第二波 やばい。 第二波とは何か?

第二波コロナに備えて外出自粛

第二波 やばい

この知識はこんな方におすすめ• 第2波はいつくるのか?• それに備えてどうすれば? 第2波はいつやってくるのか?! 今回は、最新の研究からコロナウイルスが今後どうなるのかという話をさせてもらいたいと思います。 コロナウイルスに関しては第2波が来るということがさまざまな所で言われています。 その第2波がいつ来るのかということについて紹介させてもらいます。 結論から言うと、どうやら夏頃のようです。 夏に来るというのが今回参照しているレポートの結果です。 夏にやってくる!? 米国科学アカデミー(National Academy of Sciences)が出しているレポートをもとに紹介させてもらいます。 よく気温が上がってきたり湿度が上がってくるとコロナウイルスは落ち着くのではないかということを言われる人もいますが、このようなレポートを見てみると、むしろ逆なのではないかということも考えられます。 例えば、インフルエンザの場合であれば冬に流行ると思います。 それと同じように、コロナウイルスも夏になり気温や湿度が上がってくるとおさまってくるのではないかとか、コロナウイルスは太陽光に弱いから大丈夫なのではないかという話もありますが、実際に、新型コロナが温暖な気候に弱いのかということに関して今回参照しているレポートでは、わりと否定的な見解を示しています。 レポートの内容をざっくりと説明します。 新型のCOVID-19ではない他のいくつかのコロナウイルスでは、だいたい春になると感染力が衰退するというパターンがあります。 ですから、冬に流行って気温が暖かくなり春になってくると落ち着いてくると言われています。 ところが、 COVID-19のウイルスが同じパターンになるのかということは断言できないと言われています。 大抵のウィルスは暖かくなると落ち着くと言われているわけですが、今回の新型コロナウイルスも同じ動きをするのかということについては少し怪しいということを米国科学アカデミーは言われているわけです。 さらに、オーストラリアとかイランなどの暖かい国でも新型コロナウイルスは急速に拡大しパンデミックを起こしているので、そのような点も考えると、温度や湿度が高くなることが症例が減ることにつながるというのは考えにくいのではないかということも言われています。 つまり、 暖かい国でも感染が急速に広がっているということを考えると、夏になったからといって安心できるわけではないと言われているわけです。 一部には、太陽の光に弱いから大丈夫なのではないかとか、温度や湿度が上がるとウイルスの感染力は低下するということを示しているデータもあります。 それでも、感染率のレートとしては2のままです。 つまり、 もともと感染力の高いウイルスが少しは弱くなるけれど、結局のところ感染率としてはそれほど大きな影響を受けず、いわゆるパンデミックは夏になったらなくなるということはないと言われているわけです。 要するに、夏になり気温や湿度が高くなると、感染力に関してはやや低下するか変わらないけれど、若干それが低下したところで大して変わらないので油断はできないということをこのレポートは伝えているということです。 なぜ夏だと? では、なぜ夏に第2波が来る可能性があるのかというと、過去250年間の間にインフルエンザのパンデミックはおよそ10件程度あったそうです。 そのうち2つは北半球で冬に始まったもので、2つは夏に始まり3つは秋に始まったものです。 つまり、毎年やってくる季節性のインフルエンザは冬に来るけれど、 パンデミックを起こしたインフルエンザというものは、夏に始まったものもあり特定の季節に限定されるということはあまりないようですし、その点についても楽観視するべきではないと言われています。 さらに、このレポートの興味深いところにありますが、全てのパンデミックに共通する点があるとしています。 最初のパンデミックの流行が春に起きようが夏に起きようが冬に起きようが、 それがいつ発生したかにかかわらず、人間に対する感染が確認されてからおよそ半年後に第2波が来ていたということです。 そうなると、最初の人間に対する感染がいつなのかという問題はありますが、最初の武漢の状況から考えると、僕たちのイメージとしては1月から2月ぐらいに広がったという印象があると思います。 日本では2月ぐらいからだったと言われていますので、その辺りから考えると、そこから半年後になりますから、やはり、7月から9月のあたりがやばいのではないかと考えられるわけです。 ですから、第2波は夏の時期に来るのではないかということが現在の研究者たちの想定になっているようです。 夏になれば状況は落ち着いて解放されると思っている人も多いと思います。 過去250年のインフルエンザではありますがパンデミックの歴史を見てみると、季節は関係ないし人への感染が確認されてから半年後に広まったというデータも多いようですから、そのような点から考えると、 夏も危険なのかもしれませんし長期戦になる可能性もあるということになります。 皆さんも油断せず気を付けていきましょう。 とはいえ、経済的な問題もありますしずっと自粛しているわけにはいかないと思いますので、上手にコントロールしながら経済のことも考えて付き合っていくということに夏ぐらいにはなるのだろうと思います。 上手に付き合っていくためにも そんな中でも、自分の身を守ることが重要であり、自分の大事な人たちの身を守ることが重要です。 そうなると頼りになるのは自分の体調であり免疫です。 夏になるまでに、今のうちに体質改善や体調の改善を行っておいて免疫力を高めておくということを今から取り組んでおくべきです。 つまり、第2波がきた頃に始めても遅いので、今から取り組んでおけばまだまだ間に合うとも思います。 今回は、皆さんの体調を整えて免疫を高めるためのおすすめの動画と本を紹介しておきます。 今回のおすすめの動画は、まずは、です。 これは13種類の肌をきれいにしてくれる食品を紹介している動画ですが、肌をきれいにするということは体内の炎症を抑えるということです。 体内の炎症を抑えれば体の免疫も高まります。 そんな体の炎症を抑えてくれて免疫力も高めてくれる上に、体調も良くしてくれるので集中力も高まってくる食品について詳しく解説していますので、ぜひ今からコロナ対策としても活用いただけたらと思います。 そして、他には睡眠も重要ではありますが、運動も重要です。 運動が大切だとわかっていてもなかなかできないという人も多いと思います。 運動に関しては、短時間を行うだけでも免疫などにも効果があると言われている運動があり、HIITという僕も取り入れている運動です。 その方法について解説したも紹介しておきます。 1日たった4分でモテる体型に近づくことができて体調も良くなる運動です。 ぜひチェックしてみてください。 今回のおすすめの本としては、体調を良くするための教科書として使えるを紹介しておきます。 こちらも今から体調を整えていくためにぜひ使ってみてください。

