそも戦う必要なんてない!私はいくらでもお前たちに協力してやる!」 まあスグルならそうなりますよね。 火事場のクソ力なんかいくらでも持っていけというスグルの申し出に軽く頭を下げるパイレートマンかわいいな。 パイレートマンはスグルの申し出を有り難いとしながらも、その行為に甘んじることは結果スグルを騙すことになるといいます。 それは、星の再生という目的のために二つの力を手に入れた後、果たすべき悲願がもう一つあるから。 それは…… 超人閻魔ことザ・マンの首をとること。 まぁ話の流れを考えればそうなりますよねー。 現状であれば不可能だと思いますが、もしパイレートマンがスグルに勝って火事場のクソ力を習得、さらにマグネット・パワーを完全に自分のものにすればザ・マン相手にも勝ち目はあるかもしれません。 ただ今回のように一戦一戦消耗する戦いをしている六鎗客がザ・マンまでたどり着ける可能性は万が一にもあるようには見えないですね。 しかし少なからず勝算があるからこうして地球に来ているんでしょうし、単純な1対1の戦闘以外のところに策があると考えるのが妥当でしょうか。 パイレートマンのこの主張も当然スグルには受け入れられません。 星を滅亡から救うという大義の前に復讐の無意味さを説きますが、こちらもパイレートマンには響きません。 ザ・マンの首をとるという悲願の本質、それは 全ての神の打倒。 やたらと暑苦しく、ジェスチャーを交えながら自分の主張を披露するパイレートマンさん素敵。 アメリカの政治家みたい 偏見。 スグルもその迫力に圧倒されています。 要は カピラリア七光線の一件とか始祖連中の粛清の件とか、そういった一方的な神の無茶苦茶が許せないってことか。 お前らもモブ超人相手に無茶苦茶やってて大概だけど、まあ主張は分かる。 だから 神と対極に位置するサタンと手を組んだと。 最大の悲願は星の再生よりもこっち。 そりゃあ 邪悪五神も出張ってくるわ。 むしろ 他の100の神々は何やってんの!? ロビン復活のカギはこいつらにあるか? パイレートマンの迫力とスケールのデカい悲願の前に動揺を見せるスグルでしたが、すぐに立ち直るのは流石。 考えを改めるよう促し、対話の道を模索するように進言します。 しかし取り付く島もないパイレートマン。 お互いの主張が受け入れられないと理解した2超人。 彼らがすることと言えばただひとつ。 闘いを通して自分の主張を通すこと。 分かりあうために戦うと覚悟を決めたスグル、そしてそれを迎え撃たんとするパイレートマン。 このパイレートマンという男、話は通じるし、先のピークア・ブーのように分かり合えそうな気配がプンプンしてるんですが、どうなるかなぁ。 闘いの方はすっかり仕切り直し。 初っ端からクソ力を発動するスグルと8000万パワーを誇るパイレートマンのロックアップでスタート。 スグルは他の超人と違って完全に自分の意思でクソ力をコントロールできてる様子。 そんなスグルが誇る火事場のクソ力でさえも力ずくでぶん回すのがパイレートマンのパワー。 ここからが本番という流れで次回に続きます。 まとめ ようやくオメガの民がどういった理由で火事場のクソ力とマグネット・パワーを求めるのかが明確になりました。 そしてその裏に隠れていた真の狙い神々への粛清。 完全に地球の超人とばっちりです。 ただ、それだけの事なら運命の王子が参戦した理由をスグルに詳細に話さなかった意味が分からないので、他にも何かありそうなんだけどな。 本格的にスタートしたスグルVSパイレートマン。 ゆで先生が試合中に超人強度の話を持ちだしたときはそれが試合のカギになるケースが多いので、今回もそんな感じになるんでしょうか。 更新お疲れ様です~。 スグルの超人強度がクソ力込みで王位争奪編の頃の7000万パワーとすれば、元の強度から約70倍…ゆで先生理論でパイレートマンも56億パワーくらいいけるかもしれません。 オメガの民の生き残り数によっては総量で兆とか京という単位も夢じゃないかも…腕力で地割れを抑えようとしてる奴らにできるかは別として。 まあ冗談はさておき、結構根拠を欠く理論で話を進めているオメガ側。 カレースキーさんも仰られるようにサタンに踊らされてる感満載ですね~完璧始祖が半数欠けているこのタイミングも何かと都合が良さそうです。

次の

キン肉マン「第293話」最新話のネタバレと感想!劣勢!フルメタル・ジャケッツ!

キン肉マン最新話

ジャスティスマンは超人墓場の長でありながら牢屋の中に幽閉されているザ・マンをみて実にザ・マンらしいと思っている様子。 そんなジャスティスマンに対して「これは自分が二度と超人墓場から出ることはないという強い意思表示としてやっていること。 」「そしてストロング・ザ・武道の装束も封印した」とジャスティスマンに同調する。 そのザ・マンの答えに「ようやく自分以外の超人に未来を託す気になったのだな・・・」と感慨深げなジャスティスマン。 そんなジャスティスマンに対して「もともと自分の願いは完璧超人始祖たちの中から自分を超える存在が現れること。 そしてその願いはゴールドマンが自分に勝利したことで叶えてくれた。 」「そして、そのゴールドマンは自分に勝利したばかりでなくさらに先のことをみており超人たちの更なる進化を確信しているようであった。 」「そしてそれはジャスティスマン。 お前も同様だ。 」といい「私は・・・よい弟子をもった・・・」と感慨にふけるザ・マン。 そしてキン肉マンに対してもゴールドマンとともにそのことを自分に気づかせてくれたとして「ありがとう」と礼を言うザ・マン。 その名は調和の神!!.

次の