タイム ライン ストーリー。 LINEのストーリーは足跡や既読でバレる?付けた後の削除方法も | LINEアプリの使い方・疑問解決マニュアル(LINE活用ガイド)

LINE、24時間で投稿が消える新機能「ストーリー」

タイム ライン ストーリー

LINEのタイムラインを開くと上部にユーザーが表示されているよね。 各ユーザーのアイコンにリングが付いていると24時間以内に更新した…という示唆をしているんだけど、これが2019年に追加された「LINEストーリー」と呼ばれる機能だね。 ただ、このストーリーを閲覧することで足跡だったり既読が付いて、相手に内容をチェックした事がバレてしまわないか疑問ですよね。 調査した結果は以下の通りです。 ストーリー閲覧時に足跡がつく条件 ・投稿後24時間以内の投稿は足跡が付いて相手にバレる。 ・投稿から24時間以上経過したストーリーは足跡がつかなくなる 見れなくなる ストーリーの足跡を消す方法 ・足跡自体を消す機能は無い ・あえて投稿から24時間以上待つことで足跡を付けずに閲覧することが可能 つまり、更新したばかりのストーリーを見ると ほぼ確実に相手にバレてしまうワケだね。 ただし、通知は届かないから相手が閲覧者をチェックしなければやり過ごすこともできるよ。 とはいえ、この記事をご覧になっている方の多くが既に相手のストーリーを見てしまっているかと思います。 しかし、下記の項目でもご紹介している通り、ストーリー投稿後に一定時間が経過すると相手は「 誰が自分のストーリーを確認したのか分からない状態」になります。 このポイントを抑えておくことで、今後は 足跡・既読をつけずにストーリーを見られるようになるので、ぜひ合わせて確認しておくことをオススメします。 ストーリーに付けた足跡を削除する方法 残念ながら 閲覧者側が自分自身の足跡を消すことは出来ません。 それが「 投稿 から24時間が経過すると閲覧者 足跡 が表示されなくなる」ということ。 古くなったストーリーは写真・動画内の「マイストーリー」に保存されているんだ。 足跡を付けたくない人は、投稿されたばかりのストーリー アイコンにリングが付いた状態 を閲覧するのではなく、マイストーリー内に保存されているものからチェックしよう。 24時間以内 24時間経過後 閲覧者 足跡 表示される 表示されない 閲覧数 表示される 表示される いいねしたユーザー 表示される 表示される ただし、注意したいのが「いいね」をしたユーザーは24時間経過後も表示される点です。 誤っていいねを付けた時はもう一度ボタンをタップすれば取り消し可能ですが、気づかずに付けてしまっていると相手がストーリーを削除するまで情報が残るので誤操作にはくれぐれも気を付けましょう。 LINEストーリーの足跡機能まとめ ストーリー閲覧時に足跡がつく条件 ・投稿後24時間以内の投稿は足跡が付いて相手にバレる。 ・投稿から24時間以上経過したストーリーは足跡がつかなくなる 見れなくなる ストーリーの足跡を消す方法 ・足跡自体を消す機能は無い ・あえて投稿から24時間以上待つことで足跡を付けずに閲覧することが可能.

次の

LINEが新機能『ストーリー』を実装するも、そもそも「タイムライン」を使ったことないという人が多すぎ問題

タイム ライン ストーリー

LINEストーリーの足跡機能 LINEストーリーでは、投稿されてから24時間以内であれば、誰が自分の投稿を見たのかという足跡を確認できます。 足跡を確認する手順 足跡を確認するには、LINEストーリーを投稿したうえで[タイムライン]タブを選択し、自分が24時間以内に投稿したストーリーをタップします。 左:ストーリーの閲覧数が表示される 右:ストーリーを閲覧したユーザー一覧 画面左下にある[閲覧]に、そのストーリーを閲覧したユーザー数が表示されています。 さらに、[閲覧]をタップすると、ストーリーを閲覧したユーザーが一覧表示されます。 なお、自分が投稿したストーリーの足跡を確認できるのは自分だけです。 自分のストーリーの足跡を他のユーザーに見られることはありません。 いいねの履歴も確認できる ストーリーを閲覧したユーザーに加えて、ストーリーにいいねをしたユーザーの履歴も確認できます。 誰がストーリーにいいねを送ったのかもわかる [いいね]タブをタップすると、そのストーリーにいいねをしたユーザーが一覧表示されます。 誰がどの表情のいいねを送ったのかもわかります。 24時間経過したLINEストーリーの足跡は消える、閲覧数のみ確認可能 LINEストーリーの特徴と言えば、24時間経過後にタイムラインから非表示となることですが、ストーリーの足跡も24時間経過すると消えてしまいます。 投稿から24時間経過すると、誰がそのストーリーを閲覧したのかを確認する手段がなくなってしまうというわけです。 ストーリーの投稿から24時間が経過すると、誰が閲覧したのかを確認することはできませんが、何人のユーザーが閲覧したのかは確認できます。 [ホーム]タブから自分のユーザー名をタップし、[写真・動画]をタップします。 過去のストーリーは「マイストーリー」にアーカイブされる 「マイストーリー」に過去に自分が投稿したストーリーがアーカイブされており、画面左下にある[閲覧]に、そのストーリーの閲覧数が表示されています。 左:24時間経過後は足跡の確認はできない 右:いいねの履歴は確認できる ただし、[閲覧]をタップしても閲覧したユーザーが一覧表示されることはありません。 なお、いいねを送ったユーザーは24時間経過後も確認可能です。

次の

LINEのタイムライン、ストーリーってなに?見方や投稿、非表示方法も解説

タイム ライン ストーリー

LINEのメニューに並んでいる「 タイムライン」は、FacebookやInstagramのように、自分の近況をテキストや画像で投稿できる機能です。 親しい友だちとコミュニケーションすることが多いLINEでは、プライベートな近況を伝えたいときに、タイムラインを使っている人が多いでしょう。 プロフィールのホーム画面を変更したことなども、タイムラインに投稿されます。 ただ、タイムラインは通常のメッセージと違って相手を指定しないため、 自分の投稿が誰に見えているのかがわかりにくいところがあります。 LINEでつながっていることを忘れていた知人に、とてもプライベートな投稿が見られてしまったとしたら... 恥ずかしいですよね。 そのような思いをしないために、必ず一度は確認してほしいのが タイムラインの公開設定です。 以下でポイントを見ていきましょう! 1[設定]画面を表示する [友だち]画面を表示し、左上にある[設定]をタップします。 2[タイムライン]画面を表示する [タイムライン]をタップします。 3[友だちの公開設定]画面を表示する [友達の公開範囲]をタップします。 4公開・非公開のリストを確認する [公開]のリストに、 自分のタイムラインが見える人の一覧が表示されています。 この中にタイムラインを見せたくない人がいたら、[非公開]をタップしましょう。 念のため[非公開]のリストも見ておきます。 タイムラインを見せてもいい人が含まれていたら、[公開]をタップしておきましょう。 5[新しい友だちに自動公開]をオフにする 画面を1つ戻り、仕上げの設定をしましょう。 [新しい友だちに自動公開]はオフがオススメです。 これがオンになっていると、LINEの新しい友だちにタイムラインが勝手に公開されてしまうので、見せたくない相手にまで見えてしまう危険性があります。 タイムラインの公開設定、いかがでしたか? 特に[新しい友だちに自動公開]の設定は、意外と知らない人が多いようです。 「あの人にもタイムラインが見えていたなんて!」とならないように、しっかりチェックしてくださいね。

次の