デュエル リンクス トラミッド。 【実は強かった】トラミッドデッキで環境デッキどもをなぎ倒す!【遊戯王デュエルリンクス 実況No.674】【Yu

ガーディアン・オブ・ロック考察!GUARDIANS OF ROCK【遊戯王デュエルリンクス】【Yu

デュエル リンクス トラミッド

今回の目玉はなんと言っても新キャラクター 『武藤遊戯 DSOD 』の実装ですね。 ストーリーは、映画DSODの序盤~中盤、海馬と藍神の決闘のところですね。 あの衝撃的な 地面からオベリスクをドローするやつです。 映画館で観てましたけどかなりの迫力で、 これ神映画だと確信した瞬間でしたね。 あのシーンもそのうち海馬 DSOD のスキルで再現されるかもしれません。 それはそうとここの藍神くんは正論すぎる 今イベントは次元領域決闘ということで、高レベルモンスターもリリース不要で召喚できます。 さらに、青眼系のモンスターとマジシャン系のモンスターは与える戦闘ダメージが3倍、三幻神は5倍になります。 青眼モンスターで固めるのが無難に強そうですね。 三幻神は普通に3体リリースが必要なので気を付けましょう。 とりあえずこんなデッキでやってみようかなと思います。 って思ったんですが、これオート君に使わせてみたら 手札の青眼の白龍を一生召喚しないという謎挙動を起こしました。 場に白き霊龍が出ていたので、もしかしたら霊龍の青眼特殊召喚効果を使うために手札に青眼を温存しとくっていう思考なのかもしれません。 まあ効果使わないんですけど。 というかレイドデュエルでは 普段より一層オートくんのアホさが際立つので出来る限り手動でやるかオートしてる間は 一切画面を見ないのが精神衛生上安全ですね。 相手の藍神くんも『誘発召喚』を発動して 何も特殊召喚しないという高等プレイングを見せてくれたりするのでもうめちゃくちゃです。 新カード報酬は 方界超獣 バスター・ガンダイル 邪王 トラカレル の2枚です。 バスターガンダイルは攻撃力3000で3回攻撃という一瞬でデュエルを終わらせられる火力と、相手によって墓地に送られたときに墓地の方界モンスターを3体を特殊召喚した上でデッキ・墓地から「方界」カードを手札に加えられるという継戦能力を併せ持つ超強力なモンスターですが、場の「方界」モンスターを3体墓地に送らなければならないという厳しめな召喚条件になっています。 じゃあコストにできる方界モンスターって何がいるんだって話ですが、 なんと流星方界器デューザしかいません。 ふざけてるんですかね。 今回は藍神くんにも声付きで敵キャラクターとして登場しているので、近いうちにプレイアブルキャラとして実装予定で、その時に「方界」モンスターも大量実装されるのかもしれません。 だとしてももうちょっと使えそうな実装の仕方をしてほしかったですが。 邪王トラカレルはめちゃくちゃ名前覚えにくい感じですが、相手モンスターを「選んで」破壊できる、つまり対象に取ることのできないモンスターを破壊できます。 今対象に取られない強力なモンスターと言ったら ・召喚獣コキュートス ・月光舞剣虎姫 ・『フェイバリット・ヒーロー』を装備したモンスター あたりだと思いますが、破壊できるのはリリースしたモンスターの元々の攻撃力以下のモンスターなので現実的にはこの中だとコキュートスだけだしそもそもコキュートスは効果で破壊できないということで非常に微妙ですね。 というわけで個人的には新報酬カードはうーんって感じなのでDSOD遊戯のレベルアップ報酬に期待したいと思います。 何が来るかは分かんないですが、映画で実際に遊戯が使ったカードで未実装のものだとすると 岩石の番兵 暗黒騎士ガイアロード マシュマカロン 破滅竜ガンドラX OCGだと禁止 シルバー・ガジェット ゴールド・ガジェット クリアクリボー ディメンション・スフィンクス ディメンション・ガーディアン 運命の発掘 メタモル・クレイ・フォートレス 光の護封霊剣 魔導契約の扉 ファイナル・ギアス あたりが候補になりますね。 映画だと遊戯が『ディメンション・ミラージュ リンクス実装済み 』『ディメンション・スフィンクス』『ディメンション・ガーディアン』の3枚による鬼畜コンボ「ディメンション・トラップ・トラミッド」で 無限ループして藍神くんを ハメ殺してたのが印象的でした。 思ったよりも数あったので予想はちょっと難しいですが、DSOD海馬のレベルアップ報酬がレベル35までで6種あったので同じ数とすると ・岩石の番兵 ・暗黒騎士ガイアロード ・クリアクリボー ・魔導契約の扉 ・メタモル・クレイ・フォートレス ・ファイナル・ギアス あたりが来ると予想します。 特にファイナル・ギアスみたいな派手なロマンカードには是非来てほしいですね。 とりあえず ガンドラXが来ることはないでしょう あとはDSOD海馬は強力かつユニークなスキルを複数持っているので遊戯が持ってくるスキルも楽しみですね。 以上!.

