生理痛 緩和 食べ物。 ひどい生理痛を食べ物で緩和する!悪化させる食事にも注意 | 女性の美学

生理痛が悪化する食べ物や飲み物がある?緩和する食べ物や飲み物は?

生理痛 緩和 食べ物

生理痛を緩和する食べ物 ・豆乳・大豆 生理痛はホルモンバランスの急激な変化によって引き起こされますので、女性ホルモンと似た働きをする大豆イソフラボンを多く摂取すると良いでしょう。 また豆乳を飲み続けると、生理痛や生理不順が治ったという人も多いそうです。 ・アーモンド ビタミンEには、血管を拡張して血行を良くする働きがあります。 ビタミンEが最も多く含まれている食品がアーモンドです。 アーモンドにはマグネシウムも含まれていて、生理痛の原因である子宮の収縮を抑制する働きがあります。 ・発酵食品 ヨーグルト、納豆、キムチなどの発酵食品は、便秘の緩和や体を温める効果があります。 その理由は、血行が良くなり、代謝がアップするためです。 またキムチには、唐辛子に含まれるカプサイシンが体を温めてくれます。 ・根菜類 じゃがいも、レンコン、大根、ゴボウなどの根菜類を食べると、体を温める効果があります。 また、生理中は子宮が膨らんで腸を圧迫するため、便秘になる人もいます。 その改善にも根菜類が効果的です。 煮物やシチューなどの温かい料理が良いでしょう。 ・グレープフルーツ 多くのフルーツは糖分が多いことと、南国で育ったために体を冷やす効果があります。 しかしグレープフルーツやブルーベリー、クランベリーやイチゴなどは血の巡りを良くし、体を温める効果があります。 また、吐き気を伴う生理痛の時には、さっぱりとしたグレープフルーツが効果的です。 生理痛を悪化させる食べ物 ・夏野菜 きゅうりやトマトなどの夏野菜には、体を冷やす効果があります。 水っぽいので食欲がなくても食べやすいのですが、生理中は控えた方が良いでしょう。 ・果物 柿、梨、すいか、バナナ、レモン、みかん、メロンなどは、体を冷やす効果がありますので、生理中は控えるようにしましょう。 ビタミンを摂取することも大切ですが、果物を過剰に摂取すると、糖分の摂り過ぎにもなりますので、更に体を冷やします。 ・チョコレートやカフェイン チョコレートにもカフェインが含まれています。 コーヒーや紅茶、緑茶なども生理中は控えるようにしましょう。 ・冷たい物 当り前のことですが、アイスクリームや冷たい飲み物、生野菜などの冷たい食べ物は、体を冷やします。 血行が悪くなると同時に、子宮も冷えてしまいますので、せめて生理中だけでも控えることをおすすめします。 冷たい物は、女性にとって良いことは1つもありません。 ・砂糖 精製された白砂糖を摂ると、ビタミンやミネラルの吸収を妨げるほか、体を冷やす働きがあります。 甘い物を摂るなら、ハチミツや黒糖にすると体を温める効果があります。 ・脂肪分や添加物の多い食べ物 つまりカップラーメンやファーストフード、揚げ物やスナック菓子などは、脂肪分や添加物の塊りです。 これらを多く食べると、血行を悪くして代謝を下げます。 それにより太りやすくなるだけでなく、結果的に体を冷やすことにつながるのです。 最後に だいたい想像はついていたと思いますが、野菜や果物は少し意外だったかもしれませんね。 ヘルシーの代名詞である野菜と果物にも、場合によっては体に悪影響を及ぼすことがあるのです。 生理痛を悪化させる食べ物を全く食べない必要はありませんが、せめて生理前から生理中は、控えることをおすすめします。

