やまと ん apex。 スタイリッシュヌーブの振り向き感度やマウスdpiはいくつ?Apexの感度設定も紹介【StylishNoob】|きききのゲームぶろぐ

【悲報】加藤純一さん、釈迦とAPEX

やまと ん apex

Youtubeへの動画投稿やTwitchのゲーム配信で大人気なStylishNoobさん(スタイリッシュヌーブ )。 以前、本ブログでは、スタヌーさんのデバイスや結婚についての情報をまとめてきました。 詳しくはこちらをどうぞ。 そんな視聴者の中には、スタヌーさんの設定を真似したい!とか、マウス感度を真似したい!という方も多いのではないでしょうか?? そこで今回は、スタヌーさんのマウスdpi・振り向き感度・ゲーム内設定などをわかる限り全てまとめてみました! 記事の後半では、2019年現在とっても注目度の高い「Apex Legends(エーペックスレジェンズ)」の設定に関しても取り上げていますのでぜひ最後までご覧ください! スポンサーリンク 目次• マウスdpiは一般的には400〜800ぐらいなので、これはかなり高い値ですね。 ちなみに、この設定はスタヌーさんのOW時代から変わっていないようなので、あまり変えていないのだと思われます。 あまりパソコンに詳しくない方に向けて簡単に説明すると、このマウスdpiが高ければ高いほど、少しマウス操作でマウスポインタが大きく移動するようになります。 つまり、dpiが高いということは、常日頃ネットサーフィンをするような時でさえ、すっごく細かい操作になるということです笑。 また、実は理論上ではFPSにおいてマウスdpiは高い方が有利とされています。 詳しくは以下の記事で解説していますのでぜひご覧ください。 youtube. com 次に、振り向き感度です。 振り向き感度が何センチかは残念ながら調べて見つけることができませんでした…。 しかし、スタヌーさんのPUBGとOWでの感度設定を知ることができたので、dpi1800とその感度設定を合わせて、実際に振り向き何センチなのか調べてみました! その結果、PUBGでは通常時の振り向き感度が3. 6cm、エイム時(ADS時)が6. 4cmとわかりました!! そして、OWではなんと振り向き2. 5cmでした笑。 スタヌーさんが超ウルトラハイセンシだという話はかなり有名ですので、前々から知ってはいましたが、改めて数字でみるとえげつないですね…笑。 同じPCFPSプレイヤーとして、こんなにハイセンシであの神エイムができるのは正直人間業とは思えません笑。 一般的に、ハイセンシになればなるほど、その日の調子や手の疲れ、マウスパッドの汚れ具合など、ほんの少しのズレでエイムが不調になってしまいます。 そのため、スタヌーさん自身も、その日の調子やゲームによって感度を微調整していらっしゃるようです。 それにもかかわらず、いつも神エイムで神プレイを連発するスタヌーさんはやはり偉大だと思います…。 みた感じ、典型的なかぶせ持ちですね! ご本人もツイッターでおっしゃっていましたが、エイムの仕方は完全な手首支点だそうです。 手首支点なので、一般的には「手首エイム」と呼ばれると思うのですが、実際にスタヌーさんの超ウルトラハイセンシを試してみた私的には、もはや「指先エイム」と呼んでもいいぐらい繊細な技術が求められました笑。 振り向きをいちいち測るのがめんどくさい!という方のために調べてきました。 0 であることがわかりました! しかし、これはあくまでスタヌーさんがPUBG時代と振り向き感度を変えていなかった場合の話です。 最近も、近距離戦特化のSMGを練習するために少し感度をあげたり、試行錯誤を繰り返しているようです。 ぜひ参考にしてみてください。 良いゲームライフを!.

