Zoom 画面 共有 操作。 Zoomのウィンドウを”画面共有”でも表示できる【ZoomだけでOK】ミーティング参加者へ操作を伝えられる

zoomの使い方パソコン編!基本的な機能と操作手順を解説

Zoom 画面 共有 操作

自分のPC画面を参加者にそのまま見せられる 「 Zoom」(ズーム)を使ったWeb会議に、毎日のように参加している人もいるでしょう。 そのときに使う資料はどうしていますか? すぐに思いつくのは、メールやクラウドストレージを使って資料のファイルを事前に共有しておき、参加者が各自のパソコンで閲覧する方法です。 しかし、資料の説明者からすると、参加者が資料のどの部分を見ているのかがわかりません。 そんなときに使ってほしいのが「 画面共有」の機能です。 画面共有を使えば、Web会議の参加者に見せたい資料を自分のパソコン上で選択できます。 ポイントは、説明に使う資料を開いたウィンドウなど、参加者に見せたい画面だけを選択できることです。 自分のパソコンの画面が丸見えになるわけでないので安心してください。 さっそく画面共有の操作方法を見ていきましょう。 INDEX• 共有する画面を選択する 画面共有の基本操作は簡単です。 共有したい画面(ウィンドウ)をあらかじめ開いておき、Zoomの画面下部にある[画面を共有]をクリックするだけ。 こではExcelの画面を共有してみます。 1画面を共有する Web会議が開始した状態です。 共有したい画面を開いておいてください。 画面下部にある[画面を共有]をクリックします。 2画面を選択する 共有する画面を選択します。 左上の[画面]を選択すると、自分のパソコンの画面全体が共有されます。 ここでは、あらかじめ開いておいたExcelの画面を選択して、[共有]をクリックします。 3画面が共有された 選択した画面が共有されました。 「画面を共有しています」とデスクトップ上部に表示されます。 自分と相手のサムネイル画面が右側に表示されます。 画面の共有を停止したいときは、画面上部にある[共有の停止]をクリックします。 画面を共有されたときに便利な操作 画面を共有された側の画面を見てみます。 初めて画面を共有されたときはフルスクリーンで表示されるはずです。 急に画面が切り替わりますが、落ち着いて操作しましょう。 初めて画面を共有された状態です。 共有された画面がフルスクリーンで表示されています。 落ち着いて[ESC]キーを押しましょう。 画面をダブルクリックしてもOKです。 フルスクリーン表示が解除され、Zoomのウィンドウ内に共有された画面が表示されました。 倍率を指定することも可能です。 説明用のツールを利用する 今度は、共有した画面を説明するためのツールをいくつか見てみましょう。 ツールの名称から使い方は連想できると思います。 なお、記入した線やスタンプなどは、共有を終了すると破棄されます。 保存しておきたい場合は ツールバーの[保存]からスクリーンショットを記録できます。 1ツールを表示する 画面を共有した状態です。 上部のメニューから[コメントを付ける]をクリックします。 2ポインターを表示する ツールバーが表示されました。 まずは使用頻度が高いポインターに切り替えてみます。 [スポットライト]から「スポットライト」のアイコンを選択します。 3ポインターが表示された マウスポインターの位置に赤いポインターが表示されました。 プレゼンで使うポインターのように扱えます。 注目してほしい部分に視線を誘導できますね。 4描画ツールに切り替える 続けて、フリーハンドで線を記入できる描画ツールに切り替えます。 [線を書く]から左上のアイコンを選択します。 4線を記入する マウスポインターの形が鉛筆に切り替わり、任意の位置に線を記入できるようになります。 線の色を選択してマウスをドラッグしてください。 ホワイトボードを共有する さらに、図解などで使える「ホワイトボード」を共有してみましょう。 共有する画面を選択するとき、[ホワイトボード]を選択します。 先ほどと同じく、記入した結果を保存しておきたいときは[保存]をクリックです。 1ホワイトボードを共有する Zoomの画面下部から[画面を共有]をクリックします。 共有する画面の一覧から[ホワイトボード]を選択して[共有]をクリックします。 2ホワイトボードが表示された ホワイトボードが共有されました。 マウスをドラッグして自由に記入してください。 コメントを記入するツールとほぼ共有です。 指定した範囲を共有する 画面(ウィンドウ)内の指定した範囲のみを共有することも可能です。 共有する画面を選択するとき、[詳細]タブにある[画面の部分]を選択します。 例えば、Web会議中に参考動画などを見せたいときなどに使えます。 1画面の一部を共有する Zoomの画面下部から[画面を共有]をクリックします。 [詳細]タブをクリックして、一覧から[画面の部分]を選択します。 動画などを参照する際は[コンピューターの音声を共有]にチェックを付けます。 [共有]をクリックします。 2共有する範囲を指定する 画面の共有が開始されます。 共有中の範囲には緑の枠が表示されます。 枠をドラッグして、共有したい位置に合わせてください。 2操作説明が表示された パソコンのネットワーク名とミラーリング先の名称(Zoomのミーティング名)を確認してください。 画面右上を下方向にスワイプして、コントロールセンターを表示します。 iPhone 8以前では、画面下から上方向へスワイプします。 [画面ミラーリング]をタップします。 4ミラーリング先を選択する ミラーリング先の一覧が表示されました。 なお、ZoomのWeb会議は相手がいなくても開催でき、自分ひとりでも画面共有の機能は動作します。 実際のWeb会議で慌てないように、試しにひとりで操作してみてはいかがでしょうか。 close 閉じる.

