明治 大学。 明治大学出身の社長

明治大学/大学トップ|大学受験パスナビ:旺文社

明治 大学

約140年の歴史を持ち、「権利自由」「独立自治」を建学の精神として、時代の変化や社会の要請を先取りし、自立した「個」を持ちながら他者とも共創できるグローバル人材の育成に力を入れています。 激動する社会に必要とされる、たくましく強い「個」。 明治大学では世界に飛び出すための約100のプログラムを用意しており、世界に輝く「個」となるための「未来開拓力」を育てます。 深い教養と高い専門性を兼ね備えた人材育成を目指しています。 さらに、所属学部以外の授業が受けられる「他学部履修制度」を導入。 分野を越えた学修を通して幅広い思考を養成します。 英語やドイツ語、フランス語など各種外国語の会話、読解、資格対策などの授業をレベル別に受講可能です。 また、夏休みと春休みには、英語力を向上できる「集中講座」も開設。 約2週間英語漬けのプログラムは、短期留学にも迫る学習効果があります。 また、文部科学省スーパーグローバル大学等事業「スーパーグローバル大学創成支援」に明治大学の取り組みが採択。 構想である「世界へ! MEIJI8000 —学生の主体的学びを育み、未来開拓力に優れた人材を育成—」は、毎年の卒業生8,000名を「未来開拓力に優れた人材」として育てるという本学の決意の表れです。 世界と日本の未来を切り拓く主体性を持った人材を社会に送り出すため、徹底した大学改革と国際化を展開していきます。 この他にも、「2023年を目標に進化する学内外の国際交流」を目指し、リーダーシップ力や論理的思考力、異文化理解力など、未来を切り拓くために必要な力を備えた人材を育成するプロジェクトや、経済成長目覚ましいCLMV(カンボジア・ラオス・ミャンマー・ベトナム)・ASEAN諸国の15大学との新たな教育プログラム開発に向けた構想など、グローバル人材育成のための事業を多角的に展開しています。 歴史ある駿河台キャンパスは、地上23階建てのリバティタワーを中心に、アカデミーコモン、グローバルフロントなど、先進的な教育・研究施設が集中する都心型キャンパスです。 JR・地下鉄御茶ノ水駅、地下鉄新御茶ノ水駅、地下鉄神保町駅が利用でき、交通アクセスの良さは抜群。 キャンパスを一歩出れば、神田神保町の古書店街、楽器店やレコード店、ボリューム重視の飲食店などが軒を連ねる、昔ながらの学生街が広がっています。 緑あふれるさわやかな環境で、主に文系学部の1・2年生が学んでいます。 四季折々の草花や樹木に囲まれた中庭は、学生がくつろげる癒やしのスペース。 各教室にマルチメディア機器を備えたメディア棟は、エコアイスや雨水再利用など自然環境に配慮したシステムを導入していることも特徴です。 体育館やプール、テニスコートなどの運動施設も充実し、授業などに活用されています。 館内に多様な空間を設けた和泉図書館には併設のカフェも。 理工学部と農学部の学生が大学院まで一貫して最先端の科学技術やバイオサイエンスを学ぶフィールドです。 キャンパス内には、構造物試験棟やハイテク・リサーチ・センターなどの実験設備、温室や自然の地形をいかした圃場が集約され、飲食施設も充実するなど、集中して研究に取り組める環境が整っています。 大学が持つ技術や知的資源を有効活用し、キャンパス周辺地域との連携を推進する「地域産学連携研究センター」も設置。 社会に貢献する研究活動が展開されています。 教室や実験室・研究室はガラス張りで、授業風景や研究の様子が見える「開かれた学び」のキャンパスです。 キャンパスの機能を立体的に集積した「バーティカル・キャンパス」により、ひとつの建物で学生生活を過ごすことができます。 中野キャンパスを含むエリア一帯は、公園を囲むように教育施設や大規模オフィス・商業施設が建ち並び、産官学による新しい街づくりが進んでいます。 最寄りのJR・地下鉄中野駅の周辺は商店街や飲食店が充実。 閉じる.

