くるぶし 腫れ ぷよぷよ 痛く ない。 くるぶしの腫れがぷよぷよする時とは?

くるぶしが腫れているのに痛くないのは病気?考えられる原因とは?

くるぶし 腫れ ぷよぷよ 痛く ない

この記事の目次• くるぶしが腫れている、ぷよぷよの犯人は? くるぶしや肘のように関節の骨が出っ張ったところには、骨と皮膚の間に 滑液包(かつえきほう)という薄くて、平たい袋があります。 普段、その滑液包の中には少量の滑液が入っていて、その名の通り、骨と皮膚がこすれず滑らかに動くように、クッションの働きをしているんです。 実は、くるぶしのぷよぷよは、この滑液包が 炎症を起こしている状態なのです。 水ぶくれのように膨らんでいるのは、炎症によって滑液が過剰に漏れ出しているからなんですね。 中には、リウマチや細菌感染によるものもありますので、意外とこのぷよぷよは侮れません。 しかし、足関節やくるぶしであれば、 圧迫や摩擦によって滑液包が刺激されて腫れるのが大半です。 痛みがそこまでひどくない場合は、自宅でできる対策から始めてみましょう。 炎症が小さく、初期の状態であれば自然に治ってしまうからです。 鎮痛剤を服用し、患部を固定するのが一般的な治療です。 しかし、感染症の疑いがある場合や、ぷよぷよが大きすぎて関節に負担がある場合は、滑液包の中の余分な滑液を針で抜き、滑液の中身を検査することもあります。 滑液を抜くときは個人差がありますが、多少の痛みが出ることも。 しかし、難しい手術のうえにリハビリも必要となるので、勧めている外科は少ないのが現状です。 いずれにしても、初期症状のうちに、何らかの手段を取った方が得策と言えますね。 繰り返さないための対策とは? 実はこの滑液包炎は、治っても同じ場所が何度も腫れ、 繰り返すことが多い病気です。 必要のない正座をやめるなど、滑液包炎の原因となった動作をつきとめて、 くるぶしの圧迫や摩擦を減らしましょう。 どうしても必要な場合はサポーターなどで固定するなどの措置をしてくださいね。

次の

くるぶしが腫れてぷよぷよしている原因と対処方法

くるぶし 腫れ ぷよぷよ 痛く ない

Q 質問させて頂きます。 昨日、ふと、左のくるぶしの下の方が腫れているような感じになっているのに気付きました。 痛み、痒み等は全くなく、触ると、ふにふに、としているような、むくんでいるような感じです。 高さはあまりなく、どこからどこまでが膨れているのか、という境界もいまいち曖昧ですが、直径は6センチ程度あるようです。 インターネット等で調べたところ、脂肪腫、ガングリオン、といったものなのではないか、と思うのですが、悪性ではないかととても心配です。 病院へ行くつもりなのですが、仕事の都合上、数日は行けそうにないです。 緊急を要するかどうか、お伺いしたくて今回質問をさせて頂くことにしました。 ちなみに、いつ頃からその腫れ(脂肪腫)が出来てきたのか良く覚えていないのではっきりとは言えないのですが、小さい腫れから少しずつその直径が大きくなってきた、というよりは、いきなり直径6センチ程度が盛り上がってきた、というような感じです。 関係はないとは思いますが、腫れ(脂肪腫)の中心から少し上と少し下に、何かに刺されたような、ぽつん、という小さな赤い痕もあります。 脂肪腫、ガングリオン、脂肪肉腫以外の可能性もありますでしょうか? お知恵を拝借出来たらとても嬉しいです。 よろしくお願いいたします。 質問させて頂きます。 昨日、ふと、左のくるぶしの下の方が腫れているような感じになっているのに気付きました。 痛み、痒み等は全くなく、触ると、ふにふに、としているような、むくんでいるような感じです。 高さはあまりなく、どこからどこまでが膨れているのか、という境界もいまいち曖昧ですが、直径は6センチ程度あるようです。 インターネット等で調べたところ、脂肪腫、ガングリオン、といったものなのではないか、と思うのですが、悪性ではないかととても心配です。 病院へ行くつもりなのですが、仕事の... Q 35歳過ぎ、女性です。 左足首の内くるぶしの周辺を押すと痛いです。 2週間程前、何でも無い時にコキっとする感触があってそれ以来、 足首に違和感が出始めました。 内くるぶしから斜め前下、骨の無いあたりが押すととても痛いです。 基本、押した時だけ、ピンポイントで痛いのですが、沢山歩いたりすると、 斜め前に向かって筋にそって痛みの範囲が広がります。 (休むと痛みの範囲がせまくなります) くるぶしの上部も骨の上から押すと痛いポイントがあります。 ここを押した後暫く上の方まで後を引いた痛みがあります。 (ちなみに右のくるぶしと比較して、左にだけ痛みが出ている所です) そこで、GWあけにどうしたら良いか悩んでいます。 