怨霊 の 憑依。 除霊はやってはいけない!!正しく霊を祓う方法

【狐憑きは家系?病気?】特徴4つと症状と正しいお祓い方法を解説!

怨霊 の 憑依

何度も振り向きましたが、そこに人の気配は無く、いつもと同じ我が家の日常が存在するだけでした。 不安な気持のまま、自転車に乗り、私は家を出ました。 私の家から出て最初の通りに差し掛かったところで、遠くから腰の曲がった老婆が歩いてくるのが見えました。 しかし、歩いていると言うにはあまりに不自然な動きである事に気付いたのです。 足を動かしておらず、わずかながら体が宙に浮いているような感じでした。 起き抜けから不気味な感覚にとらわれていた私は、恐る恐るその老婆の方向へと自転車をこぎました。 近付くにつれ、老婆が発する禍禍しい霊気に体中が蝕まれるような感覚を覚えました。 明らかに霊体である事を認識した私は、自転車をこぐのをやめ、老婆に向かい合うような形となりました。 その距離およそ10m。 鼠色の乱れた髪の毛に隠れて見えなかった顔がゆっくりとこちらを向きました。 顔を見た瞬間の感覚はいまだに思い出すだけで背筋に緊張が走ります。 浅黒い肌。 痩せこけた頬に、落ちそうなくらいに張り出した瞳。 口を真一文字につぐみ、私を睨みつけてきます。 その瞳には凄まじい怒気を感じました。 私は老婆の眼光に体がすくみ動けなくなっていたのです。 それまでにも私は相当な数の霊体験をしており、霊をあまり『怖い』と感じなくなっていたのですが、その時ばかりは自分の霊能体質を呪いました。 悲哀、 怒り、 憎しみ。 そんなものが入り混じった老婆の霊気。 それまでの私が体験した事のない、凄まじい怨霊です。 老婆に動きが見えました。 両腕を前に伸ばし、首を締めるような格好をしています。 「危険だ。 」 そう思った時は遅かったのです。 真っ直ぐに私目掛けて老婆が向かってきます。 その速さたるや、成年男子が猛スピードで走るくらいの勢いで、私はかわす事もできずに棒立ちでした。 そして私の体を老婆が通り抜けて行ったのです。 しばらくは息もできず、その場に立ちすくんでいましたが、恐る恐る後ろを振り返ると、そこにはもう誰もいませんでした。 その日、一日。 私はとても嫌な気持で過ごしたのは言うまでもありません。 しかしそんな現象はあくまで前触れに過ぎなかったのです・・・・・。 老婆を目撃した日から一週間が過ぎました。 この一週間というもの、ろくに食事も喉を通らず、気分の優れない毎日を送っていました。 学校では学期末試験が始まっており、私も柄にも無く試験勉強をしなければならなかった為、両親が寝静まった頃を見計らい、応接間にやってきました。 一応、何故わざわざ応接間で勉強しなければならないのかを御説明致します。 元来、勉強嫌いの私は机に向かう事が大嫌いで、自室の勉強机にはコンポを乗せていた為、そこでは勉強が出来ない状態だったのです。 深夜一時頃。 静寂に満ちた部屋にこんな音が聞こえてきたのです。 『 ピチャ・・・ピチャ・・・ピチャ・・・』 それは雨漏りの様な水滴の音でした。 音の方向は応接間の隣に位置するトイレからです。 管が破れて水漏れでもしているのだろうか? 軽い気持でトイレに向かい扉を開くとそこには・・・・・。 私の眼前に薄汚い布キレ。 見上げるとあの老婆の顔が!! 天井から吊るさがった老婆は白目を剥き、口からはどす黒い血を流していました。 音は老婆の口から垂れた血の音だったのです。 私は絶叫しました。 腰が抜けたのでしょう。 その場にヘナヘナと座り込んでしまいました。 二階からは私の声に驚いた両親がおりてきました。 私は這いずりながら両親の元へ。 「どうしたんだ?」 父親の声に私は返事が出来ず振り返りトイレを指差しました。 しかしそこには既に老婆の姿は無く、トイレの扉だけが開いた状態。 私は必死に両親に説明しましたが「寝不足で夢でも見たんだろう。 」と、軽くあしらわれてしまいました。 応接間に戻り、とりあえず机に向かいました。 しかしどうにも落ち着きません。 そしてこの後、はかどる事の無い勉強をしていた私に第二の恐怖が襲いかかります。 私は背後に人の気配を感じました。 しかし先程の事もあるので後ろを向く気にはなりませんでした。 その時です。 私の首筋に冷たい感触が・・・・・。 前にあった戸棚のガラスにうつっているのは、私の首を締めている手。 私の背後にはまたもやあの老婆がいたのです。 老婆の手を引き剥がそうとしましたが、凄まじい力でまったくはなれません。 私は目を閉じ、無宗教くせに神頼みです。 御経を唱えました。 『南妙法蓮華経南妙法蓮華経南妙法蓮華経・・・・・・・』 すると老婆の力は緩み、かわりに私の耳元でこう囁きました。 『 熱い・・・熱くてかなわん。 なんとかせんか!