大根 下ごしらえ レンジ。 電子レンジで簡単・時短の「下ごしらえ」と「蒸し料理」

電子レンジで簡単・時短の「下ごしらえ」と「蒸し料理」

大根 下ごしらえ レンジ

おでんの大根の切り方 おでんに入れる大根は、 3cm~4cmの厚さに輪切りし、スジを取り除くために皮は厚めにむいてください。 もったいないからと薄くむくと、スジの部分が残って火が十分に通らなくなります。 大根の皮をむいたら面取りをしましょう。 面取りとは、野菜の切り口の角をごく浅めに削いで、丸みを持たせることです。 こうすると見栄えが良くなり、煮崩れを防止することができるんですよ。 包丁でうまく出来ないときは、ピーラーを使うと作業が簡単になります。 面取りをした大根に味がしみやすくなるように、隠し包丁を入れます。 大根の片面に、深さ1cmくらいの切り込みを十字に入れてくださいね。 おでんに適している大根の部位 普通スーパーに売っている大根は「青首大根」です。 首の部分が緑色の大根のことを指します。 青首大根はみずみずしさが特長で、全国で栽培されています。 おでんに適した大根の部位は、 大根をおよそ3等分し、中央の部分です。 この部分は水分を多く含み辛味が少ないので、おでんにうってつけです。 青首大根の上部 葉っぱ側 は元々柔らかい部位です。 甘さがあるのが長所ですが、おでんのように煮込む料理では、火が通り過ぎてトロトロになってしまいます。 また、下の部分は辛味が強く繊維がしっかりしているため、おでんには向いていません。 スポンサーリンク おでんの大根の下茹では何分? おでんに入れる大根を下ゆでするときは、お米のとぎ汁 適量 をお鍋に入れ、火にかけます。 お米のとぎ汁は大根のアクやエグミ クセが強く舌がヒリヒリするような味のこと を和らげ、さらには甘味を増加させる効果があります。 この役目を果たしているのが、お米の「ぬか」の成分なのです。 おでんの出汁に入れる前に、大根を下茹ですることにより大根の細胞が壊れ、味がしみこみやすくなります。 とぎ汁が用意できないときは、適量の水に、おちょこ一杯分ほどお米を入れたもので代用が可能です。 とぎ汁が沸騰してきたら大根を入れ、ふたをせずに茹でます。 お鍋の中で大根が少し踊るくらいの火加減で茹でて行きましょう。 茹で時間の目安は7~8分です。 竹串を差してみて、すっと通ればOK。 まだ固いときはさらに2~3分茹でてから、再度竹串を差して様子を見てください。 下茹でが終わったらお鍋ごとシンクへ持って行き、ゆっくりと水道水をかけます。 大根に直接水がかからないようにしつつ、お鍋が冷めるまで水を入れ替えます。 冷めたら大根を丁寧に取り出し、バット等へ移し替えます。 このときにザル 特に金属製 を使うと、せっかくの大根の形が崩れることがあるので要注意です。 おでんの大根の下ごしらえを電子レンジでする方法 大根を鍋で下ゆでするのが面倒という方は、電子レンジを使って大根の下処理をすることもできます。 電子レンジで大根の下茹でをするときも、大根を切る工程までは同じです。 切った大根を、耐熱容器に重ならないように並べてから、大根の半分くらいの高さまで水を入れます。 軽くひとつまみの生米を、大根の上に均等に振りかけ、容器をラップで覆ってください。 600Wの電子レンジで10分間ほどレンチンします。 お鍋で茹でたときと同様、竹串がすっと通れば完了です。 大根の表面に透明感が出ているはずです。 お米をそっと落として、おでんの味付けへ進みましょう。 電子レンジを使うと時短になるうえに、洗い物も少なくなってラクチンですよね。 おでんのこんにゃくに味を染み込ませるコツも紹介しています。 こちらも、見てみてくださいね。 おでんに入れる大根を美味しくするコツ おでんの中でも大根が一番好き!という方も多いですよね。 コンビにおでんのように、味のしみた美味しい大根を煮るには、出汁に入れる前に大根の下茹でをすることが大切です。 また、煮崩れしないように大根の面取りをしたり、味がしみやすくなるように十字に切り込みを入れるとおでんの大根を上手に煮ることができますよ。 ちょっとした手間ですが、ぜひやってみて下さいね。 家族から「美味しい!」の声が聞こえてきそうですね。