いつもこの手の症状は通い易いのもあって近場の接骨院なのですが、 別件で通っていたので相談してみて、一度ケアして貰いましたが、 痛みをかばったためと思われる周辺筋肉の痛みはとれましたが、 問題のポイントの痛みは良くなった気がしません。 やっぱり整形外科での検査が必要でしょうか? 少し遠くて混んでいて行くのも時間のやりくりも大変なので、つい敬遠してしまって… 行った際はどのような検査と処置が考えられますか? また症状を改善するため、家で出来るケアはあるでしょうか。 お風呂で温めたり、ふくらはぎをのばしたりマッサージはしていますが、 今の所効果はあまり無いような気がします。 日常気をつけた方が良い事はありますか? GW中はどうしてもかなり歩いてしまうのですが… 長文申し訳ございません。 何でも良いのでご助言をお願いいたします。 35歳過ぎ、女性です。 左足首の内くるぶしの周辺を押すと痛いです。 2週間程前、何でも無い時にコキっとする感触があってそれ以来、 足首に違和感が出始めました。 内くるぶしから斜め前下、骨の無いあたりが押すととても痛いです。 基本、押した時だけ、ピンポイントで痛いのですが、沢山歩いたりすると、 斜め前に向かって筋にそって痛みの範囲が広がります。 (休むと痛みの範囲がせまくなります) くるぶしの上部も骨の上から押すと痛いポイントがあります。 ここを押した後暫く上の方まで後を引いた痛み... A ベストアンサー 昔ひどい捻挫や骨折のご経験はありますか? 患部を押すと放散痛のように、患部とは違う部分に痛みが出たりはしないですか? もし押した患部のみの痛みなのでしたら、そこには靭帯があるので靭帯に何か異常があるのかもしれません。 捻挫とは靭帯の損傷のこと言いますので、昔の捻挫の後遺症で靭帯が緩み、何かのきっかけで炎症がおこったということは考えられます。 ただし骨などの異常はレントゲンを取らなければ可能性を排除することはできませんので、まずは病院にいかれることをお勧めします。 今回のケースは捻挫であったとしても、急性期を超えてしまっているので早めに専門医の検査診断を受けることをお勧めします。 また保険治療も勿論上記の三つに限られます。 肩こり、腰痛、すべての慢性疾患は不正請求になりますので十分お気を付けください。 手続きが煩雑なためそれを個人的に整骨院に委任しているという形になります。 ですから委任の為に書類にサインと押印をします。 そこで全国的に約4000億円という不正が毎年毎年行われています。 患者が不正に加担しているという意識をもち、ゴタゴタに巻き込まれないよう十分お気を付けください。 レントゲンとは病院でしか撮れませんので、整体、整骨院ではなく必ず整形外科を受診されてください。 長文、乱文失礼しました。 ご参考になれば幸いです。 お大事にどうぞ。 昔ひどい捻挫や骨折のご経験はありますか? 患部を押すと放散痛のように、患部とは違う部分に痛みが出たりはしないですか? もし押した患部のみの痛みなのでしたら、そこには靭帯があるので靭帯に何か異常があるのかもしれません。 捻挫とは靭帯の損傷のこと言いますので、昔の捻挫の後遺症で靭帯が緩み、何かのきっかけで炎症がおこったということは考えられます。 ただし骨などの異常はレントゲンを取らなければ可能性を排除することはできませんので、まずは病院にいかれることをお勧めします。 >いつもこの... A ベストアンサー #NO1です >この炎症というのは、足を使っているときのみが痛いという症状なんですよね?? だいたいはそうだと思います。 体重が足首にかかり、腱に圧力がくわわり痛みが出てると思います。 あとはしゃがんだ時など、脱臼していたら腱が踝の前方にずれるので痛みが走ります。 internet-clinic. html 診察の時に脱臼があるばあいは、医師による再現ができるためわかると思います。 腱の炎症の場合は普通の捻挫と間違われる場合があるかもしれません。 しばらく長引く怪我かもしれませんね。 無理をすると再発する可能性もあるので、無理のないように頑張ってください。 参考まで・・・ #NO1です >この炎症というのは、足を使っているときのみが痛いという症状なんですよね?? だいたいはそうだと思います。 体重が足首にかかり、腱に圧力がくわわり痛みが出てると思います。 あとはしゃがんだ時など、脱臼していたら腱が踝の前方にずれるので痛みが走ります。 internet-clinic. html 診察の時に脱臼があるばあいは、医師による再現ができるためわかると思います。 腱の炎症の場合は普通の捻挫と間違われる場合があるかもしれません。 A ベストアンサー インソール以外で気をつけることといえば合った靴、靴の機能を持った良い靴を選ぶことでしょうか?また、16歳頃までは骨は成長しますので、骨格や関節の正常な成長のためにも良い靴の役目は重要です。 