誰の謀(はかりごと)じゃ! 許しはしまいぞ!井上の末代まで祟ってやるからそう覚悟せよ!』 二度ほど同じ言葉を繰り返し、フッと老婆の気配は消えました。 そんな状況で勉強など手につくはずもなく、私は眠る事にしました。 眠りながら考える。 「私はおかしくなってしまったんだろうか?」 真剣に悩みました。 気が狂っているのかもしれないと・・・・・。 そして老婆の言葉。 どんな意味が込められているのでしょう。 老婆の霊に悩まされる日々はまだ続いたのでした・・・・・。 私のノイローゼ気味の日々は続いていました。 以前にも増して、誰かに見られている感覚が強くなってきたのです。 一日一回は老婆が私の耳元で言ったあの言葉が聞こえてくる始末。 そしてついに老婆の姿が常に見えてしまう。 そんな状況まで追い込まれていったのでした。 食事もろくに喉を通らず、眠れない生活。 私は次第にやつれていき、あの老婆の様に頬が痩せこけたみすぼらしい顔になってしまいました。 見かねた両親が私にこう言いました。 「最近のおまえはおかしい。 でも我が子を精神病などと思いたくはない。 おまえが言う事を信じているわけではないが、一度、霊媒師にみてもらったほうが良いと思う。 」 そして私は母の弟の紹介で霊媒師の元へ行く事となったのです。 紹介してくれた叔父の車で霊媒師のもとへ向かいました。 着いた先はなんの変哲もない住宅街。 そしてただの一軒家でした。 出迎えた女性に案内され、家の中へ。 一室に通され、その場に座っていた女性こそ、誰あろう霊媒師の方だったのです。 年の頃は70代前半といったところでしょうか。 ふくよかな顔が優しい印象を覚えさせる老女でした。 「こちらにおかけなさい。 」 そう言うと彼女は私を自分の前に座らせました。 彼女は私の手を握り、こう言いました。 「あなたが来たのはすぐにわかりましたよ。 あなたはすごい霊能力を持っていらっしゃる。 でもね。 あなたは霊媒師になりたいわけじゃないんだものねぇ?だったら必要ないのにねぇ。 可哀想にねぇ。 」 矢継ぎ早に話していく老女。 そしておもむろにこう言ったのです。 「あなたには今、非常に厄介な霊が憑依している。 気味の悪いお婆さんだねぇ。 」 驚いた。 ただただ驚いた。 私はここに来てからまだ何も言ってないのです。 しかし老女の言っている事は寸分の狂いなく当たっているのです。 「あんたなんでこんな悪さをするのさ。 この子に何の関係があるんだい?」 優しい口調で話していますが、私に話しているのではなさそうです。 私は黙って老女の言葉に耳を傾けました。 「そうかいそうかい。 それは大変だったねぇ。 だけどこの子には関係ないだろ。 早いとこ成仏しなさい。 」 そう言った後、老女は私の肩に両の手を置き、なにやらお経のようなものを唱え始めました。 何度も何度も私の肩を強く叩き、老女は拝み続けます。 一時間ほど彼女と霊の攻防があったのでしょう。 深く溜息をついた老女はにっこり笑って私にこう言いました。 「もう大丈夫だよ。 あなたに憑いてた霊はいなくなったからね。 」 彼女にそう言われるまでもなく私の体がそれを理解していました。 憑き物が落ちるとはまさにこの事。 体が軽く感じ、食欲までもが出てきたのです。 老女はこう続けました。 「あなたについていた霊は40年以上前にあなたの家の周りに住んでいた地主さんだよ。 あなたの家の周りは昔、一つの土地で、彼女はそこの女地主。 ある時、資産目当てで彼女は親族に殺される羽目になったんだ。 死因は焼死さ。 彼女の自宅に火をつけたんだろうねぇ。 彼女は相当怒っていたよ。 『井上だけは許せない』と言っていたねぇ。 井上ってのは親族の方のようだね。 」 言葉が出なかった。 唖然とした。 私は老女に聞きました。 「なぜ僕に憑依したのでしょうか?」と。 彼女の答えは単純明快でした。 「それはあなたが霊に優しい人だからさ。 霊ってのは霊媒師のように霊の気持がわかる人間に憑こうとするのさ。 だから何の関係もないあなたに憑依して、恨みを晴らそうとしてたんじゃないのかねぇ。 」 その後、老女に霊の祓い方を教わり、私は帰路につきました。 次の日、私は母と近所の事について町内を聞いて回りました。 そこで驚くべき事実に直面したのです。 老女の言葉には寸分の間違いもなかったのです。 私の住んでいる場所は元々は一つの土地で、そこの所有者は『 井上』姓。 それ以前の所有者の事まではわかりませんでしたが、『 井上』が謀略により老女から土地を奪ったのでしょう。 それ以来、老婆の怨霊は私の前に姿を見せません。 が、(序章)にてお話した通り。 見てしまうんですよ。 この話しを聞いた人が・・・・・。 霊媒師の方が最後に言った言葉を付け加えておきます。 「 成仏させる事はできなかった。

