キッズスマホ 月額。 月々のスマホ料金の平均金額|月額費用の抑え方やポイント

とにかく安くスマホを持ちたい!月額料金はいくら?

キッズスマホ 月額

目次 CLOSE• 理由1:月額料金が安い 何といってもスマホを契約する上で外せない条件は、「月額料金が安いこと」だと思います。 スマホは普通に契約すると高いので、できるだけ出費は少ない方が良いです。 ワイモバイルでは、月額1,980円 税抜き からスマホを利用できるので、とても安く利用できます。 実際にワイモバイルを契約した時に支払う料金や契約内容をもっと詳しく知りたい方は 「」の記事をご覧ください。 理由2:有害Webサイトや使用アプリの制限、位置把握などの安心機能 子供にスマホを持たせる際に、多くの人が欲しいと思う機能は2つだと思います。 有害サイトの閲覧制限、使用アプリの制限機能• 子供の場所を把握できる位置把握機能 この2つの機能はワイモバイルでも利用できるので、安心してキッズスマホとして使えます。 有害サイトの閲覧制限、使用アプリの制限機能 フィルタリングサービスで使用制限できる 「有害なWebサイトの閲覧や危険なアプリを使用してほしくない」 そんなときに役立つのがワイモバイルのあんしんフィルターです。 あんしんフィルターでは以下の機能を利用できます。 あんしんフィルターの機能• サイトへのアクセス制限、アプリの利用制限ができる• スマホの利用時間の管理ができる• スマホの通話、ウェブ閲覧の利用状況が確認できる あんしんフィルターを使用することで、お子さんに安心してスマホを渡すことができます。 ただし、あんしんフィルターによる制限をどこまで行うかは、しっかりと親子の間でも話し合いましょう。 なおiPhoneの場合、使用アプリの制限のみ使えません。 iPhoneにもともと付いている「iOS機能制限」を設定して、使用アプリの制限をしてください。 問題なく目的に着くことができたか心配なときなど、便利なサービスです。 通常時だけでなく、災害時などにも活用できます。 なおiPhoneの場合は「位置ナビ」の機能が一部利用できません。 iPhoneにもともと付いている「家族と位置情報を共有する」機能を設定して、位置把握をできるようにしましょう。 時間制限や通話先を気にせず、通話できるのは大きなメリットです。 大手キャリアの5分かけ放題と比べると、10分のかけ放題はちょうど良い時間設定で使いやすいです。 理由4:全国展開の店舗でアフターサポートもバッチリ 格安スマホは数多く販売されていますが、ワイモバイルがその中でも最も優れている点は 全国展開で店舗によるアフターサポートがされていることだと思います。 いくら安いからといっても、アフターサポートがないと不安な方は多いと思います。 契約後に全国展開の店舗でアフターサポートしてくれる格安スマホは、ワイモバイルくらいしかありません。 格安スマホでアフターサポートを求めている方は、ワイモバイルしか選択肢がないといっても過言ではないと思います。 店舗以外のサポートも充実しているので、サポートに関する不満は心配しなくてもよいと思います。