また、良い靴があってはじめてインソールの効果も十分発揮できます。 日々の生活での注意事項とのご質問だと思いますが、経験から言いますと90%以上は良い靴と足や体全体の動き、バランスを考えたインソールの組み合わせにつきると思います。 過回内を防ぎながら踵から着地して母趾でバランス良く蹴りだしするということが、自然に出来るようにインソールを作成する技術があります。 バランスの良い歩行の継続により、骨の正常な成長とともに下腿の筋肉バランスなどもバランスの良いようにつき変わりますので、何をさておいても良い靴とインソールを合わせてあげて下さい。 長い目で見れば1歩1歩バランスの良い歩行の継続が骨の正常な成長と良い筋肉バランスへの近道となります。 歩き方や動きを変える「動的インソール」を製作できる店は全国でも少ないですが検索して探して下さい。 A ベストアンサー 整形外科で診てもらえますよ。 ご家族の方が言うように、脂肪の塊かもしれませんし、 別の物かもしれません。 私は、手首にガングリオンという、良性の腫瘍ができました。 腫瘍というと大げさですが、要するに「おでき」です。 ガングリオンは、手首・足首・首の後ろ・背中にできやすいです。 質問者さんも、もしかしたらそれかもしれません。 中に透明の組織液が溜まっています。 私は何度も注射器で抜き取りましたが、すぐに溜まってしまって傷むので、 手術で取り除きました。 手首の腱に埋もれるようにして、小さな袋が3つできていて、 その中に、ドロドロとした無色透明の液体が入っていました。 先生が出したものを見せてくれました。 匂いはなかったです。 手術しても再発することが珍しくありませんが(事前に説明がありました) 私は、15年経ちましたが、今のところ再発はありません。 原因については、まだ分かっていません。 遺伝的な要素が大きいと考えられています。 実際、私の父の背中にもありました。 (父も手術で取りました) もしガングリオンでしたら、放置していても問題はありません。 しかし、触るうちに刺激で大きくなることがあるので、 なるべく触らない方が良いです。 別の病気の可能性もありますし、痛みもあるようなので、 一度診てもらうと安心だと思います。 整形外科で診てもらえますよ。 ご家族の方が言うように、脂肪の塊かもしれませんし、 別の物かもしれません。 私は、手首にガングリオンという、良性の腫瘍ができました。 腫瘍というと大げさですが、要するに「おでき」です。 ガングリオンは、手首・足首・首の後ろ・背中にできやすいです。 質問者さんも、もしかしたらそれかもしれません。 中に透明の組織液が溜まっています。 私は何度も注射器で抜き取りましたが、すぐに溜まってしまって傷むので、 手術で取り除きました。 手首の腱に埋もれるようにして、... A ベストアンサー 血流を良くして体を温め免疫力を高めるために刺絡という鍼治療を行ってると魚の目、イボ、ガングリオンも同時に縮小したり完全に消失することがあります。 このことから魚の目、イボ、ガングリオンができる背景には血流障害があることがわかります。 我々の組織には不活性化したウィルスが常在していますし、代謝による老廃物が絶えず産みだされています。 血流障害は体を冷やし、ウィルスを活性化させイボをつくったり、上皮細胞の異常増殖(魚の目)をおこしやすくなります。 また老廃物がいつまでも組織に滞留するとガングリオンや脂肪腫といった良性腫瘤の原因にもなるでしょう。 運動は激し過ぎると交感神経が緊張して血管が収縮、かえって血流が悪くなります。 膝の痛みも血流障害を現していますので、体をゆったりとリラックスさせ血流を回復させることが良いと思います。 すぐにも出きることですが、毎日十分な睡眠時間を確保するとともに就寝前にしっかりお風呂に浸かって体を温めるようにしてください。 Q 30代 女性です。 捻挫をしたのか、なぜ腫れたか不明なまま左足の外くるぶしが腫れて5ケ月経過しています。 整形外科にいってレントゲンをとっても骨には異常なし。 血液検査しても尿酸も4.4と異常はなく、痛風ではないと言われました。 また、ASOが201と少し高いけど問題ないとも言われました。 そうこうしているうちにまた原因不明で右足のアキレス腱が腫れ、そんなに無茶はしていないのに腱鞘炎と診断。 毎週くるぶしとアキレス腱のリハビリに来いといわれますが、原因不明なのにリハビリをして治るとは信じられません。 最近左手にしびれがあったり残業続きで疲れがたまっているのも原因なのでしょうか?こういう経験のある方がいらっしゃいましたらどうしたら治ったか、また他に検査に行くとしたら何科の診察を受ければよいか良いかアドバイスをお願いします。 A ベストアンサー 女性なので何ともいえませんが・・・(男性は痛風を考えます。 