次の

【悲報】医師「北九州ヤバい。コロナ第二波来た」|5chまとめのモネッス

第二波 やばい

82人(東京都) 0. 73人(東京都) 0. 73人 1. 82人から減ったけどそれでも基準の3倍。 そして0. 16人から0. 23人に増えた埼玉。 神奈川は0. 27、千葉は0. 08で変化なし。 この日ごとの増減のグラフどっかにあるかな。 — 一 月 の 熊 fukigendesuyo 神奈川が7人で埼玉に近くなってきたと思ったけど、日じゃなかったね💦 16人でまだ確定じゃないってやばいでしょw — やよい 天ちゃんツアー参加予定! Amamiyafrom 埼玉16人ってマジか — 池上じゅん 5mkzC3N5PH3VqaL ぎょっ、埼玉、今日16人も。 なにやら悲しいなぁ。 1554 IWGPch 埼玉はコロナ感染者が16人増えたのか。 埼玉も6月20日頃からじわじわ増えてるな。 — からげ hitokarage 埼玉16人😣 — あゆみ zeropi 全部で16人です… 止められなくなってきていますね。 千葉や神奈川に比べ、桁違いに多い感染者です。 もう、だめだね… — ふう 埼玉県議団 頑張れ!! OBmWt8cQcaXUaiu 埼玉はコロナ感染者が16人増えたのか。 埼玉も6月20日頃からじわじわ増えてるな。 都では23日に16人、24日に17人、25日に41人と3日間で74人の感染が確認された。 」これが3月の話。 緊張感の差。

次の

【WHO】新型コロナ「第2波」発生で数百万人死ぬ 担当者が仮定してきた事態の進展に沿って進みつつある [かわる★]