次の

auの最新キッズ携帯まとめ! 料金プランや安全機能、注意点も解説

キッズスマホ 月額

スマホを使用するには、毎月通信料がかかります。 料金は購入する機種や契約内容、使い方で変わるため、人によって異なります。 しかし、契約会社が同じ場合は、料金はある程度共通していることが多く、自分が多く払いすぎてはいないか、疑問に思うこともあるでしょう。 スマホの料金は高い場合だと1万円近くにもなるため、これを毎月続けるとなると、かなりの出費になります。 年間の支出を削減するには、固定費の見直しが大切であり、スマホ料金は最も削減しやすい固定費と言えます。 スマホ料金の平均を知って、平均以上に払いすぎていないか、また料金を下げるにはどうすべきかを知りましょう。 スマホ料金の1カ月の平均金額 スマホをお得に使うには、まずは1カ月でどれくらいの料金が平均なのかを知ることが大切です。 平均は契約会社や男女によっても違うため、それぞれのデータと自身の使用状況を比較する必要があります。 平均より高いなら使い方を見直して、料金の削減を図りましょう。 また、平均以下の料金でも、そこからさらに下げられる可能性はあるため、見直しは必要です。 平均額から自身のスマホ料金を見直し、現時点での支払い状況を確認しましょう。 キャリア利用の場合の平均金額 ドコモやau、ソフトバンクなど、大手キャリアを利用している場合の平均金額は、月々9,000円程度です。 これは端末の支払いが残っている場合であり、支払い終了後は7,000円程度が平均です。 大手キャリアはどうしても通信料そのものが高い傾向にあるため、月々の料金も上がりやすいでしょう。 格安SIM利用の場合の平均金額 格安SIM利用の場合の平均金額は、端末の支払いが残っている場合で、4,600円程度です。 支払いが終わっている場合は、半額の2,300円程度が平均であり、端末代金に月々の料金が大きく影響されます。 格安SIMなら、大手キャリアよりも通信料が格段に抑えられるため、節約したい人にはおすすめです。 ただし、キャリアと比べると、通信スピードが遅かったり、エリアによっては電波接続が不安定になりやすいため、注意しなければなりません。 もちろん、環境次第では問題なく使えるため、安いながらもキャリア契約とほとんど同じ状態で使える場合もあります。 男女別の平均金額 男女別でもスマホ料金の平均金額は違い、男性は5,700円程度、女性は7,500円程度です。 女性の方が平均金額が高いのは、アプリの使用時間の長さが関係しています。 アプリの使用時間が長いため、課金する機会も多い、あるいは通信量をオーバーするため容量の多いプランに加入しているなど、理由は1つではありません。 もちろん、男性でも平均以上の料金を使っている人は当然いるため、男女差よりも使い方に目を向けたほうが賢明でしょう。 スマホの月額料金の平均を下げる方法 スマホを使用するなら、当然毎月料金を支払わなければなりません。 しかし、必ずしも平均、あるいはそれ以上の金額がかかるわけではなく、契約の仕方や使い方次第で料金は下げられます。 スマホの契約の方法は選択肢が多いため、どの方法が良いのか悩むことも多いでしょうが、1つ1つを見直すと大幅に料金が下げられる場合もあります。 1,000円でも料金が違うと、年間で12,000円の違いになり、長く使うほどお得になるでしょう。 スマホは契約の更新や機種変更はするものの、継続して使用することは確かなため、少しでも料金を下げて使うことが大切です。 プランの見直しをする 料金を下げるには、まずはプランの見直しが大切です。 人によって加入しているプランは違うため、ネットや店舗で確認して、不要なプランがあるなら外しましょう。 プランによっては、契約時に加入して、後から外せない、あるいは再加入ができないものもあるため注意が必要です。 契約担当者の話に乗せられないように、1つ1つのプランはしっかり確認して、本当に必要か吟味することが大切です。 また、契約会社によってはセット割引もあり、一見不要なプランに加入することで、料金が安くなる場合もあります。 不要なプランを外すだけではなく、まとめて割引を得るのもポイントのため、店舗で確認しながら相談してみると良いでしょう。 端末代金は選ぶ機種はもちろん、購入方法によっても異なります。 SIMフリーの機種なら、キャリアを通さず購入できますが、キャリアの割引特典が使えないため、場合によっては割高になる可能性もあります。 また、一括と分割の支払い方法によっても、料金が変わることもあるため、契約時に確認しておくとよいでしょう。 スマホの端末代金の割引サービスは契約会社によって異なるため、セット特典も含めて利用できる割引はないか聞いておくことが大切です。 機種変更の場合は、持っているスマホを下取りに出すことで、その分の金額を月々の料金から差し引いてもらえる場合もあります。 機種の状態によって下取りの可否や金額は異なりますが、画面割れや目立つ傷もなく、普通に使えるなら問題なく下取りしてもらえるでしょう。 無料通話アプリを活用する 月々の料金で意外に使っていることが多いのが電話料金であり、これを減らすことも大切です。 キャリアの回線を使って電話をすると、お金がかかるため、無料通話アプリを使うことを心がけましょう。 