女性には少ないので)。 尿酸についてはどうでしょうか?血液検査もお勧めします。 それに近い症状が出る病名もありますので参考にしてください。 薬剤の影響 薬剤の中には、尿酸値を上昇させるものがあります。 1 サイアザイド系降圧利尿薬(フルイトランなど) 2 ループ利尿薬(ラシックスなど) 3 喘息の治療薬のテオフィリン(テオドールなど) 4 結核治療薬のピラジナマイド(ピラジナミドなど)少量 のアスピリン(小児用バファリンなど) 5 その他、薬剤ではありませんが健康食品といわれるもの の中に、核酸成分を大量に含むものを毎日食べ続けて尿酸値が 高くなることがあります。 痛風と似た病気 足の病気で痛風と間違えやすいものを紹介します。 1)外反母趾 これは足の親ゆびの付け根の関節から先の骨が外側に曲がって いる状態で、親ゆびの付け根が内側に突出します。 この変形だ けでも少し痛みますが、炎症を起こすとひどく痛むこともあり ます。 2)変形性骨関節炎 加齢に伴う骨、軟骨の変性です。 歩き始めなどに痛みが出ます がひどく腫れることはありません。 3)蜂窩織炎(ほうかしきえん) 皮下に細菌が感染して、皮膚が腫れ上がる病気です。 「水虫」 などが原因になることもあります。 4)変形性腰椎症による足の痛みやしびれ 足の症状があり痛風を疑って受診する患者さんに意外に多いの が、腰椎の変形に伴う足の症状です。 5)偽痛風 ピロリン酸カルシウムという結晶が関節炎を起こす病気です。 高齢者の膝関節や足首の関節に多くみられますが、男性も女性 も同様に起こります。 レントゲン写真をとると関節の中に石灰 化が見られます。 6)慢性関節リウマチ たくさんの関節が慢性的に痛み、しだいに関節が変形して日常 生活が不自由になるつらい病気です。 女性に多く、痛風とは対 照的です。 7)回帰性リウマチ 関節が急に腫れて痛む原因不明の病気です。 痛風より症状は軽 く、2、3日で治りますが、繰り返します。 関節の変形はおこ さず、血清尿酸値も正常です。 痛風と誤りやすい病気もたくさんありますので、自己判断せず にきちんと診察を受けましょう。 女性なので何ともいえませんが・・・(男性は痛風を考えます。 女性には少ないので)。 尿酸についてはどうでしょうか?血液検査もお勧めします。 それに近い症状が出る病名もありますので参考にしてください。 薬剤の影響 薬剤の中には、尿酸値を上昇させるものがあります。 1 サイアザイド系降圧利尿薬(フルイトランなど) 2 ループ利尿薬(ラシックスなど) 3 喘息の治療薬のテオフィリン(テオドールなど) 4 結核治療薬のピラジナマイド(ピラジナミドなど)少量 のアスピリン(... Q 1月末頃に、家の階段で3段落ちて、お尻と右の足首を打撲しました。 けっこー痛かったのですが、次の日にスノーボードに行ってしまいました・・・。 そして、2月にも行きました。 ボードをしている時も痛みなどは気にならなかったので、そのままほおっておきました。 でも、最近右足だけが、けっこー太いことに気がついて(腫れている)気になってきたので、接骨院に行きました。 レントゲンを撮ってもらったところ、骨に異常は無いとこのこで、ぷっくりと膨らんだ部分の水?を注射器で抜いてもらいました。 「また水が溜まるかもしれないので、抜きにきてください」と言われたので、 「抜かないとどうなるんですか?」と聞きましたら、 「とくにどうなりもしない」との返答でした。 そのまま家に帰り、いま1週間くらいたちますが、 痛みが前よりもあり、明らかに同じ部分が腫れています。 (靴が当たって痛かったり) また水が溜まったんだと思うのですが、注射器で抜くのが非常に痛かったので、自然治癒するまで待とうとも考えています。 先生も「必ず水を抜いた方がいい」みたいなことは言ってなかったし・・・。 ですが、このまま腫れがひかないのも怖いので、行った方がいいのでしょうか? それとも、あと1ヶ月くらいしたら、水が散っていって 腫れはひくのでしょうか? 詳しい方、よろしくお願いします。 病名?はとくに先生に言われませんでしたが、 たぶん滑液包炎だと思います。 1月末頃に、家の階段で3段落ちて、お尻と右の足首を打撲しました。 けっこー痛かったのですが、次の日にスノーボードに行ってしまいました・・・。 そして、2月にも行きました。 ボードをしている時も痛みなどは気にならなかったので、そのままほおっておきました。 でも、最近右足だけが、けっこー太いことに気がついて(腫れている)気になってきたので、接骨院に行きました。 レントゲンを撮ってもらったところ、骨に異常は無いとこのこで、ぷっくりと膨らんだ部分の水?を注射器で抜いてもらいました。 A ベストアンサー 勤続10年の整形外科医です。 