次の

憑依霊とは?憑依霊に憑りつかれやすい人の特徴や憑依体質を改善する方法

怨霊 の 憑依

怨 うら み、憎しみをもった人の生霊 いきりょう や、非業 ひごう の死を遂げた人の霊。 これが生きている人に災いを与えるとして恐れられた。 霊魂信仰の考え方では、人間の肉体と霊魂とは別個のものであり、霊魂が肉体の中に安定しているとき、その人は生きている。 生霊の場合、怨み、憎しみなどの感情があまりに激しいと、霊魂が肉体から遊離して災いを与えると考えた。 非業の死の場合は、戦死、事故死、自殺などの原因により、霊肉そろった状態から、突然、肉体だけが滅びる。 したがって、その人の霊魂は行き所を失い、空中をさまよっていると考えた。 これらの霊を浮遊霊と名づけておく。 平安時代の物の怪 もののけ 、中世の怨霊や御霊 ごりょう 、近世の無縁仏 むえんぼとけ や幽霊などは、いずれも浮遊霊の一種とみることができる。 浮遊霊は肉体を求めて、霊肉そろった状態に戻りたがっている。 死の前後や、一時的に霊魂の不安定な人をみつけ、その人の霊を追い出してでも、肉体を乗っ取ろうとしている、と考えて恐れられるのである。 その害を防ぐためには、菅原道真 すがわらのみちざね の霊を天神として、あるいは各地の御霊 ごりょう 神社や和霊 われい 神社のように、神として祀 まつ り鎮め、仏教でも念仏や読経 どきょう によって供養を施し、災いを転じて福とするように努めている。 また浮遊霊は、ウンカ、ニカメイチュウなど稲の害虫の姿をとることがあるとも考えられ、この場合は虫送りなどの手段で村境に送って追放する。 [井之口章次] 【祟り】より …なかでも〈祟り〉の現象が社会的な規模で強く意識されたのは平安前期のにおいてである。 御霊とは政治的に非業の死をとげた人々の怨霊をいい,それが疫病や地震・火災などをひきおこす原因とされたのである。 このような御霊信仰の先例はすでに奈良時代にもみられ,僧玄昉(げんぼう)の死が反乱者である藤原広嗣の霊の祟りによるとされたが,平安時代に入ってからはとくに権力闘争に敗れた崇道(すどう)天皇 早良親王 ,伊予親王,橘逸勢(たちばなのはやなり)などの怨霊が御霊として恐れられ,863年 貞観5 にはその怒りと怨みを鎮めるための(ごりようえ)が神泉苑で行われた。 出典| 株式会社平凡社 世界大百科事典 第2版について.