第二波 やばい

コロナウイルスのやばい予言で話題のインドの少年 今、世界中で話題になっているインドの14歳の少年。 コロナを完全に予測したその少年の名前はアビギャ・アナンド君。 彼は占星術師で地元では神童と呼ばれているとか。 彼が2019年8月22日にYouTubeに投稿した『2019年11月~2020年4月に世界が直面する危機』というタイトルの動画が、米オンライン紙「International Business Times(4月4日付)」にとりあげられたことで世界的に有名になったようです。 彼は自分のYouTubeチャンネルを持っていて、5月の時点でチャンネル登録者数が約87. 5万人。 その動画も690万回再生されています。 アナンド君は過去に現在のコロナの状況をすでに予言しているのです。 今回のコロナウイルスの予言は大爆発する前に言い当てていますし、発生時期も正確に当てています。 コロナ予言の内容は何に基づいて発信しているのか? アマンド君の予言は5000年以上の伝統を持つ古代ヨーガの聖典「ヴェーダ」の教えに基づく占星術のようです。 これは宇宙の天体の運行状況によって未来を予測するもので、古代の聖者たちが深い瞑想状態に入った時に、天(潜在意識)から得られる知識だそうです。 やばい予言の内容 ・2019年11月からウィルスによるパンデミックが発生する ・2020年3月29日から4月2日にかけて状況が悪化していく。 ・さらに世界的に困難な時期となり、経済から航空サービス分野まで世界は様々な困難に直面する ・5月29日以後、徐々に減少していくが、それも2日間しか続かないだろう ・6月の終わりまで世界では何一つ良いことが起こらず、新型コロナウイルスの本格的な収束は7月から。 しかし人類の苦難はそれで終わらない・・・と、彼は今後のコロナウイルスの経過についても予言しているようです。 スポンサーリンク コロナの第二波はいつ来るのか?そのやばい予言とは? 過去のコロナの状況を的確に言い当てているアナンド・アビギャ君は今後の経過についても具体的に次のように予言しています これからの第二波の予測は 2020年12月20日から新種のウィルスが多数出現し、それは驚異のウイルスであり 今夏のコロナをはるかに超えるものであるということです。 そして、それは2021年3月31日まで続く致命的なものになるといいます。 新種のウイルスとはどんなものか? 彼は「2020年12月20日~2021年3月31日までの期間にスーパーバグが現れる」と発言しています。 そのスーパーバグと言うのは、日本語で「超多剤耐性菌」と言われ、あらゆる抗生物質に耐性を持つ菌などのことをいうそうです。 そのウイルスは世界で全方位的に地域とは関係なく多発的に発生し、それもある特定の時間になると、まるで命令を受けた兵士のようにウイルスが爆発するというのです。 新種のウイルスの治療薬は? そのウイルスに対して、いかなる予防措置も効果がなく、当然、治療薬もないということで、そのスーパーバグに対応する薬剤は全くないということになります。 アマンド君は、今起こっている世界のパンデミックは、動物の殺戮(屠殺)と地球環境汚染を行う人間に対する警告だといっています。 ですから、人間が改めない限りこれからも続くとアナンド君は警鐘しています 最後に アナンド・アビギャ君の動画を見て本当に恐ろしくなり、これは絶対、恐怖を煽るフェイク動画なのでは?と疑いたくなりました。 それに、これは単なる予言であって、世界の状況は日々、変化しているので、この予言第二波のウイルスが確実に当たるという確証はどこにもありません。 (そう思いたいですが・・・) どちらにしても、まだ来ぬ未来を案じてばかりで日々過ごすわけにはいきません。 とにかく第二波のこのやばい予言が当たるにしろ当たらないにしろ、危機感と準備はしっかり持っていたほうがいいかもしれません。 その時期が来て、第二波のやばい事が何も起こらなかったということになれば、それはそれで良かったということになります。 夏までにすべてのウイルスがこの世界から消えてなくなりますように願うばかりです。 【アナンド・アビギャ君が2019年8月に投稿した動画です。 ただし英語なので、わかる方はぜひご覧ください。 (他の方が日本語で解説している動画もあるようです)】.

次の