次の

明治大学の情報満載|偏差値・口コミなど|みんなの大学情報

明治 大学

ですが果たして、本当に早稲田・慶應・国公立に行くことが素晴らしいのでしょうか? 早稲田・慶應に行けないと「負け」なのでしょうか? 早稲田・慶應 に行けないといい「就職先」につけないのでしょうか? 早稲田・慶應 に行くことこそが「すべて」なのでしょうか? 早稲田・慶應 に行けば「面白い人」たちが沢山いるのでしょうか? 勿論上記は、国立に置き換えても大丈夫です。 結論から先に言うと、「第一志望校に行けたら夢のキャンパスライフが送れる」という思考は「間違った幻想」であり 「受動的な思考」であると明治大学情報局は思います。 つまりあなたは大学という「狭い領域」でしか自分の価値を計ることが出来ず、大学という「狭い領域」によってあなたの人生は決められてしまっている、という事ですよね。 個人的に思うのですが、このような「受動的な思考」を持つ割合が多いから早慶よりも明大生はレベルが低いのだと思いますし、だからこそ、自分含め早慶に入れなかったのだと思います。 面白い人や、楽しい場所は「明治大学」にもあります。 面白いかどうかは自分で環境を選ぶことが可能ですし、「明治大学は面白くない」と言っている時点で受動的な証拠ですよね。 先輩曰く、早慶に比べたら明治大学の学祭や授業は面白くないかもしれません。 ですが、明治大学の学祭や授業は面白くないといったところで何も変わりませんし、自分が「環境」をかえれば面白くできるかもしれません。 大学側に準備されないと、大学側が決めないと、敷かれたレールに従わないと「面白くない」という思考こそが「受け身の極み」であり、そこが早慶・国公立の人たちと比べて圧倒的に違う所だと思います。 だから圧倒的に「学園祭」も「授業」も面白いのだと(早慶・国公立は言っている)思います。 つまり何が言いたいのかというと、「自分で自分の環境ぐらい決めろ」という事です。 明治大学の生活を面白くするかはあなたにしかできないのです。 面白い授業、面白い人、面白いイベントに会うのは全て自分の裁量です。 ですが、一つ思うのは、あなたを計る指標は「学歴」だけなのでしょうか? というかそもそも自分を計る「指標」って何でしょうか? 自分は他人と常時計られているものなのですか? 受験って勝ち負けだったんですか?受験って競争だったんですか? 違くないですか? 受験とはそもそも「己の願望を叶えるための手段」だと個人的には思います。 あくまでも自分が「あの大学に行きたい!」であるとか「あの大学でこんなことをしたい!」という願望を胸に勉強をすることで考え方や価値観を成長させていく、その手段として「受験」がある、それだけだと思います。 ですから受験とは「自分の意志」で動き、自分の意志で勉強をし、自分の意志で頑張るものですよね。 全て主体に「自分」があったと思います。 ですが、あなたは果たして受験勉強をしなかった時より成長してないのですか? 価値観や考え方は良い方向に変わってないのですか? 自分が受験をする前よりも「向上」していたらそれだけでよくないですか? 少しでも成長したらそれは「成功」なんじゃないんですか? 「 結果」だけを答えにするのはもうやめにしましょう。 過程を振り返ってみて、今までできなかったことができるようになっていればそれでいいのです。 確かに受験で失敗したから第一志望に入れなかったのかもしれませんがあなたは受験がゴールだったのですか? 受験はあくまでも「手段」ですよね。 「過程」にすぎませんよね。 自分の願望に従って1年間頑張れた、その事実があればあなたには他に何もいりません。 たとえそこで失敗したとしても、それを改善して、大学で改善した行動を実行に移せばいいと思います。 大学は4年間あります。 その悔しさをもっといい方向に使いましょう。 結論的に言うと、学歴はあくまで「結果論」でしかないです。 それに学歴で比べあっている人はゴールが大学にあります。 受験はあくまで「過程」です。 過程の中で失敗したこと、うまくいったことを振り返りそれを改善し、実行に移すのが大学だと思っています。 競争ではありません。 多くの欠点が出て来たと思います。 その欠点は何が原因でしたか?改善点は何ですか? しっかり考え直してもう二度と起こさないようにしましょう。 それに加え、多くの長所も出てきたと思います。 それを大学でどのように生かすか、考えましょう。 別に勉強じゃなくていいです。 遊びでもいいです。 サークルでもいいです。 部活動でもいいです。 インターンでもいいです。 就活でもいいです。 あなたの失敗した点をどう改善したら上記のことはもっと良くなるのか、そしてあなたの長所をどう生かせば大学生活がもっと良くなるのか考えるべきです。 そもそも欠点の割合が早慶や国公立と比べて多いから明治大学に来るのです。 これは競争とか勝ち負けの概念ではなく、「難易度」というところで大学を計った時のものです。 ですから内省しないと受験の時のあなたと変わりません。 早慶落ちた日本〇ねじゃないんです。 早慶・国公立に落ちたからこそ、今の自分と向き合い改善するべきなのです。 そのタイミングが明治大学生にはあって、そのタイミングは早慶国公立組にはありません。 早慶国公立組はそりゃ受かったら満足しますからね。 考えたのち行動しましょう。 遊びでもいいです。 サークルでもいいです。 部活動でもいいです。 インターンでもいいです。 就活でもいいです。