次の

【YamatoN(やまとん)】使用デバイス・動画・戦績まとめWiki

やまと ん apex

PUBGコミュニティで活躍するDeToNator所属のストリーマーYamatoNさんは、CS:GOでAIM練習をして、PUBGをプレーする時間が無い時でもAIMを保っています。 配信を見て、自分もやってみたいと思った人も多いのではないでしょうか? そこで今回は、YamatoNさんと同じ練習方法でAIM練習をしたい方向けの、CS:GO導入をお送りします。 CS:GOとPUBGのAIMをあわせる計算も載せていますので合わせてどうぞ。 (AIM:エイム。 カーソルを敵に合わせること。 1.CS:GOを買おう CS:GOは、FPSでは最大規模のタイトルで、賞金総額1億円超え、アメリカではテレビ放映もされるほどの人気を誇ります。 PUBGがリリースされるまではSteamで1,2を争う人口を保持していました。 そんなCS:GOは現在Steamで1500円の買いきりで販売中。 ちなみに、と1100円ぐらい。 勘違いしないで頂きたいのが、BOT撃ちゲームではなくそもそもタイトル自体の完成度が非常に高いこと。 緻密に設計されたマップと難易度の高い操作から来る競技性の高さと、課金差が出ない実力主義が魅力。 ちなみに動作環境は、PUBGが動けば間違いなく動く程度。 ノートパソコンでも60fpsで動作します。 2.CS:GOの起動設定をしよう CS:GOの起動の前に、ある程度設定をしておきます。 Steamのライブラリ画面でCounter-Strike: Global Offensiveにカーソルを合わせ右クリック。 と進みます。 テキストボックスに、以下をコピペしてください。 高度なビデオ設定はスペックによっては上げても良いでしょう。 Raw inputをOn マウスアクセラレーションをOffにします。 これはマウスの動いた分だけクロスヘアが動く設定なので、必ず行ってください。 その後、一番下の"管理用コンソールを表示"を好きなキーに設定してください。 (ファンクションキーがおすすめ) マウス感度は、PUBGと合わせる設定方法があります。 まずはマウス設定をします。 この設定は全FPS共通で禁止と言っても良いでしょう。 CSGOのマウス感度ですが、PUBGと合わせるには PUBG内の"ターゲティングの感度"x88. 38=CS:GOのセンシ(感度)値 となります。 (:Youtube) 計算方法・数値の探し方 "ターゲティングの感度数値"はゲーム内の40とか50ではなく、Configファイルに書かれた値になります。 iniを開きます。 見つからない場合はエクスプローラの検索から、GameUserSettings と入れれば出てきます。 013553 と出てきました。 この、 0. 013553の部分を式に入れます。 今回の場合だと0. 19781414 CS:GOの感度は大体1. 2にすればPUBGと同じということですね。 ちなみに、WindowsキーとRを押して、calcと入力すると電卓が起動します。 もう一度おさらいすると、 PUBG内のターゲティングの感度x88. 38=CS:GOのセンシ(感度)値 CS:GO内の設定は、マウス感度は計算で出た値、ズーム感度は0. 8にします。 8でズーム感度=マウス感度となる仕様のため) 4.AIM練習MAP「Aim Botz」をダウンロードしよう YamatoNさんがプレイしている練習MAP、Aim Botzは有志が作ったマップなので、ダウンロードすることで使えるようになります。 Steamにログインした状態で下記のサイトに飛び、"サブスクライブ"ボタンで登録すれば、次回CS:GO起動時に自動DLされます。 