次の

ガーディアン・オブ・ロック考察!GUARDIANS OF ROCK【遊戯王デュエルリンクス】【Yu

デュエル リンクス トラミッド

あいさつ ドーモ、がりす。 です! 新パックきましたね。 WCSもおわり、岩石族強化を中心に アニメのドーマ編のカードが多いです!アニメを見ていた人向けのカードが多い印象。 いつも通り気になるところをかいつまんで紹介していきます。 カード名をクリックするとに飛びます。 GUARDIANS OF ROCK 今回の表紙は磁石の戦士の強化。 破壊効果には回数制限もないためこいつをいかに早く出すかが重要になってきます。 また、岩石族にはが居るので、電磁石の戦士を状況に合わせたものに変換できます。 こいつがレベル2なので、が無理なく入り相性がいいです。 電磁石の戦士がケープがあるのでもよさそうですね!磁石はでも組みやすいテーマだったので是非ともこのパックで強化したいです。 個人的要注目カード。 一見こいつ岩石族サポートに見えるが、こいつのには 地属性であれば良いため、地属性で墓地を肥やせるデッキテーマであれば入れ得なカードです。 蘇生回数にも1ターンの制限は無いです。 粉砕込みで2800~3400まで打点が上がります。 ナチュル、カリ、ジェムナイト、スクラップ、ブンボーグ、もちろん磁石の戦士あたりのテーマで活躍が見込めるでしょう! リンクスだと、 あたりの自壊も防げて面白そう。 相性がいいカードとして今パックのこれらも紹介。 ロマンカードなのかな。 考えたのは、で伝説の竜カードを送るなど。 クリティウスやヘルモスで出せる融合体は装備カードになる効果を持っています。 特に、クリティウスで呼び出せる融合体はコストが罠カードであるため 召喚権を使わないのが魅力です。 (ヘルモスも手札からいけました。 ) はブラック・マジシャンの専用構築になるかと思います。 からが出せるのは強いです。 すみません、このぐらいしか思いつきませんでした笑 このカードはコンボカードというよりは、単純なパワーカードとして活躍できそうです。 OCGでは「自分の墓地にモンスターが存在しない」という条件は初手か特化したデッキ構成でない限り難しいですが、リンクスでは20枚デッキ。 初手の確立は3枚あれば 先行で50%、後攻で60%あります。 それだけの確立があれば、2500打点がぽっと出てくるのは強いと思います!複数引けても強いよね。 墓地にモンスターがたまらないでの活躍も十分に見込めます。 3枚あっても損しないカード! 以下、現状リンクスで出せるです。 ここでブラックローズをシンクロし全破壊、その後攻めるもよし、をセット沼地とをコストに融合というのもできます。 他には、 スキル迷宮作成 (手札を二枚デッキに戻して使用できる。 やに採用し、星6や星7のシンクロを狙うのもいいですね。 OCG元禁止カード。 強制効果なのに注意が必要です。 スキル光と闇の交換でと交換するのが強いでしょう。 つまり、魔導デッキで活躍しそうです。 自分のを裏にしたり、逆に相手のサイレントマジシャンなどを裏にできちゃいます。 光と闇の交換 効果 以下のどちらかを適用できる。 このスキルはターン中に1度かつデュエル中に2度しか使用できない。 トラミッド 最後にトラミッドテーマ。 トラミッドはフィールド魔法テーマになります。 スキルの相性の話だけしておきます。 フィールド魔法と言えば、ルカちゃんのスキルですよね。 フィールド・チェンジ 効果 自分のライフポイントが3000以下の場合に使用できる。 自分は手札のフィールド魔法カード1枚を含むカード2枚までをデッキの一番下に戻し、戻した枚数分だけドローする。 このスキルはデュエル中に1度しか使用できない。 フィールド・リターン 効果 自分の墓地にフィールド魔法カードが3枚以上ある場合に使用できる。 自分の墓地にあるフィールド魔法カードをランダムで1枚手札に加え、残りのフィールド魔法カードを全てデッキに戻す。 このスキルはデュエル中に1度しか使用できない。 トラミッドはフィールド魔法を多用、どんどん張り替えるので、必然的にスキルが使いやすく、ガンガン回せると思います。 おわりに 今回のパックはこんな感じですね。 気になるカードはありましたでしょうか。 私は磁石の戦士強化が来たので引きに行きたいと思います!の方でもミニパックなので引きに行ってもいいかとは思います! 以上、がりす。 』は、周回や知識の手助けとなるような記事、ほかにも趣味に関する記事をブログに載せています。 degu324.