しかし、実際にあなたの足を見ている訳ではありませんので、あくまで、投稿にあることからの推察による回答です。 実際には診察してもらった診療所での先生に確認して下さい。 外傷を機会に起こっている足首の腫れで、水が抜けたというのなら、No1さんと同様に滑液包炎という診dなんになるのでは?と考えます。 しかし外傷~スノボをされているということなので、その滑液胞炎以外の捻挫などの腫れもあるかもしれません。 特に水を抜かないとどうなるわけでもありませんが、 あまり腫れが大きいとそこが靴などに当たったりして 新たな炎症を引き起こすことになります。 とりあえず、安静と冷やすことと鎮痛剤の服用をおすすめいたしますが・・・ 気になるのなら、必ず病院で再度診て頂いて下さい。 Q 息子のことで心配なことがあるので教えてください。 海外在住なため、とても不安です。 今週の月曜日から「足が痛い」と言うようになりました。 そのときは、起きたら倒れてしまう程だったのですが、時間がたつと それほどでもないようで、なんとか幼稚園に行きました。 翌日も朝から痛がるので、小児科にかかりました。 病院が終わってから幼稚園に行かせたかったので、いつもとは違う総合病院へ いきました。 その先生は、筋肉痛だろうとのことでしたが、息子の痛がる様子を見て念のため 整形外科の先生に診てもらうように言われ、そのまま受診しました。 整形外科の先生のときは通訳の方がいらっしゃらず、先生に「筋肉、炎症」と 日本語で言われて、シップと解熱鎮痛剤をもらって帰ってきました。 水曜日も痛がり、木曜日も痛がるのでまた昨日の午後に受診しました。 (主治医の先生) そのときも通訳の方がおらず、私が聞き取れたのは問題がないということ。 でも、ずっと痛がっていて(ずっと痛がってはいますが、激痛ではないです。 我慢が出来る痛み。 でも痛いのか歩き方は常にびっこをひくような感じです) 私なりに、色々と検索をして思い当たるのが骨肉腫です。 でもどの先生も、息子に歩かせ、ジャンプさせ、ケンケンさせてみたり触診したり。 激痛ではないため、どれも出来ます。 触っても痛くありません。 なのに、レントゲンを撮りましょうとか血液検査をしましょうとか言われません。 ということは、本当にあきらかに骨肉腫のような病気は潜んでいないと言う 確信があるから検査をしてくれないのでしょうか? でももう5日目です。 筋肉痛ならば良くなっているはずだし、毎朝起きたときには 動かせないくらい痛がります。 でも、時間がたつと歩けるようになるため幼稚園には行かせてます。 食欲も普通にありますし、睡眠も取れています。 風邪のような症状は今のところ ありません。 同じような症状があったとか、それは骨肉腫であるはずがないから検査しないよとか、 その辺を教えていただけると助かります。 よろしくお願いします。 息子のことで心配なことがあるので教えてください。 海外在住なため、とても不安です。 今週の月曜日から「足が痛い」と言うようになりました。 そのときは、起きたら倒れてしまう程だったのですが、時間がたつと それほどでもないようで、なんとか幼稚園に行きました。 翌日も朝から痛がるので、小児科にかかりました。 病院が終わってから幼稚園に行かせたかったので、いつもとは違う総合病院へ いきました。 その先生は、筋肉痛だろうとのことでしたが、息子の痛がる様子を見て念のため 整形外科の先生に診て... A ベストアンサー ご心配な事と思われます。 自分も先日「骨肉腫かっ!?」と、子供が膝を痛がるのを見て不安な思いをしました。。。 さて、せっかく病院に行ったのに、診察だけで「大丈夫」と言われる程、心配になるものはありませんね。 (汗 ネットで検索しても「これだっ」とピッタリと該当するものはなかなかありませんが、それでも少し調べて見ましたので、あくまで参考程度にして頂きたいと思います。 骨肉腫の場合は、「痛い」と言ってびっこをひくようになる頃には、その痛みの部分がかなり腫れているようです。 お子さんの膝は、腫れていますでしょうか? 質問内容に、そのような症状は記載されておりませんので、質問者様が目に見えて分かる症状は、お子さんの訴える「痛み」のみになるのではないかと思われます。 さて、そこで気になる「痛み」についてですが、5歳と言う事であれば、確かに「成長痛」も考えられる年齢です。 もう少し様子を見て、腫れはしないが痛みが引かないと言った場合には、「股関節炎」も疑って見て下さい。 「膝が痛いと言っているのに股関節?」と思われるかも知れませんが、子供の場合、股関節が悪くても股関節が痛いと訴えることは滅多にありません。 7割近くは膝やふともものあたりが痛いと訴えます。 その為、足(膝のあたり)が痛いと言って診察を受けても原因が分からないと言ったケースが多いようです。 