MAPロードが終わったら、先程の管理用コンソールに設定したキーを押し、コンソールを開きます。 コンソールに以下の文字をコピペ、Enterします。 クロスヘアを変えたい方は、そちらにどうぞ! 6.Aim Botzの使い方 壁に並べてある武器を撃つとその武器に持ち変わります。 基本的にはAK-47がオススメ。 PUBGと同じく、静止状態の単発撃ちでは精度が高く、移動しながらとか、フルバーストだと弾が変なところに飛びます。 AUGはPUBGのスコープに近い射撃感が得られるのでこちらも合わせてどうぞ。 それっぽさは出ている? 練習時間と回数ですが、YamatoNさんは目標1時間、3000体。 理由はあるCS:GOプロが一日3000体撃っているから とのことです。 集中して3000体撃ち切る集中力が、1試合の長いPUBGでは必要なのではないかと思います。 7.Aim Botzのコマンドボタン達 Aim Botzには様々な所にボタンがあり、細かく設定を変えられます。 今回紹介するのはその中でも、AIM練習で使う一部のコマンドのみです。 BOTのリスポーン方向を変える BOTのリスポーン方向は、4つに別れています。 MAP内で上を向いて、緑のゲージを撃つと壁がせり上がり、BOTの距離が変わります。 一番小さいゲージを射撃すれば全部赤になって、その面は閉じるといった具合。 YamatoNさんは1方向にしていました。 赤:AR、SRなどでヘッド1発、胴体ダメージがよく通る• 緑:AK-47などでヘッド1発、胴体ダメージがあまり通らない• 青:AK-47などでヘッド1発、緑より胴体ダメージが通らない ちなみに、その横のRANDOMと書かれた長いバーを撃つとBOTがランダム移動を始めます。 DMFFAはオススメできません CoDなどではおなじみ、DeathMatch Free For Allこと、 全員が敵のデスマッチモード。 CS:GOでは有志が立てているサーバーでプレイ可能(最近調子が悪くてあまりできない)なのですが、正直なところPUBGをするプレイヤーにはオススメできません。 というのも、CS:GOはPUBGに比べて、移動している時間が長いという違いがあります。 (DMFFAサーバーでは移動し、戦闘が始まった瞬間にストッピングをしながら撃ち合いが行われる、PUBGでは一方的に止まって撃つ、もしくはお互い止まって撃つ) どちらも止まって撃つときは弾の精度がいいのですが、CS:GOでは移動しているとき非常に弾がぶっ飛びます。 それはそれはぶっ飛ぶので、止まった状態でマウス操作のみの練習ができるAIM Botzがオススメ、というわけです。 8.BOT撃ちの意味、真に強くなるための心得 ここは私の所感となってしまいますが BOT撃ちをする意味、というのは本質的には エイムに慣れるための練習です。 テニスや野球で素振りをするように、バスケでドリブルをするように。 AIMという運動を反復で体に覚えさせて、当たり前のようにできるようになる事がBOT撃ちなのかな、と思います。 射撃中に、安全な場所はどこか、他の敵はどこかと思考を巡らせることができるようになれば、その分アドバンテージがとれます。 また、マウスを買い替えたばかりで慣れていない人はその点も含めてBOT撃ちの必要性が見いだせると思います。 一番はPUBGですが、マウスを動かす数をこなしたり、マイペースでやるなら断然CS:GO。 初期費用たったの1500円です。 安い YamatoN選手と同じように、CS:GOでAIMを鍛えましょう! 関連記事として、をご覧ください。 ちなみに、YamatoN選手のマウスはG903です。