次の

新テーマ【トラミッド】デッキ考察

デュエル リンクス トラミッド

デュエルリンクス攻略からのお知らせ デュエルリンクスデッキ一覧 遊戯王デュエルリンクスのデッキ一覧ページです。 気になるデッキがある方は参考にしてください! 各リンクからデッキ解説ページに飛ぶことが出来ます。 融合モンスターが4種に増えたことからさらに適応能力が高まっています。 モーレフの裏返す効果や召喚獣のサイズや耐性で盤面勝負で強く出ることが出来ます。 また、盤面を突破されてもプルガトリオで返すことが出来ます。 BF 環境トップクラスの展開力! 鳥獣族で統一された人気テーマです。 ビートダウンのイメージが強いですが第24弾メインBOX「エアリアルアサルト」での超強化を受け環境トップクラスの展開デッキへと進化しました。 初動の枚数が多く、とても安定している点も優秀です。 また、展開が出来なくてもある程度の動きが可能なのでパーツを集める時間を確保できます。 妖仙獣 追加召喚とエンドフェイズに手札に戻るのが特徴 妖仙獣は多くのモンスターが追加召喚効果と出たターンのエンドにバウンスする効果を持っています。 一気に盤面を作り、帰っていくので相手のモンスターによる戦闘破壊を防ぎ、継続的な攻めが特徴です。 発動条件が厳しいとの相性がとてもよく、獣戦士であることから「炎舞」カード群との相性もいいです。 霊獣 リソースの尽きない融合デッキ 霊獣デッキは効果で融合と分裂を繰り返すことで臨機応変に対応するデッキです。 リソース面に強く、耐久力も高い保守的なデッキです。 融合モンスターが大流行している現環境で、自身でを誘発し分裂できることが出来るのは強みです。 また、環境デッキに対して打点が足りないためを出して耐久を活かすプランもありだと思います。 絶対運命力デスペラード デスペラード・リボルバー・ドラゴンで盤面を荒らす 自分フィールドの機械族・闇属性モンスターが破壊されることで手札から場に出すことができるを軸としたデッキです。 コイントスの結果によって相手フィールドのモンスターを破壊し、フィールドを制圧しましょう。 絶対運命力!を活かす絶対運命力!を利用することで、コイントス操作し強力な効果を発揮できるカードたちを使用していきます。 との安定感も高くモンスター同士の殴り合いに強いデッキです。 堕天使デッキはの万能さから大きな割合で理想のハンドを獲得することができます。 かなり緩い条件で高水準のステータスを持つモンスターを展開できるパワーの高いデッキです。 青眼 怒涛の盤面制圧 青眼デッキはをやで特殊召喚し盤面制圧を狙うデッキです。 を絡めることでバック破壊や複数のモンスターの戦闘破壊も可能になります。 【オルタナティブ 白竜 】でを繰り出すことで盤面の制圧力を底上げすることが可能です。 デュエルに1回しか使用できないスキルですが状況を劇的に変化させるスキルです。 六武衆 シエンによる魔法罠に対する制圧力 の魔法罠無効で相手の動きを止めながら自分の動きを通すデッキです。 攻撃力が環境デッキに対して十分とは言えませんが身代わり効果を駆使し、返しのターンに倒すことができます。 六武衆の初動はシンプルかつ高確率で達成が可能です。 サイズ的不利を背負うマッチでは初速を活かしたプランも重要です。 初動が9枚と多く安定しているのが特徴です。 魔導書の対応力の高さに加えスキル「光と闇の交換」でとを変換することで臨機応変に戦うことが出来ます。 召喚獣モンスターや、など相手の動きを制限したり、強力に対応できるカードが多く採用されています。 またとのパンプやなど、受けた後の強力な攻めも存在しています。 ヴェンデット 儀式召喚で攻める ヴェンデットモンスターを素材とすることで様々な効果を付与しながら儀式召喚することができます。 墓地へ送られたときに後続をサーチすることができるため、毎ターン儀式召喚していきましょう。 アンデット族にはや、といった強力なサポートカードが存在します。 うまく組み込んでより強力な動きを狙っていきましょう。 初動が9枚と多く安定しているのが特徴です。 マジシャンガールのリソース面の高さに加えスキル「光と闇の交換」でとを変換することで臨機応変に戦うことが出来ます。 の場持ちの良さに加え、の魔法耐性もあるためガード性能が高いです。 