ピーマン 肉 詰め ソース。 ピーマンの肉詰めに合うおかずの献立16選|副菜・付け合わせ・もう一品の料理も

ピーマンを使った人気レシピ【料理の種類:ご飯】おすすめ10選

ピーマン 肉 詰め ソース

緑色のピーマンにハンバーグの種が入っていて、ケチャップを付けて食べる料理というのが多くの人が持つ「ピーマンの肉詰め」のイメージだろう。 しかし、ピーマンの肉詰めの味付けには、いろいろなものがある。 たとえば、単純に、ケチャップの代わりに、しょうゆとからしを付けたもの。 あるいは、フライパンの中でしょうゆとみりんを絡めて和風に仕上げたもの。 さらには、チーズやパン粉をのせてオーブンで焼いたグラタンふうのものもある。 ピーマンの肉詰めの中身はそもそもハンバーグの種だが、ハンバーグもケチャップを付けて食べるだけではないだろう。 大根おろしと大葉をのせた和風ハンバーグは、いまやハンバーグの定番といえるし、トマトソースやホワイトソースをかけて食べるメニューを用意しているレストランもある。 ピーマンの肉詰めもハンバーグと同じように、味付けは無限大に楽しめるのである。 どんな味付けをするにせよ、ピーマンの肉詰めの基本をおさえておかなければ始まらない。 ピーマンは水でさっと洗ったら、縦半分に切って、種と白い筋を手で取り除く。 次は、ハンバーグにも使える種作りだ。 まず、玉ねぎをみじん切りにする。 ボウルにひき肉を入れ、卵、塩、こしょうを加えたら手でよく混ぜる。 ねばりが出てきたら、パン粉と玉ねぎを入れてさらに混ぜる。 さて、これをピーマンに詰めていくわけだが、焼くときや食べるときに、ピーマンからするっと肉が落ちてしまった経験はないだろうか。 ピーマンと肉を同時に味わえるのがピーマンの肉詰めの魅力なのに、その美味しさが半減してしまう。 肉が落ちないようにするコツがある。 ピーマンの内側に薄力粉を薄くふっておくことだ。 茶こしを使うと簡単にできる。 この薄力粉が糊の役割をして、ピーマンと肉をピタッとくっつけてくれる。 薄力粉をふったら、肉の種をピーマンに詰めていく。 指で軽く押しながら、すき間がないように詰め、表面を平らにならす。 焼くときは、フライパンに油をひいて、まずは、肉の面を下にして焼く。 焼き色が付いたら返し、弱火で焼いて中まで火を通す。 これで基本のピーマンの肉詰めが完成だ。 ピーマンの肉詰めはケチャップを添えたり、しょうゆとからしを付けて食べたりと、いろいろな味付けがあるが、ピーマンの苦みや歯ごたえ、肉の旨みなど、それぞれの素材の味を堪能したい人は食べる直前に付けていただくのがおすすめだ。 ピーマンの苦みが苦手な人や、ピーマンや肉の食感はふんわりとやわらかいほうが好みの人には、ピーマンの肉詰めを煮込むことによって味を付ける方法をおすすめしたい。 たとえば、人気レシピのひとつ、ピーマンの肉詰めのトマトソース煮込み。 これは基本のピーマンの肉詰めを作ったあと、トマト缶とコンソメなどの固形スープの素を使ってソースを作り、その中にピーマンの肉詰めを入れて煮込んでいく。 煮込むことによって、ピーマンの苦みも消えるうえ、トマトの味がピーマンと肉にしっかりとしみ込む。 素材もやわらかくなるというメリットもある。 このように味付けのタイミングは好みで選んでOKだ。

次の

ピーマンの肉詰めの焼き方にはコツがある? その方法とは何か?