どのような病気があるのかですが、よく見られるのが「単純性股関節炎」と呼ばれるものです。 好発年齢は3,4歳から10歳くらいまでが多いそうです。 子供の訴える症状に、「何かあってからでは遅い」と親が敏感になるのは当たり前の事です。 自信を持って納得の出来る行動を取って下さい。 参考程度まで。 ご心配な事と思われます。 自分も先日「骨肉腫かっ!?」と、子供が膝を痛がるのを見て不安な思いをしました。。。 さて、せっかく病院に行ったのに、診察だけで「大丈夫」と言われる程、心配になるものはありませんね。 (汗 ネットで検索しても「これだっ」とピッタリと該当するものはなかなかありませんが、それでも少し調べて見ましたので、あくまで参考程度にして頂きたいと思います。... Q 今までスニーカーばかり履いていたのであまり気にしなかったのですが、私の足は、足の内側、くるぶしの下(少しつま先寄り)のところの骨らしきものがものすごく出ています。 ちょうど上から見るとくるぶしよりさらにそこが出ているので両くるぶしがくっつかない程です。 家族のを見ても私ほど出ている人はいません。 確か、小学生のときくらいから出ていて、 現在21です)当時は何かにぶつけたりすると飛び上がるくらい痛かったのですが、何もしませんでした。 今はそんなことはないのですが、靴を選ぶときにとても困るので、できたら何とかしたいです。 しかし、どうしたらいいのか、どこかで見てもらうにもどこに行ったらよいのか良く分からないので、アドバイスいただけたら、と思っています。 よろしくお願いします。 A ベストアンサー 「うちくるぶし」の下の出っ張っている骨はおそらく『舟状骨』(しゅうじょうこつ)と呼ばれる骨だと思います。 文章にするととても分かりづらいのですが、このような方は扁平足気味の方に良く見られます。 また、『外反母趾』『内反小趾』『開帳足』『膝/腰痛』といったこともおこっている方が多いです。 これは、26個もの足の骨の配列の歪みから来る物で、身体が柔らかい若年の頃はトレーニングでカバーできますが、骨と骨をつないでいる靱帯が弱ってくると、トレーニングだけではカバーしきれません。 この骨格の配列を矯正していく方法があります。 残念ながら日本では履物(靴)や足のことに関しての認識が西欧と比べるとうんと遅れていますのでお医者さまでも手術以外に明確な指示/回答をしていただけないようです。 我々も『なおる』『よくなる』といった事は医療法の関係で言うことが出来ません。 しかし、実際にある手法でインソールを作り、それを継続的につかう事によって、改善されて来ているデーターは沢山あります。 あきらめないで、チャレンジしてみて下さい。 conformable-jp. 文章にするととても分かりづらいのですが、このような方は扁平足気味の方に良く見られます。 また、『外反母趾』『内反小趾』『開帳足』『膝/腰痛』といったこともおこっている方が多いです。 これは、26個もの足の骨の配列の歪みから来る物で、身体が柔らかい若年の頃はトレーニングでカバーできますが、骨と骨をつないでいる靱帯が弱ってくると、トレーニングだけではカバーしきれません。

次の

くるぶしの腫れがぷよぷよする時とは?

くるぶし 腫れ ぷよぷよ 痛く ない

一般的な足首やくるぶしの痛みや腫れの原因は? 一般的に、足首やくるぶしが痛んだり腫れたりする主な原因は、怪我によるものが多いと考えられます。 足首を外側、ないし内側に強く捻ってしまうことで起こる「捻挫」を始めとして、「骨折」や「外傷」など、主に運動時に発症することが多いものです。 しかし、特に運動をしたわけでもないのに、足首やくるぶしが痛む時がありますよね? そのような時は、昔に負った古傷(捻挫や骨折など)が気圧や天候などの関係で痛む場合や、外反母趾や偏平足など元々の足の構造として負荷が掛かりやすくなっているために、少し歩いただけでも痛みが出てしまうことがあります。 また、冷え症の方などは、心臓から遠い場所にある足首はむくみやすいことから、むくみに伴う痛みが起こっている可能性も考えられます。 内側の足首やくるぶしの痛みや腫れの原因は? 足首全体が痛いというよりも、足首の内側だけや内くるぶしのみに痛みや腫れが認められる場合には、締め付けの強い靴を履いていることによる圧迫が原因の可能性が考えられます。 足首の内くるぶしには、後脛骨筋腱という腱があるのですが、この腱は外部からの摩擦を受けやすいため、サイズの小さい靴を履いたり、靴ひもをきつく締めすぎてしまうと、痛みや腫れといった症状を引き起こすことがあります。 また、足が綺麗に見えるという理由でハイヒールを履く女性は多いと思いますが、ハイヒールは体の重心をとるのが難しいため、内側に力が掛かり過ぎてしまい痛みを発生させることがあります。 