次の

【みんなが作ってる】 大根 下茹で レンジのレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが333万品

大根 下ごしらえ レンジ

ヌメリが美味しいなめこ どんな料理にもヌメリ気を発揮する美味しい食材なめこ。 そんななめこは下ごしらえが面倒と感じている人も多いのではないでしょうか。 キノコ類の中でも特に扱い方が分からないなめこは料理初心者にとっては少し難易度が高めです。 そんななめこには株取りと足切りに違いが分かれ、株取りなめこは名前の通り株の状態のなめこで足切りなめこはスーパーなどでも頻繁に見かける最もメジャーなパッケージ化されたなめこです。 キノコ類のしいたけやしめじなどの他のキノコ類は洗わず布などで拭き取って下ごしらえをしますが、なめこを布で拭くのは現実的ではありませんよね。 そのため、なめこは軽く水洗いしてから使うのがベストです。 しかし、洗いすぎてしまうと旨み成分なども一緒に流されてしまうのですすぐ程度で十分です。 生食は避けた方がベター ヌルヌルとした食感を生で食べたいという人も多いですが、なめこの生食はあまりおすすめできません。 冷製の料理に使われるなめこは生食が可能のように感じますが、基本的に加熱処理されているので自宅で食べる際も軽く火を通してから使うようにしましょう。 生食のなめこは重大な症状を引き起こすことは稀ですが、過去に実際に食べて食中毒になった人もいるようです。 レンジでなめこの下ごしらえ なめこを下茹でするのも面倒だという人は電子レンジでの下処理がおすすめです。 耐熱容器になめこを入れ、ラップをしたらあとはレンジにかけるだけでOK。 このなめこの量が少ないと1分の加熱時間は長すぎてしまうのでこれより少ない量にしたい場合は時間も調節してみてください。 また、加熱した直後のなめこは相当熱くなるので調理する際は十分注意するようにしましょう。 加熱方法や加熱時間は? なめこは電子レンジで簡単に下ごしらえが可能ですが、鍋に入れて下茹でする場合の方法も気になります。 実は雑菌が多いなめこ…正しい下ごしらえが健康な食事を送るカギです。 加熱方法 なめこの加熱方法は上記した通り電子レンジでも良いですし、鍋にお湯を沸かしてさっと茹でる方法でも良いです。 また、ザルになめこを入れてその上からお湯を回し入れるという加熱方法もあります。 どの道なめこのヌメリ成分を逃したくないのでどの方法も長時間の加熱は避けましょう。 加熱時間 なめこの加熱時間は下茹での場合30秒程度です。 電子レンジでの加熱時間に慣れてしまうと何となく短い時間に感じますが、茹ですぎ、火の入れすぎもなめこにとってはあまり良くありません。 電子レンジは500wで1分~2分、下茹での場合は30秒か長くても1パック1分、そしてお湯を回し入れる方法はザルに開けたなめこ全体にゆっくりお湯がかかるようにすれば問題ありません。 味噌汁以外でもなめこを美味しく食べられる! なめこ料理はヌメリが好物な人にとってまさに絶品ですが、定番の味噌汁に使われることが多いですよね。 もう少しレパートリーが欲しいという人もいるかと思いますので味噌汁以外でも使える美味しいなめこ料理をご紹介します。 レンジで加熱のついで!なめこおろし 究極ズボラ料理としては、なめこをレンジでかける際に同時進行で作れるなめこのおろしがおすすめです。 下ごしらえを済ませたなめこを耐熱皿に移し、加熱したら大根おろしとポン酢をかければ短時間でなめこの一品料理が出来上がります。 大根おろしとポン酢でヘルシーに食べられるので体調が優れないときにも食べやすい料理ですよ。 豆腐となめこのあんかけ なめこのヌメリと最も合うと言っても過言ではない豆腐を使ったあんかけも食べやすくおすすめです。 なめこのヌメリ加減と豆腐、そして餡が絡まれば胃に優しいなめこ料理を食べられます。 なめことオクラ和え物 なめこを味噌汁や加熱料理の材料以外で使う場合、多くの人が和え物として使っていますよね。 なめこを味噌汁のような料理に使わない場合はオクラやみょうがと一緒に和え、醤油やごま油でアクセントをつけた一品に仕上げてみるのも良いでしょう。 ヌメリ気が好きな人はオクラを入れることによって更にヌメッと感を楽しめます。 なめこと長芋 山芋でも可 のとろろ なめこにマッチする他の食材は同じようにヌメヌメとしている長芋や山芋です。 これらのものでとろろをすった後は生姜のすりおろしやめんつゆなどを入れてなめこもプラスしてみましょう。 ふわふわの芋の味を更に生かしながらそのまま食べてもご飯の上に乗せて食べても美味しい一品になります。 ヌメリ成分が旨みのもと!淡白ななめこを奥深く探求していこう 味噌汁の具材にしてもあまり注目を浴びない控えめななめこはスーパーで見ても中々手が届かないキノコ類かもしれません。 しかし、なめこは下ごしらえも簡単ですし、まずは味噌汁の具材として料理を始めてみれば美味しい材料に早変わりするのでヌメリが好きな人はぜひこの機会になめこを活用してみてくださいね。