次の

Zoomで「スマートフォンやタブレット端末の画面共有を行う方法」について教えてください。Zoomで「スマートフォンやタブレット端末の画面共有を行う方法」について教えてください。

Zoom 画面 共有 操作

Zoomでの便利機能を何か一つ挙げるとするならば、まっさきに画面共有の機能を挙げるでしょう。 画面共有は、相手の画面を見たり、コチラ側の画面を見せて、パソコンの操作方法などを視覚的に理解してもらうことができるようになります。 また、 Zoomでは画面共有に限らず、相手のパソコン画面を直接操作できる「リモート操作機能」も兼ね備えており、コンサルティングの現場において絶大な便利さを誇る使い方ができます。 通常、パソコンの画面共有をする時にはスカイプなどでも完結するのですが、相手のデスクトップをリモート操作するとなると「TeamViewer」といったコンサルティングソフトを別途使わなければならなかったりします。 それはそれで悪くありませんが、相手にも別のソフトを1から覚えていただく必要もありますし、何より余分な時間ばかりが掛かってしまいます。 Zoomでは画面共有も、リモート操作も全て出来る点は非常に魅力的だと言えるでしょう。 今回は、Zoomの画面共有の機能や、リモート操作の方法について順番に紹介していきますね。 スポンサーリンク 画面共有のやり方を解説! Zoomの画面共有のやり方はいたって簡単。 基本画面に表示されている、「画面共有」のボタンをクリックするだけで簡単に始めることができるようになっています。 リモート操作も同じところからできるようになっており、相手のデスクトップの画面共有もワンタッチで出来るのが特徴ですね。 では、画面共有の方法として• 自分の画面を相手(ゲスト)に共有する場合• 相手の画面を自分に共有してもらう場合 この二つの方法や手順を紹介して行きたいと思います。 自分の画面を相手(ゲスト)に共有する場合 まず、自分の操作画面を相手(ゲスト)に見せる場合の手順を紹介します。 通話に相手を招待する方法については、こちらの記事をチェックしておいてください。 基本的にはデスクトップを選択すればOKですね。 スポンサーリンク それぞれの項目については• ミュート: マイク音の有無を設定できる• 参加者の管理: 参加者の人数を増やしたり、減らしたりすることができる• 新しい共有: 新しい画面を共有しなおすことができる• 共有の一時停止: 一時的に画面の共有をストップする• コメントを付け: アノテーション(テロップ)を出したり、ホワイトボードのように線が引ける• リモート制御: 相手にリモート制御をリクエストすることができる といった機能が付いております。 また、画面共有をストップしたいときには、上の画像にもある通り、赤いボタンの「共有の停止」という所を選択しましょう。 相手の画面を自分に共有してもらう場合 パソコンの操作やオンライン上の添削をする場合には、相手に上記のような操作を行ってもらえばOKです。 相手の画面を写してもらう場合、 「画面共有をしてもらえますか?」 と、相手に伝えればOKです。 (このブログの記事を見てもらったら簡単かもしれません) 相手の画面共有ができたら、その旨を通話で伝えておくようにしましょう。 スポンサーリンク リモート操作の使い方は? ここまで画面共有の基本的な機能について、紹介していきました。 Zoomには非常に便利な機能の一つとして 「リモート操作」 というものが存在します。 リモート操作は、何か新しいツールやソフトを初めて使う時に、こちらがやり方を実際に示すときに非常に便利です。 これで通話や画面共有だけで「あーしてこうして……。 」という事を言わなくても済むため、ぜひ積極的に活用していきたい所でしょう。 また、 リモート操作の使い方は非常に簡単です。 相手にリモート制御のリクエストを送るだけ、つまりこちら側からの操作と、相手からの許可をもらえればできるようになります。 まず、リモート操作をするためには、相手の画面を共有してもらう作業から始めましょう。 この状態で画面上マウスカーソルを持ってくると、 このような緑色の帯が出るので、「オプションを表示」の中から「遠隔操作のリクエスト」の項目をクリックします。 ポイント: 場合によっては微妙に日本語の異なる場合がありますが、意味が同じものをクリックするだけでOKですね 下の画面はパソコンからiPadへの画面共有なので、リモート操作の項目が出ていません すると相手の画面だけにリモート操作のリクエストが表示されます。 そこで、こちらから 「リモート操作のリクエストを送ったので、承認をしていただけますか?」 という旨を伝えます。 相手に承認のボタンをクリックしえてもらえれば、 相手のパソコン画面を操作することができるようになります。 あとは、パソコンの分からない操作方法などをこちらからレクチャーしていけばOKです。 リモート操作は相手のほうですぐに中止することができるので、安心して使える旨も伝えておきましょう。 まとめ それでは、Zoomの画面共有の方法やリモート操作の方法、手順についてでした。 通常、画面共有やリモート操作は、他のソフトだと別々のものを用意しなければなりませんでしたが、この方法であればかなりの手間を省けるようになります。 正直使わない手はありませんので、ぜひ活用するようにしていきましょう。