次の

【KovaaK's FPS Aim Trainer】エイム練習におすすめのゲーム(APEX対応)

やまと ん apex

しかしながら、最初につまずきがちな「 弾が敵に当たらない」という問題は見過ごせないことでしょう。 王道の『CS:GO』から神経科学者が開発に携わったというモノまでを比較したプレイ動画も用意していますので、あわせて参考にしてみてください。 手っ取り早く違いを知りたい方は、まずはこちらの動画をどうぞ。 FPSの王道『Counter Strike : Global Offensive』 『Counter Strike : Global Offensive(CS:GO)』は非常に競技性が高く、国内外で大きな大会が開かれるほどの人気作品。 「Steamで遊べるFPSと言ったらコレ」と思う方もいらっしゃるのでは。 リコイルやストッピングなどは『CS:GO』独特の質感を持つため、FPSの中では非常に難易度が高いとされますが、エイム練習に必要な機能は盛りだくさん。 FPS初心者のエイム練習としてオススメできるゲームとなっています。 ゲーム本体は安価で、で通常価格1,520円で購入できます。 要求されるPCスペックが低いのも嬉しいポイント。 今回はエイム練習用ソフトとして紹介しますが、当然ながらFPSゲームとしての完成度もかなりのものです。 長所は、 ユーザー作成マップを遊べるため、エイムにフォーカスを当てたマップに挑めること。 音やリコイルなどにフォーカスしたマップもプレイできます。 キャラクター自体も操作可能で、「的」オブジェクトではなく実際の敵キャラクターを撃つことができるので、 実戦感覚で練習できます。 短所は、『CS:GO』独特の弾の飛び方や、「しっかりと静止していないと弾がまっすぐ飛ばない」といった要素に 慣れるまでが難しいところ。 また、コンソールコマンドを使用すれば様々なゲームに合わせた設定などを使用できますが、初めて扱うときは複雑さに戸惑うかもしれません。 設定やコマンドに関しては日本語の解説サイトも多いので、そのあたりも参照しつつ挑んでみましょう。 ユーザーが作成したいろいろなマップで練習ができる• 実戦に近いエイム練習ができる• FPSゲームとしても完成度が高い• ゲーム自体が安価で、スペックが高くないPCでも快適に楽しめる 実戦に近い状態で練習でき、かつユーザーが作成したエイム練習に特化したマップが豊富なので、「的型のオブジェクトでなく、敵をしっかり撃って練習したい!」という人におすすめです。 繰り返しになりますが、FPSゲームとしての面白さも言わずもがな!です。 シンプルな見た目のエイム練習特化ゲーム『Aim Hero』 『Aim Hero』には現時点で9種類のトレーニングモードが用意されています。 主要なシューターの感度設定を再現でき、『CS:GO』、『オーバーウォッチ』、『PUBG』、『フォートナイト』、『Paladins』、『レインボーシックス シージ』、『Quake Champions』といった作品をシミュレートできます。 シンプルな見た目が特徴で、一頃のブラウザゲームを彷彿とさせます。 こちらもゲーム本体はとても安価で、で通常価格498円で購入可能。 簡素なルックスということで要求スペックも低めです。 長所と言えるのは、9つのトレーニングモードが存在し、シンプルに壁の的を撃つものからRiflex(反射神経)、Fast Aiming(高速照準)など、 多種多様なエイム練習ができること。 1つのモードに3つの難易度設定があり、設定も自分で調整できるので、腕前に応じてステップアップしていけます。 命中率などのデータが数値で表され、自分の腕前がチェックしやすいのも嬉しいポイント。 また、前述した7作品の感度設定に対応しているので、自分がメインに遊んでいるゲームと同じ操作感覚で練習することができます。 短所は、 どのモードを選ぶべきか初心者にとって分かりにくいところ。 そして、今作はあくまで「エイム練習」に特化しているため、その他のテクニックも含めて 総合的に練習したい方には不向きなところも挙げられます。 ストイックに「エイムだけ」を洗練させたい方にはおすすめと言えます。 9つのトレーニングモードで様々なエイム練習ができる• 強くなりたいゲームと同じ感度で練習ができる• 自分の力に合わせたエイム練習ができる• ミニゲーム感覚で遊べるため気軽にプレイできる• 『CS:GO』同様、安価で軽量! ミニゲーム感覚でエイム練習にチャレンジできる「お手軽感」もひとつの魅力です。 設定項目は英語でFPS用語が多数出てくるため、完全な初心者には向かないかもしれませんが、少しFPSを触ってから、「自分のレベルに合った練習」をコツコツ続けたくなった方にはおすすめです。 