特に、 外反母趾の方や筋力の落ちている中年以降の女性は、体重が内側に掛かりやすい傾向にあり、足首の内側に痛みや腫れといった症状が現れる方が多いと言われています。 外側の足首やくるぶしの痛みや腫れの原因は? 外側の足首やくるぶしの痛みや腫れの原因として、最も多いのが捻挫です。 足首の外側には、前距腓靭帯・後距腓靭帯・踵腓靭帯・三角靭帯の4本の靭帯があり、この4本のどれかが損傷していると、強い痛みや腫れを引き起こします。 足首の捻挫する時、多くの方が足裏が内側に向いた状態、つまりは足首の外側の靭帯を伸ばしてしまうと言われており、中でも前距腓靭帯の損傷が多いと言われています。 また、一度足を挫いてしまうと、そこが弱くなって癖で何度も挫くようになってしまいますが、そうすると踵骨と距骨の間にある足根洞と呼ばれる空洞で炎症が起こってしまい、足首の外側の広い範囲で痛みが生じることがあります。 内側の足首やくるぶしの痛みや腫れがある場合の対処法 内側の足首やくるぶしの痛みの主な原因は、足に合ったサイズの靴を履いていないことや足の酷使だと言われています。 そのため、痛みや腫れがある時は、足に疲労を溜めないようにすることが何よりも大切です。 可能であれば、足を締め付ける靴を履くのを避け、自分の足のサイズに合ったものを選ぶようにしましょう。 とは言え、女性の場合は仕事上どうしてもハイヒールを履かなければいけないというケースもあると思います。 そのような時は、通勤時は足に負担の少ないスニーカーに取り替えるなど、足が圧迫される時間をできるだけ短くするように努めてみましょう。 また、外反母趾や偏平足など足の構造上に問題を抱えている方の場合は、インソールやテーピングなどで足裏のバランスを整えることで、内側に掛かる負担を少なくすることができます。 外側の足首やくるぶしの痛みや腫れがある場合の対処法 外側の足首やくるぶしの痛みや腫れの主な原因は、捻挫です。 捻挫をした時は、痛む箇所をまずは冷やして、負担の掛からない姿勢になり安静を保つのが大切になります。 ずっと休むことが出来ない場合は、再び足首を捻ってしまわないようにテーピングで固定しておくことも必要です。 痛みがある=炎症が起こっている、ということなので、痛みがあるうちは氷のうや湿布などで患部をよく冷やすようにしますが、冷やし過ぎもいけませんので氷で10~15分ほどアイシングをしたら、2~3時間は休むというのを繰り返すのがよいでしょう。 また、寝る時は足を高くすることで、腫れや内出血がひどくなるのを防ぐことができます。 数日経過し、痛みや腫れが引いてきたところで、今度は患部を温めます。 こうすることで、血流がよくなり痛みや腫れが早く治ります。 内側の足首やくるぶしの痛みや腫れの治し方 内側の足首やくるぶしに痛みや腫れがある場合、炎症による腫れを除いて、冷え症やむくみが原因であるなら、温めるのが効果的と言えます。 体の冷えは、気温の低いところに長時間いると起こる、という認識が多いようですが、実は血流が悪くなることで起こります。 女性の場合、男性に比べて筋力がないため、血液の循環が滞りやすくなるのが冷えの大きな原因と考えられています。 このため、冷えや冷えによるむくみから来る足首の痛みや腫れを、炎症と勘違いしてしまい冷やしてしまうと、さらに足が冷えることになり症状が悪化する恐れがあります。 一日中立ち仕事で足を酷使した時などは、夕方からふくらはぎや足首がパンパンに腫れてしまいますが、これは血液の流れが悪くなっているためです。 そのような時は、 ゆっくりお風呂に浸かったり足湯をして、足首周りを温めてあげることが大切です。 外側の足首やくるぶしの痛みや腫れの治し方 外側の足首やくるぶしの痛みや腫れを治す時には、「 RICE処置」というのを覚えておくとよいでしょう。 これは、Rest=安静、Ice=冷却、Compression=圧迫、Elevation=挙上の頭文字を合わせたもので、捻挫などによる炎症が起こった場合は、この順番を優先して処置を行います。 足首を挫いたり、腱が切れた、骨折したという時は、とにかく安静にしてあちこち動き回らないようにしましょう。 捻挫や怪我をした直後から、脈拍が上がって血流がよくなるので、むやみに動くと患部に血が回りやすくなってしまい症状を悪化させてしまいます。 次に、患部をよく冷やします。 冷やしたらテーピングや包帯などで固定をしますが、この時腫れが強い時にきつく巻いてしまうと圧迫で痛みが強くなるため、それほどしっかりと巻く必要はありません。 そして、足首を心臓よりも高い位置にしておくことで、血液の量が減り内出血がひどくなるのを抑えることができます。 なお、 上記の処置はあくまでもその場でできる応急処置です。 