引越 段ボール。 引越しのダンボールは見積もり時にもらえる?入手方法・荷造り・処分方法まで徹底解説!|引っ越し見積もり・比較【SUUMO】

引越し用ダンボールを格安で入手する方法と最適な荷物の梱包方法|引越し見積もりは引越し侍

引越 段ボール

数に関しては、基本的に訪問見積もりで営業マンが算出した数が基本となります。 ダンボールの追加発注は可能? 最大50個まで無償サービスですので、その範囲内であれば追加発注は可能です。 ただし、引っ越し繁忙期などは、ダンボールの追加をお願いしても届くまでに時間がかかることがありますので、追加が必要になった場合は、できるだけ早めに発注することをオススメします。 また、50個を超える追加発注の場合ですが、基本的には有料ということになります。 費用に関しては公表されていませんので、実際に発注する時に確認しましょう。 ダンボールはサカイ引越センターのものしか使えない? サカイ引越センターで引っ越しを依頼すると、ダンボールを無償提供されます。 無償で提供して貰える以上、引っ越しでサカイ引越センターから提供されたダンボール以外のダンボールを使用するのは禁止なのでしょうか? サカイ引越センター以外のダンボールを使用するのは特に禁止されてはいません。 ただし中古のダンボールを利用する場合は、強度が落ちていますので十分注意が必要になります。 引っ越し契約後にキャンセルした場合は? サカイ引越センターと引っ越し契約を結び、無償提供のダンボールを受け取った後に、何らかの事情があって引っ越し契約をキャンセルした場合、ダンボールの扱いはどうなるでしょう? ちなみに引っ越しの契約に関しては、引っ越し当日の3日前まではキャンセル料ナシでキャンセルができます。 引っ越し契約後キャンセルした場合、無償提供されたダンボールは返却する必要があります。 契約した支店の営業所に届けるか、郵送などで送りましょう。 なお、キャンセルまでに一度でも使用してしまったダンボールに関しては買取りとなります。 詳細な費用や支払い方法に関しては、キャンセルの連絡時に問い合わせておきましょう。 ダンボール以外にも提供される資材は? サカイ引越センターでは、契約成立と同時に、ダンボールと共に提供される梱包資材があります。 まずはダンボールを閉じる用のガムテープ。 これもダンボールの数に合わせて必要数提供されます。 続いて布団梱包用の布団袋も無償提供し剤です。 ただし、この布団袋とガムテープに関しては、支店の在庫次第ですので、状況によっては提供がない可能性もあります。 続いて依頼しておけば引っ越し当日に無料でレンタルできるのが、ハンガーボックスとシューズボックス。 ハンガーボックスはスーツのみであれば7着、Yシャツのみであれば15着掛けられるサイズで、最大5箱まで無料でレンタルできます。 シューズボックスは通常の靴であれば12足収納可能で、仕切り板を外せばブーツも収納できるサイズで、こちらは最大2箱までレンタル可能です。 このハンガーボックスとシューズボックスに関しては、支店ごとに数が決まっています。 引っ越しが集中する週末や、引っ越し件数の多い繁忙期などは、希望数借りることができないケースもありますのでご注意ください。 引っ越し後のダンボールは? 引っ越しが完了すると困るのが空になったダンボールの処理です。 家族サイズの引っ越しですと40~50個も空きダンボールが出てしまいます。 資源ごみの回収日にまとめて出すにしても、あまりに大量ですとそれも大変です。 サカイ引越センターでは、このダンボールの回収サービスを行っています。 この回収サービスは「らくらくコースプレミアム」、「らくらくAコース」に関しては、引っ越し当日に出た資材を無料で回収します。 引っ越し当日以降に回収を希望する場合は、有料にて回収をしてもらえます。 費用は税別で1,000円、利用は1度限りとなっていますので、開梱するダンボールをすべて開けてからお願いしましょう。 詳しくはこちらもどうぞ。 ダンボールの追加に関しては、不足した場合に連絡すれば、合計50個を上限に提供を受けることが可能。 50個を超える場合は基本的には有償となりますが、このあたりは引っ越し契約の時に無料になるように交渉するのも手でしょう。 ダンボール以外にも、支店に在庫があればガムテープや布団袋も無償にて提供してもらえます。 ダンボールの回収に関しては、引っ越し後1度に限り税別1,000円で回収してもらえますので、荷解きのめどがついたら回収をお願いするといいでしょう。 また、ダンボール以外にもハンガーボックスやシューズボックスの無料レンタルがありますので、契約時にお願いしておきましょう。 関連記事になります。 合わせてご覧ください。

次の

サカイ引越センターでダンボールは無料でもらえる?サイズは?足りない場合は追加できるの?