神経科学者が開発に携わった『Aim Lab』 『Aim Lab』は、FPSシーンで活躍するプレイヤーのために開発されたゲーム。 エイムだけではなくスピード、正確さ、反射神経なども鍛えることができます。 AIが神経科学をベースにプレイデータを分析し、エイムスキルが数値で細かく表示してくれるので、苦手な部分が可視化しやすいというのが最大の特徴です。 『Aim Lab』では、『CS:GO』、『オーバーウォッチ』、『PUBG』、『フォートナイト』、『Paladins』、『レインボーシックス シージ』、『Quake Champions』、『Team Fortress 2』、『Reflex Arena』、『Realm Royale』の10作品の感度設定を再現できます。 ゲーム本体はで無料配信中。 見た目は『Aim Hero』ほどシンプルではなく、銃や腕などもリアルに表現されており、きっちりとFPSゲームをプレイしている感覚で練習できます。 マップは『Aim Hero』のようなシンプルなものから『PUBG』ライクなもの、『オーバーウォッチ』のような雰囲気のマップの3つが選択可能。 長所は 練習モードのバリエーション。 シンプルに壁の的を撃つものや、Reflex(反射神経)、Fast Aiming(高速照準)のみならず、『オーバーウォッチ』のゲンジやトレーサーのような動きをする的も存在し、ADS(覗き込み)も可能。 練習後には、スピード、正確さ、どの方向のエイムや反応に弱いのかまで教えてくれます。 また、「FREE PLAY」と呼ばれるバトルロワイヤルゲーム練習モードもプレイできます。 短所は、 武器のモデルと的が被って見えない場合があるということ、そして 的の設定が細かくいじれないこと。 マップの視認性にも少し課題が残るように見えます。 分析結果も英語表記なので、FPS含め海外ゲームに慣れていない方にはハードルが高いかもしれません。 ADS(覗き込み)の練習もできる• 練習の幅が広い• 他のゲームの感度設定に対応しているため、同じ感度で練習ができる• AIによる分析で、腕前が詳細に分かる• フリープレイなので手軽に楽しめる たくさんの練習モードでFPSに必要なスキルが鍛えられますし、自分の苦手な部分が数値で見れるので、エイムをとことん極めたい!神経科学とやらで自分を分析してみたい!という人におすすめできます。 とにかくモードのバリエーションが広いので、今作を極めればエイムおばけが完成することは間違いありません。 無料でプレイできるので、気軽に始めれることも嬉しいポイントです。 『PUBG』ライクなバトルロイヤル練習ゲーム『Battle Royale Trainer』 いわゆる「バトルロイヤルシューター」の練習ができる今作は、武器含め『PUBG』を再現可能。 三人称視点はもちろん、一人称視点のエイム練習もできますが、「バトルロイヤルシューターの総合練習」といった内容に近いかもしれません。 設定項目も『PUBG』を意識したものが揃っています。 で通常価格520円で販売中。 今作は別途をお届けしているので、さらに詳しく知りたい方はあわせてチェックしてください。 武器もろもろの設定を再現できるということで、『PUBG』の練習に励みたい方にとってそのシステム面は長所と言えるでしょう。 また、 AIを相手にトレーニングできるのも魅力のひとつ。 射撃場や街、森など、様々なフィールドで状況に応じて練習でき、エイム特化のモードも用意されています。 しかしながら、『PUBG』の反動や挙動を 「完全再現している」と言える出来ではなく、本当に効果が出るかは怪しいところ……。 現時点では『PUBG』にトレーニングモードが実装されていますし、今作ならではの「ウリ」は薄まってしまったと言わざるを得ません。 精力的なは重ねているので、今後に期待できるかもしれません。 『PUBG』と同じ感覚で練習ができる• 対人ではなくAIを相手に練習できる プレイレポートで紹介したころと比べれば、バトルロイヤル練習ソフトとして優秀になった今作ですが、やはり本家トレーニングモードの存在は大きいです。 「AI相手に練習できる」という特徴、「バトルロイヤルシューター」に慣れるための練習という意味では、少なくとも効果があることでしょう。 「AIを相手に気軽に練習したい!」という方やバトルロイヤル初心者の方には、そこそこおすすめできるゲームだと思います。 いかがでしたでしょうか?筆者個人としては『CS:GO』の練習が最も気に入っているのですが、その他の作品も個性的かつ効果的な練習ソフトだと感じています。 FPS初心者でエイムの壁にぶち当たってしまった方は、まずは自分に合った方法で練習してみてはいかがでしょうか。 FPSでもTPSでもエイムは重要なので、鍛錬を重ねてライバルと差を付けていきましょう! 《SouL》.

次の