次の

時短料理の救世主!電子レンジ13分で作る「しみしみのぶり大根定食」

大根 下ごしらえ レンジ

ぶりをチン、煮汁で大根をチン! これでぶりはしっとり、大根はしみしみ。 副菜のおすすめ「白あえの豆腐の水きり」もレンジでOKです。 大根は皮をむいて乱切りにする。 2.耐熱ボウルにAを入れて混ぜ、ぶりとしょうがを加えて、スプーンで調味料をかける。 ふんわりラップをし、電子レンジで1分加熱して、ぶりを取り出す。 4.器にぶりと大根を盛り合わせ、煮汁をかける。 ふんわりラップをし、電子レンジで2分加熱。 水にとって冷まし、水けを絞って、3cm長さに切る。 2. 豆腐はペーパータオルに包み、耐熱皿にのせる。 ラップなしで、電子レンジで1分加熱する。 3.取り出して粗熱が取れたらボウルに入れてつぶし、Aを加えて混ぜる。 使用している電子レンジに合わせて加熱時間の調整をしてください。 村上レンチン食堂の「15分で2品」定食シリーズ(全3回) 第1回 第2回 第3回 その他、「楽ちん茶わん蒸し」「大好評のやわらかとろりんプリン」など短時間で作れるレシピがたくさん! ぜひあなたのレパートリーを増やしてください。 それにごはんを足せば1食完成の定食仕立て。 村上 祥子(ムラカミ サチコ) 料理研究家。 管理栄養士。 公立大学法人福岡女子大学客員教授。 福岡女子大学で栄養指導実習講座を担当。 治療食の開発で、電子レンジに着目。 以来、研鑽を重ね、電子レンジ調理の第一人者となる。 その後も、糖尿病、生活習慣病予防改善のための栄養バランスのよい、カロリー控えめのレシピを数多く考案し出版。 また、高齢化個食社会を見据え、簡単にできる一人分レシピの開発、保育所、幼稚園、小学校の食育出前授業を行うほか、日本栄養士会主催の特別保健指導にも講師として参加する。 日本国内はもとより、ヨーロッパ、アメリカ、中国、タイ、マレーシアなどでも、年齢を問わない「食べ力 ぢから 」をつけることの提案と、実践的食育指導に情熱を注ぐ。 健康的な食材を手軽にとるためのアイディアが豊富で、「電子レンジ発酵パン」、「バナナ黒酢」、「たまねぎ氷」、「にんたまジャム」、今テレビで話題の「レモン酢」等を開発し注目を集めている。 これまでに出版した著書は340冊(745万部)。 現在、健康寿命の延伸に力を注いでいる。

次の