引越 段ボール

数に関しては、基本的に訪問見積もりで営業マンが算出した数が基本となります。 ダンボールの追加発注は可能? 最大50個まで無償サービスですので、その範囲内であれば追加発注は可能です。 ただし、引っ越し繁忙期などは、ダンボールの追加をお願いしても届くまでに時間がかかることがありますので、追加が必要になった場合は、できるだけ早めに発注することをオススメします。 また、50個を超える追加発注の場合ですが、基本的には有料ということになります。 費用に関しては公表されていませんので、実際に発注する時に確認しましょう。 ダンボールはサカイ引越センターのものしか使えない? サカイ引越センターで引っ越しを依頼すると、ダンボールを無償提供されます。 無償で提供して貰える以上、引っ越しでサカイ引越センターから提供されたダンボール以外のダンボールを使用するのは禁止なのでしょうか? サカイ引越センター以外のダンボールを使用するのは特に禁止されてはいません。 ただし中古のダンボールを利用する場合は、強度が落ちていますので十分注意が必要になります。 引っ越し契約後にキャンセルした場合は? サカイ引越センターと引っ越し契約を結び、無償提供のダンボールを受け取った後に、何らかの事情があって引っ越し契約をキャンセルした場合、ダンボールの扱いはどうなるでしょう? ちなみに引っ越しの契約に関しては、引っ越し当日の3日前まではキャンセル料ナシでキャンセルができます。 引っ越し契約後キャンセルした場合、無償提供されたダンボールは返却する必要があります。 契約した支店の営業所に届けるか、郵送などで送りましょう。 なお、キャンセルまでに一度でも使用してしまったダンボールに関しては買取りとなります。 詳細な費用や支払い方法に関しては、キャンセルの連絡時に問い合わせておきましょう。 ダンボール以外にも提供される資材は? サカイ引越センターでは、契約成立と同時に、ダンボールと共に提供される梱包資材があります。 まずはダンボールを閉じる用のガムテープ。 これもダンボールの数に合わせて必要数提供されます。 続いて布団梱包用の布団袋も無償提供し剤です。 ただし、この布団袋とガムテープに関しては、支店の在庫次第ですので、状況によっては提供がない可能性もあります。 続いて依頼しておけば引っ越し当日に無料でレンタルできるのが、ハンガーボックスとシューズボックス。 ハンガーボックスはスーツのみであれば7着、Yシャツのみであれば15着掛けられるサイズで、最大5箱まで無料でレンタルできます。 シューズボックスは通常の靴であれば12足収納可能で、仕切り板を外せばブーツも収納できるサイズで、こちらは最大2箱までレンタル可能です。 このハンガーボックスとシューズボックスに関しては、支店ごとに数が決まっています。 引っ越しが集中する週末や、引っ越し件数の多い繁忙期などは、希望数借りることができないケースもありますのでご注意ください。 引っ越し後のダンボールは? 引っ越しが完了すると困るのが空になったダンボールの処理です。 家族サイズの引っ越しですと40~50個も空きダンボールが出てしまいます。 資源ごみの回収日にまとめて出すにしても、あまりに大量ですとそれも大変です。 サカイ引越センターでは、このダンボールの回収サービスを行っています。 この回収サービスは「らくらくコースプレミアム」、「らくらくAコース」に関しては、引っ越し当日に出た資材を無料で回収します。 引っ越し当日以降に回収を希望する場合は、有料にて回収をしてもらえます。 費用は税別で1,000円、利用は1度限りとなっていますので、開梱するダンボールをすべて開けてからお願いしましょう。 詳しくはこちらもどうぞ。 ダンボールの追加に関しては、不足した場合に連絡すれば、合計50個を上限に提供を受けることが可能。 50個を超える場合は基本的には有償となりますが、このあたりは引っ越し契約の時に無料になるように交渉するのも手でしょう。 ダンボール以外にも、支店に在庫があればガムテープや布団袋も無償にて提供してもらえます。 ダンボールの回収に関しては、引っ越し後1度に限り税別1,000円で回収してもらえますので、荷解きのめどがついたら回収をお願いするといいでしょう。 また、ダンボール以外にもハンガーボックスやシューズボックスの無料レンタルがありますので、契約時にお願いしておきましょう。 関連記事になります。 合わせてご覧ください。

次の

引っ越しで使う段ボールを(無料で)入手する方法まとめ

引越 段ボール

段ボール: 一人あたり20個が目安• ガムテープ(できれば布製):2~4巻• ビニール紐:1巻• マジックペン• 新聞紙、エアクッションなど(プチプチ)• はさみ、カッター• 古い毛布 段ボールが無料で支給される引越し業者をまとめ、枚数やサイズ、もらえる資材、段ボール回収サービスの有無についても比較してみました。 段ボール無料の引越し業者まとめ 業者名をクリックすると段ボールのサイズ、資材、画像などが詳しく見れます。 段ボールの枚数 資材や梱包材など 段ボール引取りサービス 最大50枚 ガムテープ、梱包材、ベッドマットカバーなど 引越し後3ヶ月以内なら1回に限り無料。 3ヶ月以降は有料。 枚数が足りなかった場合は追加でもらえる 荷造りをしていくうちに段ボールが足りなくなった!ということもあります。 こう言った場合は業者に連絡すれば追加で段ボールを持ってきてもらえます。 一般的に業者の方が見積りに来た際に、荷物量からだいたい必要な枚数を予測して段ボールを持ってきてくれます。 ほとんどの引越社では最大50枚など余裕をもって数が決められているため、最大枚数を越えることは滅多にないですが、1枚あたり200円程度なのでそれほど負担の大きい金額ではありません。 大きい段ボールと小さい段ボールの使い分け術• 小さな段ボール:食器、本、CDなど重いもの• 大きい段ボール:衣類など軽いもの 大きい段ボールは、荷物がたくさん入るため重くなりがちです。 しかし重いものをたくさん詰めると 底が抜けるリスクがあり注意が必要です。 「ちょっと危ないかな?」と思ったら無理をせず、小分けにして荷造りしましょう。 また、割れ物は大きい段ボールに入れてしまうと重みが出てしまうのと隙間が増えて割れてしまうリスクがあがります。 割れやすい・壊れやすいものは、小さい方の段ボールになるべく隙間をつくらないように詰めましょう。 新しい家のレイアウトを事前に考えておき、部屋ごとや収納場所ごとに荷造りしておくと引越後の片付けがスムーズです。

次の