ピーマン 肉 詰め ソース

きのうは、ピーマン肉詰め。 これをトマトソース煮にすると、ワンランク上の味になるのだ。 ピーマン肉詰めが好きな人は、多いはずだ。 「子供が好き」「旦那が好き」「彼女が好き」という話は、ちょくちょく耳にする。 おれも例に漏れず、子供の頃から、ピーマン肉詰めは大好きだ。 ところがこのピーマン肉詰め、外食店ではまず目にすることがない。 飲食店の店主である友達に聞いたところ、「手間ばかりかかって割に合わない」のだそうだ。 たしかにピーマン肉詰めは、こねた肉を、半分に割り、ヘタを取り、片栗粉をていねいに振ったピーマンに、一つ一つ詰めないといけない。 もともと家庭料理だし、値段もそうは高く取れない。 外食店の立場としては、「だったらハンバーグでいいや」となるらしい。 なのでピーマン肉詰めは、「人気でありながら家庭でしか食べられない料理」の一つなのだ。 自炊するなら、やはりこのピーマン肉詰め、精々つくる手なのである。 ピーマン肉詰めを作った場合、「何をかけて食べるか」が一つの問題になる。 おれの実家はウスターソースをかけていたし、おろしポン酢などもうまい。 しかしここで、さらにひと手間かけ、「トマトソース煮」にすると、ワンランク上の味になるのである。 トマトソース煮にするためには、ただトマト缶と調味料を入れ、15分ほど煮るだけだから、手間は全くかからない。 ただしもちろん、このピーマン肉詰めトマトソース煮、きちんとご飯のおかずになってくれなければいけないことは言うまでもないことだ。 一般の、ハーブやローリエなどを使ったトマトにのレシピだと、パンやパスタにはよく合うけれど、ご飯のおかずにはなりにくい。 しかしおれのトマトソース煮レシピなら、その心配は無用である。 長年の試行錯誤を経た結果、見事にご飯に合うものとなっている。 ポイントは、ゴマ油とオイスターソースを使うこと。 おれはニンニクも使わないで、代わりにショウガを入れるのだが、これは別に、もしも好きなら、ニンニクを使ってもらって問題ない。 まずは肉詰めのタネを作る。 器に、• 豚ひき肉 200グラム• 玉ねぎみじん切り 4分の1個分• ショウガみじん切り 1センチ大• 塩 小さじ2分の1• 酒 小さじ2分の1• 淡口醤油 小さじ2分の1• 片栗粉 大さじ1 を入れ、粘り気が出てくるまでよくこねる。 これはいつもなら、つなぎに溶き卵・2分の1個分を入れるところだ。 ところが卵を切らしていたので、なしでやってみたところ、問題がないばかりか、「こちらの方がジューシーでウマイじゃん」と思うくらいの出来だったから、入れないでやってみるのもおすすめだ。 ピーマンを半分に割ってヘタを取り、中にまんべんなく、片栗粉をふる。 そこへ、肉詰めのタネをぴっちり詰める。 フライパンに、• オリーブオイル 大さじ1• ゴマ油 大さじ1• 玉ねぎみじん切り 4分の1個分• ショウガみじん切り 1センチ大(またはニンニクみじん切り 1かけ分)• 豆板醤 小さじ1(好みで)• タネを詰めたピーマン(肉の面を下にして) を入れ、弱めの中火で5分ほど、じっくり炒める。 肉に軽く焦げめがついたらひっくり返し、• カットトマト 1缶• オイスターソース 大さじ1• 砂糖 小さじ1• 塩 小さじ2分の1 を入れて、弱火で15分くらい煮る。 コショウ・少々を振って火を止めて、器に盛り、青ねぎをかける。 豚肉はもちろん、ピーマンも、トマトソースとの相性は最高なのだ。 あとは、厚揚げと玉ねぎのうす味みそ汁。 頭とワタを取った煮干しと厚揚げ、玉ねぎを10分くらい煮て、酒と淡口醤油、それにみそで味つけする。 酒は、冷や酒。 シメは、じゃがいもご飯。 じゃがいもとトマトソースの相性がいいのは知れた話だ。 研いだ米1合を、普通に加減した水に浸しておき、• 1センチ角くらいのサイコロに切ったじゃがいも 1個• 酒 小さじ1• 塩 小さじ2分の1 を加えて混ぜて、普通に炊く。 それからトマトソースには、キムチがとてもよく合うのである。

