荒野武器一覧。 荒野行動の武器の組み合わせ紹介!オススメの組み合わせ!!

荒野行動の武器の組み合わせ紹介!オススメの組み合わせ!!

荒野武器一覧

スナイパーライフル SR とは スナイパーライフル SR は最大600m離れた敵にダメージを与えることができる狙撃銃です。 威力が高く、銃の種類によってはヘッドショットを一発当てることで敵をダウンさせることができます。 ただ、離れた敵を狙うため、エイムが合わせにくく、また銃によっては連射ができないといった性能となっています。 隙が生まれやすく、エイムも合わせにくいので上級者向けの銃といえると思います。 スナイパーライフルの中でも連射可能な銃と、できない銃の二種類に分けることができます。 連射ができる銃はマークスマンライフルと呼ばれており、アサルトライフルのような使い方もできますが、一発の威力が低く、スナイパーライフルとしての評価はそこまで高くありません。 連射ができないスナイパーライフルはボルトアクション式と呼ばれており、連射ができない分、一撃の威力が高いです。 この中で一番威力の低いKar98Kでも、防具によってはヘッドショットを行うことにより、一撃で仕留めることもできます。 AWM ダメージ 132 連射速度 3 射程距離 550 弾数 5 反動 30 AWMは連射ができないボルトアクション式のスナイパーライフルです。 荒野行動で出現する武器の中で一番の威力を持つ武器となっており、ヘッドショットを行うことで、ヘルメットLv3を付けていても一撃で仕留めることが可能となっています。 狙撃能力が高いユーザーが装備することで脅威となると言えます。 ただAWMは支援物資でしか入手ができず、入手難易度が高くなっています。 また支援物資は赤い煙が上がっているため、人が集まりやすくAWMを取ると同時に的にされる可能性も高いです。 扱いこなすことができれば、間違いなく最強の銃といえるでしょう。 M1891 ダメージ 83 連射速度 2 射程距離 550 弾数 5 反動 30 M1891は最新のスナイパーライフルとなっており、連射ができないので単発の威力重視の武器となっています。 最大の特徴といえるのが、弾を補填する時間が、残りの弾数によって変わってくるということです。 弾を入れる数が少なければ、少ないほど時間が短くなります。 また連射速度が速く、敵を見失いにくいのも特徴です。 現時点では東京決戦でしかドロップしないスナイパーライフルとなっています。 ゴールデンクマ ダメージ 98 連射速度 5 射程距離 600 弾数 5 反動 25 ゴールデンクマもボルトアクション式のスナイパーライフルとなっており、射程距離が全武器の中で一番遠く、また連射速度も早くなっています。 反動などを考慮しても一番扱いやすいスナイパーライフルといえるでしょう。 ドロップ率も上がっており、ダメージも高いためヘッドショットを決めることでLv3のヘルメットを一撃で抜くことも可能となっています。 立て直しなどが早く、ダメージなどを考えるとAWMよりも強い可能性さえあるスナイパーライフルといえるでしょう。 CS-LS4 ダメージ 100 連射速度 5 射程距離 550 弾数 5 反動 15 CS-LS4は通常ドロップの銃で一番威力が高いボルトアクション式のスナイパーライフルとなっています。 ダメージが100もあるのでヘッドショットではLv3のヘルメットを撃ち抜くことも可能となっています。 そして伏せて打つことでより、安定性が増します。 スナイパーライフルなので、そこまで反動を気にしないとは思いますが、エイム通り弾が飛んでいくという感覚を感じることができると思います。 好みにもよりますが、現状は通常ドロップで使う銃はCS-LS4かゴールデンクマの二択といえるでしょう。 M24 ダメージ 84 連射速度 3 射程距離 550 弾数 5 反動 25 M24はKar98kの上位互換として登場したボルトアクション式のスナイパーライフルです。 ただ新しいスナイパーライフルが多数登場した今では、Kar98Kと評価はほぼ変わらないと思います。 そして反動が他の狙撃銃と大きく違い、弾を撃った後のブレがほとんどなく癖が強い印象を受けます。 リロード時間も少し長く、扱いにくいと思う人も多いかもしれません。 慣れないのであれば無理に使う必要はないといえるでしょう。 Kar98K ダメージ 72 連射速度 2 射程距離 550 弾数 5 反動 25 Kar98kは一番ドロップ率が高く、最も一般的なボルトアクション式のスナイパーライフルとなっています。 扱いやすさも他の狙撃銃と変わらず、射程距離も550mと問題のない距離となっています。 ただ威力は低く、ヘルメットのLvが3になると一撃で倒すこともできなくなります。 ドロップ率が高く、他の狙撃銃と使っている感じは変わらないので、ゴールデンクマやCS-LS4を入手するまでは持っていてもいいスナイパーライフルといえるでしょう。 88式 ダメージ 54 連射速度 8 射程距離 550 弾数 10 反動 9 88式は連射が可能なマークスマンライフルです。 弾数が10と多く、マークスマンライフルの中で一番威力も高いので、扱いやすいスナイパーライフルと言えます。 初期から4倍スコープがついていて、伏せることで反動を抑えることもできるので、初心者にも扱いやすいと言えます。 ただ威力が低いので、将来的には手放す必要が出てくると思います。 射程距離は長いので、ボルトアクション式のスナイパーライフルを持つまでの代わりのスナイパーライフルとして持っておきましょう。 SVD ダメージ 55 連射速度 8 射程距離 550 弾数 10 反動 15 SVDは装着できるアタッチメントの数が圧倒的に多く、フルカスタムで扱うことで反動は9まで抑えることができます。 連射が可能なマークスマンライフルなので、スナイパーライフルとして扱うというよりはアサルトライフルとして扱う武器だと思います。 ただアタッチメントをフルカスタムにするためには、かなりの物資が必要になりますし、集めている間に他の狙撃銃が手に入ることが多いと思います。 あまり実用的なスナイパーライフルとはいえないでしょう。 Val ダメージ 38 連射速度 9 射程距離 550 弾数 15 反動 14 Valも連射が可能なマークスマンライフルです。 ただ威力が圧倒的に低く、スナイパーライフルとしてはあまり使えないと思います。 おすすめできるポイントとしては初期から消音機と4倍スコープがセットされているという点ですね。 アタッチメントを集めずとも、ある程度の性能を初手から出せるので、武器の確保が難しい着陸直後であれば使える武器といえるでしょう。 今回は荒野行動に登場するスナイパーライフルを全て紹介させて頂きました。 基本的には威力の高いボルトアクション式のスナイパーライフルを使うことがおすすめです。 マークスマンライフルは、アサルトライフルでも十分代わりになりますからね。 使いにくい場合は射撃場で練習をして、使いこなせるように練習をしましょう。

