八街市停電。 停電・断水 暑さに追い打ち 給水車に長い列、車中泊も 千葉

情報発信

八街市停電

停電の復旧を妨げている原因に「 樹木の倒壊 」があるが、倒木の撤去作業など 東京電力では今までにない形態の配電線の修復作業となっている。 千葉県全域では、およそ2,000本の電柱が倒壊し特に房総半島の地域では 台風15号の被害で家の屋根瓦が飛ばされたり、壁がえぐられたりと酷い惨状だ。 頑丈なコンビニエンスストアの屋根が丸ごと吹き飛ばされた場所もある。 菅原一秀経済産業大臣【 57 】は一部の地域では完全復旧に1週間以上かかる 場所もあると語っているが、報道では2週間以上はかかると報じられている。 13日の午後8時すぎの東京電力の会見では千葉市、鋸南( きょなん )町、 南房総市、鴨川市、館山市は全面復旧に2週間以上かかるとの見通しだった。 いずれも千葉県の房総半島がわ、台風15号が通過した東側に停電のみでなく 電柱が折れたり、鉄塔が倒れたりといった甚大な被害が集中している。 千葉県知事から、香取市、八街市、南房総市、君津市、富津市、山武町、多古町での入浴支援の要請を受けました。 これら地域の皆さんに明日からお風呂を提供できると思います。 これからも、被災地の皆さんに寄り添った支援を行ってまいります。 — 河野太郎 konotarogomame 甚大な被害が集中したのが原因かどうかは分からないが、千葉県の他の地域が 9月13日に比べて停電件数が半数近くに減少しているのに対し、 八街市は 8,100軒から、わずか500軒前後しか解消しておらず復旧が遅れている。 詳しい理由は本稿の最終章で述べるが、通過した台風15号の右側が 左に比べて風力が強い事が理由に挙げられる。 カテゴリー• 171• 1 最新投稿5記事 アーカイブ•

次の

「1時間並んで給油」 八街、唯一営業のスタンド 台風15号

八街市停電

停電の復旧を妨げている原因に「 樹木の倒壊 」があるが、倒木の撤去作業など 東京電力では今までにない形態の配電線の修復作業となっている。 千葉県全域では、およそ2,000本の電柱が倒壊し特に房総半島の地域では 台風15号の被害で家の屋根瓦が飛ばされたり、壁がえぐられたりと酷い惨状だ。 頑丈なコンビニエンスストアの屋根が丸ごと吹き飛ばされた場所もある。 菅原一秀経済産業大臣【 57 】は一部の地域では完全復旧に1週間以上かかる 場所もあると語っているが、報道では2週間以上はかかると報じられている。 13日の午後8時すぎの東京電力の会見では千葉市、鋸南( きょなん )町、 南房総市、鴨川市、館山市は全面復旧に2週間以上かかるとの見通しだった。 いずれも千葉県の房総半島がわ、台風15号が通過した東側に停電のみでなく 電柱が折れたり、鉄塔が倒れたりといった甚大な被害が集中している。 千葉県知事から、香取市、八街市、南房総市、君津市、富津市、山武町、多古町での入浴支援の要請を受けました。 これら地域の皆さんに明日からお風呂を提供できると思います。 これからも、被災地の皆さんに寄り添った支援を行ってまいります。 — 河野太郎 konotarogomame 甚大な被害が集中したのが原因かどうかは分からないが、千葉県の他の地域が 9月13日に比べて停電件数が半数近くに減少しているのに対し、 八街市は 8,100軒から、わずか500軒前後しか解消しておらず復旧が遅れている。 詳しい理由は本稿の最終章で述べるが、通過した台風15号の右側が 左に比べて風力が強い事が理由に挙げられる。 カテゴリー• 171• 1 最新投稿5記事 アーカイブ•

次の

県内停電、依然42万軒 復旧見通し大幅に遅れる 11日午後も44市区町村

八街市停電

停電はいつ解消されるのか-。 台風15号が本県を襲って3日目の11日。 各地で停電と断水が、暑さに悩む住民を苦しめた。 この日も給水車には列ができ、エアコンを付けた車で車中泊をする住民も。 停電が早期に解消されなければ、県民の健康への影響も懸念される事態となっている。 10日の東京電力の見込みでは県内の停電は11日中に復旧するはずだったが、11日午後7時現在も約40万軒の復旧が終わっていない。 各地の断水は送水ポンプが停電で使えなくなっているためで、電力が復旧しなければ、断水も解消しない。 停電が解消されないことに加え、住民からは水が自由に使えない不便な生活への不満の声があがる。 富津市の女性会社員(56)は「コンビニやスーパーも開いていないから食べ物がない。 ガスは大丈夫だが、トイレや食事を作るのに水が必要。 洗濯物もたまっている」とこぼす。 八街市の市中央公民館は11日午前1時ごろに電気や水道が復旧したものの、自主避難する住民であふれかえかえった。 同市の田口文恵さん(52)は「正午ごろに市役所に連絡して避難場所と知った。 熱中症気味で息子と病院へ行ったが休診で、車のガソリンもほとんどない状態。 今日はここに宿泊します」と話した。

次の