LINEやSkypeなら何時間話しても無料で使えるため、電話利用が多い人なら、これだけでも費用を抑えられます。 電話かけ放題のプランも用意されていますが、これは別途加入でお金が必要です。 電話をすべて無料通話アプリで行うなら、かけ放題のプランは不要であり、これを外すだけでも料金は抑えられます。 通常の電話に比べると電波が不安定になることもありますが、エリアによっては全く問題なく使えることも多いです。 WiFiを上手に使う 自宅でWiFiが使えるなら、家にいる間は必ず接続しておきましょう。 WiFiに接続している間は、通信量がかからないため、どれだけ使っても通信制限に引っかかることはありません。 通信量をそれほど必要としないなら、データ容量の小さいプランに変更することも可能です。 通信量を抑えるにはWiFiの活用は欠かせないため、自宅はもちろん、外出先でもWiFiがあるなら積極的に使うことが大切です。 している場合、月々の費用は固定のため、使わないと損をします。 また、ポケットWiFiの料金を見直すこともおすすめです。 こちらの記事はしましたので、ぜひご参考ください 中古のスマホを利用する スマホの端末は中古でも購入が可能です。 中古なら端末の購入金額は非常に安く、場合によっては半額程度に抑えられることもあります。 もちろん、安すぎる場合は故障や不良品の危険性もあるため注意が必要ですが、選び方さえ間違えないなら問題はありません。 また、中古の端末だとキャリアでの2年縛りがないため、自由に解約ができます。 通常なら契約更新のタイミング以外での解約は高額な違約金が発生しますが、中古ならその心配がありません。 料金を抑え、かつ自由に使えるため、金銭面以外のメリットも大きいでしょう。 キャンペーンを利用する キャンペーンを利用して契約するのも、料金を下げるには大切なことです。 契約会社ごとにキャンペーンの内容や打ち出す時期は違い、利用できる条件も異なります。 例えば学生限定の学割や機種変更や乗り換えだけに適用できるプランなどがあり、まずは適用条件を満たしているか確認が必要です。 キャンペーンを適用すると、通常よりもお得に契約できる場合が多いため、念入りにチェックしておきましょう。 キャンペーンは期間限定で行われるのが基本ですが、終了後は別のキャンペーンが始まる場合も多いです。 キャンペーン中だからと焦って契約せずに、内容をしっかり確認して、本当にお得に使えるか吟味して選ぶことが大切です。 平均を下げるためのポイントはまとめること スマホ料金を平均以下の金額に下げるポイントは、各種料金をまとめることです。 スマホ料金は別の費用とも合算することができ、まとめることで特別な割引を適用してもらえることも多いです。 各種料金のひとつにまとめることで、支払先も限定され、よりスムーズに料金支払いができます。 お金の流れも把握しやすくなるため、出費の管理にも役立つでしょう。 自宅の固定電話をまとめる 自宅に固定電話を引いている場合は、固定電話をスマホとまとめることが可能です。 2つの電話料金を1つの会社にまとめることで、割引が適用されることがあるため、店頭で詳しく確認しておきましょう。 これらをまとめると、スマホの料金はもちろん、固定電話の料金も安くなる場合があるため、ダブルでお得です。 仮に固定電話の料金が上がる場合でも、スマホ料金の割引と差し引きすると、実質お得になるケースもあります。 また、固定電話だけではなく、自宅のインターネット回線をまとめることも可能です。 スマホ、固定電話、インターネットの3つをまとめると、さらなる割引が期待できます。 電気料金をまとめる auやソフトバンクなら、スマホと電気料金をまとめることも可能です。 まとめることで割引が適用されるのはもちろん、ポイントが付く場合もあるため、よりお得に利用できるでしょう。 電気料金は店頭に検針票を持ち込むことで、手続きができます。 電気料金自体も安くなる場合があり、これも絶対に必要な固定費のため、割引されるなら、なおお得でしょう。 家族でまとめる 家族割を行う契約会社は多いため、家族でまとめて同じ会社と契約するのもおすすめです。 家族割だと基本的な料金が割引されたり、家族間での通話がし放題だったりと、金銭面以外のメリットが得られる場合もあります。 また、他社乗り換えならキャッシュバックによてさらにお得な場合もあります。 キャッシュバックがある場合は、それも含めて月々の料金を計算すると、さらにお得に使えるでしょう。 まとめて乗り換えをする場合は、違約金がっても乗り換え先の会社が負担してくれる場合もあるため、割引内容は細かく確認することが大切です。 さらにスマホは長期間にわたって使用するため、10年、20年と考えると、スマホ料金だけでも膨大な金額になるでしょう。 スマホ料金は生活に必須な固定費とも言えるため、少しでも安く抑えることが大切です。 料金を削減するには、まずは平均を知って、現状の金額を見直しましょう。 平均以下の場合でも、契約内容や使い方を見直すことで、さらに料金を下げられる場合はあります。 工夫次第で料金は大幅に変動するため、自分に合った方法で契約して、平均よりも安い金額でスマホを使いましょう。