次の

クックパッドニュース:目からウロコ!「ピーマンの肉詰め」をたくさん作るワザ

ピーマン 肉 詰め ソース

スポンサーリンク ピーマンの肉詰めがはがれない方法 せっかく作ったピーマンの肉詰めなのに、中身だけがごろっと取れてしまったりするとガッカリですよね。 ピーマンと肉がはがれる原因として考えられるのは、肉をギュッと押し込んでいなかったり焼くときに肉が縮むどの理由が考えられます。 ここでははがれないようにする方法を6つご紹介します。 ピーマンの内側全体に粉が付くようにするのがポイントです。 1コずつやるのはめんどくさい!という場合は、ポリ袋にピーマンと粉を入れてシャカシャカ振ると一気に下ごしらえが完了します。 白い筋やタネが肉にからみつくので、ピーマンの内側に粉を振らなくても大丈夫。 気になるお味ですが、タネを感じることなく普通に食べることができますよ^^ 種にも栄養がありますし、手間も省けて肉も剥がれないという何ともお得な方法です。 小さいピーマンなら2等分・大きいピーマンなら3等分に輪切りしたところに肉ダネを詰めます。 薄いので焼けるのも早いですし、一口サイズで食べやすいというメリットもあります。 ピーマンのヘタギリギリに上部をカットしたら、中に肉ダネをギュッと詰めます。 底に空間ができないように詰めるのがコツ。 それをフライパンで転がすようにしながらじっくりと焼きましょう。 途中で水少々を入れて蒸し焼きにすると、中までしっかりと火が通ります。 肉汁も中に閉じ込めることができるのでジューシーに仕上がりますし、食べ応えもあります。 丸ごとピーマンを使うなら、トマトソースで煮込むとより美味しいです。 焼くだけよりもじっくり煮込むことで、生焼けの心配もなくなります。 ピーマンの肉詰めの上手な焼き方は? ピーマンから肉が剥がれない下準備が終わったら、大事なのは焼き方。 詰め方が良くても、焼き方がダメなら結局ははがれてしまう可能性大。 剥がれず美味しく焼くにはどうしたらよいのでしょうか? ここではフライパンとオーブンで焼く方法をご紹介します。 焦げ目が付いたらひっくり返し、ピーマン側も焼いたら出来上がり。 剥がれないように下ごしらえしてあれば、肉とピーマンが分離することはないと思います。 でもちょっと心配だな~という時は、肉側片面だけ焼くのもアリです。 先ほどと同じようにフライパンで焼き色を付けたら、少量の水を加えてフタをし蒸し焼きにします。 これならひっくり返さなくても、全体に火が通りやすくなるので、片面焼きでも大丈夫。 天板に並べたピーマンの肉詰めを、予熱したオーブンに入れてじっくり焼きましょう。 全面からオーブンの熱が加わるので、ひっくり返す必要がないのでラクチン。 ひっくり返して焼くと剥がれそうでコワイ!とか、生焼けが心配という方は、オーブンのほうが安心して作れます。 天板にオーブンシートを敷いておけばくっつきを防げますし、片付けもしやすいです。 焼いている間は手が空くので、その間にソース作りをすれば時間短縮になりますね。 おわりに ウチでピーマンの肉詰めを作るときはピーマンを輪切りにすることが多いです。 縦カットすると一口で食べられないですし、歯でかみ切りにくいということもあり輪切り派です。 ぱくっと食べやすいのでついいつもよりも食べ過ぎてしまうのがデメリットです^^.

次の