次の

荒野行動の武器のMK5やAK

荒野武器一覧

サブマシンガンとは サブマシンガンはSMGと略されており、特に近距離戦で重宝される銃です。 特にマンションなどの建物での戦いでは圧倒的なキル速を出すことができます。 05式 ダメージ 30 連射速度 10 射程距離 250 弾数 40 反動 6 05式は射程距離が一番長いサブマシンガンとなっており、弾数も通常時から40と多くなっています。 汎用性が高く、扱いやすさも抜群となっています。 さらにアタッチメントを装着することで反動は4. 8まで抑えることができ、リコイル調整さえもいらないほどの安定力となっています。 射程距離が伸びたことにより、アサルトライフル並の性能となり、リコイルがうまくできない人にとってはアサルトライフルの代わりに持っても使えるサブマシンガンといえるでしょう トンプソン ダメージ 38 連射速度 12 射程距離 180 弾数 30 反動 6. 5 トンプソンは東京決戦でしか登場しないサブマシンガンです。 威力はサブマシンガンの中で一番高く建物内では最強の武器といわれています。 キル速も早く、東京決戦のような建物がおおい場所では特に重要視される武器です。 反動も大きくありませんし、普通のサブマシンガンとして扱うことができます。 腰撃ちが得意なプレイヤー向きの武器といえるでしょう。 P90 ダメージ 24 連射速度 17 射程距離 165 弾数 50 反動 3 P90は初期から弾数が50とかなり多く、多くの敵を相手しやすい武器となっています。 反動も圧倒的に低く、リコイル調整はしなくてもいいといえるほどです。 ただダメージが24とかなり低く、リロードも他のサブマシンガンに比べると長いのが問題です。 サブマシンガン同士で撃ち合うとよくわかるのですが、P90を使っていると撃ち負けることが非常に多く、相手がアサルトライフルの場合だと先うちしてもP90が負けてしまうということも多々あります。 序盤こそ使えるかもしれませんが、終盤まで持つにはお勧めできません。 MP5 ダメージ 35 連射速度 11 射程距離 160 弾数 30 反動 5. 5 MP5はトンプソンの次に威力が高いサブマシンガンとなっています。 嵐の半島、激戦野原に登場するので、この2つのマップでは最強のサブマシンガンと言えます。 リロード時間も短く、キル速がかなり早いので、建物内では最強の強さを持っています。 先撃ちしてしまえば相手が何をつかおうが倒せる可能性が一番高いと思います。 反動が5. 5と高いように感じますが、アタッチメントで3. 3まで抑えることもできます。 最終の安全地帯によってはアサルトライフルとMP5という組み合わせが一番強い可能性さえあるといえるでしょう。 MK5 ダメージ 31 連射速度 18 射程距離 160 弾数 20 反動 4 MK5はアップデートにより、弾数が20まで上がり対応能力が上昇しました。 それでも20発しか入らないので、少しでも外してしまったり、複数を相手するときには苦しい武器ということは否めません。 ただ、威力がMP5の次に高く、キル速も早い方です。 さらに装着できるアタッチメントが5種類とかなり多く、弾数を30、反動を2. 0まで抑えることができるのです。 MP5までの性能はありませんが、代わりにはなるサブマシンガンといえるでしょう。 UZI ダメージ 23 連射速度 21 射程距離 160 弾数 30 反動 2 UZIはサブマシンガンの中で突出した性能がない武器です。 威力も並以下ですし、連射速度や弾数は平均的な数字となっています。 反動は2と低いですがサブマシンガンなので、そこまで評価することはできません。 近距離戦ではリコイル調整よりもエイムよりが重要ですからね。 P90よりはキル速は早いですが、UZIが使えるのは序盤のみなので、武器を見つけたら持ち替えることをおすすめします。 MK60 ダメージ 44 連射速度 20 射程距離 300 弾数 60 反動 10 MK60は補給物資からのみ入手できる武器となっています。 ステータスを見てもわかるように他のサブマシンガンとは全く違った性能となっています。 アサルトライフルに似た性能でありながら9mm弾を使うので、リュックを圧迫しにくく、効率的に扱える武器と言えますね。 どの数値を見ても最強のサブマシンガンと言えますが、リロードが長すぎるのです。 初期から60発の弾数がある反面一度リロードに入ると8秒間、何もできないという状況になっています。 MK60を使う際には、どれだけ少ない弾数で敵を倒していけるかが重要といえるでしょう。 95式軽機関銃 ダメージ 38 連射速度 16 射程距離 220 弾数 50 反動 14 95式軽機関銃は補給物資からのみ入手できるサブマシンガンです。 弾数も多くダメージも高いので扱いやすいと思われがちですが、補給物資にしては弱いです。 連射速度がかなり遅く、MP5と撃ち合っても負けることさえあるサブマシンガンです。 リスクを冒してまで取りに行って、95式軽機関銃だったときは拾わずに帰ってくる方がいいと思います。 もし手持ちがUZIやP90、MK5などの時は持ち替えてもいいかもしれませんね。