次の

料金格安のキッズスマホとしてワイモバイルがオススメな5つの理由

キッズスマホ 月額

【中学生向け】初スマホにベストな格安スマホ:厳選お勧め4社 ここからは数百あると言われる格安スマホの中でも、 中学生に特にオススメの格安スマホ会社厳選4社とその理由についてアツく語らせて頂きます。 基本料金が1,000円と安い• 通信速度中速で無制限• 専用スマホの同時購入が必須 月額目安 端末代込 月額1,925円 3年目以降:月額1,100円 「BIGLOBEモバイル」• 子供の本人名義契約が可• 中学生大好きYouTubeがカウントフリーで使い放題• iPhone7が最安でセット購入できる 月額目安 端末代込 月額4,630円 3年目以降:月額2,280円 「LINEモバイル」• SNSとLINEが使い放題• 唯一LINEのID検索が可能• フィルタリングサービス最高峰のiフィルターが利用可• クレカが無くてもLINE Payカードで支払可能• 型落ちiPhone7がセット購入可能 月額目安 端末代込 月額3,030円 3年目以降:月額1,690円 「UQモバイル」• 通信速度が全格安スマホ中最速• Android機種のセット購入で10,000円以上のキャッシュバックが狙える• 毎年12月~翌5末まで学割が狙える• BIGLOBE最大の魅力はYouTube見放題の「エンタメフリーオプション」 BIGLOBEと聞いて中学生向けのイメージはないかもしれませんが、「エンタメフリーオプション」に加入する事でYouTubeをはじめとする動画や音楽サービスが無制限で使えるようになります。 動画視聴はスマホの通信量の中でも群を抜いて大きく、「少し動画を見ただけで直ぐに通信制限になった」という方も多いと思います。 中学生のiPhone利用率は高校生程ではないにしても、やはりiPhoneは中学生に人気があります。 普通に大手携帯会社で最新iPhoneを買うと10万円近くのローンを組むことになる事を考えると、BIGLOBEモバイルは「最安でiPhoneが使える」という点も長所の1つでしょう。 BIGLOBEモバイルにするならお勧めのプランと料金目安 BIGLOBEモバイルの料金プランはデータ容量に応じて変わってきますが、中学生なら3GBか6GBくらいは欲しいところ。 なのでクレカが無かったり、使いたくないという場合にはLINEモバイルが特にオススメできます。 家族カードという手もありますが LINEモバイルはLINEやインスタが使い放題 またLINEモバイルのもう1つ大きな特長が、「LINE、Twitter、Facebook、Instagram」が使い放題の「コミュニケーションフリープラン」があるという事です。 特に中学生はLINEやTwitterなどSNSでのコミュニケーションを頻繁に行うので、それらが使い放題になるプランは重宝します。 特に画像のアップが多いインスタユーザーに人気 また 格安スマホで唯一LINEのID検索が可能だったり、セット購入できる機種のラインナップに「iPhone 7」が格安で購入できたりするのも学生向けと言えます。 テレビCMや電車内の広告、街中でも見かけるので見た事がある人も多いと思います。 また全格安スマホ中で通信速度が最速な事でも定評があり、動画視聴が多い中学生にとって動画の読込速度が速いのは嬉しいと思います。 また、大手3キャリア同様に毎年12月~翌年5月末まで学割キャンペーンを開催しているのも魅力です。 また2019年10月より電気事業法の改正で UQモバイルの2年縛りが廃止されたので、「最低利用期間」も「違約金 契約解除料 」も撤廃されたので気軽に契約できるようになったのでお勧めの1社です。

次の