マジシャンガールと召喚獣がリソース面でもつよく、長期間一線級の場を保てます。 水晶機巧 シンクロ召喚で戦う クリストロンはシンクロ召喚を狙っていくデッキとなり、相手ターンでもシンクロ召喚を行うことができます。 相手のターンでシンクロ召喚を行い盤面を維持して、返しのターンでを狙っていきましょう! 等の非チューナークリストロンは、自分フィールドのカード1枚を破壊することで効果を使うことができます。 スキル「イッツ・ア・トゥーン・ワールド」や「新たなる宇宙」で不要なカードを用意することで、すぐに効果の起動が狙えます。 墓守 ネクロバレーで墓地を触らせない メインギミックとしてを採用しているため、墓地を利用するデッキに対しては強く出ることができます。 自分の墓守モンスターはの効果を受けないため、気にする必要がありません。 の効果によって融合し、を融合召喚して攻めていきます。 は打点が高く効果の対象にならず、エンドフェイズ毎に「ネクロバレー」カードを手札に加えられるため、非常に強力です。 古代の機械 歯車街を破壊してアンティークギアを特殊召喚 様々なカードで自身のを破壊し、を特殊召喚して戦っていきます。 強力な大型モンスターを手軽に特殊召喚することができます。 は手札に来てしまうとあまり嬉しくないカードですが、スキル「暗黒?古代の機械」はを発動してスタートできるので、アドバンス召喚も狙うことが可能です。 ブラック・マジシャン ブラック・マジシャンで攻める での特殊召喚を狙っていきます。 でをサーチしていきましょう。 で状況にあった融合モンスターを出すこともできます。 光属性を絞ることで、スキル『ドローセンス:光』によってを確定でドローできます。 はドローされると特殊召喚できるため、非常に強力です。 花札衛 多面展開による後攻ワンキルデッキ 花札衛は相手の場を割りながら展開するデッキです。 構築から不純物を取り除くことでジャスト4000のキルパターンの達成率が高いです。 先攻でやることがほとんどがないデッキです。 でキーカードであるを探しましょう。 トラミッド フィールド魔法を張り替えて動く罠ビート トラミッドは3種のフィールド魔法を張り替えながら戦う罠ビートデッキです。 リソース面で強く、初手の事故を『バランス』で軽減することで質の高いビートダウンを安定して運用することが出来ます。 『バランス』とトラミッドテーマの都合上罠を多数採用する必要があります。 環境に合わせて採用する罠を変更することで適応することが可能です。 天岩戸 天岩戸で効果を封殺 が場にいる限りお互いにスピリットモンスター以外のモンスター効果を発動できなくなります。 これにより相手の動きを止めながら、自分は高い打点でのハイビートで相手のライフを削っていきます。 スキル「デュエルスタンバイ」やを使用することで、スピリットモンスターであるをフィールドにとどめておくことができます。 これによって常時モンスター効果を封じることが可能になります。 デメリットである維持コストを活かすことの出来るを採用することで、中盤に劇的な攻めを起こすことが出来ます。 真紅眼 融合召喚で攻める でを融合召喚して攻めていきます。 やでをサーチできるため、安定した融合召喚が可能です。 でを融合召喚する際に、戦士族モンスターが素材として必要になります。 環境や好みに合った戦士族モンスターを3枚程度採用しましょう。 磁石の戦士 電磁石の戦士マグネット・ベルセリオンで攻める 強力な除去効果を持つ大型モンスターのをメインアタッカーとして戦います。 その為の準備を下級磁石の戦士モンスターで行っていきます。 磁石の戦士モンスターは共通効果で相手のターンに自身をリリースしてレベル4のマグネットウォリアーを特殊召喚できます。 を特殊召喚し、さらに電磁石の戦士モンスターの種類を増やしてを狙いましょう。 バスターブレイダー 破壊剣士融合を狙う 、、を場に揃えることで、いつでも相手モンスターを融合素材にすることができます。 への除去を回避することもできるので、この構えを目指してでとどめを刺しましょう。 を墓地に送るために、を利用していきましょう。 スキル『光と闇の交換』でのサーチが可能であるため、シナジーが多いです。 デュエルリンクス関連リンク デッキ.

次の