次の

ハーブティーはOK!カフェインはNG!生理痛/PMSを緩和する食べ物・飲み物

生理痛 緩和 食べ物

そもそも、どうして生理は毎月くるのでしょうか。 女性のカラダの中では、一定のサイクルで女性ホルモンが変化しています。 それは毎月子宮内膜に栄養をため、妊娠に備えるためです。 しかし、妊娠しなかった場合、子宮が収縮して不要になった子宮内膜を血液とともに体外へ排出します。 これが生理です。 生理痛があるのは、子宮にある筋肉が収縮するためです。 痛みの強さは、子宮内膜の厚さによっても変わるといわれています。 子宮内膜が厚く、体外へ排出される血液や内膜が増えるほど、子宮を強く収縮させなければならないためです。 その一方、子宮内膜が薄いほど体外へ排出される血液や内膜が減るため、一般的には加齢とともに子宮の収縮は弱くなり、生理痛が軽くなる傾向があります。 生理痛をやわらげるには、ホルモンバランスを整え、カラダを温めて血行を良くする効果が期待できる食べ物を摂取しましょう。 ホルモンバランスを整える効果が期待できる食材としては、女性ホルモンのひとつである卵胞ホルモンと似た働きをするイソフラボンを含む大豆食品が代表的です。 納豆や豆腐、味噌、豆乳など、普段の食事に取り入れやすい食品を積極的に食べましょう。 カラダを温めてくれる食材としては、生姜が代表的。 生姜はすりおろして豆腐に乗せたり、味噌汁やスープに加えたりするといった食べ方もおすすめです。 リラックスタイムに、すりおろした生姜を紅茶に足してジンジャーティーを楽しむのもいいですね。 また、カラダの調子を整える良質なたんぱく質を含む、鶏肉や牛肉、青魚も生理中におすすめの食べ物です。 サンマやアジなどの青魚には、必須脂肪酸であるDHAやEPAが豊富に含まれているため、生活習慣病の予防効果も期待できます。 食べ物を工夫しても、重い生理痛に悩まされ続ける人もいるでしょう。 そんなときはギリギリまで痛みをガマンするのはやめて医師に相談を。 また、鎮痛剤の副作用や習慣性が心配で気軽に服用できない人もいるかもしれませんが、鎮痛剤には習慣性はないといわれています。 痛みが強くなった状態で服用しても、すでに痛みの原因物質が大量に分泌されているためあまり効果は期待できません。 毎回重い生理痛に悩まされているようであれば、痛みを感じたら早めに服用するとよいでしょう。 生理痛の原因となるのは、黄体ホルモンの作用により子宮内膜から分泌されるプロスタグランジンというホルモンです。 プロスタグランジンは、子宮を収縮させて不要になった子宮内膜を排出させる作用を持つものですが、過剰に分泌されると子宮の収縮が強くなる分、痛みも強くなります。 このプロスタグランジンが血流に乗って全身にまわると、頭痛や腰痛の原因にもなります。 鎮痛薬はこのプロスタグランジンの分泌を抑制するものであるため、早めの服用が大切なのです。 ただ、月経困難症のように日常生活に支障が出るレベルの生理痛の場合、鎮痛薬が効かない場合もあります。 そんなときは、婦人科で相談しましょう。 痛みをやわらげるために、低用量ピルを服用する方法もあります。 低用量ピルは避妊のイメージが強いですが、生理痛が重い人に処方されることもあります。 低用量ピルを服用すると排卵が止まり、黄体ホルモンの分泌が抑制されるため、痛みの原因物質であるプロスタグランジンの分泌も抑制でき、生理痛の予防につながります。 低用量ピルは医師の処方箋が必要なので、希望する場合は婦人科で医師に相談しましょう。 今回は生理中におすすめの食べ物を取り上げましたが、「冷えは万病のもと」といわれるように、思わぬ病気を引きおこす原因となるものです。 普段の食生活にも取り入れて冷えを予防しましょう。 ただ、食べ物やメニューをひとつずつ覚えるのはとても大変ですよね。 カラダを冷やす食べ物は、夏が旬の食材や暑い地域で収穫されるもの。 カラダを温める食べ物は、冬が旬の食材や寒い地域で収穫されるもの、と覚えておくと食材選びに役立ちます。 旬の食材は栄養も豊富で味も良いですから、積極的に食べましょう。 もし、食べ物や生活習慣を工夫しても症状が緩和されず、鎮痛剤を服用しても痛みが強い場合は、何らかの病気が原因の可能性もありますので、早めに婦人科で診察を受けましょう。 生理は閉経を迎えるまで長い期間付きあう必要がありますから、できるだけ生理期間を快適に過ごせるように工夫することが大切です。

次の

【医師監修】生理痛を和らげる食べ物・食事

生理痛 緩和 食べ物

生理痛の原因にもなる冷えや血行不良。 つらい生理痛緩和のためにできることから対策しましょう 生理痛がひどくて日常生活に支障をきたす状態を「月経困難症」と言います。 子宮内膜症や子宮筋腫など何らかの病気が背景にある「器質性月経困難症」と、冷えや血行不良から痛みがひどくなる「機能性月経困難症」に分類され、生理痛がつらい方の7割は機能性月経困難症です。 機能性月経困難症の場合は、原因となっている冷えや血行不良を改善させることも症状の緩和につながるため、薬での「治療」以外にも生活改善が大切になってきます。 日常生活の中でできることから、上手に対策していきましょう。 足元や腰回りを冷やさないような服装を心がけ、毎日湯船に30分くらいゆっくりつかるようにしましょう。 入浴時に血行を良くするバスソルトやアロマオイルを活用するとなお効果的。 冬場の体が冷えやすい時期は、入浴時以外にも足浴などで足元だけを温めるのもおすすめです。 良質なたんぱく質をきちんと摂取して、適度な運動をすることで、筋肉量を保ち血行を良くすることが可能です。 すぐには効果がでにくいかもしれませんが、根本的な冷え対策として、ウォーキングやストレッチなどの軽い運動を毎日行う習慣をつけるといいでしょう。 冷えの自覚がある場合、これらの食品はできるだけ避けるようにしましょう。 特に白い砂糖は非常に体を冷やしますので、生理の時期だけでも甘い物は完全に除去することをお勧めします。 逆に体を温める食べ物は、玄米や黒糖などの精製されていないものや発酵食品、土の中にできる根菜類や、寒い地方・時期にとれる食材です。 生姜は体を温める食材の代表例ですので、毎日の料理に活用したり、コーヒーの代わりに生姜湯を飲むなど、積極的に摂るといいでしょう。 「お血」の状態になっていると、目の下にクマができやすかったり唇や舌の色が黒ずんでいたり足の静脈が浮き出ていたりします。 「お血」は生理痛や生理不順の原因になりますので、お血を改善することも大切です。 ジャンクフードやいわゆるカタカナ食品(バターやチョコレートなど)はお血の原因となりますので、できるだけこれらの食品を避けることをお勧めします。 お血がひどい場合は、駆お血剤である漢方を試してみるのもいいでしょう。 生理痛の原因となるだけでなく、卵巣の働きそのものにも悪影響を及ぼしますので、ただちに禁煙しましょう。 できるだけリラックスする時間を作り、ストレスフルな状態が続かないようにリセットを心がけましょう。 更新日:2014年01月22日.

次の