次の

明治大学/偏差値・セ試得点率|大学受験パスナビ:旺文社

明治 大学

国語 【センター】 現代文は止まらないで読めるように速読の練習をしておく。 古漢は設問をヒントに読み進める。 現代文に関しては、センターに特化した読み方を身につけなければいけないため、過去問をしっかり解くことが重要。 【2次・個別】 センターに比べて時間制約が緩いため、特に設問部分を精読して取捨選択する。 800字以上の記述があると小論文の参考書が役に立つ。 利用した参考書 予備校 東進 のテキスト。 現代文志望大レベル別問題集。 古文はゴロゴ。 漢文は授業展開に読み進められる参考書。 外国語 【センター】英語、英語リスニング スピードを意識した過去問演習を心がける。 一問ずつどのくらいのスピードで解くべきか頭に入れる。 文法は一問5秒くらいで解かなければならないため、標準レベルの文法問題を何度も解く。 【2次・個別】英語 長文はわからないイディオムがあったら文章中からヒントを探す作業が必要になる。 一部に固執せず、わからない部分を飛ばしながら読むとよい。 利用した参考書 東進英単語帳。 東進テキスト。 社会 【センター】日本史B 記述がないため、基本的な参考書の勉強でよい。 【2次・個別】日本史 記述対策は、とにかく過去問演習。 解けなかったものは、解答を見た後に自分で書けるか試してみる。 何度も繰り返して模範解答に近づける。 利用した参考書 進研ゼミ。 用語参考書。 受験時に利用した塾、予備校、家庭教師 【受験生活を振り返って】 高3の夏まで部活で全く手を付けられていない状態だった。 夏休みは机に向かうものの全く集中できずに時間を費やす日々が続いた。 予備校の担任助手の先生に英単語と英文法をしっかりやるよう言われたため取り組んだら他もついてきてリズムに乗れた。 基礎基本が重要だと思った。 【2次・個別試験を振り返って】 第一志望の過去問は三年二学期くらいから解き始めて20年分くらいできるようにするべき。 難易度の高い大学でもまずはセンターレベルの知識をしっかり身につけないといけない。 難しい参考書に飛びつく人も中にはいるが、自分は英単語、基本文法、古文単語、漢字、、、と基礎を繰り返すのが先だと思う。 受験データ 国語 【センター】 過去問を何十年分も解きまくり、間違えたところを添削しました。 【2次・個別】 塾で問題を解いた後、それを要約し、要点をつかむようにした。 利用した参考書 塾のプリント。 【2次・個別】 過去問をいっぱい解き、いろいろな解き方を覚えていった。 利用した参考書 チャート。 外国語 【センター】英語、英語リスニング 二次試験の勉強をして、センターの問題を簡単に感じれるようにした。 【2次・個別】英語 トフルの問題を解いて、二次試験の問題を簡単に感じれるようにした。 利用した参考書 トフル問題集。 社会 【センター】世界史B、日本史B 教科書やノートの復習で縦横の関係をしっかり身につけた。 【2次・個別】世界史、日本史 ノートや教科書で復習し、記述で抜け目なく書く練習をした。 利用した参考書 学校のプリント。 理科 【センター】 過去問や模擬問題をやって、間違えたところを復習した。 利用した参考書 センター過去問。 受験時に利用した塾、予備校、家庭教師.

次の