おとめ 座 銀河 団。 うお座・くじら座超銀河団Complex

おとめ座銀河団 を スペイン語

おとめ 座 銀河 団

と特徴 おとめ座銀河団は、かみのけ座からおとめ座にかけての広い範囲にある100個近い銀河が集まった場所です。 目印となる明るい星が少ないので見つけにくいかもしれませんが、しし座のデネボラとうしかい座のアルクテゥルスの間を4等分したレグルス側あたりを目途に探してください。 このエリアは、ちょうど天の川銀河の中心と逆方向のため、天の川銀河の外の銀河を沢山みることができるんです。 宇宙の窓と呼ばれているゆえんです。 しかし、100~200mm前後の望遠レンズで、ガイド撮影するとたくさんの銀河が写りますので、気軽に試してみてください。 8 5. 4' 60000000 12h 37. 8 5. 8 7. 2' 60000000 12h 43. 3 5' 60000000 12h 25. 2 7. 1' 60000000 12h 25. 2 7. 4' 60000000 12h 26. 6 7. 2' 60000000 12h 30. 5 6. 8 4. 2' 60000000 12h 35. 5 9. 5' 60000000 12h 36. 2 5. 4' 60000000 12h 35. 1 9. 5' 60000000 12h 13. 8 5. 4' 60000000 12h 18. 4 6. 9' 60000000 12h 22.

次の

天文学辞典 » おとめ座銀河団への落ち込み運動

おとめ 座 銀河 団

1 画像全体に見えているのは銀河の集まりである銀河団ですが、注目したいのはそこではありません。 中央に明るい光がありますが、その周辺に赤みがかった点がいくつかあるのが見えるでしょうか(かなり暗いです)。 これが「 PLCK G045. 1」と名付けられた スターバースト銀河(星が大量に生まれている銀河)です。 銀河の手前にある銀河団の重力によりPLCK G045. 1の光が曲げられて私たちのほうに向かってきており、その影響でこの場合は複数の点が広がったように見えています。 このような現象は「 重力レンズ」と呼ばれており、アインシュタインの一般相対性理論により予測されているものです。 2009年から2013年にかけて、欧州宇宙機関(ESA)の「 プランク衛星」が夜空を広く探査し、「 ハーシェル宇宙天文台」という別の人工衛星も遠赤外線やサブミリ波(短い波長の電波)を使って補完的な観測を行いました。 画像は ハッブル宇宙望遠鏡によるものですが、プランク衛星は重力レンズの効果を受けた、非常に明るく遠方にある銀河をいくつか発見しています。 PLCK G045. 1は、プランク衛星・ハーシェル宇宙天文台の観測した天体についてハッブル宇宙望遠鏡を使い研究をしていた最中に発見されました。 「GEMS」は英語で「Gravitationally Enhanced subMillimetre Sources」の頭文字で、意訳すると「重力レンズの影響を受けた、サブミリ波を出す天体」といったところです。 一方でGEMSは宝石という意味もあり、特にこのPLCK G045. 1はその赤みがかった姿から「ガーネット」(日本語では柘榴(ざくろ)石)とも呼ばれているようです。

次の

おとめ座銀河団 を スペイン語

おとめ 座 銀河 団

概要 から約15-22Mの距離にあり、約1,300-2,000個のをメンバーとして含む。 おとめ座銀河団はより大きなの中核部分をなしている。 我々の銀河系が属するはこのの外れにあるメンバーである。 おとめ座銀河団はにによって発見された。 彼はこの銀河団の巨大であるを始め、おとめ座銀河団の多くのメンバー銀河の位置をに記録している。 この銀河団は名前の通り、地球から見て中心がの方向にあり、最大約8度の範囲に広がっている。 メンバー銀河の多くは小口径の望遠鏡でも観察できる。 この銀河団までの距離についてはいまだに議論の余地があるが、2005年現在で最も精度が良いと考えられる、によるを用いた距離測定によると、平均して約20Mpcという値が得られている。 おとめ座銀河団の銀河はとがかなり不均一に混ざった構成になっている。 2005年までの観測によれば、この銀河団の渦巻銀河は我々の視線方向に沿って葉巻状に伸びた形に分布しており、分布域の長さは幅よりも約4倍長いとされている。 分布域の端は W cloud と呼ばれる別の銀河団につながっている。 一方、楕円銀河は渦巻銀河よりもずっと銀河団中央部に集中している。 おとめ座銀河団は M87、、 銀河を中心に持つ3つの別々の小さな塊が一体に集まった構造になっている。 この3つの塊の中では M87 の塊が最も大きく、約10 14の質量を持つ。 これは他の2つの塊よりも約1桁大きい値である。 おとめ座銀河団が大きな質量を持っていることは、銀河団のメンバー銀河が高い特有速度(宇宙膨張による後退速度以外の速度成分)を持っていることから分かる。 おとめ座銀河団はに属しており、そのによって銀河系の近傍銀河の(宇宙膨張に伴う)後退運動にはブレーキがかかっている。

次の