次の

Zoomの画面共有の使い方は?動画共有やリモート操作など

Zoom 画面 共有 操作

Zoomで画面共有できない時の対処法 Zoomはとても便利な機能で、オンライン上で簡単に会議ができるのが魅力です。 画面共有もできるのですが、Zoomを使っていて画面共有できない場合は、どういった理由が考えられるでしょうか。 Zoomのアプリやソフトが最新版になっていない• 違うネットワークに接続している 画面共有できない時の原因で多いのが、違うネットワークにつないでしまっている時です。 接続を統一することでこの問題は解決します。 アプリやソフトが最新版になっていない場合、何かと不具合が生じることがあるのです。 ネットワークが統一されているにも関わらず、画面共有機能しない時は、最新グレードに更新しましょう。 バージョンアップの方法ですが、Zoomのダウンロードセンターから最新版をダウンロードできます。 画面共有で音声を流す時は Zoomで画面共有できるだけでなく、音楽を流して同じ音声を参加者に直接届けられます。 画面共有でビデオを見せたい時、音声の共有ができるととても役に立つんです。 ただ、何も準備せず音声を流しても、聞こえてもかなり小さい音量でしか聞こえません。 音量を上げればいいのですが、雑音が入りやすく心地よく聞こえません。 そんな時は「画面共有」の項目を選択し、「コンピューターの音声を共有」にチェックを入れます。 これで音声が問題なく聞こえるでしょう。 Zoomでセミナーを開く時にもおすすめです。 Zoomのホワイトボードって何? Zoomで画面共有している時、ホワイトボードの機能を使うこともできます。 ホワイトボードの操作方法は、まず「画面共有」を選択し、ホワイトボードを選択するだけ。 ホワイトボードの機能を解除する時は、ホワイトボードの部分にカーソルを持っていき、「共有を停止」というボタンを押すのです。 おわりに Zoom 画面共有の操作方法は、そこまで難しくないので、ぜひ参加者と共有したいことを共有しましょう。 Zoom 画面共有なら、音声やYoutubeの動画も参加者と共有できて、セミナーや会議の時にスムーズです。 ホワイトボードやパワポの機能も使えるので、会議で伝えたいことを、リモートでもしっかり伝えられるのです。

次の