次の

【荒野行動】吉兆ストラップに着用可能な武器一覧! 【KNIVES OUT】

荒野武器一覧

Contents• アタッチメントの役割について アタッチメントには、それぞれの役割があります。 場所、戦況、立ち回りに応じて、有利なアタッチメントが使用できるように、各アタッチメントの特徴について紹介します。 これによって、発射したときの制度を落とすことなく射撃できるようになります。 ショットガンなどの近接戦闘を多様する人には、一撃を外しても二発目を当てやすいので、オススメです。 基本的につけれる武器にはつけておいた方がいいアタッチメントです。 敵を狙っているのに、なかなか狙撃できない人は、つけておきましょう。 これによって、敵から見つかりにくいようになります。 近くに障害物がない場所で重宝するので、的に見つかりたくない人は取得していきましょう。 サブマシンガンなどの武器で近距離~中距離での戦闘をしたい人の役にたちます。 命中精度には特に影響しないものです。 それと同時に垂直、水平方向の反動を少し抑えてくれます。 的に見つかりにくくなるのと、命中の制度が上がります。 補正機の方が反動を抑えてくれますが、その分的に見つかりにくくしてくれます。 ゲーム中盤で、遠くの敵を連続で狙撃するのに役にたちます。 機能的には、戦術ラスの上位交換だと思ってください。 ゲーム中盤で、遠くの敵を連続で狙撃するのに役にたちます。 笑 基本的に、アタッチメントの名前が長い方がいいものだと思ってください。 そして、近距離で連射をすると狙いを外しやすい武器である、アサルトライフルとサブマシンガンに装備しておくと、攻撃のスキがなくなるので、戦闘で有利になります。 以下に詳しい詳細を記述します。 迅速弾倉 リロードの時間を短縮してくれます。 弾倉の容量には影響しません。 笑 早くなる。 それだけです。 笑 拡張弾倉 弾倉の容量(だいたい10発くらい)を増やしてくれます。 早くリロードできるようにはなりません。 迅速拡張弾倉 装弾数とリロードの時間を短くしてくれます。 終盤の戦闘では、早打ちとリロード時間で一瞬でキルを狙われるので、終盤での戦いに重宝します。 どうせ取るならば、迅速拡張弾倉を手に入れましょう。 ゲーム中盤~終盤の連続で狙撃したい場合に、役にたちます。 95式専用拡張弾倉 95式だけに使える拡張弾倉です。 弾倉数が50発か65発に増加してくれます。 終盤で、近接戦闘になったときに、非情に重宝します。 スポンサードリンク 武器別に装備できるアタッチメント一覧 それでは、武器別に装備できるアタッチメントの一覧を紹介します。 あなたの好きな武器は、何が装備できるのか?? といった視点で見てもらえると、覚えやすいです。 目次から、飛んで自分が見たい武器だけ見るのもよし。 IQの高い人は、上から順番にすべてみるのもよし。 どんなゲーム展開をもっていくのか次第で、集める、集めないアタッチメントを選択していきましょう。 なお、スコープについては、どの武器にもつけられるものと思ってもらって問題ありません。 見つけたら、積極的にとっていきましょう。 基本的に、アタッチメントの役割は、狙撃の正確さを上げるか、迅速にリロードをしてくれるか、それとも、遠方の敵を索敵できるようになるかです。 アタッチメントになれてないけど、使ってみたい!!という方は、この一覧を参考にして、自分の好きな武器には何がつくのか?? といった視点で何度もよんでみてくださいね。 組み合わせは忘れがちなので、このページのブックマークをオススメします。

次の