最終的には、必ず病院で検査を受け、治療を行うことが大切です。 足首やくるぶしの痛みや腫れに「湿布」は効果的か?どんな湿布を貼ればいいの? 足首やくるぶしに痛みや腫れがある時、自宅でできる応急処置として湿布を貼る方も多いと思います。 しかし、このような症状がある時に湿布を貼るのは、症状を抑えるのに本当に効果があるのでしょうか。 実は湿布には2種類があり、症状によって使い分ける必要があります。 まず、世間一般的に湿布と言って思い出されるのが、冷湿布、貼るとヒャッとするあの湿布です。 冷湿布を貼るのは、捻挫した直後や痛みや腫れが強い時、熱感がある時などです。 このような時は患部で炎症が起こっているため、まずは冷やして症状を治めることが大切になります。 一方、慢性的に続いている痛みやコリのような症状がある時は、温湿布を使います。 温湿布は貼るとじわーっと温かく感じるのが特徴です。 血行をよくすることで、痛みを取り除く効果があります。 足首やくるぶしの痛みや腫れが引かない場合、病院は何科に行けばいいの? 軽度の捻挫や、足の疲労による足首の痛みや腫れの場合、応急処置を行うことで数日のうちに症状が回復することが殆どですが、安静にしていても痛みや腫れが引かない、強くなっているという時は病院で診てもらう必要があります。 その時、何科を受診したらよいか悩んでしまう方もいらっしゃるかも知れませんが、足首やくるぶしの痛みということであれば、まずは 整形外科へ行くのがよいでしょう。 整形外科では、レントゲンなどの検査によって足首で捻挫や骨折、腱の断裂といった怪我が起こっていないかを確認したり、偏平足や外反母趾といった骨格に伴う異常を見つけることができます。 足首やくるぶしの痛みや腫れの予防法 足首やくるぶしに痛みや腫れが出てしまうと、歩くことも困難になり回復までに日常生活が何かと制限されてしまいます。 そうならないためには、日頃からの予防がとても大切になりますが、では足首やくるぶしの痛みや腫れを予防するにはどのようなことに注意したらよいのでしょうか。 運動前後には必ずストレッチを行う 硬くなったままの筋肉で動いてしまえば、それだけ怪我をするリスクが高くなりますので、運動前には必ずストレッチを行うようにしましょう。 また、 運動後のストレッチには筋肉に集中している血液を流し、疲労を早く回復させる効果があります。 どちらも行うことで、怪我の防止に役立ちます。 運動後は冷やし、帰宅後はお風呂に入る 野球選手などがよく、試合の後に肩などを冷やしている光景を見掛けますが、あれは運動によって酷使し傷付いた筋肉周辺の血流を冷やすことで一時的に止め、それ以上炎症が広がるのを防いでいると言われています。 そして、 冷やして炎症を抑えたところで、今度は温めて血流をよくしてあげると、疲労物質が早く排出されるため、疲れが翌日に残らないと言われています。 体重を管理する 肥満体型の方は、それだけ足首に掛かる負担が大きくなることから、痛みや腫れを起こしやすくなります。 食事制限や運動などを行い、適度な体重を管理することも足首の痛みや腫れの予防に役立ちます。 マッサージを行う マッサージによって足に溜まった疲労物質や老廃物が排出されやすくなることから、足への負担が少なくなり怪我や冷えなどを予防することができます。 ツボ押しをする 足首に効くツボを押すことで、疲労回復効果や痛みを取り除く効果が期待できます。 例えば、アルコールを飲んだ時についシメで食べたくなるラーメン。 ラーメンの中にはプリン体という成分が多く含まれていますが、プリン体を多く含む食品の摂取は高尿酸血症の原因となり、高尿酸血症が進むと、「痛風」を発症しやすくなると言われています。 痛風とは、結晶化した尿酸が関節に集まることで、発作的に激しい痛みを発症させるもので、多くは足の親指に痛みが出ると言われていますが、足首やくるぶしに痛みが起こる場合もあります。 また、発症原因が解明されていない関節リウマチになると、食欲不振や倦怠感と共に足首などの関節に強い痛みや変形が見られることもあります。 足首やくるぶしの痛みや腫れの原因と対処法!内側と外側の違い!のまとめ 足首やくるぶしの痛みや腫れの原因は、痛む場所や状況によって異なることがわかりました。 原因がわかれば、しっかり対処することができますし、予防によって怪我を防ぐことも可能となります。 過去に捻挫などで足首を損傷している方は、運動などを行う時はあらかじめテーピングなどを巻いておくことで、痛みを再発させない予防になりますし、足首を冷やしたり温めることの意味を知っておけば、症状に伴った柔軟な対応が可能となるのではないでしょうか。 足首は体を支えるために欠かせない場所のため、痛みや腫れなどで動かすことができなくならないように、毎日のケアや予防をしっかりと行うことが大切です。

次の