次の

#怨霊の憑依

怨霊 の 憑依

霊とは [ ] 日本では、人が死ぬとがとして肉体を離れるという考え方は、例えばに見られるの考え方のように、原始から存在していた。 こうしたことから、「みたま」なり「魂」といった霊が人々に様々な災いを起こすことも、その頃から考えられていた。 古代になると、政治的に失脚した者や、戦乱での敗北者などの霊が、その相手や敵に災いをもたらすという考え方から、に御霊信仰というものが現れるようになった。 [ ] 怨霊から御霊へ [ ] 政争や戦乱の頻発した古代期を通して、怨霊の存在はよりいっそう強力なものに考えられた。 [ ]怨霊とは、での失脚者や戦乱での敗北者の霊、つまり恨みを残して非業の死をとげた者の霊である。 怨霊は、その相手や敵などに災いをもたらす他、社会全体に対する災い(主にの流行)をもたらす。 古い例から見ていくと、、、、などはになったとされる。 [ ]こうした亡霊を復位させたり、・を贈り、その霊を鎮め、神として祀れば、かえって「御霊」として霊は鎮護の神として平穏を与えるという考え方が平安期を通しておこった。 これが御霊信仰である。 また、そののための儀式として(ごりょうえ)が宮中行事として行われた。 記録上、最初に確認できる御霊会は、(5年)5月20日に行われた神泉苑で行われたもの()である。 [ ] この最初の御霊会で、崇道天皇(早良親王。 の皇子)、、藤原大夫人(、の母)、橘大夫()、文大夫()、(もしくは) の六人が祭られた。 [ ]後に、井上皇后(井上内親王。 光仁天皇の皇后)、他戸親王(光仁天皇の皇子)、火雷天神(下御霊神社では6つの霊のであると解釈している。 一般にはであるともいわれるが、道真が祀られるようになったのは御霊神社創設以降)、吉備聖霊(下御霊神社では6つの霊のであると解釈している。 吉備大臣、もしくは、とも言われる)をくわえ、観察使と伊予親王が省かれた「八所御霊」として御霊神社(、)に祀られている。 [ ] 御霊信仰が明確化するのは平安時代以降であるが、その上限がどこまでさかのぼれるかどうかは、ひとによって理解が一定していない。 史料的に確実な例としてあげられるのは、『』のの卒伝にみえる藤原広継の怨霊であるが、それ以前については意見がわかれている。 が怨霊であったとする(『隠された十字架』)の説は証拠にとぼしいが、蘇我宗家(・)の滅亡にその兆候がみとめられるとするのような理解や、にその発端をみるらの説は、『』『薬師寺縁起』のように後世にくだる史料に拠らざるを得ない欠点はあるものの、一定の論拠を有している。 またについては(『 長屋王』)が、7年(735)以降に大流行し、藤原四子らを死に追いやったと王の怨霊とが関連づけている。 この長屋王に関しては藤原広嗣と時代も近い点からみて、ほぼ疑いないと思われる。 ただし、のように、長屋王や広嗣の怨霊の記事は、『続日本紀』が平安時代の編纂までくだることから、この時代の潤色であるとみて、早良親王以前の怨霊の存在は認めがたいという見方もある。 現状では、奈良以前の例については確証を得難いということになろう。 [ ] なお、小説家のは『』において、古代の日本は中国文明の影響によって、子孫の祭祀の絶えた者が怨霊となるとして、これを「プレ怨霊信仰」と呼び、それが長屋王と藤原四子の事件により「冤罪で死んだ者が怨霊となる」という「日本的怨霊信仰」へと変化したと提唱している。 [ ]ただし井沢の説は、定説として確定していない梅原の説をほぼ全面的に承認しての論である。 この古代の怨霊について論述したものはあまり多くはないが、『』に「アラタニコノ怨霊モ何(いかに)モタダ道理ヲウル方ノコタウル事ニテ侍ナリ」とあり、また怨霊が現れるのは「意趣ヲムスビテ仇ニトリ」という形式を踏むとしている。 [ ]すくなくともは怨霊というものは、現れるだけの理由があって現れるものであり、それは「意趣」を返すためであると論じている。 慈円の認識が古代から中世の一般的な認識であったのかはわからないが、この叙述によれば、やはり怨霊というものは非業の死、恨みによって生まれるものと考えられていたということになる。 [ ]平安時代から鎌倉時代にかけては・(宇治の悪左府)、、・、などが怨霊となったと怖れられ、朝廷や幕府は慰撫や慰霊のために寺社を建立している。 [ ] 南北朝期を通して、こうした怨霊鎮魂は仏教的要素が強くなるが、それでも近世期の()や()などの祭神に見られるように、御霊信仰は衰退してはいなかった。 それをもっとも端的に示すのが『』であって、仏教的な影響を受けつつも、南北朝の動乱を怨霊の仕業とする立場を見せ、社会を変動させる原動力であるとみなしている。 これは源平合戦などの世の乱れの一因に崇徳院の怨霊の影響があったとみる『』『』のありかたを一層、進展させたものと認められよう。 [ ] また、一般に御霊信仰の代表例として鎌倉権五郎()が語られることが多いが、彼は怨霊というよりは、超人的な英雄としての性格やに基づく面が強いように考えられる。 鎌倉権五郎に関しての話題は、民俗学的な面(一つ目小僧)からも見る必要がある。 祇園信仰 [ ] 御霊信仰に関連するものとして、疫神信仰がある。 これは、いわゆる疫病神の疱瘡神やかぜの神を祭ることによって、これを防ぐもので御霊信仰に類似するものがある。 有名で全国的なものとしては、を祀る祇園信仰がある。 牛頭天王は、疫病や災いをもたらすものとして、京都のに祀られ、祇園信仰がおこった。 ただし、明治の宗教政策により、現在はを祭神としている場合がある。 現在のもこの牛頭天王に対する信仰から起こったものである。 その他 [ ] 御霊の音が似ているために「五郎(ごろう)」の名を冠したものも多く見られ、やから南部にみられるなどの例が挙げられる。 全国にある五郎塚などと称する塚(五輪塔や石などで塚が築いてある場合)は、御霊塚の転訛であるとされている。 これも御霊信仰の一つである。 は、の墓が各地に散在している点について「御霊の墓が曾我物語の伝播によって曾我五郎の墓になったのではないか」という説を出している。 はにはの御輿近くを通る際にはその怨霊を恐れてを行う慣例があった。 これは「祇園会方違」、「御霊会御方違行幸」、「方違行幸」などと言われ、特定の呼称はなかった。 ただし、この方違は単に激しい雑踏を避けるためのものであったとの異説もある。 著『祭りとしての安保』 によれば、は祝祭でありの死は祭りの際の生贄で(但し、儀式としての葬式はデモ主催者によって却下されている)、その後のの総辞職は時の為政者が御霊を恐れたためという。 参考文献 [ ]• 伊藤聡『神道とは何か』〈〉、2012年。 柴田實ほか『御霊信仰』、2007年(原著1986年)、オンデマンド版。 松尾剛次『太平記 鎮魂と救済の史書』中央公論新社〈中公新書〉、2001年。 脚注 [ ].

次の